ゾンメラッヒャーカッツェンコップ ドミーナ Q.b.A. トロッケン 2012 ゾンメラッハ Sommeracher Katzenkopf Domina Q.b.A. trocken 2012 Sommerach ドイツ 辛口 赤 ワイン 2016春夏

ゾンメラッハ協同組合はドイツではめずらしく世界大戦前の1901年に設立された伝統ある醸造所で、2250名もの組合員に支えられています。近年特に組合員との連携を深め、徹底した収量規制等、品質にこだわる姿勢を明確に打ち出し、数々の栄誉を手にしている実力派の醸造所です。 2006年にはドイツのワイン専門誌 「Wine Wirtsschaft―ワイン・ヴィルツシャフト」にて最優秀協同組合に選ばれています。 「カッツェンコップ(猫の頭)」 というかわいらしい名前のこの畑は2億年前は海底でした。土壌は貝殻石灰層です。 シルヴァーナーというニュートラルな葡萄品種を用いることで、この土地のミネラル感が遺憾なく発揮されています。ドイツの猫といえば「安っぽい、甘ったるい」イメージですが、このフランケンの猫はシャープな辛口です。 ホワイトアスパラガスの産地で有名な村で造られるワイン。フランケンでは黒ブドウは【ドミナ種】が大変有名です。色は美しいガーネット、イチゴキャンディのようなキュートな香りがみずみずしく、やわらかくエレガントなタンニン。食事に合わせて気軽に楽しめるワインです。 地域独特のボックスボイテルに詰められています。エチケットは畑名カッツェンコップ(猫の頭)にちなんでいます。 商品説明 国ドイツ産地フランケン(Franken)地域、マインドライエック(Maindreieck)地区、ゾンメラッハ(Sommerach)村、カッツェンコップ(Katzenkopf)畑ブドウ品種ドミーナ100%タイプ赤・辛口・ミディアムボディ アルコール 13.3%、残糖2.5g/l、酸度4.6g/l内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weinzer Sommerach der winzerkeller ゾンメラッハ醸造協同組合 ヨーロッパのハブ空港、フランクフルトのすぐ東。ライン支流であるマイン川沿いにフランケン地方は位置します。ヴュルツブルクを中心としたこの地域は観光地としても日本人にはなじみの深いロマンチック街道の出発地点でもあります。 旧西ドイツのワイン産地の中では一番東に位置し、大陸性の厳しい寒暖の差があるこの地域では約1300年もの昔からワインが造られてきました。 そのほとんどのワインが写真のボックスボイテル(ヤギの袋)と呼ばれる独特の扁平型のボトルで瓶詰めされ、今でもその伝統が残っています。 これは昔狩猟民族であったドイツ人が狩りに行く際に水筒として用いていた羊の睾丸袋の形に由来しており、すでに紀元前400年にはケルト人の墓から陶器として発掘されています。そんな野趣にみちた男性的なイメージの強いこのフランケン地域。味わいも堅牢な酸とミネラルを基調とした骨太なものとなっています。 ゾンメラッハ協同組合はドイツではめずらしく世界大戦前の1901年に設立された伝統ある醸造所で、2250名もの組合員に支えられています。近年特に組合員との連携を深め、徹底した収量規制等、品質にこだわる姿勢を明確に打ち出し、数々の栄誉を手にしている実力派の醸造所です。 2006年にはドイツのワイン専門誌 【ワイン・ヴィルツシャフト(Wine Wirtsschaft)】にて『最優秀協同組合』に選ばれています。 ゾンメラッヒャーカッツェンコップ ドミーナ Q.b.A. トロッケン 2012 ゾンメラッハ Sommeracher Katzenkopf Domina Q.b.A. trocken 2012 Sommerach ドイツ 辛口 赤 ワイン 2016春夏

フーバー シャルドネ Q.b.A. トロッケン 2012 ベルンハルトフーバー Huber Chardonnay Q.b.A. trocken 2012 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口 白 ワイン 2016,定番

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ドイツワインではなかなかお見かけできないシャルドネのワイン。 分厚いボディに溢れる果実味を樽香で引き締めたワイン。 名実ともにドイツ産シャルドネワインのトップといえます。 ベルンハルト・フーバー氏は規格にとらわれない造り手としても有名です。透き通った少しグリーンかかった透明感のあるイエロー。シャルドネ特有のあの火打ち石の香りとグレープフルーツやライムなど柑橘系の香りが溢れてきます。 ベルンハルト・フーバー氏は、規格にとらわれない造り手としても有名。透き通ったライトグリーンかかったイエロー。将来的にグランクリュであるグローゼスゲヴェックスの規格にしていくのだと語るフーバー氏。この畑の斜度はなんと70度。ドイツ最高の斜度の1つの畑で、太陽の光を直接あびることができるので、非常に力の強い果実味を誇っています。分厚いボディにあふれる果実味をキリット引き締めた味わいです。名実ともにドイツ最高のシャルドネの1つ。 商品説明 国 フーバー シャルドネ Q.b.A. トロッケン 2012 ベルンハルトフーバー Huber Chardonnay Q.b.A. trocken 2012 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口 白 ワイン 2016,定番

カベルネ キュビン Q.b.A. トロッケン 2013 ヘレンベルクホーニッヒゼッケル Cabernet Cubin Q.b.A. trocken 2013 Winzer eG Herrenberg Honigsackel ドイツ 辛口 赤 ワイン 100

1903年からの歴史ある協同組合。 以前は20以上の生産者が集まっていたのですが、組織を簡素化して品質向上を目指そうとのことから、現在は11の生産者が集まり、合計200haを所有し、約40種類のぶどう品種を造っています。収穫は1日ごとに品種別で行ないます。 バートデュルクハイムにある単一畑HerrenbergとHonigsackelがこの醸造所の名前の由来です。こちらの名前を冠した二つの協同組合が1968年に統合したので、Herrenberg-Honigsackelという長い名前になってしまったそうです。 カベルネ・キュビン種はレンベルガー種とカベルネ・ソーヴィニョン種の交配品種です。40年の古い樽にて1年熟成させ、生産量はわずか8000本の希少品です。 程よいタンニンと、若干のスパイシーさを感じる果実香。 果実味あふれるヴォリュームのある赤ワインです。 商品説明 国ドイツ産地ファルツ(Pfalz)地域、ミッテルハールト / ドイッチェ・ヴァインシュトラーセ(Mittelhaardt / Deutsche-Weinstrasse)地区、ウングシュタイン(Ungstein)ブドウ品種カベルネ キュビン100%タイプ赤・辛口・フルボディ  アルコール12.5%、残糖5.8g/l、酸度5.3g/l内容量750ml保存方法 カベルネ キュビン Q.b.A. トロッケン 2013 ヘレンベルクホーニッヒゼッケル Cabernet Cubin Q.b.A. trocken 2013 Winzer eG Herrenberg Honigsackel ドイツ 辛口 赤 ワイン 100

フーバー ミュラートゥルガウ Q.b.A. トロッケン 2009 マグナムボトル 1500ml ベルンハルトフーバー Huber Muller Thurgau Q.b.A trocken 2009 MAGNUM 1500ml Weingut Bernhar

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。  味にコダワリを持った人達が揃うパーティーもおまかせなのがこのワインです。お買得1000ml瓶で、量が充分、何よりも、フーバーさんの造ったワインで、質の高さはバッチリです。コスト的な面と、環境に対する考慮から頭封は施されていませんので御了承下さい。和食を初めとして、我々が食べる食事に良く合うスタイルに仕上がっています。御料理と共にどうぞ。 フレッシュな果実味と酸味が特徴的で、ミネラル感一杯の、清々しく爽やかな辛口白ワインです。 ミュラートゥルガウ、しかも1リットルというと、軽くてフルーティーなだけのワインかと思いがちですが、フーバーのワインは違うんです。 『フーバー、さすが…』と、納得の完成度!  全てにおいて手を抜かない、フーバーさんの人柄が伺えます。 これからの季節、大活躍間違いなしです!!大勢でアウトドアなどで楽しむのにお勧め。気軽に本格派を楽しめてしまいます。 軽い前菜をはじめ、ミネラル感が、素材を生かした和食にもぴったりです。 【dancyuワイン大賞】 商品説明 国バーデン地域、ブライスガウ地区、マルターディンゲン村ブドウ品種白・辛口内容量直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber   Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所   究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」  南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。  1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。  彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。)  この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。  今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。  700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。  現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません!  1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。  2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです!  私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。  エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。  実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。  その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました!  ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。  フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。  無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】  マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです!  かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。 フーバー ミュラートゥルガウ Q.b.A. トロッケン 2009 マグナムボトル 1500ml ベルンハルトフーバー Huber Muller Thurgau Q.b.A trocken 2009 MAGNUM 1500ml Weingut Bernhar

マルターディンガービーネンベルク シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2006 ベルンハルトフーバー Malterdinger Bienenberg Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 2006 Weingut

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所の赤ワインの最上級キュベ!! 樹齢50年~のぶどうから新樽で18ヶ月以上熟成。「ブルゴーニュには負けない!」入魂の1本。 商品説明 国ドイツ産地バーデン地域、ブライスガウ地区、マルターディンゲン村、ブドウ品種シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール)タイプ赤・フルボディ アルコール13.6g/l、残糖1.4g/l、酸度4.6g/l内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber   Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所   究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」  南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。  1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。  彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。)  この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。  今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。  700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。  現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません!  1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。  2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです!  私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。  エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。  実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。  その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました!  ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。  フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。  無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】  マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです!  かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。 マルターディンガービーネンベルク シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2006 ベルンハルトフーバー Malterdinger Bienenberg Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 2006 Weingut

ファッフェンヴァイラー バンシュタインソーヴィニョンブラン Q.b.A. トロッケン 2007 ファッフェンヴァイラー Pfaffenweiler Bannstein Sauvignon Blanc Q.b.A. trocken 2007 Pfaffenw

