シャトーマルゴー 1990 Chateau Margaux 1990 赤 ワイン 新作,低価

シャトー・マルゴー Chateau Margauxワイン界の頂点に君臨するボルドー1級シャトー。 五大シャトーの中でもエレガントで女性的と評される、シャトー・マルゴー! 1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワインです。支配人のポール・ポンタリエ氏はシャトー・マルゴーを「ベルベットの手袋の中の鋼鉄の拳」という表現をしています。女性らしいと形容される理由は、並外れたタンニンのしなやかさによります。  柔和で優しく香り高いのが特徴です。そのマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出すため、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトしています。その優美な味わいは、ルイ15世の寵妃マダム・デュ・パリや、文豪ヘミングウェイなど多くの著名人を シャトーマルゴー 1990 Chateau Margaux 1990 赤 ワイン 新作,低価

シャトーレオヴィルバルトン 1983 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Chateau Leoville Barton 1983 AOC Saint Julien 赤 ワイン 大得価,人気セール

Chateau Leoville Barton シャトー・レオヴィル・バルトン「1985年以降、アントニ・バルトンはこのワインの伝統的なスタイルを変化させるのではなく、より洗練されたものにした。サンジュリアンの最高級ワインの中でも、最上のお値打ち品となっている。」とロバート パーカー氏はベタボメコメント! サンジュリアン村にある、有名な「レオヴィル3兄弟」 の一つ。 【レオヴィル・ラス・カーズ】、【レオヴィル・ポワフェレ】とはかつて同じ畑であり、3分割されたのですが、こちらは当時の所有者がバルトン家。その名前にちなんでこのシャトー名が付けられました。  実は、【レオヴィル・バルトン】にはシャトーがありません。ワイン造りは、お隣の【シャトー・ランゴア・バルトン】で行われるのです。ラベルに描かれているシャトーは、実はランゴア・バルトンのものなのです。  ワインはサン・ジュリアンらしい、力強いポイヤックと繊細なマルゴーの中間といった味わいです。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、タンニンが強いため、若いうちは硬く内気な印象なのが特徴です。ですが、10年〜20年ほどの熟成経て、やさしく上品なワインへと変化してゆきます。  収穫はすべて手摘み、選果も畑の中で行い、醸造所で再度選果。マセレーションなどは行わず、熟成中は3ヶ月に1度の澱引きを行い、コラージュは卵白を使用するなど、あくまでも伝統的な方法を採用しています。  古典的なボルドーワインながら、より洗練された仕上がりのレオヴィル・バルトン。近年の実力と評価にまだまだ価格が追いついてはおらず、「スーパーセカンド」の中でも特にコスト・パフォーマンスが高いワインです。    *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区サンジュリアン村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン72%、メルロ20%、カベルネ・フラン8%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【メドック 格付】 【アントニー バルトン】 【AOC サンジュリアン 格付】 【シャトー レオヴィル バルトン】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【格付第二級 2級】 【サン ジュリアン 】【AOCサン ジュリアン 】【クラスマン3つ星 】【ロバートパーカー5つ星 】【ゴーミヨ5つ星 】【格付二級】【メドック 辛口 赤 】【サンジュリアン 辛口 赤 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Leoville Barton シャトー・レオヴィル・バルトン Chateau Leoville Barton AOC Saint Julien シャトー・レオヴィル・バルトン メドック格付第2級 AOCサン・ジュリアン メドック格付け1級に最も近い2級格付け!クラスマン最高評価3ツ星★★★!ロバート・パーカー最高評価5ッ星★★★★★生産者で「サンジュリアンの最高級ワインの中でも最上のお値打ち品」と絶賛されています!力強いポイヤックと繊細なマルゴーの中間スタイルと言われるサンジュリアン村にある、有名な「レオヴィル3兄弟」の一つ、それがシャトー・レオヴィル・バルトンです。 かつて同じ畑だったレオヴィルが3分割されたのですが、当時の所有者がバルトン家。その名前にちなんでこのシャトー名が付けられました。  ジロンド川を見下ろせる、メドックでも最も美しい場所で作られるワインは、3級シャトー【ランゴア・バルトン】と同じ施設で全く同じ方法で作られているにも関わらず、その品質は遥かに上と評されています。  ワインの製造方法はいたって伝統的で、低温マセレーションなども一切行っていません。統的なスタイルを保ちながら、より洗練されたワインを造る”というのがバルトン風なのです。  ワインは、サンジュリアン村らしい味わいです。村の位置と同様に、“力強いポイヤックと繊細なマルゴーの中間”といった感じで、強さと繊細さを併せ持っています。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、タンニンが強いため、若いうちは硬く閉じて内気な印象なのですが、10年、20年と熟成させたものは、グラスからやさしく上品な香りが次々と立ち上ってくるようになっています。  古典的なボルドーの良さを残しながら、より洗練された味わいに仕上がっているレオヴィル・バルトン。官能的な甘味としなやかで長く残る余韻は非常に複雑であり、「スーパーセカンド(1級並みの品質をもつ2級)」の中でも特にコスト・パフォーマンスが高く、「ドングリアーノワイン」オススメのワインです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  レオヴィル=バルトンは一般的にその兄弟にあたるランゴア・バルトンより優れていると認知されている。いずれもアントニ・バルトンが所有しているが、ほかの所有者たちと違って、バルトンはブレンドに、しなやかで肉付きのよいメルローをごくわずかしか使わない。(1980年代半ばの植付けの結果、その割合は20%に引き上げられたが)一方で、カベルネ・ソーヴィニョンの割合はサン=ジュリアンの村のみならず、メドック全般においても高い。  レオヴィル・バルトンはランゴア・バルトンでつくられるが、それはレオヴィルにはシャトーがないからである。レオヴィル・バルトンの主なブドウ畑はサン=ジュリアン=ペイシュヴェルの町並みのすぐ裏手から西方へと広がって、シャトー・タルボの大きなブドウ畑と交差している。  1970年代には一貫性がなかったが、1980年代、1990年代には連続してすばらしく成功したワインを生み出している。1985年以降、アントニ・バルトンは、このワインの伝統的なスタイルを変化させるのではなく、より洗練されたものにした。サン=ジュリアンの最高級ワインの中でも、最上のお値打ち品となっている。 一般的な評価  1985年以降間違いなくよくなってきているが、その価格は(2000年もの以外)まだ品質の向上に追いついていない。これは朗報である。スーパー・セカンドの中では最もお値打ち品の1つであるものの、ここのワインはタニックで、自分を十分に表現するまでに相当な時間がかかる。サン=ジュリアンで右に出る者のないレオヴィル・ラス・カーズのレベルまで届くことはめったにないが、価格はずっと安い。 平均年間生産量:26万4000本  セカンド:7万本  畑 面積:48ha  平均樹齢:30年  植樹密度:9,000本  平均収量:50hl/ha  育成:発酵とマセレーションは温度調節された200hl入りの木製槽で15~21日間。 熟成は新樽は50%で20ヶ月。清澄も濾過も行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン72%、メルロ20%、カベルネ・フラン8% 所有者:バルトン家 シャトーレオヴィルバルトン 1983 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Chateau Leoville Barton 1983 AOC Saint Julien 赤 ワイン 大得価,人気セール

シャトーピションロングヴィルコンテスドラランド 1987 AOCポイヤックメドック格付第2級 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande 1987 AOC Pauillac 赤 ワイン 高品質,大人気

Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド ポイヤック格付一級シャトーと肩を並べる大人気シャトー!「ポイヤックの貴婦人」と形容される女性的で優しいワイン【シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】!   シャンパーニュの名門【ルイ・ロデレール社】に買収され、ますます品質をあげているボルドー・2級シャトー!! 一級の【シャトー・ラトゥール】、二級の【シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン】といったシャトーに挟まれたところに位置するのが【ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】。ポイヤックの3つの名高い一級シャトー(ラフィット、ラトゥール、ムートン)にも肩を並べるほどの実力です。  近年、格付け改定がなされたら一級に格上げになるだろうと言われる「スーパーセカンド」と評されるいくつかのシャトーの中でもこの【ピション・ラランド】は独特の存在感です。ポイヤックにありながら、メルロの割合が多く、マルゴーのワインのような柔らかく上品なワイン です。そうした女性的な味わいはシャトーの始まりにあるのかもしれません。  元は【ピション・ラランド】と【ピション・バロン】は一つのシャトーでした。17世紀にまで歴史を遡ると長い間シャトーはその名声を維持し続けますが、当時の当主【バロン・ジョセフ・ドゥ・ロングヴィル氏】は5人の子供達にシャトーを分割しようと考えていました。長男がすでに亡くなっていたので、次男が全体の五分の二を、残りの五分の三を3人の娘で分割しました。  この次男が相続した畑が現在のピション・バロンです。姉妹それぞれに五分の一ずつ相続された3つの畑ですが、管理が困難であったため結局1850年から1860年までの間はピション・バロンを所有する次男が管理していました。  5人の子供の一人、ラランド王に嫁いだ次女がワイン造りに強い関心を示した為、シャトーを分割し、ラランド王国の王女(コンテス・ラランド)の名前を持つシャトーになりました。そして、男兄弟が相続した【ピション・バロン】の方はがっちりとした、筋肉質で力強い男性的なワインとなり。姉妹が相続した【ピション・ラランド】の方は上品で滑らかな女性的なワインが造り出されました。  ピション・ラランドは、「アタックはあくまでデリケートに。しかし中間から一気に広がってくる圧倒的なヴォリューム感そしてフィニッシュには遠慮しない。」 というもので、エレガントなスタイルは、男性的なピション・バロンと比べ『貴婦人のよう』 と賞されます。  ロバート・パーカー氏は「現在、ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドは間違いなく最も人気が高く、1978年以降ポイヤックで最も一貫して秀逸なワインとなっており、ヴィンテージによっては一級の品質を示すこともある」 (『ボルドー第四版』より) と評価しています。 ブラックチェリーやフランボワーズのなどの赤・黒系果実の香り、黒コショウ、ミント、ダークチョコレート、バニラクリーム、なめし革、西洋杉のニュアンス。たっぷりとして粘性も高く、口に含むと、果実味の厚みがありリッチな印象。完熟した果実味と酸、渋みとのバランスが大変良く、女性らしい優美さをもった華やかな1本です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によっては、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー /  メドック地区ポイヤック村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC ポイヤック】 【メドック 格付】 【格付第2級 二級】 【コンテスト ラランド】 【ロングヴィル ラランド】 【シャトー ピション】 【フランス ボルドー メドック ポイヤック】 【グラン クリュ クラッセ】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド Chateau Pichon Longueville Comtesse De Lalande AOC Pauillac シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド AOCポイヤック・メドック格付第2級 女性的な強さと優雅さを秘めた官能的にして偉大なシャトー!イヤック格付の中でも、一級シャトーと肩を並べる大人気ワイン!あの格付第一級、シャトー・ラトゥールに隣接する大人気格付!【ラランド】!ロバート・パーカー氏は★★★★★5ッ星生産者! 一級の【シャトー・ラトゥール】、ニ級の【シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン】といったシャトーに挟まれたところに位置するのが、【ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】。ポイヤックの3ツの名高い一級シャトー(ラフィット、ラトゥール、ムートン)にも肩を並べるほどの実力! ポイヤック村へ車を走らせると、ジャン・ミッシェル・カーズ氏の指揮下にて完成したモダン・クラシックな門をくぐり抜けます。すると【ピション・ロングヴィル・バロン】の門が見えてきます。左手にはそのシャトーがあり、その反対側には【コンテス・ド・ラランド】のシャトーがあります。華麗・豪華な【ピション・ロングヴィル・バロン】、それに比べると【コンテス・ド・ラランド】は少し端正な感じがします。  しかし、ワインはシャトーのイメージとは逆かもしれません。女性的で優美なのは【コンテス・ド・ラランド】であり、男性的で豪壮なのは【ピション・バロン】です。今では、この2つの兄妹シャトーは、世界でも大人気のワインとなっています。  同じ村、隣り合ったシャトーは元々は同一だった存在ながら、そのワインのスタイルは大きく違ます。格付けシャトーの中で最もメルロの使用率が高いものの1つであるコンテス・ド・ラランド(伯爵夫人)は、若くしても貴婦人のような優美さを備えるもので、もちろん熟成によっても華開きます。  時にボルドーは『ワインの女王』と賞されますが、まさにコンテス・ド・ラランドはボルドーの女王に相応しい1つです。難しかった年の90年ですら、まさにコンテス・ド・ラランドは素晴らしいワインであり、骨格は細いものの、他の作年と同様の優美で繊細、複雑なスタイルを充分保っていました。  平均で3万ケースを生産していますが、難しい年にも品質の高いワインを送り出し続け、今やスーパーセカンドでもトップクラスとの評価を受けています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」から  現在、ピション=ロングヴィル=コンテス・ドゥ・ラランド(ピション・ラランド)は明らかに人気が高く、そして1978年からは、ポイヤックのなかでも一貫して輝くばかりのワインをつくり続けている。多くのヴィンテージでこの地域の3つの有名な一級シャトーと張り合い、時にはまさっている。1961年以来、ピション・ラランドのワインは大変な成功をおさめているが、1970年代終わりから1980年代初めにかけて、ランクザン夫人のエネルギッシュな舵取りのもとで、その品質が驚くべき高みにまで上りつめたのは疑う余地のないことだ。ワインは知的なつくり方をされ、暗い色合いで、しなやかで果実味に富み、なめらかで、若いうちから飲める。マルゴーのシャトー・パルメとともに、最も有名なメドックのシャトーとしての風格があり、ブレンドには相当量のメルロを使っている。ただ、ピション・ラランドには必要なタンニン、深み、豊かさがあって、10年から20年、ゆっくりと熟成させることができる。メルロの割合が高い(35%)ことで、ワインの柔らかく、肉付きのよい特徴の一部は説明できるだろう。 ランクザン夫人 このシャトーはかつて、ひとつのピション=ロングヴィルという地所の一部分で、それが1850年に分割されたものだ。ランクザン夫人の父のエドゥアール・ミュイレが1924年に購入したのだが、現在の名声を築いたのは娘の方である。1980年代に資本が相当つぎ込まれた。1980年に新しい発酵室が、1988年に新しい樽熟成のためのセラーとテイスティング・ルーム(隣のシャトー・ラトゥールの壮観な眺め付きだ)がつくられ、そして1990年、シャトーの改修は完了した。ランクザン夫人はシャトーに住んでいるが、場所はピション=ロングヴィル・バロンから道路を横切ったところだ。ブドウ畑はポイヤックとサン=ジュリアンの両方にまたがり、後者の性質がしばしばピション・ラランドのしなやかなスタイルの原因とされる。 平均年間生産量:45~50万本 畑 面積:75ha 平均樹齢:35年、密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):50hl/ha 育て方:ブドウは手作業で摘まれ、完全に除梗。破砕してから、33基の温度調節されたステンレスタンクに移される。 発酵は18~24日間続き、マロラクティック発酵はタンクの中で起こる。 アサンブラージュは12月で、ワインは半分が新しいオーク樽に、半分が1年使った樽に移され、18ヵ月寝かされる。 澱引きは3ヵ月ごと。ワインは卵白で清澄処理され、ごく軽く濾過処理されて瓶詰めされる。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー35%、カベルネ・フラン12%、プティ・ヴェルド8% シャトーピションロングヴィルコンテスドラランド 1987 AOCポイヤックメドック格付第2級 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande 1987 AOC Pauillac 赤 ワイン 高品質,大人気