ファッフェンヴァイラーは、偉大なワインの生産は自然と人間との調和を必要とします。芸術の域のワインを維持するため畑で丁寧な仕事と愛と情熱を持って取り組みます。 私たちのワインのそれぞれが独自のアイデンティティ、歴史、個性を持っています。 この醸造所はテロワールに焦点を当て、 良い土壌と気候、そしてワインへのそれぞれのケアは美味しいワインを造る秘密と言います。 薄いプラチナ色、ソーヴィニヨンブランらしい、さわやかな芳香、トロピカルフルーツなどのフルーティーな香りとミネラル感がたっぷり、さわやかな風のような心が休まる味わいです。 商品説明 国ドイツ産地バーデン(Barden)地域、マークグレーフラーラント(Markgraeflerland)地区、ファッフェンヴァイラー(Pfaffenweiler)村ブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン100%タイプ白・辛口・ミディアムボディ アルコール:14.9%、残糖:6.9g/L、酸:5.8g/L内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Pfaffenweiler ファッフェンヴァイラー醸造所 バーデンが誇るカリスマ醸造家が率いる品質本位の共同組合! 伝統を大切にし自然との調和から産み出すドイツでもトップレベルの生産者。 現在、「ゴーミヨ」をはじめ様々なワインガイド誌にてドイツの最優秀醸造所の一つ。また、代表シュテファン・メンレは2002年「ゴーミヨ」にて【最優秀醸造所責任者】に選ばれました。 ファッフェンヴァイラーはフライブルクから南に約10キロ離れたところに位置します。住民はたったの2650人の小さい村で、ワインハウス ファッフェンヴァイラーの歴史はセラーが建設された1954年までさかのぼります。 地元のぶどう栽培家が一丸となり、地元の文化的景観、ブドウ畑の整備、個性豊かなワインつくりを目指して団結したのが始まりです。今では合計40haの畑を栽培しています。白ワインシャスラー(33ha)、ソーヴィニヨンブラン、ミュラートゥルガウ、ピノブラン、ピノグリ、ゲヴュルツトラミネール、シャルドネ、リースリング、ショイレーベを栽培、赤品種ピノノワール(26ha)、メルロー、カベルネソーヴィニヨンを栽培しています。 彼らは、ドイツで最高のワイン造りを目指して土壌にこだわってきました。こうした結果は日々追い続けたワインにかける情熱の賜物なのです。偉大なワインの生産は自然と人間との調和を必要とします。 芸術の域のワインを維持するため畑で丁寧な仕事と愛と情熱を持って取り組みます。 私たちのワインのそれぞれが独自のアイデンティティ、歴史、個性を持っています。この醸造所はテロワールに焦点を当て、 良い土壌と気候、そしてワインへのそれぞれのケアは美味しいワインを造る秘密と言います。 様々な周りの環境要因を表すフランス語で言う 「テロワール」 は、 旧世界、すなわちヨーロッパの造り手は、土壌、場所、気候、ヴィンテージの相互関係がワインに決定的な影響えを与えると信じています。 オーストラリア、カリフォルニア、南アフリカ、新世界では等はワインの品質は醸造所での技術が作用すると考えるところが多いのですが、 ファッフェンヴァイラーでは、ヨーロッパの考え方であるテロワールの違いがワインの味に影響するということを信念としています。 伝統 ファッフェンヴァイラー醸造所の成功は、1953年に始まります。変わることなく50年以上にわたりる彼らのドイツで最高のワインを生産する目標は、独自の文化的景観、畑での作業を大事にしています。 過去から一貫してこの目標を追求しています。彼らが持つ他に類をみないこの地のテロワールは、芸術品ともいうべき素晴らしいワインを造ることが約束されています。 ザンクト・クララ 『ザンクト・クララ』ワインは石灰岩の割合が高く、粘土質の黄土土壌のこの地でも卓越したファッフェンヴァイラー畑の優れたブドウから造られます。ワインは、ミネラルを感じ、はっきりした果物の印象的なだけではなく、旨みがぎっしり詰まっておりクリーミーです。このワインは、醸造所の優れた技術を品質を最もよく表現したトップクラスのワインです。 バンシュタイン 『 バンシュタイン』 はファッフェンヴァイラー地域のブドウのみで造られます。ブドウは石灰岩の比率が高い、粘土/黄土土壌に植えられている。これらの土壌は、ブルゴーニュの構造に非常によく似ています。石灰岩の比率が高いく品種の特徴を引き出し、特にたっぷりの果実味とミネラル分をワインに与えています。 ファッフェンヴァイラー バンシュタインソーヴィニョンブラン Q.b.A. トロッケン 2007 ファッフェンヴァイラー Pfaffenweiler Bannstein Sauvignon Blanc Q.b.A. trocken 2007 Pfaffenw

ヴェーレナーゾンネンウーア リースリング カビネット 2014 EH ケアペン Wehlener Sonnenuhr Riesling Kabinett 2014 Eduard Hauth Kerpen 白 ワイン ドイツ 赤字超特価,新品

Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペンヴェレナー・ゾンネンウーアについて 「ベルカステルのすぐ近くにあり同様に上質の幾分芳醇なワインを産する。『超1級畑』にゾンネンウーア。」★★★★ ヒュー ジョンソン氏「ポケットワインブック」 このワインは、ゾンネンウーア(「日時計」という意味)と名付けられた畑で造られる単一クリュワインとなっています。 カビネットとは思えないたっぷりとしたコクを感じられる、スペシャルなリースリングワインに仕上がりました。 丸いボディと滑らかな甘みがあり、その表層にキレのある鮮やかな酸味が広がります。しっかりとした甘さを感じるものの、品位ある酸味のおかげで後味の印象がグッと良くなるので、デザートワインとしてだけでなく、食中酒としても思った以上の能力を発揮してくれます。 ■Information ●生産国ドイツ●地域モーゼル地域 / ベルンカステル地区 / ヴェーレン村●ブドウ品種リースリング100%●タイプ白・甘口・ミディアムボディ アルコール8.2%、残糖45.3g/l、酸度9.2g/l●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペン Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペン ヴェーレナーゾンネンウーア リースリング カビネット 2014 EH ケアペン Wehlener Sonnenuhr Riesling Kabinett 2014 Eduard Hauth Kerpen 白 ワイン ドイツ 赤字超特価,新品

アンゼルマン シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2004 アンゼルマン Anselmann Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2004 Werner Anselmann 送料無料,爆買い

アンゼルマン家の記述が残っているのは1126年に遡る。 1959年現在の当主ヴェルナーアンゼルマンになるまでに450年もの間何世紀にもにもわたりワイン作りの伝統を持つ家族経営を続けてきました。 素晴らしい卓越した技術を持つスタッフによって、このワイン農園は100ヘクタールの環境を大事に考える自然農法でワイン作りを行っています。 収穫の時期をできるだけ遅くし、上級ワインは手摘み、赤ワインは手作業が主になるMaischgaerung(つぶしたブドウを皮ごと発酵させるので、濃厚な色とタンニンが得られる)を行います。ブドウ品種のもっている個性を最大限引き出し、ワインにそのまま表現しています。樽はコンピューター管理されたステンレス製が主で一部赤ワインはバリック(600樽)を使用しています。特上デザートワインも各種豊富につくっており、様々なワイン専門誌や、国際的なワインのコンペティションでも毎回といっていいほど名前のあがる産地(プ)ファルツ地方屈指の家族経営の醸造所です。 現在は、ゲルト、ラルフ、ルートアンセルの3人兄妹が責任を持って素晴らしい質のワイン造りを行なっています。 やや透明感のある明るいルビー色、エレガントな感じでありながらしっかりとしたタンニン、そして心地良い酸味があります。バランスの良いおいしいワインでしす。飲み終わったらホッと幸せな気分になります。 商品説明 国ドイツ産地ファルツ(Pfalz)地域、ズュートリッヒェ・ヴァインシュトラーセ(Suedliche-Weinstrasse)地区、エーデスハイム(Edesheim)ブドウ品種シュペートブルグンダー(ピノノワール)100% タイプ赤・辛口・ミディアムボディ アルコール:13.4%、残糖:2.2g/L、酸:4.8g/L内容量750ml保存方法 アンゼルマン シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2004 アンゼルマン Anselmann Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2004 Werner Anselmann 送料無料,爆買い

フリューブルグンダー B ゴールドカプセル 2011 クロイツベルク Fruehburgunder Gold Kapsel trocken 2011 Kreuzberg ドイツ 辛口 赤 ワイン 品質保証,定番人気

アール渓谷最古のシュトラウスヴィルツシャフト(生産者経営の飲食店)を持つ、1953年創業の愛らしいたたずまいの醸造所。 眼鏡が知的な印象だが、熱く語りだすととまらない【ルートヴィッヒさん】と物静かな印象の【ヘァマン・ヨゼフさん】兄弟で仕事を完全に分けておりヘァマン・ヨゼフさんが畑と醸造を担当、3代目当主のルートヴィッヒさんが販売等それ以外の仕事を一手に引き受けています。 アールは狭い渓谷だけにいくつの村にもまたがって畑を所有している醸造所が多いが、こちらも3つの村にまたがり、2つのグローセラーゲを持ちます。 新樽を使用した派手な造りのものもありますが、昔ながらの大樽にて熟成させたエレガントなスタイルのものを数多く造りだしています。 家族経営のほんわかとした雰囲気をそのままに、素朴で繊細な味わいは、この最北の赤ワイン産地の長所を最もきれいに表現しているワインです。 【フリューブルグンダーFruehburgunder】とは1960年代にほとんどなくなってしまった非常に希少なピノ・ノワールの突然変異種。 現在ドイツに200ha,、その内アール地域に40ha栽培されており、ピノ・ノワールより収穫が2週間前後早いことからフリュー(ドイツ語で早いの意)という名前になっています。10カ月間小樽(新樽~3回目使用フランス・アリエー産)。早熟品種の特性に合わせ、黄土粘土の重ための土壌にて栽培。 TD{ font-size:12px; } ●生産国ドイツ●地域アール(Ahr)●ブドウ品種フリューブルグンダー( Fruehburgunder)100%(ピノ・ノワールの突然変異種) ●タイプ赤・ミディアム・辛口 アルコール13.2%、残糖0.5g/l、酸度4.9g/l●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【ドイツワイン】 【アール】【赤ワイン】【シュペートブルグンダー】 【ピノノワール】【フリューブルグンダー】【ルートヴィッヒ クロイツベルク】【Ludwig Kreuzberg】【クロイツベルク】【シュトラウスヴィルツシャフト】【デルナオアー プファルヴィンゲルト】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut H.J.Kreuzberg クロイツベルク アール地方のトップ生産者の一つ【クロイツベルク】、ドイツのトップ100生産者にもなっておりその中でも上位の生産者! アール渓谷最古のシュトラウスヴィルツシャフト(生産者経営の飲食店)を持つ、1953年創業の愛らしいたたずまいの醸造所です。弁護士であってヘルマン·ヨーゼフクロイツによって設立されました。 シュトラウスヴィルツシャフト(生産者経営の飲食店)には国内や世界中から有名ミュージシャンのライブを行ったりしています。眼鏡が知的な印象だが、熱く語りだすととまらない【ルートヴィッヒさん】と物静かな印象の【ヘァマン・ヨゼフさん】兄弟で仕事を完全に分けておりヘァマン・ヨゼフさんが畑と醸造を担当、3代目当主のルートヴィッヒさんが販売等それ以外の仕事を一手に引き受けています。 アールは狭い渓谷だけにいくつの村にもまたがって畑を所有している醸造所が多いが、こちらも3つの村にまたがり、2つのグローセラーゲを持ちます。 新樽を使用した派手な造りのものもありますが、昔ながらの大樽にて熟成させたエレガントなスタイルのものを数多く造りだしています。 家族経営のほんわかとした雰囲気をそのままに、素朴で繊細な味わいは、この最北の赤ワイン産地の長所を最もきれいに表現しているワインです。 ラベル絵画は、有名なアール地方の画家であり、醸造所の故人である叔父のゲオルク・クロイツのコレクションを使用しています。 受賞歴 Wein-Plus.deヴァインプラス2013年版にてKollektion des Jahres(最優秀コレクション)を受賞!! ドイツだけではなくヨーロッパの各地を網羅した大きなワインネットワークです。 この賞はその年の最も優れたワインの品揃えをしている生産者に与えられる輝かしい賞なのです。 造り手は5段階で評価され、クロイツベルクは4ツ星★★★★(最高5つ星)と素晴らしい栄誉を獲得しています。 Feinschmeckerファインシュメッカー2011年度版にてDeutschlands Kollektion des Jahres(ドイツの最優秀コレクション)を受賞! ファインシュメッカーはドイツでもっとも権威あるグルメ情報誌。Kollektion des Jahres は醸造所全体のワインを俯瞰したうえで、もっともすばらしいラインナップを揃えている造り手に与えられる栄誉ある賞です。クロイツベルクが受賞したのは2011年、ヴィンテージにして2008年ヴィンテージです。 ドイツ最北端の産地アールにおいて、シュペートブルグンダー、フリューブルグンダーともに秀逸なシリーズを揃えたことが高く評価されました。 上品ながらも余韻が非常に長く、ストラクチャーがしっかりとしていて、非常にきれいなクロイツベルクの赤は、北国ならではの酸と、急斜面ならではのタンニンとも相まってとびきりのエレガンスを醸し出しています。 デヴォン紀の粘板岩土壌のシュペートブルグンダーはブルゴーニュともまったく引けをとらない飛び切りの個性を感じさせます。 5段階評価で4F(Feinschmecker) ドイツの最も権威ある2つのワインガイドにてもクロイツベルクが紹介。 Gault Millauゴーミヨにてぶどう3房評価。 アール地域で3房獲得しているのはクロイツベルクをあわせてたったの6軒のみ。 もう一つの代表格であるEichelmannアイヒェルマンにて3・1/2星評価。 フリューブルグンダー B ゴールドカプセル 2011 クロイツベルク Fruehburgunder Gold Kapsel trocken 2011 Kreuzberg ドイツ 辛口 赤 ワイン 品質保証,定番人気

ジャンブシャー ドルンレースヒェン Q.b.A. 眠り姫 赤 ジャンブシャー Jean Buscher Dornroschen Q.b.A. Weingut Jean Buscher ドイツ 赤 ワイン 甘口 大得価,安い

 ジャン・ブシャー氏は、ワインを芸術作品と称し、従来の常識にとらわれることのないワイン造りを行なっています。 特に代表する、世界的にも珍しい、渋みのない甘口の赤ワインは、世界中に熱烈なファンを抱えています。  アロマティックでチャーミング!ワンクラス上の赤・甘口!2種類のぶどうから造られた、今までとは全く違った、渋みが無く充分な甘さを持った赤ワインです。 ジャン・ブシャー氏の看板ワイン、「眠り姫」。  濃色で華やかに広がるベリー系の香り、穏やかな渋みが特徴の、ドイツで最も成功したといわれている配合種のドルンフェルダーと、イタリア原産で、ドイツではわずか700株ほどしか植えられていない赤の甘口用品種のローゼンムスカテラーのブレンドです。 名前の由来も、Dornfelderの「Dorn」と、Rosenmuskatellerの「Rose」、そして小さな愛らしいものを意味するChen(○○ちゃん)をくっつけて、ドイツ語で「眠り姫」を意味するDornroschenとなっています。 コルクを開けるとたちまち広がるラズベリーのような香り、口の中に上品に広が綺麗な甘みが飲む人を魅了します。綺麗なプリント瓶もその魅力の一つです。 尚、ヴィンテージ表記がないのは、ジャン・ブシャー氏いわく「眠り姫は年をとらないから」だそうです。 ■Information ●生産国ドイツ●地域ラインヘッセン(Rheinhessen)地域、ヴォンネガウ地区(Wonnegau)、ベヒトハイム(Bechtheim)●ブドウ品種ドルンフェルダー、ローゼンムスカテラー●タイプ赤・甘口・ミディアムボディ アルコール13.1%、残糖1.0g/l、酸度7.5g/l●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元ヘレンベルガーホーフ株式会社 【ワイン通販】【通販ワイン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Jean Buscher ジャン・ブシャー醸造所 ドイツのラインヘッセン地域にある家族経営のジャン・ブシャー醸造所。  当主のミヒャエル・ブシャー氏は芸術に造詣が深く、醸造所内にはいたるところに絵や彫刻が展示され、まるで美術館のような雰囲気を醸し出しています。また、氏は毎年有名なアーティストにラベルを委託しており、ワインそのものが彼の芸術作品となっています。このような感性の下で生み出される、上品で洗練された彼のワインは飲む人を魅了しています。 芸術をこよなく愛する、ジャン・ブシャー醸造所の当主ミヒャエル・ブシャー氏。 ドイツワイン・ガイド「ゴーミヨ」誌 には、ワイングート・ジャン・ブシャーのページで、 「毎年有名なアーティストにラベルのデザインを委託しています。その上デザインはメタルに浮き彫りし、多くの絵や彫刻とともに古い木樽のセラーに贈られます。ワインの品質もその輝く贈り物にマッチしています。ケラーマイスター、ヨーヘン・ドゥリュック氏の参加によって活気づけられ、ここ数年の間に、ワインは求める消費者の期待を裏切らないものとなっています。」 と記述されています。 ジャンブシャー ドルンレースヒェン Q.b.A. 眠り姫 赤 ジャンブシャー Jean Buscher Dornroschen Q.b.A. Weingut Jean Buscher ドイツ 赤 ワイン 甘口 大得価,安い

ハッテンハイマーハッセル リースリングカビネット 2010 ゲオルクミュラー Hatenheimer Hassel Riesling Kabinett 2010 Georg Muller Stiftung ドイツ やや甘口 白 ワイン 超激得,大人気

醸造所は世界屈指のぶどう栽培地域ラインガウの中の、絵に描いたように美しい町ハッテンハイムにあります。ハッセルの畑名を冠するやや甘口のリースリングです。 へーゼルナッツがたくさん育っていた温暖な畑であったことが畑名の由来 とされています。 非常に保水性の高い、重く、深い黄土と粘土の土壌であるため夏の干ばつにも強く、ワインに豊かなボディが加わります。 標高は100Mほど。南向けの斜面は北風にも守られ温暖な地域性気候に恵まれています。 金賞ダブル受賞!! 商品説明 国ドイツ産地ラインガウ( Rheingau)地域、ハッテンハイム(Hattenheim)ブドウ品種リースリング100% タイプ白・やや甘口・ミディアムボディ アルコール:9.5% 残糖:39.1g/l 酸:8.6g/l内容量750ml保存方法 ハッテンハイマーハッセル リースリングカビネット 2010 ゲオルクミュラー Hatenheimer Hassel Riesling Kabinett 2010 Georg Muller Stiftung ドイツ やや甘口 白 ワイン 超激得,大人気

マルターディンガービーネンベルク ムスカテラーカビネット 2012 ベルンハルトフーバー Malterdinger Bienenberg Muskateller Kabinett 2012 Weingut Bernhard Huber ドイツ やや甘口 白

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。  ムスカテラー種はナイル河流域が原産地と言われるムスカート・アレキサンドリア種が原産で、一番古いぶどう品種といわれています。畑はヴィルデンシュタイン畑のすぐ横に位置し、ぶどうは50hl/haまで収量を落とし、100%ステンレス発酵しています。 上品なミュスカの香りが満載。洋ナシ等の華やかさな香りとややスパイシーな香りがあります。ほんのり甘みの凝縮感が感じられ、ミュスカの魅力再認識できるワインです。きれいで上品な甘みを持つワイン。酸と甘みが絶妙なバランスをとり、ボリュームの豊かな味わい。 商品説明 国バーデン地域、ブライスガウ地区、マルターディンゲン村、ビーネンベルク畑ブドウ品種白・やや甘口 アルコール7.6%、残糖70.7g/l、酸度7.1g/l内容量直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber   Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所   究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」  南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。  1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。  彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。)  この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。  今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。  700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。  現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません!  1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。  2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです!  私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。  エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。  実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。  その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました!  ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。  フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。  無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】  マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです!  かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。 マルターディンガービーネンベルク ムスカテラーカビネット 2012 ベルンハルトフーバー Malterdinger Bienenberg Muskateller Kabinett 2012 Weingut Bernhard Huber ドイツ やや甘口 白

マルターラー アウスレーゼ 2003 ベルンハルトフーバー Malterer Auslese 2003 Weingut Bernhard Huber 白 ワイン 超激得,お買い得

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 今でこそは素晴らしいドイツのピノノワールを使った有名醸造家ですが、フーバー醸造所を一躍スターダムにのし上げたワインがこのワインです。ボディの厚みと凝縮したあふれる果実味と非常に綺麗でホッとする酸味が上品でエレガントにまとめられています。ボトルの外観がペルシャ絨毯のような素敵なデザインになっていますのでギフト等にも非常に人気があります。クリームを使う甲殻類や中華料理にも相性抜群です。 商品説明 国 マルターラー アウスレーゼ 2003 ベルンハルトフーバー Malterer Auslese 2003 Weingut Bernhard Huber 白 ワイン 超激得,お買い得

ウングシュタイナーホーニッヒゼッケル シャルドネシュペートレーゼ トロッケン 2005 ヘレンベルクホーニッヒゼッケル Ungsteiner Honigsaeckel Chardonnay Spaetlese trocken 2005 Winzer eG

1903年からの歴史ある協同組合。 以前は20以上の生産者が集まっていたのですが、組織を簡素化して品質向上を目指そうとのことから、現在は11の生産者が集まり、合計200haを所有し、約40種類のぶどう品種を造っています。収穫は1日ごとに品種別で行ないます。 バートデュルクハイムにある単一畑HerrenbergとHonigsackelがこの醸造所の名前の由来です。こちらの名前を冠した二つの協同組合が1968年に統合したので、Herrenberg-Honigsackelという長い名前になってしまったそうです。 珍しいドイツの本格派のシャルドネ(辛口)です。ランクはシュペートレーゼ。すなわち収穫を遅くして、糖度を高めた葡萄より作られています。その為、コクがありまろやかでフルーティな白ワインに仕上がっています。 商品説明 国ドイツ産地ファルツ(Pfalz)地域、ミッテルハールト / ドイッチェ・ヴァインシュトラーセ(Mittelhaardt / Deutsche-Weinstrasse)地区、ウングシュタイン(Ungstein)ブドウ品種シャルドネ100%タイプ白・辛口・ミディアムボディ アルコール:13.6%、残糖:2.2g/L、酸:5.1g/L内容量750ml保存方法 ウングシュタイナーホーニッヒゼッケル シャルドネシュペートレーゼ トロッケン 2005 ヘレンベルクホーニッヒゼッケル Ungsteiner Honigsaeckel Chardonnay Spaetlese trocken 2005 Winzer eG

バハラッヒャー リースリングカビネットファインヘルプ 2013 ラッツェンベルガー Bacharacher Riesling Kabinett Feinherb 2013 Weingut Ratzenberger ドイツ 白 ワイン やや辛口 セール,HO