イグレックドシャトーディケム 2000 ソーテルヌ特別第一級格付け Y Ygrec de Chateau d'Yquem 2000 Premiers Crus Superieur 白 ワイン 本物保証,お買い得

Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム)イケムを含めソーテルヌのTOPワイナリーは貴腐化の為好条件が揃わない年は、その葡萄を使い違うスタイルのワインを造ります。“ヴァン・ブラン・セック”(辛口)として醸造されるワインの名前は、シャトーの前に頭文字をつけます。Y(イグレック)は王者【シャトー・ディケム】の辛口白ワインです! 辛口ですが非常に濃縮された“イグレック”は、たっぷりとした果実味で、セミヨン50%とソーヴィニヨン・ブラン50%をオーク樽12ヶ月熟成からくる、ココナッツやメロン、マカダミアナッツにレモンのようなソーヴィニヨン・ブランの酸味も感じさせてくれる絶妙なバランス!芳しい樽香とボリュームのある味わいが非常に印象的な辛口白ワインです!! 世界最高のデザートワインを造る“シャトー・ディケム”が極少量生産する辛口白ワイン。貴腐菌のつきが十分でない年にのみ生産される為、非常に稀少なワインとなっています。豊かな樽香、アルコール度数もやや高めであり、フォアグラなどと非常に相性の良いワインです。 辛口ながらたっぷりとした果実味を持ち、甘い貴腐ワインの香りをほのかに纏った味わいは、セミヨンとソーヴィニヨン・ブランから絶妙なブレンドで造られており、芳しい樽香とボリュームのある味わいが非常に印象的なワイン。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ソーテルヌ地区 / 特別第1級●ブドウ品種セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20%●タイプ白・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【ソーテルヌ】 【ソーテルン】 【イグレック ソーテルヌ】 【ディケム】 【イケム】 【ディジェスティフ】【シャトー イケム】【シャトー ディケム】【ソーテルヌ 格付第1級】【特別第1級】【フランス ソーテルヌ 辛口】【ソーテルン】【フランスボルドー 甘口】【フランスボルドー 辛口】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム) Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム) 世界最高峰の甘口白ワインで全世界が賞賛!独自の地位を保つ唯一のシャトー!神々しい甘美な風味と長い熟成によって生まれる限りない深みは並ぶものがありません!世界の貴腐ワインの頂点に君臨する「シャトー・ディケム」。もちろんソーテルヌの格付けにおいても、ただひとつだけプルミエ・クリュ・シュペリュールにランクされています。 中世には国王の所有物  歴史は古く、中世にはイギリス国王が所有。その後、フランスとイギリス間で100年戦争が起こった結果、1453年、フランス国王のシャルル7世のものとなります。その後も、国有である時代が続き、1711年、代々シャトーの管理をしていたソヴァージュ家のレオン・ドゥ・ソヴァージュが、国から所有権を買い取りソヴァージュ家が単独のオーナーとなりました。  ソヴァージュ家はこの地方の名家で、1565年にシャルル9世がディケムのエステートを訪れた翌年、貴族に任命されます。彼らはディケムの土地にブドウを植樹し、また現在の城館を建てました。1785年、レオン・ドゥ・ソヴァージュの曾孫フランソワーズ・ジョセフィーヌ・ドゥ・ソヴァージュ・ディケムがルイ・アメデ・ドゥ・リュール・サリュース伯爵と結婚し、シャトーはリュール・サリュース家の所有となりました。  1787年に、後のアメリカ大統領のトーマス・ジェファーソンがディケムを30ケース購入し、1790年にジョセフィーヌに宛てた手紙の中でワインを絶賛しています。 1850年以降、ディケムは大人気になり、コンスタンティン大公が絶賛し1樽に2万フラン金貨を支払った事や、明治天皇も定期的に購入とのことです。 1999年までリュール・サリュース家が所有し、特にワイン造りに熱心なのは、ルイ・アマデとフランソワーズ・ジョセフィーヌの孫のロマン・ベルトランドと、その孫のベルトランドでした。ベルトランドは1968年まで在命で、その後はアレクサンドル・ドゥ・リュール・サリュースに引き継がれます。1999年から、【ルイ・ヴィトン・モエ・エ・ヘネシー・グループ】がシャトーの筆頭株主となりました。  シャトーの総責任者のアレクサンドルが引退し、2004年5月からは【シャトー・シュヴァル・ブラン】の総責任者でもあるピエール・リュルトンが総責任者に任命され、現在に至っています。 ワイン造り  ボルドーからN113号線を通ってバルサックへ入り、そこを通り抜けてソーテルヌ村に向かうと、海抜約80mという小高い丘があり。小丘の中腹には1級シャトーが集まり、頂点の部分に建つ壮麗なシャトーが、ソーテルヌで唯一の“1級特別級”であるシャトー・ディケム(またはイケム)です。「115ha」の広大なブドウ畑は、浸透性の少ない粘土とガロンヌ川によって運ばれた砂利で構成された丘にあります。畑は、表土は、砂利が混じった薄い砂質層に覆われています。しかし畑が広大なため、表土に砂利が多いところ、砂利が無くほぼ砂質のところ、表土に下部の粘土が露出しているところなど、畑も場所によってその様相が変わってきます。 どの畑も、土壌の性質の違があり、ディケムではその違いがより明白です。このため、質や特徴がそれぞれ異なるブドウが収穫されて、ワインに複雑な味と香りになります。  また有名な話ですが、ディケムのブドウ畑には、19世紀という早い時期から排水パイプが敷かれており、現在ではその距離は約100kmにも及んでいます。ディケムの畑があるこの粘土の丘はもともと排水が悪く、ブドウの根の発育が悪いので、排水処理が必要なのです。通常、貴腐化はブドウ全体ではなく、部分部分で始まるので、ブドウは房ごとに収穫せず、貴腐化部分だけを切り取り、同じ房を何度も収穫します。しかし、完全に糖度が上がりきっていないブドウも混じってしまうことは避けられません。このため、全体としての糖度は下がります。シャトーではそれを嫌って、特に収穫時期に雨が降り、糖分が流された場合などに関し、完全に貴腐化している粒だけを収穫することもあります。これは非常に手間で、大変な作業です。潜在アルコール度数が20度に達した時点で収穫が開始されます。  ブドウは、収穫されてから1時間以内に醸造所へと運ばれ収穫した日にちで分けるため、絞った段階でセミヨンとソーヴィニヨン・ブランが混じることもあります。また、ディケムでは今まで一度も補糖をしたことがない”ということで、それがシャトーの誇りとなっているのです。果汁は地下タンクに移され、発酵が始まらないように温度を下げた状態で、一晩そのまま寝かされます。翌日、上澄みだけを新樽に入れ、室温を上げて、アルコール発酵を開始させます。アルコール発酵は2~6週間と、期間は幅広く、これは自然酵母のみで発酵を行っている為です。アルコール発酵が自然と終了したものと判断したものは、ステンレスタンクに移されてマイナス4℃で、再度発酵が始まらないようにして樽の中にまた戻されます。  唯一の“1級特別級”に格付けされているディケムは、こうしたこだわりによってその名声を維持してきたのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ソーテルヌ地方の中心部に位置し、沢山の第一級シャトーに囲まれた畑を見下ろす小さな丘の頂きに雄大に広がる。1785年から1997年までの間、このシャトーは、まさに一族によって所有されていた。アレクサンドル・ド・リュル・サリュース伯爵は、この広大なシャトーの経営責任者である一族の最も新しいメンバーで、1968年に叔父から引き継いだ。1997年に、このシャトーは巨大なコングロマリット、モエ=ヘネシーに売却されたが、この売却はリュル・サリュース伯爵の異議により成立せず、現在も彼が管理人である。  イケムの偉大さとユニークさにはいくつかの要因がある。第一は独自の微気候を伴う完璧な立地条件がある。第二に、リュル・サリュース家は、97kmにも及ぶパイプを用いた精巧な排水システムを設置。第三に、経済的な損失やトラブルを斟酌せずに、最も良質なワインだけを生産しようという狂信的とも言える執念が存在する。近隣の畑に比べこれほど優れている最大の理由は、この最後の要因にある。   ディケムでは、1本のブドウの木からたったグラス1杯のワインしか造らない。イケムに6週間から8週間滞在し、最低でも4回はブドウ畑をまわる150人もの摘み手のグループにより、ブドウが完璧に成熟するのを待って一粒一粒摘まれる。1964年は、摘み手達は、13回にも畑をまわったが、不向きと見なされるブドウを収穫しただけで、結局このヴィンテージは生産しなかった。ワイン醸造りをしているシャトーのなかで、収穫全体を自発的に格下のワインにまわすところ、あるいはそれが経済的に可能なところはほとんどない。  ディケムは信じられないような熟成の可能性を持っている。イケムのワインはあまりにリッチで、ふくよかで甘く、その多くはいつも10回目の誕生日を迎える前に飲まれてしまう。しかし、イケムが最高の飲み頃になるには15年から20年の年月が必要であり、偉大なヴィンテージは、50年あるいは75年以上以上経っても、新鮮で退廃的な芳醇さを備え続けている。私がかつて飲んだことのある最も偉大なイケムは1921年ものだった。驚くほど新鮮で生き生きとしており、その贅沢さと豊かさは決して忘れることはないだろう。  こうした品質への情熱は、何も畑に限ったことではない。ワインは新樽の中で3年以上かけて熟成され、全収穫量の20%が蒸発により失われる。リュル・サリュース伯爵が瓶詰めできると見なしたワインでも、最良の樽からだけ厳しく選別される。1975年、1976年、1980年といった秀逸な年には、樽の20%が排除された。1979年のような困難な年には、60%のワインがはずされた。1978年のような手に負えないヴィンテージでは、85%のワインがイケムとして売るのにふさわしくないと判断された。私の知る限り、これほど無情な選別過程をとり入れているシャトーはほかにない。ディケムでは、芳醇さが少しでも失われることを恐れて、決して濾過処理を行わない。  ディケムはまた「Y」と呼ばれる辛口のワインを造っている。これは特色のあるワインで、ディケムらしいブーケを持ち、樽香が強く、味は辛口で、通常は非常にフルボディで際立ってアルコール度数が高く、力強いワインで、私の舌には、フォアグラのようなコクのある食べ物と一緒に出されるのが最高である。ディケムは他の有名なボルドー・ワインと違って、プリムール、つまり先物で売られることはない。このワインは、通常はそのヴィンテージの4年後に、極めて高い価格で出荷されるが、費やされた労力、リスク、そして厳格な選別過程を考えれば、最高の値札に値する数少ない高級価格ワインのひとつである。 一般的な評価 ディケムがボルドーに2つとない偉大なワインであることは、説得力のある真実だと主張できる。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:125ha(生産中の畑は103ha) 平均樹齢:30年 密植度:6500本 平均産出量:8hl/ha 育て方:発酵と42ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過も行う。 ブレンド比率:セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20% *注記:このシャトーはイグレック(YGREC)と呼ばれる辛口白ワインも生産している。  造られたヴィンテージは以下の通り:2000年、1996年、1994年、1988年、1985年、1980年、1979年、1978年、1977年、1973年、1972年、1971年、1969年、1968年、1966年、1965年、1964年、1962年、1960年、1959年。  ディケムが生産されなかったのは1992年、1974年、1972年、1964年、1952年、1951年、1930年、1915年、1910年。 イグレックドシャトーディケム 2000 ソーテルヌ特別第一級格付け Y Ygrec de Chateau d'Yquem 2000 Premiers Crus Superieur 白 ワイン 本物保証,お買い得