ラッツエンベルガー醸造所は、ミッテルライン地方の葡萄栽培の中心地であるバッハラッハ村に位置し、リースリングを得意とする生産者。畑は10haにも満たないのですが、徹底的に収量を規制し、ミネラル分に富んだ味わいのワインを造り出しています。 シュティーガー村のザンクト・ヨースト畑は、標高が高く冷涼な気候、粘板岩質の土壌なので、質の高いリースリングの栽培には最適です。 このワインは、白い花や青リンゴの香り。口に含むとほんのりとした甘味を感じますが、伸びのよい酸と豊富なミネラルでさっぱりとしたのど越しです。 和食にぴったりのゴクゴク飲めるワインです。ピチピチ、イキイキとした酸で食欲が進みます。 ■Information ●生産国ドイツ●地域ミッテルライン(Mittelrhein)地域、ローレライ(Loreley)地区、バッハラッハ(Bacharach)●ブドウ品種リースリング100%●タイプ白・やや辛口・ミディアムボディ アルコール10.8%、残糖13.6g/l、酸度7.9g/l●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】【通販ワイン】 【バハラッハー 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 ラッツェンベルガー Weingut Ratzenberger Weingut Ratzenberger ラッツェンベルガー醸造所 ライン河左岸のバハラッハで1956年に創業された個人生産者です。 ミッテルラインのVDPの代表を務める2代目のヨハンが栽培を、息子のヨハンJr.が醸造を担当しています。ケラーの背後に広がる延べ9haの畑には、リースリングが75%を占め、残りがシュペートブルグンダーとグラウブルグンダー、極少量のリヴァーナーが栽培されています。 地下セラーには、1200リットルの木樽と3000リットルの四角形のステンレスタンクが並んでいます。スティーガー・ザンクト・ヨーストの畑は、ワイナリーのすぐ裏に位置し、大きな石がごろごろして土壌が柔らかく、土中の風通しが良い為、花の香りに富んだフルーティーなワインになるそうです。 「この地域のワインは酸が強く、酸っぱいと感じるようなワインになりやすい。しかし、収量を抑え、酵母と接する時間を長く取ることで、ドライかつ果実味のアロマ豊かなワインを造ることが出来る。酸の丸みを出す為のマロラクティック発酵も一切しないし必要がない。」 また、「ゼクトや赤ワインには培養酵母を使うが、白ワインは天然酵母で発酵している。天然酵母はこの地域の気候条件に合っているので、発酵のスタートにも問題がない。加えてph値が低い(酸度が高い)ので、マロラクティック発酵を起こすバクテリアが育ちにくい」 ともヨハンJr.は語っています。 ワインは最低10年は熟成するし、8~9年たてばリースリングのアロマは枯れた風味に変わってくると言います。この20年あまりでスティーグで最も名の知られた生産者となり、また所有する畑を増やした数少ない生産者でもあります。かつて彼のリースリングは、きりっとした辛口となっていましたが、現在は上品で洗練された貴腐の付いた遅摘みのワインも造られるようになりました。 17年前ひたすら伝統的なスタイルのワインを造っていた2代目ヨハンから、3代目の息子ヨハンJr.に数年前引き継がれ、ラッツェンベルガー家のワインは一新されました。今やミッテルラインのトップ生産者として評価されています。 世界遺産にもなっている中部ラインの中ほどに位置するバッハラッハ村にある家族経営のこの醸造所はリースリング種を使った白ワインを最も得意としています。現在ドイツの高級レストランはもとより、北欧、アメリカの有名なレストランでも楽しまれている彼らのワインは、土地のポテンシャルを最大限に発揮できるように収量規制を徹底的に行なった結果、他の醸造所に見られないミネラル感たっぷりの味わいになっています。 ドイツ国内のオンラインショップPLUSにおいて、2003年度最優秀醸造家に選ばれています。 漫画『神の雫』 で、またまた、気になるワインの登場です! あの遠峰一青が、『お…おぉ…』 と、お決まりコメントを発して感動した、ドイツの極上スパークリングです! 【話のあらずじ】 合併話の進む二社の幹部顔合わせの席で、大事なスタートとなる、乾杯のスパークリング選びを任された、主人公《雫》の所属する、太陽ビールのワイン事業部。前回、シャンパンをはじめとする、100本ものスパークリングを試飲しつつも、そのイメージに重なる1本は見つけられずじまいでした。 そしてそんな当日、彼らが用意したものはなんだったのでしょうか?なんと、ドイツのリースリングから造られる、ゼクトでした! シャンパンでないことに、不服な表情を見せる幹部たち。一瞬、この選択は、間違っていたかに思えました。が、そこで、一人の男の感嘆の声が… そう、世界的テイスターとして、圧倒的実力を誇る、主人公《雫》のライバルである《遠峰一青》が、そのゼクトの素晴らしさに、酔いしれていたのです! 『私はこの素晴らしいリースリングのスパークリングが、遥かなる未来かもしれませんがマイナーなワイン産地の名をフランスにおけるシャンパーニュのように高めてくれる可能性さえあると思っています。』 幹部たちも、その様子に『もう一杯くれ』と、大興奮! (『週刊モーニング2010年4月29日号』掲載『神の雫』コラムより抜粋) そんな彼らが選んだのが、ドイツのマイナーな産地、ミッテルラインという場所で造られる、知る人ぞ知る、極上のスパークリングだったのです。 栽培面積: 13.8ha 年間生産量: 100,000本 土   壌: デボン紀の風化した粘板岩 作付品種: リースリング75%、シュペートブルグンダー15% 他 平均収量: 58hl/ha バハラッヒャー リースリングカビネットファインヘルプ 2013 ラッツェンベルガー Bacharacher Riesling Kabinett Feinherb 2013 Weingut Ratzenberger ドイツ 白 ワイン やや辛口 セール,HO

ファッフェンヴァイラーミュラートゥルガウカビネット 2003 ファッフェンヴァイラー Pfaffenweiler Mueller Thurgau Kabinett 2003 Pfaffenweiler ドイツ 白 ワイン 送料無料,人気セール

ファッフェンヴァイラーは、偉大なワインの生産は自然と人間との調和を必要とします。芸術の域のワインを維持するため畑で丁寧な仕事と愛と情熱を持って取り組みます。 私たちのワインのそれぞれが独自のアイデンティティ、歴史、個性を持っています。 この醸造所はテロワールに焦点を当て、 良い土壌と気候、そしてワインへのそれぞれのケアは美味しいワインを造る秘密と言います。 ミュラートゥルガウらしい果実味がたいへん豊かで、あふれんばかりの芳香を楽しめるワインです。  2003年産らしい、しっかりとしたエキス分の濃さを感じます。  商品説明 国ドイツ産地バーデン(Barden)地域、マークグレーフラーラント(Markgraeflerland)地区、ファッフェンヴァイラー(Pfaffenweiler)村ブドウ品種ミュラートゥルガウ100%タイプ白・やや甘口・ミディアムボディ アルコール:13.5%、残糖:24.6g/L、酸:5.5g/L内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Pfaffenweiler ファッフェンヴァイラー醸造所 バーデンが誇るカリスマ醸造家が率いる品質本位の共同組合! 伝統を大切にし自然との調和から産み出すドイツでもトップレベルの生産者。 現在、「ゴーミヨ」をはじめ様々なワインガイド誌にてドイツの最優秀醸造所の一つ。また、代表シュテファン・メンレは2002年「ゴーミヨ」にて【最優秀醸造所責任者】に選ばれました。 ファッフェンヴァイラーはフライブルクから南に約10キロ離れたところに位置します。住民はたったの2650人の小さい村で、ワインハウス ファッフェンヴァイラーの歴史はセラーが建設された1954年までさかのぼります。 地元のぶどう栽培家が一丸となり、地元の文化的景観、ブドウ畑の整備、個性豊かなワインつくりを目指して団結したのが始まりです。今では合計40haの畑を栽培しています。白ワインシャスラー(33ha)、ソーヴィニヨンブラン、ミュラートゥルガウ、ピノブラン、ピノグリ、ゲヴュルツトラミネール、シャルドネ、リースリング、ショイレーベを栽培、赤品種ピノノワール(26ha)、メルロー、カベルネソーヴィニヨンを栽培しています。 彼らは、ドイツで最高のワイン造りを目指して土壌にこだわってきました。こうした結果は日々追い続けたワインにかける情熱の賜物なのです。偉大なワインの生産は自然と人間との調和を必要とします。 芸術の域のワインを維持するため畑で丁寧な仕事と愛と情熱を持って取り組みます。 私たちのワインのそれぞれが独自のアイデンティティ、歴史、個性を持っています。この醸造所はテロワールに焦点を当て、 良い土壌と気候、そしてワインへのそれぞれのケアは美味しいワインを造る秘密と言います。 様々な周りの環境要因を表すフランス語で言う 「テロワール」 は、 旧世界、すなわちヨーロッパの造り手は、土壌、場所、気候、ヴィンテージの相互関係がワインに決定的な影響えを与えると信じています。 オーストラリア、カリフォルニア、南アフリカ、新世界では等はワインの品質は醸造所での技術が作用すると考えるところが多いのですが、 ファッフェンヴァイラーでは、ヨーロッパの考え方であるテロワールの違いがワインの味に影響するということを信念としています。 伝統 ファッフェンヴァイラー醸造所の成功は、1953年に始まります。変わることなく50年以上にわたりる彼らのドイツで最高のワインを生産する目標は、独自の文化的景観、畑での作業を大事にしています。 過去から一貫してこの目標を追求しています。彼らが持つ他に類をみないこの地のテロワールは、芸術品ともいうべき素晴らしいワインを造ることが約束されています。 ザンクト・クララ 『ザンクト・クララ』ワインは石灰岩の割合が高く、粘土質の黄土土壌のこの地でも卓越したファッフェンヴァイラー畑の優れたブドウから造られます。ワインは、ミネラルを感じ、はっきりした果物の印象的なだけではなく、旨みがぎっしり詰まっておりクリーミーです。このワインは、醸造所の優れた技術を品質を最もよく表現したトップクラスのワインです。 バンシュタイン 『 バンシュタイン』 はファッフェンヴァイラー地域のブドウのみで造られます。ブドウは石灰岩の比率が高い、粘土/黄土土壌に植えられている。これらの土壌は、ブルゴーニュの構造に非常によく似ています。石灰岩の比率が高いく品種の特徴を引き出し、特にたっぷりの果実味とミネラル分をワインに与えています。 ファッフェンヴァイラーミュラートゥルガウカビネット 2003 ファッフェンヴァイラー Pfaffenweiler Mueller Thurgau Kabinett 2003 Pfaffenweiler ドイツ 白 ワイン 送料無料,人気セール

ヴェーレナーゾンネンウーア リースリング アウスレーゼ 2011 EH ケアペン Wehlener Sonnenuhr Riesling Auslese 2011 Eduard Hauth Kerpen ドイツ 甘口 白 ワイン 数量限定,爆買い

Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペンヴェレナー・ゾンネンウーアについて 「ベルカステルのすぐ近くにあり同様に上質の幾分芳醇なワインを産する。『超1級畑』にゾンネンウーア。」★★★★ ヒュー ジョンソン氏「ポケットワインブック」 このワインは、ゾンネンウーア(「日時計」という意味)と名付けられた畑で造られる単一クリュワインとなっています。 丸いボディと滑らかな甘みがあり、その表層にキレのある鮮やかな酸味が広がります。しっかりとした甘さを感じるものの、品位ある酸味のおかげで後味の印象がグッと良くなるので、デザートワインとしてだけでなく、食中酒としても思った以上の能力を発揮してくれます。 ■Information ●生産国ドイツ●地域モーゼル地域 / ベルンカステル地区 / ヴェーレン村●ブドウ品種リースリング100%●タイプ白・甘口・ミディアムボディ アルコール8.9%、残糖89.6g/l、酸度8.1g/l なんと残糖79g/lから跳ね上がり、【ベーレンアウスレーゼ】クラスになりました。 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペン Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペン ヴェーレナーゾンネンウーア リースリング アウスレーゼ 2011 EH ケアペン Wehlener Sonnenuhr Riesling Auslese 2011 Eduard Hauth Kerpen ドイツ 甘口 白 ワイン 数量限定,爆買い

ファッフェンヴァイラー シュペートブルグンダー ホルツファス Q.b.A. トロッケン 2004 ファッフェンヴァイラー Pfaffenweiler Spaetburgunder Holzfass Q.b.A. trocken 2004 Pfaffenwe