ルドーム 2006 サンテミリオングランクリュ Le Dome 2006 Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 大人気,安い

超高級ワインとして彗星のように現れロンドンでは10万円以上の値をつけた!【ル・ドーム】英国人醸造家【ジョナサン・マルティス氏】による高級サンテミリオン特級!! 石油コンサルタント、【ジョナサン・マルテュス氏】が1991年に会社を売って、1994年に買ったのが【シャトー・テシエ】であり、そこで醸造されているカベルネフラン主体のトップキュベが、1996年より発売された【ル・ドームLe Dome】です。 ル・ドームの畑は、シャトー・アンジェリスとシャトー・グラン・メーヌの間、たった1.64ヘクタールしかない2箇所の平地にあります。約700ケース出荷の少量生産のガレージワインであり、「パリで10万円出しても手に入らない」といわれたスーパー・シンデレラワインです。 味わいは、ガレージワインによく見られるメルロ主体で甘みの多い濃厚さが売りのワインではなく、カベルネ・フランを主体とし、「本当のサンテミリオン通のためのワイン!」として、厳格な構造をもつ計算され尽くされた品位あるスタイルになっています。 [ル・ドーム]は、20世紀後半に復活を遂げ近年人気の[シャトー・アンジェラス]に隣接した僅か1.64haの畑に、1950年に植えられた樹齢50年を超えるヴィエイユ・ヴィーニュから造られています。 シャトー・シュヴァル・ブランを越えるサン・テミリオンのワインを造る』という目標を掲げ、自身が所有していた石油コンサルタント会社を売却し、その資金を1994年に購入した[シャトー・テシエ]につぎ込んだ事に始まります。 そのシャトーで生まれたワインが、ご紹介のカベルネ・フラン主体の[ル・ドーム]と、メルロー主体の[ラ・フォルジュ]。二つのワインはデビューと同時に、それぞれの個性がワイン業界を震撼させ、入手困難なワインとなったのです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、サンテミリオン地区 AOCサンテミリオン・グラン・クリュ●ブドウ品種カベルネフラン主体(65%~75%ほど)、メルロ●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】【ボルドー 辛口 赤  】【サンテミリオン 辛口 赤 】【サンテミリオン グラン クリュ 辛口 赤】【シャトー・テシエ】【Ch.Teyssier】【カベルネ フラン100% 】【ル ドーム 】【AOC サンテミリオン グラン クリュ 】【ジョナサン マルテュス 】【ル・ドーム】【ルドーム】【カベルネ フラン100% 】【ル ドーム 】【AOC サンテミリオン グラン クリュ 】【ジョナサン マルテュス 】【ル・ドーム】【ルドーム】【シンデレラワイン】【スーパー サンテミリオン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Le Dome AOC Saint-Emilion Grand Cru ル・ドーム AOCサンテミリオン・グラン・クリュ 超高級ワインとして彗星のように現れロンドンでは10万円以上の値をつけた!【ル・ドーム】!!【ジョナサン・マルティス氏】による高級サンテミリオン特級!!完成度の高いスーパー・サンテミリオン。初ヴィンテージ1996年! 1996年からサンテミリオンの地でワインを造りをはじめ、ニュー・シンデレラワインを誕生させました。 1999年には「ボルドートップ30」に選ばれるという快挙を成し遂げました。英国人醸造家ジョナサン・マルタス氏は、シュヴァル・ブランのコンサルタントをしていたパウケ氏と、プティ・ヴィラージュのフォーティン氏をエノロジストとして迎え、 『シュヴァル・ブランを超えるサンテミリオンを造る』 という目標に、労力と資金を惜しげもなくワインに注ぎ込みました。 そして、生み出されたのが近年ワイン業界を賑わせた入手困難な怪物ワインで100点を獲得する程の圧倒的な品質を誇る【ル・ドーム(LE DOME)】と、そのセカンドワイン【ラフォルジュ】。ラフォルジュの畑はサンテミリオンの町の北側に隣接しています。「ル・ドーム」と同じ老木から造られ、剪定も同様に行われます。メルローが高い構成比率を成しており、高い新樽比率で醸造され、濃い紫色とリッチなボリューム感が印象的。スケール感は圧倒的。余韻は非常に長く、熟成に大きな期待が持てるワインです。 これぞお宝中のお宝!!年産700ケースのカルト・ワイン!日本でも『神の雫』に登場!またワイン情報誌【ワイナート誌】でも絶賛されて以来、愛好家の羨望の的となった幻の入手困難ボルドーです! シャトー自身が『本当のサンテミリオン通のためのワイン』と明言するカベルネ・フランの集大成。 ワイナート誌の特集記事より 隅々まで考え抜かれた精密な構成とカベルネ・フランの魅力!! ボルドーほど生産者が価格の話をする産地は他にない。いや、安いことを自慢するなら分かる。しかし誰もが高いことを誇らしげに語るのだ。ある誠実な人柄で知られる生産者がいみじくも言った。「ボルドーでは伝統的に、ワインの格は唯一価格だけで決まるのだ。ほとんどの消費者はただ飲んだだけでは味を判断できないから、高いワインをいいワインだと思う。だから意図的に高い価格に誘導するのだ。」   ル・ドームもまた、「カルトワイン」ブームの中で話題となったワインである。そして他の同類のワインと同じく、希少性と高価格についてのみ語られてきた。なぜル・ドームがこんなに高いのか、それは知らない。だが、価格の話以前に、極めて特徴的な個性を備えたその味わいこそ、まずは語るべきことではないのか。   ル・ドームは、話題性を狙った数多の商品が濃厚な果実味を打ち出してくるのと異なり、非常にわかりにくい味わいである。タイトで、甘さが最小限で、酸が高めで、厳格な構造をもち、節度と品を重視した、クールな表情のワイン。素直においしいか、と言われても、多くの人は答えに窮するほど、難しい。実際、ル・ドームの広報は、「ル・ドームは本当のサンテミリオン通のためのワイン」と名言する。  ではサンテミリオン通が理解し、尊重する特質とは何かと言えば、カベルネ・フランの魅力である。サンテミリオンを代表する品種であり、ますますその実力が理解され、メルロにかわって重用されるようになったカベルネ・フランを、ル・ドームは74%の高い比率で含む。カベルネ・フランはメルロのような分かりやすさはなく、スケール感も出にくいが、格別に高貴な味わいを生み出す。 ポムロール的な砂-粘土を表土にもつ1.7haの畑は、その下にサンテミリオンの丘陵地帯の優れたテロワールを特徴づける石灰岩が横たわり、サンテミリオンらしいすっきりとした酸や細やかさや香りの精妙さに寄与して、ますますカベルネ・フランの美点を助長する。それを生かすべく醸造はあえて最近流行のピジャージュを避け、クリカージュやシュール・リーを行わずに、昔風にラッキングして、グラより味わいの純度を重視するのである。   ここにはおおらかな自然感はないが、考え抜かれた精密機械のような構成と、上品なセンスのよさがある。元イギリス領であるボルドーのワインはイギリス市場を軸に発展したためか、全般的に決してラテン的な味わいではないと思うが、ル・ドームはその中でもイギリス的な味わいを感じ、特に右岸にあっては貴重な存在である。ル・ドームのオーナーはイギリス人であり、ワインメーカーはスコットランド人だということを考えれば、このワインがイギリスで人気になったのも理解できる。 ルドーム 2006 サンテミリオングランクリュ Le Dome 2006 Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 大人気,安い

シャトーポンテカネ 1988 AOCポイヤック メドック格付第5級 Chateau Pontet Canet 1988 AOC Pauillac 赤 ワイン 豊富な,安い