ファッフェンヴァイラーは、偉大なワインの生産は自然と人間との調和を必要とします。芸術の域のワインを維持するため畑で丁寧な仕事と愛と情熱を持って取り組みます。 私たちのワインのそれぞれが独自のアイデンティティ、歴史、個性を持っています。この醸造所はテロワールに焦点を当て、 良い土壌と気候、そしてワインへのそれぞれのケアは美味しいワインを造る秘密と言います。 ホルツファス(気樽熟成)させた、バーデン南部で造られるボディの厚いシュペートブルグンダー(ピノノワール)。タンニン、風味が穏やかになっております。熟したベリー系の香り、ソフトなアタック、優しい味わいにホッとさせられるワインです。 ピノノワールファンには絶対オススメのワインです。 商品説明 国ドイツ産地バーデン(Barden)地域、マークグレーフラーラント(Markgraeflerland)地区、ファッフェンヴァイラー(Pfaffenweiler)村ブドウ品種シュペートブルグンダー(ピノノワール)100%タイプ赤・辛口・ミディアムボディ アルコール:13.7%、残糖:3.6g/L、酸:4.6g/L内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Pfaffenweiler ファッフェンヴァイラー醸造所 バーデンが誇るカリスマ醸造家が率いる品質本位の共同組合! 伝統を大切にし自然との調和から産み出すドイツでもトップレベルの生産者。 現在、「ゴーミヨ」をはじめ様々なワインガイド誌にてドイツの最優秀醸造所の一つ。また、代表シュテファン・メンレは2002年「ゴーミヨ」にて【最優秀醸造所責任者】に選ばれました。 ファッフェンヴァイラーはフライブルクから南に約10キロ離れたところに位置します。住民はたったの2650人の小さい村で、ワインハウス ファッフェンヴァイラーの歴史はセラーが建設された1954年までさかのぼります。 地元のぶどう栽培家が一丸となり、地元の文化的景観、ブドウ畑の整備、個性豊かなワインつくりを目指して団結したのが始まりです。今では合計40haの畑を栽培しています。白ワインシャスラー(33ha)、ソーヴィニヨンブラン、ミュラートゥルガウ、ピノブラン、ピノグリ、ゲヴュルツトラミネール、シャルドネ、リースリング、ショイレーベを栽培、赤品種ピノノワール(26ha)、メルロー、カベルネソーヴィニヨンを栽培しています。 彼らは、ドイツで最高のワイン造りを目指して土壌にこだわってきました。こうした結果は日々追い続けたワインにかける情熱の賜物なのです。偉大なワインの生産は自然と人間との調和を必要とします。 芸術の域のワインを維持するため畑で丁寧な仕事と愛と情熱を持って取り組みます。 私たちのワインのそれぞれが独自のアイデンティティ、歴史、個性を持っています。この醸造所はテロワールに焦点を当て、 良い土壌と気候、そしてワインへのそれぞれのケアは美味しいワインを造る秘密と言います。 様々な周りの環境要因を表すフランス語で言う 「テロワール」 は、 旧世界、すなわちヨーロッパの造り手は、土壌、場所、気候、ヴィンテージの相互関係がワインに決定的な影響えを与えると信じています。 オーストラリア、カリフォルニア、南アフリカ、新世界では等はワインの品質は醸造所での技術が作用すると考えるところが多いのですが、 ファッフェンヴァイラーでは、ヨーロッパの考え方であるテロワールの違いがワインの味に影響するということを信念としています。 伝統 ファッフェンヴァイラー醸造所の成功は、1953年に始まります。変わることなく50年以上にわたりる彼らのドイツで最高のワインを生産する目標は、独自の文化的景観、畑での作業を大事にしています。 過去から一貫してこの目標を追求しています。彼らが持つ他に類をみないこの地のテロワールは、芸術品ともいうべき素晴らしいワインを造ることが約束されています。 ザンクト・クララ 『ザンクト・クララ』ワインは石灰岩の割合が高く、粘土質の黄土土壌のこの地でも卓越したファッフェンヴァイラー畑の優れたブドウから造られます。ワインは、ミネラルを感じ、はっきりした果物の印象的なだけではなく、旨みがぎっしり詰まっておりクリーミーです。このワインは、醸造所の優れた技術を品質を最もよく表現したトップクラスのワインです。 バンシュタイン 『 バンシュタイン』 はファッフェンヴァイラー地域のブドウのみで造られます。ブドウは石灰岩の比率が高い、粘土/黄土土壌に植えられている。これらの土壌は、ブルゴーニュの構造に非常によく似ています。石灰岩の比率が高いく品種の特徴を引き出し、特にたっぷりの果実味とミネラル分をワインに与えています。 ファッフェンヴァイラー シュペートブルグンダー ホルツファス Q.b.A. トロッケン 2004 ファッフェンヴァイラー Pfaffenweiler Spaetburgunder Holzfass Q.b.A. trocken 2004 Pfaffenwe

ウルツィガーヴュルツガルテン リースリングアウスレーゼ 2001 ドクターローゼン Uerziger Wuerzgarten Riesling Auslese 2001 Dr.Loosen ドイツ 甘口 白 ワイン 新品,正規品

1988年1月に家業を継いだ「ドクター・ローゼン醸造所」の現当主エルンスト・ローゼン氏は、接木をしていない 平均樹齢50年以上の古木 を使うことと、最上級の畑を所有することが、世界に通じるすばらしいワインを造る絶対の条件だと気づき、次々と革命を起こしました。 ブドウの収穫量を半分に減らし、化学肥料の使用を一切止め、有機肥料を使った最新農法を取り入れ、昔ながらの素朴な醸造法を取り戻しました。 「リースリング・ルネッサンス」 の実現に向けて、今やドイツ国内にとどまらず、世界中で活躍する彼の功績は高く評価され、 2001年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ゴー・ミオ誌/ドイツ)、2005年3月「マン・オブ・ザ・イヤー」(デカンター誌/イギリス)に続いて、9月には「ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」(インターナショナル・ワインチャレンジ・2005/ロンドン) に選ばれました。 2001年度ドイツ最優秀醸造家賞受賞。スパイシーなアロマが素晴らしい甘口のデザートワインです。 商品説明 国ドイツ産地モーゼル地域、ベルンカステル地区ブドウ品種リースリング100%タイプ白・甘口・ミディアムボディ アルコール:7.5% Vol.、残 糖:80.6g/L、酸:8.1g/L 内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 200年に渡り、代々ローゼン家に受継がれる畑の平均樹齢60年以上の古樹から産み出される!! ゴーミヨ誌で最優秀醸造家の評価!世界中から『 リースリングの伝道師』と賞賛!! エルンスト・ローゼン氏と言えば、2005年デキャンタ―誌の『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞 >した初のドイツ人醸造家です。 彼が、1996年より管理・運営する蔵が【JLヴォルフ】 です。  この【ローゼン・ブラザーズ】もDrローゼンワインと同じように化学薬品等を使わない有機栽培 を実施。契約農家からの葡萄も仕入ますが、全ての農家に栽培方法など細かく取り決めしています。 【独自の品質格付け】 ドクター・ローゼンでは6つの銘醸畑を所有しています。そのうちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付けされています。 これは、1868年に制定されたモーゼル地域での格付けで、フランスのブルゴーニュ地方における「グラン・クリュ」システムに似ており、最近では スチュアート・ピゴット氏、ヒュー・ジョンソン氏共著の「ドイツワイン・アトラス」でも高評価 です。 これらの畑から醸した高級格付けワイン(カビネット~トロッケンベーレン・アウスレーゼ)は銘醸畑シリーズとしてそれぞれの畑名をつけて瓶詰めしています。 それ以外にもコストパフォーマンスを追求したドクター・ローゼンQ.b.A.ファインヘルプがあります。 【銘醸と言われる3つの条件】 1.The microclimate / マクロクリマ(局地的気候) モーゼル河沿いの南向き急傾斜という地理的条件がリースリングに対して最適な気候を作り出します。ブドウは理想的な太陽を浴び素晴らしい成熟を得ます。真夏でも涼しい夜は、ブドウに酸味を持たせ、リースリングの味に不可欠な要素となります。 川は、太陽の光を反射させ、ぶどうの熟成に必要な温度を保ち、気候の低下から畑を守るのです。 2.The Slate Soil / スレート(粘板岩)土壌 多数の粘板岩や露出した岩は、日中の熱を蓄え、ぶどうが完熟するのを促進します。また地表は細かな粘板岩が覆っているため、ブドウは根を深く張れ、ミネラル味の強い生き生きとしたワインが造り出されます。 3.Old, ungrafted vines / 接ぎ木なしの古木 モーゼルの粘板岩土壌の中ではフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)は繁殖できません。そのため、ドクター・ローゼンでは平均樹齢60年、接ぎ木なしの古木 >から凝縮した厚みのあるワインが仕上がります。 『リースリングの伝道師』 英国のワイン誌として最も権威のあるDecanter誌で、2005年度の“Man of The Year”に選ばれました。 『リースリングの伝道師』ローゼン氏のワインを飲まずして、リースリングは語れません!  彼が日本にプロモーションに来られた時に2度ほど一緒に全国周りをさせていただいた想いでがあります。ドイツのワイン造りのスーパースターにもかかわらず本当に気遣いのできる気さくな楽しい方でした。 彼のワインを一度飲めば、間違いなく人柄と同じく虜になってしまいます!そんな彼のドクター・ローゼン醸造所はモーゼル川沿いの南向きの急斜面に 誰もが羨むような6つの銘醸畑を所有しています。 当主エルンスト・ローゼン氏は樹齢60~70年の樹が植えられた 「ヴェーレナー・ゾンネンウーア」(ヴェーレン村の日時計), 「エアデナー・トレップヒェン」(エアデン村の小さな階段) などの畑を特級と1級に格付けしました。  歴史文書に基づいた非公式な格付けでしたが、各々の畑のテロワールを映しています。ドイツワインの権威スチュアート・ピゴット氏が「畑ごとのワインの味わいの違いを表現する見本」 と評するほどです。 彼の醸造所を訪れると必ず、ワインの前には特急畑それぞれの色の違う粘板岩が置かれ、味わいの違いがどこからくるものなのかを実感させられます。 酸と甘み、果実味のバランスが絶妙にとれた彼のワイン造りの一端は手ごろな ドクターLシリーズをすすっただけでもわかります。 畑名入りのシリーズともなればその幾重にも折り重なった複雑な深い味わいの構成は他に類を見ません! ローゼン氏は1988年からローゼン醸造所の経営を引継ぎ、これまでも高い評価を得てきましたが、さすがに今回は 「いまだに信じられない」 と 語っていたようです。  彼の情熱はモーゼルだけにとどまらず、 ファルツ地方の J.L.ヴォルフ醸造所を買上げリースリングの評価もかなり高い! シュペートレーゼ・トロッケンは「 ドイツの美味しい辛口ワイン」に ノミネート されていました。 ヒュー・ジョンソン著「ポケットワインブック」には、ベルンカステルの ザンクト・ヨハニスホーフにある精力的な葡萄園で9.7haの畑をもっています。 “超一級畑”の樹齢を重ねた葡萄樹から産するリースリングは、深みのある強烈なものになります。 1995以降のワインは最上級の品質。エルンスト・ローゼン氏の造り出すワインは、その透き通るほど清冽で 綺麗なリースリングの芸術品なのです! 彼のワイン造りのコンセプトは、 「飲む喜びを感じられるワイン」 ドイツの豊かな自然を重んじ、その自然が育んだぶどう本来の潜在力を余すことなく1本のワインに仕上げた最高のドイツワインの味をお楽しみ下さい!! きっとお気にいりのワインの1つになること間違いなしです。 【エルンスト・ローゼン氏】の活躍ぶりを数多くの ワイン評論家や世界のワイン愛好家が高く評価しています!! ・VDPドイツ高級ワイン生産者協会会員 (ドイツで最もレベルの高いワイン生産者組合 ) ・優秀醸造所ベスト100入り(ドイツの雑誌「DM」より ・世界のワイン醸造所ランキングベスト10(ゴー・ミヨ誌) ・ドイツ辛口リースリング大賞「ファインシュメッカー」 誌上品評会での受賞! ・ワイン界のアカデミー賞! イギリスの権威あるワイン雑誌デカンター誌において2005年度 「マン・オブ・ザ・イヤー」に 選ばれました! ウルツィガーヴュルツガルテン リースリングアウスレーゼ 2001 ドクターローゼン Uerziger Wuerzgarten Riesling Auslese 2001 Dr.Loosen ドイツ 甘口 白 ワイン 新品,正規品

マルターディンガー シュペートブルグンダー 2013 ベルンハルトフーバー Huber Malterdinger Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2013 Weingut Bernhard Huber ドイツ 赤 ワイン 新作,

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。  樹齢12~20年のぶどうを全房のまま⒑日ほど気温を下げた状態(約⒑℃)で低温浸漬、その後ゆっくりと発酵させます。2~3回使用した樽(225L)で12ヶ月以上熟成。平均収量は50~55hl/ha、決して強すぎない香ばしい樽のニュアンスが入り、力強さ、凝縮感も増し、骨格のしっかりとした切れのある酸味が全体をシャープな味わいに仕上げています。 細やかで繊細な、タンニンとのバランス感覚も抜群です。飲まれるときにゆっくりと時間をかけて、ワインの変化をお楽しみいただければと思います。この地が、ピノ・ノワールに適した地であることは、このワインを飲めば、納得できます! 商品説明 国ドイツ産地バーデン地域、ブライスガウ地区、マルターディンゲン村、ビーネンベルク畑ブドウ品種シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール)タイプ赤・ミディアムボディ アルコール13.2%、残糖1.8g/l、酸度6.1g/l内容量750ml保存方法 マルターディンガー シュペートブルグンダー 2013 ベルンハルトフーバー Huber Malterdinger Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2013 Weingut Bernhard Huber ドイツ 赤 ワイン 新作,

ベッカー シュペートブルグンダー ピノノワール ターフェルワイン トロッケン 2006 フリードリッヒベッカー Becker Spaetburgunder Pinot Noir Tafelwein trocken 2006 Friedrich Becker

Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 醸造所のあるシュバイゲン村はファルツの最南端。この醸造所の面白いところは所有している畑がフランスとの国境をまたがっていることです。これは両国の歴史的背景によるものです。1871年までと1918~1940年まではフランス領。1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領に多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたブドウを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培していれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる」 と説明します。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいっているような生活を送る彼ら ならではの果実味を生かしたエレガトなワインを造っています。ベッカー氏の造るピノ・ノワールはヨーロッパやアメリカ等で世界的な評価 を受けています。  2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞も受賞しています!権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞! ドイツの究極のピノノワール!!  特級畑【ザンクトパウル】の特別な区画から生産されるドイツのDRCと称されるベきワイン。 この畑はフランスのアルザスにあります。年間1,200本生産の本当に超希少なワインです。エレガントでパワフルなフルボディのワインです。ピノ・ノワール愛好家必飲の一本。醸造のほとんどを地元ファルツ地方のオークで造られた木樽にて行い、無清澄、無ろ過にて瓶詰。 このワインが2008年7月 【洞爺湖サミット】でも使用されたワインです!! ■Information ●生産国ドイツ●地域ファルツ(Pfalz)地域、ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区、シュヴァイゲン(Schweigen) ●ブドウ品種シュペートブルグンダー(ピノノワール)100%●タイプ赤・辛口・フルボディ アルコール13.0%、残糖0.2g/l、酸度5.4g/l●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】【通販ワイン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 ドイツのみならず、世界中で大注目のスター!!【ブルゴーニュワイン】ファンの方にも是非押さえてほしい醸造家です!【世界一エレガントなワインを造る!】ことを目標に掲げ、果実味に溢れ、風味豊かな、一貫して美しいワインを生み出します!! いまやトレードマークの「キツネラベル」 で世界中でもおなじみの生産者となりました。そのトップキュヴェともなると世界中で争奪戦 となるワインです。2008年には【洞爺湖サミット】 でも彼のピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせました!!  ドイツの最有力ワイン評価誌【ゴーミヨ】で8年連続、[最優秀赤ワイン賞]受賞! また、2006年には同誌で最も注目される醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞! まさに今世界においてもトップクラスの醸造家になり、また、ワイン界において群を抜いたレベルを誇る素晴らしい生産者!  世界的な気候変動の影響により、各地で繊細でエレガントなスタイルの赤ワインを造ることが年々難しくなってきているといわれます。そんな中、【過去最高レベルに】といっていい程、ドイツの赤ワインの品質・味わいのレベルアップが進んでいて、特にフランス国境に近い【ファルツ】やドイツ南部の【バーデン】は非常に注目されています!  ベッカー醸造所のある【シュヴァイゲン村】はそのファルツの最南端にあたり、なんとフランスとの国境を越え二つの国をまたがり畑を所有しています。20世紀前半の混乱から、幾度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの歴史的逸話です。1871年までと1918~1940年まではフランス領で、1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領にも多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。  もともと素晴らしいテロワールを誇るこのファルツを復活させた立役者がこの【フリードリッヒ・ベッカー氏】 と言っても言い過ぎではないのです!!シャイでダンディ、そして、ワイン造りに関しての情熱は物凄いベッカー氏とその遺志を受け継ぐ息子さんとの熱いワイン造り!そんな彼らの気持ちはしっかりとワインにも伝わり、国際的な「スター醸造家」になっても謙虚に低収穫量にこだわった高品質ワイン造りを行っている結果素晴しいワインが出来上がります。  ベッカー氏の所有する主な畑はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培に向いている石灰質土壌です。 独特のエレガントな酸味とミネラル感と余韻の長さはこの土壌ならではです。使用している葡萄のクローンも【ドイツクローン】だけではなく、【フランスクローン】、【スイスクローン】と複数用いることで、それぞれの良さを引き出してワインに複雑さを与えています。 他ではあまり見かけないこの高い技術は、ベッカー氏がもともとクローン研究の第一人者で、クローンの味わいの特徴を知り尽くしている からこそです。  さらに、ベッカー氏のこだわりとして、化学肥料に頼らない、極力自然な農法を実践 しているのも特徴の1つです。実際に、畑の周りは野生のフルーツがたくさん実っていて、豊かな自然に囲まれたどこか懐かしい風景に囲まれています。また、豊かな森に囲まれた地に森も所有し、ワインの熟成に使用する樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用 しています。そして、その森は風や悪天候から畑を静かに守ってくれています。 「世界一エレガントなワインを造る」 ことを目標に、ワイン造りに命をかけるベッカー氏が造るワインは果実味に溢れ、風味豊かで全てのワインで感動するほどのキレイな味わいになっています。ほんとうに身体に抵抗なく【す~~っと】入ってゆくワインです。 【伝統の継続こそが、最高の進歩!】  ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培すれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる。」 と語ります。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいくような生活を送る彼らならではの果実味を生かしたエレガントなワインを造っています。ブドウ畑はピノ・ノワール、白ワインブドウのピノ・グリとシャルドネが約60%を占めています。その他にはシルバーナ、マスカット、 ゲヴュルツトラミネール、ミュラートゥルガウ、ポルトギーザー、ブラックリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培しています。 ベッカー氏の造る【ピノ・ノワール】はドイツ国内はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカだけでなく世界的な評価を受けています!! 2006年にはフランスの【ゴーミヨ誌」にて今最も注目に値する醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞しています!また同雑誌にて8年連続【最優秀赤ワイン賞】を受賞しています。 今、オススメの醸造家【フリードリッヒ・ベッカー】のワインを是非お試しくださいませ!! 【フリードリッヒ・ベッカー】ほかのワインはこちら≫ ベッカー シュペートブルグンダー ピノノワール ターフェルワイン トロッケン 2006 フリードリッヒベッカー Becker Spaetburgunder Pinot Noir Tafelwein trocken 2006 Friedrich Becker

ブロイヤー グラウアーブルグンダー Q.b.A. トロッケン B 2002 ゲオルクブロイヤー Breuer Grauer Burgunder Q.b.A. trocken B 2002 Georg Breuer ドイツ 白 ワイン 辛口 最新作,大得価

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。  ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 「B」はBerg=山を意味し、特に日当たりの良いぶどう畑から収穫されたぶどうを使用しています。 グラウアーブルグンダー種の分厚い果実味を、新樽でがっちり引き締めた、フルボディタイプの旨み溢れる白ワイン。 ■Information ●生産国ドイツ●地域ラインガウ( Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim)●ブドウ品種グラウアーブルグンダー(ピノグリ) 100%●タイプ白・辛口・フルボディ アルコール:13.6%、残糖:2.5g/L、酸:5.2g/L●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【ドイツ】【ラインガウ】【ヨハニス】【Georg Breuer】【ゲオルグ ブロイヤー】【ゲオルグ・ブロイヤー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所  いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】!   フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。  「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。  また、「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト!  ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」  醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。  豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。  ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」  ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40~45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」  ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25~45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。  やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』   (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック) ブロイヤー グラウアーブルグンダー Q.b.A. トロッケン B 2002 ゲオルクブロイヤー Breuer Grauer Burgunder Q.b.A. trocken B 2002 Georg Breuer ドイツ 白 ワイン 辛口 最新作,大得価

トラウトワイン パピリオロゼ Q.b.A. ファインヘルプ 2011 トラウトワイン Trautwein Papilio Rosee Q.b.A. Feinherb 2011 Trautwein ドイツ 辛口 ロゼ ワイン 新作入荷,大得価

Trautwein トラウトワイン バーデンを代表するビオディナミの生産者!! 「ぶどうにとって一番重要なのは、奥深く張る健全な根、そしてその根を育てる一定の空気を含んだ柔らかい土壌」 トラウトワイン夫妻は20年ほど前から有機無農薬栽培を実践しています。 ご夫婦はお子様を授かってから、未来の子供達のために農薬、化学肥料の使用を止める決心をしたそうです。 今でこそ自然回帰がブームのようになっていますが、当時はまだまだ理解者も少なかったのではないでしょうか。 ドイツの環境食品団体「ビオランド」と「デメテール」に加盟しています。 除草剤・殺虫剤・化学肥料に一切頼らない農法で葡萄を栽培しています。  やや辛口ロゼ 透明感のあるややオレンジがかったルビー色、チェリーやラズベリーのような甘い香り、飲んだ後に広がるすっきり・さっぱり感は食事が進みます。 飲む程に余韻が残る感じがあり、ハマります。 シュペートブルグンダーから造られるワインです。 ■Information ●生産国ドイツ●地域バーデン(Barden)地域、カイザーシュトゥール(Kaiserstuhl)地区、バーリンゲン(Bahlingen)村●ブドウ品種シュペートブルグンダー(ピノノワール)100%●タイプロゼ・やや辛口・ミディアムボディ アルコール11.8%、残糖7.9g/l、酸度6.3g/l●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Trautwein トラウトワイン醸造所 環境にも優しく、飲んで美味しいホッとする味【ビオワイン】。南ドイツのバーデン地方の有機無農薬栽培の造り手【トラウトワイン】! 1649年以来、家族経営を行っている伝統の造り手です。造り手のトラウトワイン夫妻が有機無農薬栽培 への転換をしたのは、今から20年以上も前の事です。本当に仲の良いこのご夫婦が、ここの栽培ほ方法に移行したきっかけは、ちょうど彼らが初めてお子さんを授かった時で、 【この子達が安心して暮らしていける社会にする為にできる事】 という観点に立ったご夫妻は、一切の農薬、化学肥料の使用を止め、安心して長く続けることができる栽培環境を整えてきました。 彼らの考えは、この畑にいる動植物の本来持ち合わせている力が美味しいワインを造るそうです。多くの虫や草花、ハーブや雑草などが生きている土壌は、肥沃な土地で強い良い畑だそうです。やってくるブドウへの害虫には、それらの天敵となるもので対抗し、農薬は使いません。 有機無農薬栽培の取り組み ドイツの環境食品団体【ビオランド】の規格に沿って行なわれるブドウ栽培。 毎日の作業は細部にわたって厳しくチェックされます。 ◆使用肥料は出所の確認された有機肥料(牛糞、角、わら)のみ。これらは、土壌の寿命を長くします。 ◆ブドウの樹の間に、益虫の好む植物や害虫の嫌がる雑草などを植えて、1年後に鋤(す)き込む作業を繰り返します。 (空気中の窒素を根に蓄える事のできるマメ科の植物なども重要) 除草剤、合成科学殺菌剤、殺虫剤は使用しない。 ◆農薬も天然に存在する硫黄や特定の植物を煎じたものを使用しています。 さらに、従来の【Bioland】に加えて2004年には【Demeter】にも加盟しております。【Demeter】は【Bioland】よりも厳しい国際的規格になり、役人による監視(書類や畑の調査)も形式だけでなく厳格に行なわれ、使用する原料全てに対して出所チェックがされるという徹底様です! トラウトワイン醸造所の考えは、 「ぶどうにとって一番重要なのは、奥深く張る健全な根、そしてその根を育てる一定の空気を含んだ柔らかい土壌」、、、 だそうです。 雑味のないきれいな味の 【ビオワイン】 を是非一度お試し下さいませ。 トラウトワイン パピリオロゼ Q.b.A. ファインヘルプ 2011 トラウトワイン Trautwein Papilio Rosee Q.b.A. Feinherb 2011 Trautwein ドイツ 辛口 ロゼ ワイン 新作入荷,大得価