Chateau Pontet Canet シャトー・ポンテ・カネポイヤックのメドック格付け5級シャトー。 5大シャトー、シャトー・ムートン・トートシルトの向かいの畑!評価を急激にあげ、名実ともにトップシャトーの仲間入りをした【シャトー・ポンテ・カネ】!!【ムートン・ロートシルト】の向かいという、絶好のロケーションに位置しています。常に高い水準の安定したワインを造り出し、ロバート・パーカー氏も高得点をつけています。やや晩熟型ですが、そのポテンシャルは5大シャトーに匹敵すると賞賛されています!  1975年までオーナーを務めていたクリューズ社は、クオリティを無視したワイン造りを行っていましたが、ギー・テスロン氏(著名なコニャック商人)が買い取ってからは見違えるような高品質のワインを造り出しています。  その息子で現在のオーナー、アルフレッド・テスロン氏は畑とセラーに多額の投資をして環境を整備し、出来上がったブドウにも非常に厳しい選果を施した結果、ポイヤックで最も注目されるハイパフォーマンスワインになりました。 「オーナーのアルフレッド・テスロン氏はボルドー左岸において、この10年間で最も注目すべき大転換を行ってきた一人である。ポンテ・カネのクオリティの上昇はすでに第五級を超えている。シャトー・ムートン・ロスチャイルドやシャトー・ラトゥールのようなポイヤックは値段が非常に上がっているが、ポンテ・カネはパワフルで、長期熟成に耐えるとても丁寧なつくりで、砂利質の厳しい土壌をよく表現している」 (ワインスペクテイターより) 濃い紫色をしていて、クレーム・ド・カシスのリッチな香りが印象的。カシスやプラム、ブラックベリー、ダークチェリー、レザー、黒コショウの香りを持ちます。ミネラルを感じ、若々しい要素が、信じられないほどたくさん見受けられます。果実味に加えて、甘くしっかりとしたタンニンが寿命の長さを物語っています。そして、肉・革系のニュアンスが豊かなコクとボディを与え、黒コショウ、ナツメグ、タイム、オレガノなどの色々なハーブや、樽香、鉛筆、腐葉土など、土・ミネラル系のニュアンスも感じられます。 実に複雑でこれぞポイヤックといえるスケール感のある1本です。 評論家ロバート・パーカー氏が、ボルドー1級格付けに匹敵すると絶賛したシャトー・ポンテ・カネ。実力派シャトーの味わいをぜひお楽しみください! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック村・メドック格付第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン73%、メルロー15%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】【赤フルボディ 】 【ポイヤック格付 】 【メドック格付第5級 】 【AOCポイヤック 】 【シャトー ポンテ カネ 】 【ポイヤック グラン クリュ クラッセ 】 【メドック グラン クリュ クラッセ 】 【パーカーポイント高評価 】 【クラスマン 】 【ゴーミヨ 】【メドック第5級 】【メドック5級 】【メドック第五級 】【メドック五級 】【格付5級 】【格付五級 】 【Pontet Canet 】 【シャトー ポンテ カネ】 【PONTET CANET 】【スペクテーター誌】【フランス 赤 辛口 】【ポイヤック 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【パーカー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Pontet Canet シャトー・ポンテ・カネ Chateau Pontet Canet AOC Pauillac シャトー・ポンテ・カネ AOCポイヤック メドック格付第5級 あのシャトー・ムートン・ロートシルトの隣の、ポイヤックの典型として有名!密度の高さと傑出したポテンシャル!格付は第5級ですが、実力は第3級に匹敵すると言われているポンテ・カネ! 18世紀の初め、当時メドック知事だったジャン・フランソワ・ド・ポンテは、ポイヤックに複数のブドウ畑を所有していました。その後継者が周囲の「カネ」と呼ばれる土地を買い足し、メドックでも最も広いブドウ畑となりました。当時からワインの品質には高い評価を受けていたのですが、1855年当時はポンテ家の末期にあたり、5級の格付けしか得られなかったのです。その後、有名なワイン商のクルーズ家がシャトーを建て直して以降は、2級シャトー並の価格で取り引きされていた時期もありました。  このクリューズ家は、1974年のワイン大暴落時に、所有していた【ローザン・セグラ】【ジスクール】【ディッサン】などを手放すことになってしまいましたが、このシャトー・ポンテ・カネだけは娘婿のギ・テスロンに売却し、今なおその関係を維持しています。このシャトーにそれだけの価値と思い入れがありました。  メドックでは珍しい地下熟成庫など、素晴らしい施設を持っており、ワイン造りは至って伝統的。近年は、収量制限を行い品種構成を変えるなど、いくつかの改革を行ったことから再評価されてきています。 安定経営の名門シャトー  18世紀の初め、当時メドックの知事だったジャン・フランソワ・ド・ポンテは、ポイヤックに複数のブドウ畑を所有していた。数年後、後継者により『カネ』と呼ばれる隣接する地区の土地が買い足され、メドックでは最も広いブドウ畑の一つとなる。  その際に、ポンテ家の名がシャトー名に加えられ、現在のシャトー・ポンテ・カネとなった。その1世紀後、1855年の格付けに名前を連ね、メドックの優秀なワイン生産シャトーの一つとして認知されていった。1865年、当時の有名なワイン商だったヘルマン・クルーズが、シャトーを購入する。彼は新しい醸造所を作るなど設備を近代化し、世界中にポンテ・カネの名を広めていきました。その後の110年もの間、シャトーはクルーズ家によって代々引き継がれていきました。1975年、コニャックのワイン商だったギ・テスロンがシャトーを購入します。200年の間に経営者が変わったのはわずか三回と、比較的、安定した経営がされてきました。現在は、彼の息子アルフレッドとジェラードが経営を行っています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  メドックの格付けシャトーとしては最大の生産量と、ムートン・ロートシルトのすぐ向かいという人もうらやむ畑の立地を思えば、とりわけ高い品質と器量のワインを期待したくなるものだが、1962~1985年の記録をつぶさに観察してみると、健全で理にかなったワインではあっても、興奮と称される、あの特別な成分に欠けていたことがわかる。だが、1994年以降、オーナーを見ればわかるように、勢いを取り戻し、こだわりが表れ始めた。醸造用のセラーが完全に一新され、あまり出来のよくない槽が出た時のためにセカンド・ラベルが導入され、新樽の比率も高められた。また、機械による収穫は取りやめられた。  1975年までのオーナーはよく知られたクリューズ社だったが、同社はポンテ=カネを販売促進になる1つのブランド名として扱うばかりで、他とは異なる独特な個性を持つポイヤック産シャトー元詰めワインとは見えない傾向があった。シャトー元詰めするようになったのは1972年のことだが、それまで長年ヴィンテージも表示しないまま、いつでもポンテ=カネの名でフランス国鉄にまとめ売りしていたのである。だが、1975年には同社がブレンドやラベリングの慣行を無視していることが裁判で明るみに出て、同社はシャトーを売却せざるを得なくなる。  それを、著名なコニャックの商人ギー・テスロンが買い取り、息子のアルフレッドに管理を任せるようになって今に至るわけだ。ボルドー中の人が賛成すると思うが、注意深く管理・運用すれば、ポンテ=カネの畑は莫大な可能性を秘めているし、アルフレッド・テスロンもその難題に応えて、畑とセラーに多額の投資をし、非常に厳しい選別プロセスを実施した結果、1994年以降のポンテ=カネは、メッドクでも有数の成長株となっている。 一般的な評価  健全につくられてはいるが、1980年代の半ばまでは魅力に欠け、興味も持たれていなかった。ただし、1990年代半ばからは顕著に向上している。価格の方も最近のヴィンテージの品質を追って上昇傾向にあるが、それでも依然としてコストパフォーマンスがよいワインである。 平均年間生産量:25万本 畑 面積:78.9ha 平均樹齢:30年 植樹密度:8500本/ha 平均収量:50hl/ha育成:発酵とマセレーションは天然酵母の後押しとともに木製(50%)、コンクリート(40%)、ステンレス(10%)のタンクで3~4週間。 熟成は新樽60%で16ヶ月。軽い清澄と濾過を行う。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン73%、メルロー15%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド2% 所有者:テスロン家 “シャトーポンテ・カネ”がフランスの代表的ワインガイド「MVF」で5大シャトーと並び★★★に昇格!!  フランスの代表的ワインガイド「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス』の2010年版が発刊されました。今回、ボルドーでは、“ポンテ・カネ”、“パヴィ”“フィジャック” の3シャトーが昇格。計18シャトーが3つ星に選ばれました。   このガイドは世界ソムリエコンクール・チャンピオンのオリビエ・プーシェ氏らが監修。個々のワインは20点で、生産者は最大3つ星で評価します。2010年版では、全仏で56生産者が3つ星を獲得した。 (2009年10月26日 読売新聞) シャトーポンテカネ 1988 AOCポイヤック メドック格付第5級 Chateau Pontet Canet 1988 AOC Pauillac 赤 ワイン 豊富な,安い

シャトーランシュバージュ 1979 AOCポイヤック メドック格付第5級 Chateau Lynch Bages 1979 赤 ワイン 数量限定,新作登場

Chateau Lynch Bages シャトー・ランシュ・バージュ1855年の格付け時に5級だったにもかかわらず、ときに「スーパーセカンド」とも呼ばれる!!絶好のロケーションにある“シャトー・ランシュ・バージュ” 格付けは5級ながら、スーパーセカンドの1つにあげられるスーパーシャトー。1980年代後半以降、毎年安定して高い品質のワインを造り続けています。『貧者のムートン』と言われることもありますが、最近は値段も上昇傾向にあります。  畑は北側のムートン・ロスチャイルドとラフィット・ロスチャイルド、南側のピション・ラランドとピション・バロン、ラトゥールの中間にある抜群のポジション。ワインのスタイルは元気いっぱい、開放的、率直、明快。難しいところがなくとっつきやすいけれどポイヤックらしさや品格は失いません。「貧者のムートン・ロスチャイルド」 とも評される実力派です。  ランシュ・バージュは間違いなくトップ5に入ってくる素晴らしい仕上がりです。若い内はややとげのあるタンニンとアルコール感の強さが、近寄り難い印象を与えていましたが、熟成でまろやかな口当たりに変貌しており、格付けシャトーの実力を目の当たりにする事が出来るワインとなっています。 近年は毎年のように様々な評論家が高得点を連発しています。例えばその一人にヒュー・ジョンソン氏がいます。彼は「ランシュ・バージュは決まって人気の高いシャトーで、今では常に花形のひとつに数えられる。強靭で芳醇。見事に濃密でブラックベリーのフレーバーがある。」と大絶賛し、5つ星中4つ星を付けました!  良年の恵みを感じる深く、カシスやブラックベリー甘いフルーツの果実味。香りはイチジクや黒系果実の濃厚な甘やかさと 西洋杉や樽のローストしたニュアンスを感じます。バラやミント、スパイス、スモーキーなニュアンス。タンニンは感じますが、たっぷりとしたタンニンは程良く溶け込み、堅牢というよりは、どちらかというとなじみやすく酸味も控え目、ジューシーな口当たり。果実味と絡みながら、丸くヴェルベットのような極上の舌触りを演出、 ランシュ・バージュらしさが際立つ見事な味わいです。偉大なワインの片鱗が感じられます。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック / メドック格付第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィ二ヨン73%、メルロー15%、カベルネフラン10%、プティヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【JEAN MICHEL CAZES 】 【ジャン・ミシェル・カーズ 】 【ランシュ・バージュ 】 【ランシュバージュ 】 【赤 フルボディ 】 【ポイヤック格付 】 【ポーイヤック】 【メドック格付】 【ランシュ バージュ 】【ランシュ ヴァージュ 】【ランシュバージュ 】【オーバージュ アヴロー 】【オー バージュ アヴロー 】【ジャン ミシェル カーズ】 【メドック格付第5級 】【格付5級 格付五級 】【AOC ポイヤック 】【パーカー 5つ星 】【クラスマン 】【ワインスペクテーター 】【ゴーミヨ 】 【Chateau Haut-Bages Averous】 【アヴルー】 【オー・バージュ・アヴルー】 【オー バージュ アヴルー】 【】 Chateau Lynch Bages シャトー・ランシュ・バージュ Chateau Lynch Bages シャトー・ランシュ・バージュ ポイヤック好きは、必飲!『2級に格上げすべき』と言われる誰もが認める、ボルドーの逸品!フランスのボルドー地方ポイヤック村を代表するワイン、そしてワイン好きなら誰もが憧れてしまう逸品。それが、このシャトー・ランシュ・バージュです。 格付けこそ5級とされていますが、現在では『2級の品質に相当する』という高い評価を受けているのが【シャトー・ランシュ・バージュ】です。その高評価は決して最近のことではありあません。“バージュの丘”と呼ばれるポイヤックでも最良のブドウが採れる土地に畑があり、最良のカベルネ・ソーヴィニヨンが収穫されることは古くから有名でした。  良質のブドウから出来るワインは非常に凝縮し、ミネラル分が豊富で、スパイシーな香りが特徴的です。若いうちからタンニンもまろやかで、口当たりが良く、エレガントさも感じさせてくれます。 「典型的な長期熟成型のワイン」 と賞されるランシュ・バージュは、メドック格付5級ですが、その実力は決して侮れません。格付けを遥かに超えた味わいがあります。 メドック最良の地域の一つ  メドックで最も有名なアペラシヨンと言えば、5つの1級シャトーのうちの3つが集中しているポイヤックではないでしょうか。その中でも、良いワインが産れると評されるブドウ畑は、大きく分けて3地域あります。一つは、ポイヤック最南端の【サンジュリアン】と【ポイヤック】の境界線の一帯です。3地域の中で最もジロンド川に近く、【ラトゥール】【ピション・ロングヴィル・バロン】などがある地域になっています。  もう一つは、ポイヤック最北端の、サンテステフとポイヤック境界線の一帯。3地域の中では最も海抜が高く、ちょうど小高い丘になっています。ここには【ラフィット・ロートシルト】【ムートン・ロートシルト】といったシャトーがあり有名です。そして、最後の一つが、5級であるランシュ・バージュを頂点としてその周りに広がっている、通称『バージュの丘(プラトー・ド・バージュ)』と呼ばれるエリアです。 “バージュの丘”の頂点  2号線を、ラトゥール、ピションロングヴィル・バロンなどを通り過ぎて北上していくと、ランシュ・バージュが所有する4ツ星ホテル「シャトー・コルディアンバージュ」が見えてきます。そこからラトゥールの辺りほどの傾斜ではありませんが、坂がありランシュ・バージュを過ぎた辺りから、今度はポイヤック村に向かって下っていくのです。  実際にランシュ・バージュのシャトーの前に立ってみると、その傾斜、海抜の高さが実感できます。東にはジロンド川、北東にはその昔ワインの積み出しで栄えたポイヤック村が広がります。そして北西には、ランシュ・バージュとセカンドワインである【オー・バージュ・アベルス】の畑が斜面となって北側へ下っていて、道路を過ぎるとまたムートンなどのポイヤック北側にあるシャトーに向かって上りの斜面となっていくのです。  ちょうどこの地域は、ジロンド川によってもたらされた砂利が堆積している、非常に水はけの良い場所です。ランシュ・バージュが所有する90haのブドウ畑は、このようにポイヤックを代表するような絶好のロケーションにあるのです。 細部にわたって徹底した管理  ランシュ・バージュのブドウ畑では、カベルネ・ソーヴィニヨンが73%、メルローが15%、カベルネ・フランが10%、プティベルドが2%植えられています。収穫は全て手摘み、選果はブドウ畑の中で行います。醸造所に運んできた後は、除梗・破砕をしてから、タンクの中にポンプを使ってブドウの粒を搬入するという、【ラフィット】と同じ方法を取っています。 醸造は、合計33基あるステンレスタンクの中で行い、ほぼ28~30℃の温度でアルコール発酵の後、果皮浸漬を行います。アルコール発酵開始から果皮浸漬終了までは、大体20~30日となっています。  その後、ワインを一旦地下にあるタンクに移し、ワインの中に残っている粕を取り除いてから再度タンクへ戻し、マロラクティック発酵を行います。しかし、全てのワインを同じように行うのではなく、全体の30%は新樽の中でマロラクティック発酵させます。30%の理由は「マロラクティック発酵をタンクで行ってから樽に入ると、最終的にワインについている樽香が、4月に行うプリムールの試飲の際に間に合わず、正確な判断を得るために、プリムール用のワインに早く樽香を付けるために、樽の中でマロラクティック発酵を行うのです。」との理由でした。  通常、9月に収穫されたブドウは、約2年間はシャトーの中で醸造・熟成を続け、2年後の11月頃から出荷が始まります。その間、約18ヶ月間ほど樽の中で熟成を行うため、樽香がしっかり付きます。近年は、多くのシャトーで、一部または全てのワインのマロラクティック発酵を樽の中で行い、樽香を早めにつけておくという方法が実施されています。  マロラクティック発酵が終わった後は、ブレンドが行われます。ブレンドされたワインは樽に入れられて、合計12~15ヶ月間の熟成に入ります。使用している樽は、9社~12社からと比較的多めのメーカーから購入しており、全てフレンチオーク製で、焼付けはミディアムにしています。  澱引きも、伝統的に3ヶ月に1回行い、熟成が終了した後、一旦すべてのワインをタンクに戻して、そこで卵白でコラージュを行います。格付け上位のシャトーなどと同様に、自社で瓶詰めを行うなど、最後まで徹底した管理を行います。 シャトーランシュバージュ 1979 AOCポイヤック メドック格付第5級 Chateau Lynch Bages 1979 赤 ワイン 数量限定,新作登場