リースリング ミュラートゥルガウ Q.b.A. トロッケン 2006 ベルンハルトフーバー Huber Muller Thurgau & Riesling Q.b.A. trocken 2006 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ドクター・ローゼンとならび、ドイツでトップクラスの醸造家の評価を受けている、ベルンハルト・フーバーの逸品です。リースリングの切れとミュラートゥルガウの溢れる果実味が見事に融合した、酸味と果実実のバランスが絶妙の優しい口あたりの辛口白ワイン。流石フーバー氏のワインと納得できる、ボディもしっかりとしていて、充分なコクも味わえます。ホッと癒されるワインです。 【dancyuワイン大賞】 商品説明 国バーデン地域、ブライスガウ地区、マルターディンゲン村ブドウ品種白・辛口 アルコール:11.5%、残糖:0.5g/L、酸:6.2g/L内容量直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber   Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所   究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」  南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。  1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。  彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。)  この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。  今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。  700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。  現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません!  1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。  2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです!  私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。  エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。  実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。  その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました!  ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。  フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。  無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】  マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです!  かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。 リースリング ミュラートゥルガウ Q.b.A. トロッケン 2006 ベルンハルトフーバー Huber Muller Thurgau & Riesling Q.b.A. trocken 2006 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口

フーバー ピノゼクトロゼブリュットナトゥーア 2007 ベルンハルトフーバー Huber Pinot Sekt Rosee brut Nature 2007 Weingut Bernhard Huber ドイツ ロゼ ゼクト 品質保証,正規保証

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ★年産僅か5,000本、手書きのサインがラベルです。 和ませてくれる淡いゼクト・ロゼ。シャンパーニュと同じく瓶内2次発酵方式で造られています。ただ違うことはフリーランジュースのみを使用しているということ。 フランス語でいうと「ロゼ・ド・ノワール」でしょうか。とてもキメ細かい泡。香りは穏やかで色のせいか、ラズベリーやチェリーの香り がほのかに感じます。 アタックはとても優しいく、シャンパーニュのブリュットはキツく感じられるものがありますが、このピノ・ゼクトは“繊細”という言葉が本当にあてはまります。ピノノワールから滴り落ちた雫、一番絞りで作ったスパークリング。瓶の底に白いマークを付けて手作業で動瓶(ルミア-ジュ)させた跡が残っています。 ■Information ●生産国ドイツ●地域バーデン地域、ブライスガウ地区、マルターディンゲン村●ブドウ品種ピノ・ノワール、ピノ・ブラン●タイプスパークリング・ロゼ・辛口 / ドサージュ 0 アルコール12.8%、残糖1.0g/l、酸度6.0g/l●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber   Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所   究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」  南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。  1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。  彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。)  この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。  今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。  700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。  現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません!  1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。  2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです!  私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。  エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。  実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。  その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました!  ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。  フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。  無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】  マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです!  かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。 フーバー ピノゼクトロゼブリュットナトゥーア 2007 ベルンハルトフーバー Huber Pinot Sekt Rosee brut Nature 2007 Weingut Bernhard Huber ドイツ ロゼ ゼクト 品質保証,正規保証

リースリングアンプラグド トロッケン Q.b.A. ワイングートテッシュ 現行ヴィンテージ Riesling Unplugged Trocken Q.b.A. Weingut Tesch 白 ワイン ドイツ 2016,新作登場

Weingut Tesc ワイングート・テッシュドイツで初めて辛口に特化!型破りな試みに世界が注目!辛口に特化した新しいスタイルが話題を呼ぶドイツのテッシュならではの、新鮮なりんごや桃のニュアンスとキレの良い酸が心地よいリースリングです。 飲み頃温度 / 8℃ ビオ・ロジック【オーガニック認証機関・KUW(表記せず)】 醗酵:ステンレス醗酵 ■Information ●生産国ドイツ●地域ナーエ / Q.b.A. ●ブドウ品種リースリング100% (ビオ・ロジック)●タイプ白・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元株式会社モトックス 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2~4営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス】【Weingut Tesc】【ワイングート・テッシュ】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Tesc ワイングート・テッシュ Weingut Tesc ワイングート・テッシュ ドイツで初めて辛口に特化!型破りな試みに世界が注目!! 斬新な発想でドイツワイン界に新風を吹き込む作り手! ヴァイングート・テッシュの設立は1723年。以来、テッシュ一族により代々受け継がれてきた家族経営のワイナリーです。  300年近くの長い歴史を持つワイナリーですが、その趣きは1997年に12代目のオーナーとなった【マルティン・テッシュ氏】の登場により一変します。伝統を重んじるワイン造りをそのまま踏襲することなく、自身の感性に従って、パッケージやロゴの変更だけでなく、畑のほとんど全てをリースリングのみに縮小するなど、まさに“型破り”ともいえる方法で次々と新しい試みを実践していきます。 その信念の核となっているのが、「辛口に特化したワイン造り」。 「テロワールの個性を最も忠実に反映する品種」 といわれるリースリング種において、ワイナリーの宝であるバラエティに富んだ区画が育む味わいの違いを、正確にワインに写し取ることはごく自然なことでした。また、食事との相性を考え抜くマルティンにとって、唇に分かりやすい甘みが残る伝統的なドイツのリースリングは理解できないものでもありました。  また、その為に、家族のお祝い用などに作る一部の貴腐ワインを除いては、一切の伝統的な甘口ワイン造りを止め、辛口に特化することにしたのです。そしてピュアなリースリングの特徴を生かすために、ワイン造りにおいては最低限の介入を心がけ「補糖なし、樽なし、補酸なし」 のストレートな醸造を全てのラインナップで貫いています。  こうした新しい試みは批判にもさらされ、古くから取引のある人々の不信を買い4割以上の顧客を失ったそうですが、分かりやすく整理したシンプルなラインナップ、手ごろな価格、異業種の人々との積極的な交流などもあり、逆に若い世代をはじめとする新しい顧客層にテッシュの“新しい”ワインが広がることになりました。伝統的なドイツワイン界にあってマルティンの試みは異端児にも映りますが、深い知識と信念に裏打ちされたワインは、今では世界各地で確固たる信頼を集めています。 知性と情熱の人 ■学者として活躍  長い歴史を持つワイナリーに生まれたマルティン・テッシュ氏ですが、意外なことに初めからワイナリーを継ぐ意思があった訳ではないと言います。家族の中でも少し変わっていた、というマルティンは15歳で実家を出て微生物学者の博士号を修め、研究者として企業でも活躍します(日本の味の素の世界的なプロジェクトにも参加していたそうです)。 ■ワイン造りへ回帰  実家の仕事で慣れていたワインの仕事には学生時代のアルバイトとして関わりを続けていましたが、研究者として過ごしていたある日、もっと情熱を傾けられるものは何かという考えを抱きます。その時念頭に浮かんだのがワイン造りでした。一旦は実家を離れたものの、地質学や微生物学を修めたマルティンにとって「自分でもワインが造れるかもしれない」と考えたことは自然なことでした。 ■鋭い味覚の持ち主  知性派のマルティンは、自分の進む道をしっかりと見極めた高い理想を持つ人物。「自らの特性を生かしながら人とは違うことをする」という明確な信念の下、辛口ワイン造りに特化した理由の背景には、マルティンが類まれなる味覚の持ち主である、ということも関係しています。非常に鋭い味覚を持ち食事に対するこだわりも強いマルティンは、「料理には明らかに甘いものが少ないにも関わらずワインだけが甘いままであること」に違和感を覚えていました。自宅で調理するものにも決して出来合いの品は使わず自分で選んだ食材を使って自分たちで調理することを楽しむなど、食事に凡庸な北ヨーロッパにあってその感性の高さは目を見張るものです。 ■鋭い感性が生む土地の個性を反映したリースリング  マルティンほど畑の特徴を徹底的に表現しようとする醸造家は、1990年代のドイツでは他に類を見ませんでした。初めからワイナリーの特性をリースリングに定めていたマルティンが1997年に父親から醸造所を受け継いだときにまずしたのが、チェーンソーを持って30ヘクタールのブドウ畑に入り、約半分の樹を伐採し、自分の考えをワイン造りで遂行できる規模にしました。ワインの種類もそれまで40種類ほどあったものを11種類まで激減させました。 リースリングへの追及はワイン造りにも表れています。例えば「同じ日に収穫、全く同じ方法で醸造するとどうなるか?」ということを思いつき、2002年ヴィンテージからは所有する5つの区画のリースリングを同じ手法で醸造することで、それぞれのテロワールが持つ違いを見事に表現しました。 また、ブドウ畑の持つミクロクリマの研究でも知られており、それらの知識を背景とした「他にはないワインを造ること」 をコンセプトとしています。 リースリングアンプラグド トロッケン Q.b.A. ワイングートテッシュ 現行ヴィンテージ Riesling Unplugged Trocken Q.b.A. Weingut Tesch 白 ワイン ドイツ 2016,新作登場

フーバー ミュラートゥルガウ Q.b.A. トロッケン 2013 1000ml ベルンハルトフーバー Huber Muller Thurgau Q.b.A trocken 2013 1000ml Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。  味にコダワリを持った人達が揃うパーティーもおまかせなのがこのワインです。お買得1000ml瓶で、量が充分、何よりも、フーバーさんの造ったワインで、質の高さはバッチリです。コスト的な面と、環境に対する考慮から頭封は施されていませんので御了承下さい。和食を初めとして、我々が食べる食事に良く合うスタイルに仕上がっています。御料理と共にどうぞ。 フレッシュな果実味と酸味が特徴的で、ミネラル感一杯の、清々しく爽やかな辛口白ワインです。 ミュラートゥルガウ、しかも1リットルというと、軽くてフルーティーなだけのワインかと思いがちですが、フーバーのワインは違うんです。 『フーバー、さすが…』と、納得の完成度! 全てにおいて手を抜かない、フーバーさんの人柄が伺えます。これからの季節、大活躍間違いなしです!!大勢でアウトドアなどで楽しむのにお勧め。気軽に本格派を楽しめてしまいます。 軽い前菜をはじめ、ミネラル感が、素材を生かした和食にもぴったりです。 【dancyuワイン大賞】 商品説明 国ドイツ産地バーデン地域、ブライスガウ地区、マルターディンゲン村ブドウ品種ミュラートゥルガウ100%タイプ白・辛口  アルコール12.0%、残糖3.2g/l、酸度5.8g/l内容量1000ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber   Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所   究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」  南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。  1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。  彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。)  この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。  今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。  700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。  現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません!  1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。  2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです!  私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。  エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。  実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。  その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました!  ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。  フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。  無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】  マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです!  かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。 フーバー ミュラートゥルガウ Q.b.A. トロッケン 2013 1000ml ベルンハルトフーバー Huber Muller Thurgau Q.b.A trocken 2013 1000ml Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口

ベッカー シルヴァーナ Q.b.A. トロッケン 2014 1000ml フリードリッヒベッカー Becker Silvaner Q.b.A. trocken 2014 1000ml Friedrich Becker ドイツ 辛口 白 ワイン 定番人気,新

Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 醸造所のあるシュバイゲン村はファルツの最南端。この醸造所の面白いところは所有している畑がフランスとの国境をまたがっていることです。これは両国の歴史的背景によるものです。1871年までと1918~1940年まではフランス領。1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領に多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたブドウを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培していれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる」 と説明します。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいっているような生活を送る彼ら ならではの果実味を生かしたエレガトなワインを造っています。ベッカー氏の造るピノ・ノワールはヨーロッパやアメリカ等で世界的な評価 を受けています。  2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞も受賞しています!権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞! 食中酒としても日常気軽にグイグイ飲める、地元消費用1リットルサイズのお徳用ワインです。華やかな香りとフルーティな味、きれいな酸をお楽しみ下さい。 ■Information ●生産国ドイツ●地域ファルツ(Pfalz)地域、ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区、シュヴァイゲン(Schweigen) ●ブドウ品種ジルヴァーナ(Silvaner) 100%●タイプ白・辛口・フルボディ アルコール12.5g/l、残糖3.8g/l、酸度6.5g/l●内容量1,000ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元ヘレンベルガー・ホーフ株式会社 【ワイン通販】【通販ワイン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 ドイツのみならず、世界中で大注目のスター!!【ブルゴーニュワイン】ファンの方にも是非押さえてほしい醸造家です!【世界一エレガントなワインを造る!】ことを目標に掲げ、果実味に溢れ、風味豊かな、一貫して美しいワインを生み出します!! いまやトレードマークの「キツネラベル」 で世界中でもおなじみの生産者となりました。そのトップキュヴェともなると世界中で争奪戦 となるワインです。2008年には【洞爺湖サミット】 でも彼のピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせました!!  ドイツの最有力ワイン評価誌【ゴーミヨ】で8年連続、[最優秀赤ワイン賞]受賞! また、2006年には同誌で最も注目される醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞! まさに今世界においてもトップクラスの醸造家になり、また、ワイン界において群を抜いたレベルを誇る素晴らしい生産者!  世界的な気候変動の影響により、各地で繊細でエレガントなスタイルの赤ワインを造ることが年々難しくなってきているといわれます。そんな中、【過去最高レベルに】といっていい程、ドイツの赤ワインの品質・味わいのレベルアップが進んでいて、特にフランス国境に近い【ファルツ】やドイツ南部の【バーデン】は非常に注目されています!  ベッカー醸造所のある【シュヴァイゲン村】はそのファルツの最南端にあたり、なんとフランスとの国境を越え二つの国をまたがり畑を所有しています。20世紀前半の混乱から、幾度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの歴史的逸話です。1871年までと1918~1940年まではフランス領で、1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領にも多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。  もともと素晴らしいテロワールを誇るこのファルツを復活させた立役者がこの【フリードリッヒ・ベッカー氏】 と言っても言い過ぎではないのです!!シャイでダンディ、そして、ワイン造りに関しての情熱は物凄いベッカー氏とその遺志を受け継ぐ息子さんとの熱いワイン造り!そんな彼らの気持ちはしっかりとワインにも伝わり、国際的な「スター醸造家」になっても謙虚に低収穫量にこだわった高品質ワイン造りを行っている結果素晴しいワインが出来上がります。  ベッカー氏の所有する主な畑はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培に向いている石灰質土壌です。 独特のエレガントな酸味とミネラル感と余韻の長さはこの土壌ならではです。使用している葡萄のクローンも【ドイツクローン】だけではなく、【フランスクローン】、【スイスクローン】と複数用いることで、それぞれの良さを引き出してワインに複雑さを与えています。 他ではあまり見かけないこの高い技術は、ベッカー氏がもともとクローン研究の第一人者で、クローンの味わいの特徴を知り尽くしている からこそです。  さらに、ベッカー氏のこだわりとして、化学肥料に頼らない、極力自然な農法を実践 しているのも特徴の1つです。実際に、畑の周りは野生のフルーツがたくさん実っていて、豊かな自然に囲まれたどこか懐かしい風景に囲まれています。また、豊かな森に囲まれた地に森も所有し、ワインの熟成に使用する樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用 しています。そして、その森は風や悪天候から畑を静かに守ってくれています。 「世界一エレガントなワインを造る」 ことを目標に、ワイン造りに命をかけるベッカー氏が造るワインは果実味に溢れ、風味豊かで全てのワインで感動するほどのキレイな味わいになっています。ほんとうに身体に抵抗なく【す~~っと】入ってゆくワインです。 【伝統の継続こそが、最高の進歩!】  ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培すれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる。」 と語ります。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいくような生活を送る彼らならではの果実味を生かしたエレガントなワインを造っています。ブドウ畑はピノ・ノワール、白ワインブドウのピノ・グリとシャルドネが約60%を占めています。その他にはシルバーナ、マスカット、 ゲヴュルツトラミネール、ミュラートゥルガウ、ポルトギーザー、ブラックリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培しています。 ベッカー氏の造る【ピノ・ノワール】はドイツ国内はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカだけでなく世界的な評価を受けています!! 2006年にはフランスの【ゴーミヨ誌」にて今最も注目に値する醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞しています!また同雑誌にて8年連続【最優秀赤ワイン賞】を受賞しています。 今、オススメの醸造家【フリードリッヒ・ベッカー】のワインを是非お試しくださいませ!! 【フリードリッヒ・ベッカー】ほかのワインはこちら≫ ベッカー シルヴァーナ Q.b.A. トロッケン 2014 1000ml フリードリッヒベッカー Becker Silvaner Q.b.A. trocken 2014 1000ml Friedrich Becker ドイツ 辛口 白 ワイン 定番人気,新

メンゲス ソーヴィニョンブラン シュペートレーゼトロッケン バリック 2003 エドウィンメンゲス Menges Sauvignon blanc Spaetlese trocken Barrique 2003 Edwin Menges ドイツ 辛口 白 ワ

新樽でゆっくりと寝かされた濃厚な味わいのソーヴィニヨン・ブラン。 メンゲスさんが所有しているホテルのためだけに造っていたこだわりの白ワイン。 暑かった2003年を思い起こさせる濃厚な果実味です。 商品説明 国ドイツ産地バーデン(Barden)地域、ラウエンベルク(Rauenberg)村ブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン100%タイプ白・辛口・ミディアムボディ アルコール:14.9%、残糖:1.6g/L、酸:4.0g/L内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Edwin Menges エドウィン・メンゲス醸造所 メンゲス ソーヴィニョンブラン シュペートレーゼトロッケン バリック 2003 エドウィンメンゲス Menges Sauvignon blanc Spaetlese trocken Barrique 2003 Edwin Menges ドイツ 辛口 白 ワ

ヘックリンガーシュロスベルク シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2008 ベルンハルトフーバー Hecklinger Schlossberg Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 2008 Weingut Be

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。  フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。  この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所の赤ワインの最上級キュベ!! 樹齢50年~のぶどうから新樽で18ヶ月以上熟成。ミネラル豊かなボディのある赤ワインです。 商品説明 国ドイツ産地バーデン地域、ブライスガウ地区、マルターディンゲン村、ビーネンベルク畑ブドウ品種シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール)タイプ赤・フルボディ アルコール:13.5g/l、残糖:0.7g/l、酸度:5.0g/l内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber   Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所   究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」  南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。  1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。  彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。)  この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。  今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。  700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。  現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません!  1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。  2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです!  私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。  エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。  実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。  その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました!  ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。  フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。  無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】  マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです!  かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。 ヘックリンガーシュロスベルク シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2008 ベルンハルトフーバー Hecklinger Schlossberg Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 2008 Weingut Be

シャルツホフベルク リースリングカビネット 2013 フォンヘーフェル Scharzhofberg Riesling Kabinett 2013 Von Hoevel ドイツ やや甘口 白 ワイン HOT,豊富な

ワイナリーの前身である修道院は、モーゼル トリアー ザンクト マキシミンに12世紀には既に存在していました。現在のセラーは約800年の歴史を持っています。 かつて聖マキシミン修道院の一部であった古代の修道院の建物で、12世紀に建設された地下セラーが含まれています。二度もの大火事にあい、その度よみがえってきました。 現オーナーの先祖である【Johann E.Grach】が1806年に教会からこのエステートを買い取り「ワイングート フォン ヘーフェル」として新たな歴史が始まりました。 ローマ帝国時代から続くドイツ最高峰の畑。最も著名で古典的なスタイルのモーゼルワイン屈指の生産者。 世界中のワイン愛好家を魅了させているシャルツホーフベルグの畑からは、世界中のワイン愛好家の人気をひとり占めするような素晴らしいワインが生み出されます。 ザールの自然が凝縮されているような風味を持ち、特有のリースリングの高貴なアロマと生き生きとした酸を持っている、そしてドイツを代表するようなエレガントな逸品です。15年程の熟成のポテンシャルを持ったワインです。 商品説明 国ドイツ産地モーゼル地域、ザール地区ブドウ品種リースリング100%タイプ白・甘口 アルコール7.9%、残糖63.5g/l、酸度11.1g/l内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Von Hoevel フォン・ヘーフェル 醸造所 超一流の造り手による超一流畑からの本格派ドイツワイン!! (現地の評価本ファインレヴュー92点高得点ワインのすごいリースリング!) ワイナリーの前身である修道院は、モーゼル トリアー ザンクト マキシミンに12世紀には既に存在していました。 現在のセラーは約800年の歴史を持っています。 かつて聖マキシミン修道院の一部であった古代の修道院の建物で、12世紀に建設された地下セラーが含まれています。二度もの大火事にあい、その度よみがえってきました。 現オーナーの先祖であるJohann E.Grachが1806年に教会からこのエステートを買い取り「ワイングート フォン ヘーフェル」として新たな歴史が始まりました。 現在の6代目オーナーEberhard Von Kunow氏は、自らセラーマイスターとして伝統に実証されたワイン造りを行なっています。 なんと彼はトリアー ベルンカステルのワインオークションの競売人としての顔も持っており、ドイツだけでなく世界のワインに精通しています。 また、VDPの認定も受けており常に品質の高さを保ち続けています。 世界中のワインライター達の評価も高く、 ロバート・パーカー氏も4ツ星★★★★生産者として評価しており、また、ヒュー・ジョンソン氏のコメントも「ザールの大変優れた葡萄園。畑はオーバーエメル(ヒュッテは単独所有)とシャルツホーフベルクにある。1993年以降のワインは飛切り上等」となっている程です。 シャルツホフベルク リースリングカビネット 2013 フォンヘーフェル Scharzhofberg Riesling Kabinett 2013 Von Hoevel ドイツ やや甘口 白 ワイン HOT,豊富な

ドルンフェルダー ゼクト トロッケン 2009 スプレンディッドゼクトケラーライ Schloss Rheinach Dornfelder Deutscher Sekt trocken 2009 Splendid Sektkellerrei ドイツ スパーク

ドルンフェルダー種メインの、渋味の無いライトな感覚で楽しめる赤のスパークリングワインです。 商品説明 国ドイツ産地モーゼル地域ブドウ品種ドルンフェルダー100% タイプスパークリング・赤・やや甘口 アルコール:12.4% 残糖:28.3g/l 酸:4.0g/l内容量750ml保存方法直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Splendid Sektkellerrei スプレンディッド・ゼクトケラーライ ドルンフェルダー ゼクト トロッケン 2009 スプレンディッドゼクトケラーライ Schloss Rheinach Dornfelder Deutscher Sekt trocken 2009 Splendid Sektkellerrei ドイツ スパーク