シャトーベイシュヴェル 1976 メドック格付第4級 AOCサンジュリアン Chateau Beychevelle 1976 AOC Saint Julien 赤 ワイン 人気定番,爆買い

Chateau Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル いつ飲んでも美味しい、期待を裏切らないシャトー!しっかりとした構造ながら、バランス取れたリッチな味わい!!メドックのヴェルサイユ」と呼ばれるボルドーで最も美しいシャトー。格付け2級に匹敵する、サンジュリアンの魅力を最大限に引き出した長期熟成にすることにより壮大なスケールとなる1本。 中世にこの河を行き来する船乗り達が、この地の領主だったフランス海軍提督に敬意を表すため、「ベッセ・ヴワール」(帆を下げろ)と、叫んでいたのがシャトー名の由来です。現在は【メドックの小さなヴェルサイユ】 と呼ばれるほど美しいシャトーとして知られています。 1855年の格付け当初は、フランス革命などの混乱から品質が低迷、四級に甘んじてしまいました。しかし現在、その品質はしばしばサン・ジュリアンのトップと肩を並べられるほどに回復し、【格付けニ級に匹敵する】 とも言われています。 ベイシュヴェルは2005年より、自然環境に配慮した栽培と醸造を目指している団体、【Terra Vitis(テラ・ヴィティス)】の適合証明書と、【AGRICULTURE RAISONNEE(減農薬農法)】としての資格を取得しています。 有機的な栽培方法にこだわり、環境にも身体にも優しいワインを製造しています。  そのような方法で造られるワインは、優雅さとフィネスを保ち、引き締まったボディが特徴。カベルネの比率が高く、長期熟成型のどっしりとしたワインが多いメドックでは、ベイシュヴェルの存在は特殊なのかもしれません。理由としてはメルロの比率を高くし、早くから飲める親しみやすいスタイルを目指しているからです。ベイシュヴェルの、いつ飲んでも美味しいエレガントなスタイルは、有名レストラン・ホテル業界からも厚い信頼 を得ています! フランボワーズやチェリーを思わせる赤系果実、熟したカシスやブラックベリーのアロマにタバコや杉のニュアンス。熟したブラックカラントやプラムの芳醇な果実味が魅力的です。タンニンは熟成を経て柔和になり、ビロードのように滑らかな口当たりで、非常に滑らか。凝縮した果実味も魅力的です。きれいな酸とのバランスが絶妙。飲み疲れしない印象の仕上がりです。 熟成を経てもなお、ベイシュヴェルならではの気品に溢れた1本です。上品な味わいを是非この機会にお楽しみください。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / メドック地区 / サンジュリアン村・メドック格付第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド4% ●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス 辛口 赤】 【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン 格付】 【シャトー ヴェイシュヴィル】 【シャトー ベイシュヴィル】 【ヴェイシュヴェル】 【ベイシュベル】 【メドック サンジュリアン 格付】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル Chateau Beychevelle AOC Saint Julien シャトー・ベイシュヴェル メドック格付第4級 AOCサン・ジュリアン 格付は4級ながら、その品質と名声は2級に匹敵すると言われる!!ボルドーで最も美しい城としても有名なベイシュヴィルは別名「メドックの小さなヴェルサイユ」! エチケットの船の如く前進し続けるシャトー!サンジュリアンにある格付け4級のシャトー【シャトー・ベイシュヴェル】!  歴史  【シャトー・ベイシュヴェル】は、3世紀にわたって続いています。クラシックでエレガントなシャトーの建物は、メドックの中でも指折の美しいシャトーとして知られており 、シャトーの誕生以来、数々の有力な政治家や文化人を魅了してきました。アンリ三世の時代、ベイシュヴェルはエペルノン公爵の領地でした。海軍大将で、グイエンヌを統治していた【ジャン・ルイ・ノガレ・ド・ラ・ヴァレット】が所有していた時代、彼は大変な有力者であったため、シャトーの前を船が通るときには、忠誠を示すべく帆を下げていました。【ベイシュヴェル】という名前は「帆を下げる」という言葉に由来 します。  また、シャトーのマークには、船首にワインの神ディオニュソスを守るギリシャ神話のグリフォンを掲げた船が描かれている。シャトーは17世紀に建てられ、1757年にブラシエ侯爵により改築。19世紀の終わりにエン家により増築された後、近年になってその華麗な姿が修復されました。   このシャトーは、【メドックの小さなヴェルサイユ】 とさえ呼ばれるほど、非常に美しいシャトーが存在していることでも有名ですが、ラベルにはそれとは全く関係なく、ちょっと珍しい【帆を半分下げた船】が描かれています。これは、16世紀、この城はフランスの海軍提督のエペルノン公爵の城館だったため、ジロンド川を通る船乗りたちが、この城の前を通ると【ベッセ・ヴォワール!(帆を下げよ!】と叫び、提督への敬意を表したことが由来しています。シャトー名のベイシュヴェルも、この言葉が訛ったものだそうです。   ベイシュヴェルでは17世紀中頃からワイン造りが行われていました。ブラシエ侯爵所有の時代頭角を現しますが、2代目がフランス革命により追放されて一時名声にかげりが見えました。1855年の格付けの際には4級という低い評価に甘んじてしまいました。しかし、パリの銀行家アルマン・アイン氏の所有に移り急速に復興します。以前にも増して高い評価を得るまでに品質は回復しています。現在では、彼の孫が亡くなった後、所有権が保険会社GMFグループに移り、1989年GMFとサントリーの共同出資会社グラン・ミレジム・ド・フランス社の経営となりました。日本人のワイン愛好家の間でも馴染み深いシャトー となりました。有機的な農法を積極的に取り入れるなどして、優雅さとフィネスを保ち、引き締まったボディが特徴的なワインを生み出してきています。  栽培と醸造  シャトー・ベイシュヴェルは所有面積250ha中、90haでブドウ栽培を行っています。メドックの中心地に位置し、深い礫層に覆われた土壌はベイシュヴェルから北に向かってラトゥールの畑まで続いている、カベルネ種の栽培に向いた土地です。平均樹齢は25年、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドを栽培しています。減農薬法を行い、環境と人に配慮したブドウ栽培を実施、2005年には「Terra Vitis」の認証 を得ています。また、2002年にはHACCP(食品製造における安全管理の手法)も導入、環境や安全に配慮しながら、伝統的な製法でワイン造り が行われています。  ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーを訪れる観光客がシャトー・ベイシュヴェルを見逃すことはあり得ないだろう。なぜなら、ここは、サン=ジュリアン村を目指して北へ向かう県道2号線で最初にぶつかる主だったシャトーだからである。道路に面した花の美しい庭は、速度を上げて疾走するドライバーたちの足を止め、彼らのカメラの格好の被写体となるのである。  ベイシュヴェルのワインは必ずしも一貫しないのだが、素晴らしいものを生み出すことが出来そうだ。1960年代と1970年代は、ヴィンテージごとの品質が問題であった。また、1974年、1987年、1992年、1993年といったワインにとって凡庸な年には、ここのワインにも失望させられたし、偉大な年(1990年)に凡庸な出来だったこともある。最良の年であっても、ベイシュヴェルは目立ってなめらかであり、しなやかで、若いうちから飲むことができた。こうしたことが、潔癖な人や、伝統を重んじる人々に不必要な懸念を抱かせたと思われる。最近の優れたベイシュヴェルのヴィンテージは、10年の年月を経る前に十分に熟成しているのだが、15年かそれ以上熟成させることが必要不可欠のようである。しかしながら総じて、ここのワインは数十年も熟成させる必要はない。  1980年代の初め、所有者たちは、ベイシュヴェルの非常になめらかな味わいは、イギリス人たちが言うように「長生きしない」ことに気づき始めた。そこで1982年以来、よりしっかりした、より筋肉質のカベルネ・ソーヴィニョンを混ぜることや、余韻の長さを増す最も重要なキュヴェゾン期間、新しいオーク樽を増量して使うこと、またセカンド・ラベルのより軽いワインの導入など、次々と新しい方針を打ち出した。これらの技術はベイシュヴェルの品質を高め、1982年、1986年と1989年にこうした努力への評価を得た。1960年代と1970年代につくられた軽くて、しなやかで、エレガントで、早熟なスタイルのワインは、1982年以後、より堅実で、より濃厚なサン=ジュリアンへと移行したが、このワインの持つ目立ったスタイルや魅力、繊細さが損なわれることはなかった。  ベイシュヴェルはサン=ジュリアンの最も値段の高いワインの仲間ではなく、レオヴィル=ラス・カーズやデュクリュ=ボーカイユーよりはるかに安い値段で販売されている。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:90ha(このうちサン=ジュリアンのアペラシオンを名乗るのは78ha) 平均樹齢:25年  密植度:8300~1万本/ha  平均産出量(過去5年間):55hl/ha  育て方:ブドウは手摘みで、厳しく選別された後、完全に除梗。発酵は28~30℃に保たれた65hlの発酵槽(ステンレス鋼とセメント)で21~24日間。 プレス・ワインは別に保管される。12月のアサンブラージュの後、オーク樽に移される。新樽は55~60%で期間は16~18ヵ月。 瓶詰めの前に清澄処理がされるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド4% シャトーベイシュヴェル 1976 メドック格付第4級 AOCサンジュリアン Chateau Beychevelle 1976 AOC Saint Julien 赤 ワイン 人気定番,爆買い

シャトーローザンセグラ 2001 メドック格付第2級 AOCマルゴー Chateau Rauzan Segla 2001 赤 ワイン 安い,セール

有名ブランド「シャネル」が所有するスーパーセカンド、シャトー・ローザン・セグラが少数限定入荷! 【シャトー・ローザン・セグラ】は第一級シャトーに次ぐ、ボルドーの最高のワインと評価されていました。1855年の格付け制定時には、“ムートン”と並んで格付け2級の筆頭格と見なされた由緒あるシャトーです。また、品質にこだわる姿勢も並々ならぬものがあり、良いブドウが収穫できな年は生産しないこだわりがあります。その後、1960年代、1970年代には低迷していましたが、1983年にジャック・テオ氏がシャトーを引き継ぐようになると品質が一変しました。 新しいワイン蔵の建設、ステンレスの発酵槽の増設を行いワイン製造施設の改良と、新樽使用比率の増加、 さらには 最良のブドウだけをワインにするという厳しい選別でした。 その結果、見る見るうちに、輝かしいワインが次々と生まれるようになりました。 1994年にオートクチュールの「シャネル」に買収されてからはさらにクオリティが上昇し、格付第一級に一番近い実力、という評価 を改めて受けるようになりました。 シャネルの美意識がワインにも表現され、数値化できない美しさと強さを兼ね備えています。 そのワインは、マルゴーらしい優美で滑らかな口当たり。色は深く、スパイスを感じさせる香りや、ジャムのような濃縮感があります。タンニンが多めで、飲み頃になるまでには10~20年の熟成が必要と言われている忍耐が必要なワインです!        *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を致します。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。   土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区マルゴー村・メドック格付第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン61%、メルロー35%、カベルネ・フラン2%、プティヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【シャトー ローザン セグラ】【フランス】 【フランス マルゴー】【シャトー ローザン ゼグラ】 【赤フルボディ】 【マルゴー格付】 【マルゴー 格付】 【メドック格付第2級】 【フルボディ】 【AOCマルゴー】 【マルゴーAOC】 【ボルドー】 【メドック】 【マルゴー】 【AOC マルゴー】 【格付二級】【格付2級】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Rauzan Segla AOC Margaux Grand Cru Classe シャトー・ローザン・セグラ マルゴー・グラン・クリュ・クラッセ 格付第2級 1994年にあの【シャネル】に買収されて以来、素晴らしい飛躍を遂げ、現代メドックで最も偉大なワインの一として讃えられるマルゴー大人気の格付第2級【シャトー・ローザン・セグラ】! 【ワイナリーの歴史】 ローザン・セグラの歴史は古く、『ピエール・デ・メシュール・ド・ローザン』がブドウ畑を開いたのは1661年にさかのぼる。このシャトーの名前は彼に由来する。1983年以降それまで低迷していたシャトーを一流の生産者として、格付にふさわしい品質を再び取り戻した。このことはシャトーの運営と醸造に携わるようになったジャック・テオの功績が大きい。1994年にはヴェルトハイマー家所有のシャネルがこのシャトーを買収した。 【ワイン哲学】 Rauzan-Seglaの繊細さは、この魅惑的なシャトーに由来しています。高貴な品のもの、壁掛け、装飾品は意識して居ごこちの良い空間を醸し出している。時間が経つにつれてゆっくり熟成しているワインは、比類なき複雑さを持ち合わせる。これは世代を通して維持されている。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 ローザン=セグラの歴史はピエール・デ・メシュール・ローザンによってブドウ畑が開かれた1661年にさかのぼる。彼は当時、現在のピション=ロングヴィル=コンテス・ドゥ・ラランドとピション=ロングヴィル・バロンから成るブドウ畑の所有者でもあった。1855年、ローザン=セグラは第一級シャトーであるラフィット・ロートシルト、ラトゥール、マルゴー、オー=ブリオンの四大ワシャトーと、二級シャトーのトップクラスであるムートン・ロートシルトに次ぐ、ボルドーの最高ワインとされた。1973年にムートン・ロートシルトは一級に昇格し、今やローザン=セグラは残る14の二級シャトーの最高位に位置する。1960年代、1970年代に生産されたワインがその地位に値するとはとても思えないが、当時の凡庸な品質は1983年のヴィンテージから劇的に変化した。  降り返ってみると、1983年以前のワインががっかりするのもであったのには、いくつかの正当な理由があるようだ。まず、多くのヴィンテージがカビ臭い、湿った、納屋の前庭のようなアロマに侵されており、これはワインの発酵に用いられていた古い木の発酵槽についた細菌のせいだと思われる。1980年代にステンレス製に変えられた。第二に、1956年の猛烈な霜の害の後で、当時の所有者、メロン氏は大々的に畑を植え替えた。その大部分が、結実性のよいメルロのクローンだった。1960年代、1970年代につくられたワインの多くにはブドウの樹齢の若さが反映されたばかりでなく、クローンの選択のまずさも出てしまっている。植えられたブドウは根株を掘り起こされ、カベルネ・ソーヴィニョンやもっと品質の高いメルロに替えられた。最後に、ローザン=セグラがボルドーの有名なネゴシアン、エシュノエを通じて独占的に売られたために、自由市場で売られるワインには当たり前の比較試飲が行われなかったこともある。独占的な売買契約を通してよりも、自由市場で売られる場合の方がはるかに品質向上が促されるのは明らかだ。  1983年以降は目覚しい改良が行われた。その年、アレクシス・リシーヌ・アンド・カンパニーの元社長、ジャック・テオがローザン=セグラの管理を引き継いだ。さらに、プルゾー氏が病気のジョワイヨ氏の後任として醸造責任者の地位に就いた。新しいシェ(ワイン蔵)の建設と、ステンレスの発酵槽を増設といったワイン製造施設の改良、新樽使用比率の増加、さらに最良のブドウだけをワインにするというテオの厳しい選抜方針により、ローザン=セグラの輝かしいワインが次々と生まれたのである。最近のワインの品質を見れば、確かにこのシャトーはボルドーのスーパーセカンドの上位グループに入る。1983年以来、ローザン=セグラのしてきたことで間違っていたことが1つだけある。ジャック・テオがボルドーの1987年ヴィンテージは期待を裏切る出来だと宣言し、ボルドーの仲間達を不愉快にさせた。そして、ローザン=セグラは主要なメドック格付けシャトーの中で、ある特定のヴィンテージ(すなわち1987年)を生産しない、何十年来で初めてのシャトーになった。1994年にはヴェルトハイマー家所有のオートクチュール、シャネルがローザン=セグラを買収した。  ここのワインは手に入れる価値のある華麗なものだ。価格の方はこの由緒あるブドウ園の新しい品質レベルにまだ追いついていない。所有者が最近代わったことで、ローザン=セグラがすばらしいワインを生産し続けるという一般的な見方はさらに強まるだろう。ただし、ここのワインは、そのタンニン量の多さからみて、熟成まで相当な忍耐と自制心もまた必要とする。 一般的な評価  1960年代から1980年代初めにかけてずっと出来がよくなかったにもかかわらず、ローザン=セグラは常にすばらしい潜在能力があると称賛されてきた。1980年代初め、このシャトーは完全に復活を遂げた。それから10年の間に生み出した卓越したワインが、それを証明している。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:51ha 平均樹齢:25年 植樹密度:6500~1万本/ha 平均収量:40~45hl/ha 育成:6~8日間の発酵と10~14日間のマセレーションは温度調節されたステンレス槽で行う。 ポンピングオーバーは1日2回行う。熟成は新樽65%で18~20ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。 卵白で清澄するが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン54%、メルロー41%、プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン1% シャトーローザンセグラ 2001 メドック格付第2級 AOCマルゴー Chateau Rauzan Segla 2001 赤 ワイン 安い,セール

シャトーデュクリュボーカイユ 1970 Chateau Ducru Beaucaillou 1970 赤 ワイン 数量限定,セール

Chateau Ducru Beaucaillou シャトー・デュクリュ・ボーカイユレオヴィル・ラスカーズの力強さより風味の美しさと、洗練さに秀でていると言われるサンジュリアン格付第2級!これぞ元祖スーパーセカンド!! 山吹色のエチケットがトレードマークの【デュクリュ・ボーカイユ】 。誰でも一度目にしたら忘れられない印象的なこのボトルは、今昔問わずワイン通に愛されてきた有名シャトー!特筆すべきはテロワールで古ガロンヌ河により運ばれた直径5センチにもなる大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質になっています。ブドウ栽培に向いた最高のテロワールであり、そのサン・ジュリアンらしい複雑なテロワールの味わいはボトルにも確かに反映されています。  デュクリュ・ボーカイユはもともとは【ボーカイユ】として、定評があったシャトーですが1795年にベルトラン・デュクリュ氏が買い取り、品質の向上に務めました。その際シャトーの名前は現在の【デュクリュ・ボーカイユ】へ変更となり、1855年のメドック格付けの際には2級とになりました。  その後、相続や買収でのオーナー変更が数度ありましたが、名声は落ちず1941年に現在のオーナーのボリー家の手に渡ります。このボリー家というのが、家族揃ってワイン造りの達人で、現在ではポイヤックの【シャトー・オー・バタイエ】【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト】【シャトー・ラグランジュ】の一部を買い取り醸造を開始しました。また、サン・ジュリアンの【シャトー・ラランド・ボリー】、リストラック・メドックの【シャトー・デュクリュゾー】など数多くのワイナリーを経営しています。 ロバート・パーカー氏は 「投資の対象というよりは、ワイン通が好んで買うワインなのである。品質に対するコストパフォーマンスの点では、ボルドーのスーパーセカンドで最も興味深いワインの1つだ。」 (『ボルドー第四版』より)と評価しています。  また、このシャトーにつき特筆すべきはテロワールです。レオヴィル・ラス・カーズやラトゥールなどに近い畑 は、古ガロンヌ河によって運ばれた、5cm程の大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質。その名前の元になった「ボーカイユー(美しい砂利・小石、の意味)」という言葉のとおり、多くの砂利が体積した、ワイン栽培には最適な土壌となっているのです。  味わいは、サン・ジュリアンでも最高級のテロワールが表現されています。「エレガントでバランスが良く、気品漂う」 と評され、しっかりとしたタンニンはありますが、優雅で繊細な香りとしっかりしたボディ。ブドウの収穫は全て手摘みで行い、ブドウ畑の中で選果を行います。畑で選果を行うのは、醸造所まで移動させているごく短い時間であっても、状態の悪いブドウと健全なブドウを触れ合わすことが無いように、という配慮からだそう。  熟成が進み飲み頃を迎えると、上品さ、味わいのバランスの良さは群を抜くワインながら、飲み頃が来るまで非常に長い時間を要する、正に飲み手に忍耐を強いるワインです。       十分に黒味を帯びた紫色で、クレーム・ド・カシス、ブラックベリーのジャムのような濃厚な黒系果実やスミレの花、リコリス、ガナッシュ、スモーキーなアロマ。ブラックベリーやカシスの黒系果実の柔らかな香り。ミネラルやコーヒーのニュアンスもあります。デュクリュ・ボーカイユの畑の特徴である砂利のニュアンスも感じられます。カベルネ・ソーヴィニヨン由来のリッチで力強い味わいが特徴的で、力強さだけではなく、きめの細かいタンニンと酸があり、造りの良さを感じさせます。 また、非常に調和の取れた素晴らしくエレガントな味わいで、重過ぎません。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 シャトーデュクリュボーカイユ 1970 Chateau Ducru Beaucaillou 1970 赤 ワイン 数量限定,セール

シャトーロルヴァランタン 2000 AOCサンテミリオングランクリュ Chateau Rol Valentin 2000 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン サンテミリオン 得価,SALE

Chateau Rol Valentin シャトー・ロル・ヴァランタンあのシャトー・ヴァランドローと張り合おうとした元祖ガレージワイン! サンテミリオンの小さな4.6haの【シャトー・ロル・ヴァランタン】では、コンサルタントにステファン・ドゥルノンクール氏を迎え、樽内マロラクティック発酵、ミクロ・ビュラージュ、100%新樽使用など醸造技術を駆使したワイン造りが行われています。生み出されるワインは愛好家の注目を常に集めています。  深みあるルビーレッドの外観。ブルーベリー、ラズベリー、チェリーの華やかなアロマに、エスプレッソ、オークのニュンアンスが加わります。大変滑らかな口当たりで、ピュアで凝縮した果実味とミネラルなどのフィネスに富んだ味わいが何層にも重なり、じんわりとフィニッシュに沁み渡る、魅惑的でエレガントな味わいです。   *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サン・テミリオン地区 AOC サンテミリオン・グラン・クリュ・特級●ブドウ品種メルロー85%、カベルネ・ソーヴィニョン 、カベルネ・フラン ●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【赤 フルボディ 】 【AOC サンテミリオン】 【赤 フルボディ】【AOC サンテミリオン グラン クリュ】【サンテミリオン グラン クリュ】【ロル ヴァランタン】【ロル バランタン】【ガレーヂ ワイン】【ガレージ ワイン】【ステファン ドルノンクール】【ステファン ドゥルノンクール】【ロバート パーカー】【ヒュー ジョンソン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Rol Valentin シャトー・ロル・ヴァランタン Chateau Rol Valentin AOC Saint-Emilion Grand Cru シャトー・ロル・ヴァランタン AOC・サンテミリオン・グラン・クリュ ボルドーの中でスポットライトのあたる少数のサン=テミリオンのシャトーの1つに飛躍したスターワイン! ロバート・パーカーJr.ボルドー第4版より  所有者であるエリック・ブリセットの最初のヴィンテージは1995年であったが、ロル・ヴァランタンはすぐにサン=テミリオンの準ガレージ・ワインの1つとなった。4.6haの畑は2つの区画に別れており(畑の3分の2はシュヴァル・ブランとラ・ドミニクから遠くない砂質土壌にあり、3分の1はラ・ゴムリーの北の粘土質と石灰質の土壌にある)、植えられているブドウの85%がメルロ、8%がカベルネ・ソーヴィニョン、7%がカベルネ・フランである。収量は常に30hl/ha以下に抑えられており、流行しているワイン醸造技術がすべて採用されている(樽内でのマロラクティック発酵、ミクロ・ビュラージュ、100%の新樽比率、軽い濾過だけで清澄をしないなど)。エリック・ブレセットのコンサルタントは、神童ステファヌ・ドルノンクールである。 一般的な評価  ロル・ヴァランタンは、ヴァランドローと張り合おうとした最初のシャトーであり、進歩的なスタイルの醸造法を採用している。第一段階は期待がもてるものであり、このシャトーは、ボルドーの中でスポットライトのあたる少数のサン=テミリオンのシャトーの1つに飛躍した。 平均年間生産量:1万2000~1万5000本 畑 面積:4.6ha、平均樹齢:38年、密植度:6600本、平均収量:30hl/ha 育て方:発酵とマセレーションはブドウの区画ごとに合わせて11個の温度管理された小容量(10、2030hl)の木製槽で行う。 ビジャージュは頻繁に行う。マロラクティックの際にはミクロ・ビュラージュと澱の攪拌を行う。 熟成はオークの新樽で18~24ヶ月。清澄はしないが、必要なら濾過を行う。 ブドウ品種:メルロー85%、カベルネ・ソーヴィニョン8%、カベルネ・フラン7% 所有者:エリック・ブリセット シャトーロルヴァランタン 2000 AOCサンテミリオングランクリュ Chateau Rol Valentin 2000 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン サンテミリオン 得価,SALE

シャトールテルトルロートブッフ 1994 サンテミリオン グランクリュChateau Le Tertre Roteboeuf 1994 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 人気定番,新作

シャトー・ル・テルトル・ロートブッフ AOCサンテミリオングラン・クリュ Chateau Le Tertre Roteboeuf  AOC Saint-Emilion Grand Cru 「妥協」という言葉を知らないのではないでしょうか?フランソワ・ミジャヴィル氏のこだわりが詰まった独特のスタイルを持つ個性派ワイン!パーカー氏いわく「ボルドーで最も豪華で肉感的でセクシーなワイン!その豪奢な芳醇さと間違えようのないジャムのような舌触りでこのワインはひどく欲望をそそる。ル・テルトル・ロートブッフがボルドーの新しいスーパースターであることに反駁の余地はない。」テルトル・ロートブッフの畑はサンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセの一つ、【ラルシス・デュカス】のすぐ近くにあります。その周りには、【パヴィ】や【ガフリエール】など、サンテミリオン・コートの名だたるシャトーが並んでいます。サンテミリオンは全体的になだらかな斜面ですが、この辺りだけ斜面が急で水はけがよく、南向きや南西向きの畑ばかりです。石灰を含んだ粘土質の土壌のおかげでたっぷりの果実味ときちっと引き締まったミネラルを持ち合わせることが出来ます。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 シャトールテルトルロートブッフ 1994 サンテミリオン グランクリュChateau Le Tertre Roteboeuf 1994 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 人気定番,新作

クロデュマルキ 1994 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Clos du Marquis 1994 AOC Saint Julien 赤 ワイン 赤字超特価,100%新品

Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキサン・ジュリアンの王!レオヴィル・ラス・カーズのセカンドワイン! 【シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・バロン】、【シャトー・コス・デス・トゥルネル】らと肩を並べスーパーセカンドの代表格、メドック格付け第二級の【レオヴィル・ラス・カーズ】は時には5大シャトーをも上回ります。  40ヘクタールを超えるメインの畑は、5大シャトーの一つである【シャトー・ラトゥール】と面しており、非常に恵まれたテロワールなんです。 また、その名声や恵まれたテロワールに甘えずブドウ栽培、ワイン造り、細部に至るまで、情熱を持って丁寧に何よりも努力を忘れず造られていることもワインファンの心を捉える秘訣かもしれません。 2006年ヴィンテージまではメドック格付け2級の【レオヴィル・ラス・カーズ】のセカンドワインとされていましたが、現在ラス・カーズに使われている区画の外側にある独立した区画のブドウと、ラス・カーズには使用出来ないと判断されたラス・カーズ区画のブドウから造られていました。  しかしながら2007年よりラス・カーズ区画のブドウから【ル・プティ・リヨン・ド・マルキ・ド・ラス・カーズ(Le Petit Lion du Marquis de Las Cases)】 という名前の真のセカンドが造られる事になり、こちらは独立したワインとなりました。侯爵(=マルキ)の畑という名前の由来である専用の畑で、ラス・カーズとは全く別の性格を持し、 セカンドでなくなった今でもドゥロン家の所有のシャトーとしてリリースされています。 「周囲のレオヴィル・バルトン、ポワフェレ、タルボらと同じまたはそれ以上のワインでありサン・ジュリアンのテロワールの典型を表現する別のワインなのです」 と現在のオーナーであるユベール・ドゥロン氏は公言しています。 また、ロバート・パーカー氏からも優良の年にはメドック格付け4級あるいは3級並み だと評価されていることから、その実力は間違いなしです!! 【限りなく1級に近い】と賞されている【レオヴィル・ラスカーズ】は、『特別なことをしなくてもテロワールが良ければいいワインが出来る』というお手本のようなシャトーなのです。  本家のラス・カーズにとって1986年は20世紀に造られた中で間違いなくトップ3に入る素晴らしいワインを生み出した年でしたが、もちろん当時セカンドだったこのワインも特筆すべき資質を備えています。ラス・カーズゆずりのエレガントな舌触り、完熟した果実から生み出された深みと奥行き、味わいの各要素は完璧な調和を見せており、偉大なボルドーというに相応しいワインです。既に飲み頃を迎えており、この先10年は楽しめるポテンシャルを秘めています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・第2級 / セカンドワイン●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【メドック サンジュリアン】 【カベルネ ソーヴィニヨン】 【ソーヴィニョン】 【デュロン家】【格付 サンジュリアン】【サンジュリアン 赤 辛口 】 【クロ デュ マルキ 】【ラスカーズ セカンド 】【フランス 】【ボルドー 】【サンジュリアン】【サン ジュリアン 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキ クロ・デュ・マルキ メドック格付第2級 AOCサン・ジュリアン シャトー・レオヴィル・ラスカーズ・セカンド・ラベル Clos du Marquis Second wine AOC Saint Julien サンジュリアンの極上シャトー!!人気・実力共にナンバーワンのスーパーセカンドです。 メドック地区・サンジュリアン村にある、人気の「レオヴィル3兄弟」の一つです。かつて同じ畑だったレオヴィルが3分割されたのですが、当時の所有者の名前にちなんでこのラスカーズの名が付けられました。 ラスカーズは、常に“メドック1級並みの品質をもつ2級”という意味の「スーパーセカンド」の筆頭として挙げられ、サン・ジュリアン村で最も高い評価を受けています。  主要な畑は有名な1級シャトー【ラトゥール】に隣接し、ラベルにも描かれているトレードマークのライオンが座った門と、石垣に囲まれています。ジロンド川によって運ばれた砂利が堆積した、水はけの良い土壌を生かして、主にカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されています。  ワインは、サンジュリアンの中では最も色が濃く、飲み頃になるまでに10~15年の年月が必要と言われる晩熟タイプ。サンジュリアンは“ポイヤックの力強さとマルゴーの繊細さを併せ持つ”と評されますが、このワインはややポイヤック寄りの、個性の強い味わいです。タンニンがたっぷりあり、ボリュームがあり、凝縮感もあり、1級のものに引けをとらないほど深遠なものに仕上がっているのです。  前オーナーのミシェル・ドゥロン氏は、80年代、90年代と、メドックで最も偉大と言われるワインを造り続けました。彼は、ボルドーでも有名な完璧主義者で、86年のようなグレート・ヴィンテージの年でさえ、収穫量の50%以上を格下げしてしまったほど品質にこだわり続けました。近年は、彼の息子が跡を継ぎ、こだわりのワイン造りを行っています。たとえば、ブドウの樹の植替えには全て「マサル・セレクション」 という方法をとっています。 これは、畑の中から優れたブドウの樹を選別し、その枝から苗を育て台木に接ぎ木する方法で、非常に手間の掛かる作業です。  また、石壁に囲まれたラスカーズの中心の畑から採れたブドウで作ったワインであっても、ラスカーズの品質に満たないと判断された時には、決してブレンドには加えることはありません。平均すると、生産量のわずか「30%」しかラスカーズにならないという、非常に厳しい基準があります。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり、偉大なボルドー・ワインの1つである。40haを超える主要な畑はラトゥールに隣接しており、絵のように美しい。石垣に囲まれており、ワインのラベルにも描かれている。ボルドーでも最大級のシャトーで、ワインの品質にかける入念さや熱心さの点では、並ぶものこそいくつかあるにせよ、どこにも負けていない。責任者は故ミシェル・ドゥロンだったが、近年は、彼の息子であるジャン=ユベールが務めている。ミシェル・ドゥロンは気位の高い男で、尊敬を集めていたが、同じくらい軽蔑もされていた。  完璧主義者であったが、彼を批判する人々は、そしてその数は多いのだが、彼が策略をもってワインを売ると主張する。その主張によれば、偉大なヴィンテージには出し惜しみをしてささやかな量しかつくらず、人為的に価格をつり上げていたと言うのである。もっとも、その華麗な品質にけちをつけることは誰にもできまい。彼のワインは、サン=ジュリアンのみならず、メドック全体で最上のワインを造ろうというマニアックな執念の産物ばのである!   1986年のような豊作のヴィンテージに収穫高の50%以上を、あるいは1990年のように67%という驚愕すべき量を格下げしてしまう人物がほかにいるだろうか? セカンド・ワインだけでなくサード・ワイン(ビニャルノン)をも導入する人物は? 空調のきいたシェ(ワイン蔵)に気前よく大理石の床を敷く人物は? 彼が好きか嫌いかはともかく、ミシェル・ドゥロンは補佐役に有能なミシェル・ロラン(リブヌルのエノロジストではない)やジャック・ドポワジエを従えて、1980年代、1990年代のメドックで最も偉大なワインの1つをつくり続けた。その息子も父親の方針を踏襲するにとどまらない能力を持っているようだ。  第二次世界大戦後のワインにはムラがあったが、1975年以後は連続して成功を収め、2000年、1996年、1995年、1994年、1990年、1986年、1985年、1982年、1978年、1975年のようなヴィンテージには完璧に近いワインが生まれている。事実、これらのヴィンテージでは、メドックの第一級シャトーのほとんどと同じくらい深遠なワインとなっているのだ。  サン=ジュリアンにおける主要なライバルであるデュクリュ=ボーカイユーと比較すると、レオヴィル=ラス・カーズのワインは、色合いがわずかに暗く、よりタニックで、よりスケールが大きく、より凝縮味がより強く、言うまでもなく長期の貯蔵を念頭に置いてつくられている。伝統的なワインであり、適度な飲み頃になるまで10~15年待てるだけの忍耐力を持ち合わせた事情通向けのワインである。ボルドーの1855年の格付けが見直されるようなことがあったら、レオヴィル・ラス・カーズは、デュクリュ=ボーカイユーのように、今ひょっとするとレオヴィル・バルトンやグリュオー・ラローズも一級への昇格が熱心に支持されることだろう。 一般的な評価  レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン=ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。一貫して一級並みの品質となっており、1980年代、1990年代の成績は注目すべきものだった。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。サン=ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内にとどまっている。投機家好みのワインではないのでオークションで見かけることはめったにないが、消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。セカンド・ワインのクロ・デュ・マルキも優良であり、最良のヴィンテージには三級や四級のワインに引けをとらない。 平均年間生産量:21万6000本 畑 面積:97.2ha 平均樹齢:30年、植樹密度:8000本/ha、平均収量:42~50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製、コンクリート、ステンレスの槽で12~20日間。熟成はヴィンテージによって新樽50~100%で12~24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド3% 所有者:SCデュ・シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(ドゥロン家) クロデュマルキ 1994 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Clos du Marquis 1994 AOC Saint Julien 赤 ワイン 赤字超特価,100%新品

シャトームートンロートシルト 1983 Chateau Mouton Rothschild 1983 赤 ワイン 限定セール,定番

Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルト ボルドー5大シャトーの一つであり、毎年変わるアートラベルでおなじみの“ムートン・ロートシルト”。五大シャトーの中でも特に繊細で優美と称されるシャトー・ムートン! 100年以上も変更されることのなかった1855年のメドックの格付け。それを覆し、第1級に格上げされた唯一のシャトーが、このシャトー・ムートン・ロスチャイルドです。  ユダヤ系の大富豪ロスチャイルド家がこのシャトーを買収したのは、1853年のこと。その2年後のメドックの格付けで、必ず1級を取ると思われていた【ムートン】は、2級に格付けされました。これに奮起したロスチャイルド家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」 と言い、畑、醸造技術、熟成方法などに改良を加え、1級になるために様々な努力を行ってきました。  118年後の1973年、4世代にわたる努力の末、シャトームートンは悲願の昇格を果たします。その時、「我1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」 という、有名な名句の逸話が残されています。 シャトー・ムートンは5大シャトーの中では、 最も繊細で優美なワインと評価されます。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、飲み頃になるまでに時間がかかる長期熟成型のワイン。エレガントなブーケと豊かなボディを持った"比類のない"ワインです。シルクのようなきめ細かさ、アーモンドとすみれの香りを秘めたエレガントな芳香 、そして酸味とコクの結びついたバランスの良さは、理想の赤ワインが備えている全ての条件をくまなく発揮しています。 また1945年以来、毎年有名な画家によって描かれるラベルはコレクターも多く、ムートンの人気を集める理由の一つ。 1983年のボルドー地域は、比較的豊作で良質のブドウが収穫された年になります。その結果、タンニン、果実味、酸味のバランスが非常に理想的で、長期熟成の好条件が揃った優良なヴィンテージとなっています。 アタックはスムーズでリッチ。シガーボックスやペッパーなどのスパイスや、プラム、ベリーの完熟した果実の芳醇なアロマ。アタックはスムーズでリッチ、大変バランス感覚に優れた味わい。このヴィンテージらしい凝縮感と、長くたっぷりとした余韻にうっとりさせられる見事なワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック村・第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ15%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】【AOC ポイヤック】【シャトー ムートン ロートシルト】【フランス ボルドー】【ボルドー メドック】【メドック グラン クリュ クラッセ】【プルミエ グラン クリュ クラッセ】【メドック ポイヤック】【パーカー】【ゴーミヨ】【ワインスペクテーター】【一級】【五大シャトー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルト Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルト 100年以上も変更されることのなかった1855年のメドックの格付け。それを覆し、第1級に格上げされた唯一のシャトーが、シャトー・ムートン・ロートシルトです。それだけに、その実力は並外れたものなのです。 ユダヤ系の大富豪ロートシルト家(英語読みでロスチャイルド)がこのシャトーを買収したのは、1853年のことでした。ところが、その2年後のメドックの格付けで、必ず1級を取ると思われていたムートンは、2級に格付けされてしまいました。 これに奮起したロートシルト家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」 と言い放ち、畑、醸造技術、熟成方法などに改良を加え、1級になるために様々な努力と働きかけを行っていきました。 そして、実に118年後の1973年、4世代にわたる努力の末、ムートンは悲願の昇格を果たしたのです。その時、「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」 という名句を残したという、有名な逸話が残されています。 ここのワインの人気の一因として、アートなラベルの存在も挙げられるでしょう。1945年以降、毎年、著名なアーティストにラベルを飾る絵を依頼していて、ダリ(58年)、ミロ(69年)、シャガール(70年)、ウォーホル(75年)など、豪華なアーティストが描いたラベルの数々は、見ているだけでもうっとりする美しさで、コレクターも多いのです。 このラベル・コレクションの火付け役であるフィリップ・ド・ロートシルト男爵は、1922年から、独創的なアイデアでシャトーの改革を続けた、大胆不敵なカリスマ的人物でした。 今では当たり前のこととなっている『ワインを瓶詰めする』ということを最初に行ったのも彼だったのです。ムートンは、五大シャトーの中で最も“豪勢”“派手”と言われています。ラフィットの優雅さ、マルゴーの女性らしさ、ラトゥールの男性的な力強さなどとは一線を画し、濃厚で芳醇、ふくよかで肉づきがよくリッチな味わいです。 そして、深くてエキゾチックな魅力もあり、10~15年、じっくり瓶の中で熟成させていくと、獣肉のような艶めかしさが現れてくるという、とても魅惑的なワインなのです。年によって異なる、とても美しいラベルを持つムートンは、特別の日に飲んだり、贈り物にも最適のワインでしょう。記念日や誕生日の年、思い出の年のものであればより一層楽しめることでしょう。 ぜひ、美しいラベルと共に、ゆらゆらと香り立つ魅惑的なムートンの魔力に酔いしれてみてください。 畑 面積:78ha 平均樹齢:45年 植樹密度:8.500本 平均収量:40~50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは木製槽で15~25日間。熟成はオークの新樽で19~22ヶ月。 清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン77%、メルロ11%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド2% 平均年間生産量:シャトー・ムートン・ロートシルト/30万本 ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト/不定 エール・ダルジャン/1万8000~2万4000本 所有者:GFAバロンヌ・フィリッピーヌ・ロートシルト 年代別ラベルデザイナー 年代アーティスト年代アーティスト年代アーティスト1924ジャン・カルリュ1945フィリップ・ジュリアン1946ジャン・ユーゴー1947ジャン・コクトー1948マリー・ローランサン1949アンドレ・ディニモン1950ジョルジュ・アルヌルフ1951マルセル・ヴェルテス1952レオノール・フィニ1953100周年記念ラベル1954ジャン・カルズー1955ジョルジュ・ブラック1956パヴェル・チェリチェフ1957アンドレ・マッソン1958サルバドーレ・ダリ1959リチャード・リポルド1960ジャック・ヴィヨン1961ジョルジュ・マチュー1962マッタ1963ベルナール・デュフール1964ヘンリー・ムーア1965ドロテア・タニング1966ピエール・アレシンスキー1967セザール1968ボナ1969ジョアン・ミロ1970マーク・シャガール1971ワシリー・カンディンスキー1972セルジュ・ポリアコフ1973パブロ・ピカソ1974ロバート・マザーウェル1975アンディ・ウォーホル1976ピエール・スーラジュ1977エリザベス女王訪問記念ラベル1978ジャン・ポール・リオペール1979堂本 尚郎1980ハンス・アルトゥング1981アーマン1982ジョン・ヒューストン1983サウル・スタインバーグ1984ヤコヴ・アガム1985ポール・デルヴォー1986ベルナール・セジュルネ1987ハンス・エルニ1988キース・へリング1989ゲオルク・バゼリック1990フランシス・ベーコン1991Setsuko・パルテユス(出田節子)1992ペール・キルケビー1993バルテュス1994カレル・アペル1995アントニ・ダビエス1996古千(グ・ガン)1997ニッキ・ド・サン・ファル1998ルフィーノ・タマヨ1999レイモン・サヴィニャック2000「アウクスブルクの羊」の金エッチング2001ロバート・ウイルソン2002イリヤ・カバコフ2003ムートン150周年記念ラベル2004チャールズ皇太子2005ジュゼッぺ・ペノーネ 2006ルシアン・フロイド2007ベルナール・ヴェネ2008シュ・レイ 2009アニッシュ・カプーア 2010ジェフ・クーンズ2011ギィ・ド・ルージュモン 2012  シャトームートンロートシルト 1983 Chateau Mouton Rothschild 1983 赤 ワイン 限定セール,定番

シャトーヴァランドロー 2001 AOCサンテミリオングランクリュ Chateau Valandraud 2001 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 全国無料,高品質

Chateau Valandraud シャトー・ヴァランドロー サン・テミリオンのシンデレラワイン!年間400ケースの希少品。ペトリュス、ル・パンに次ぐ、サン・テミリオン最高峰の一つ。愛好家が羨望する幻のワイン!  瞬く間に世界のトップの仲間入りを果たしたシンデレラワインが、シャトード・ヴァランドロー。驚くほど豊かな果実味と滑らかな舌触りを持つ余韻の非常に長い、サン・テミリオン最高峰のワインです。 人気コンサルタントとして名高い、ジャン・リュック・テュヌヴァンが手掛ける小さなシャトー で、1991年がファーストヴィンテージです。 年間400ケースしか造らないシャトー ド・ヴァランドローは、1992年には1本130フランだったものが、1999年には800フランと6倍以上の値段になり「サン・テミリオンのシンデレラワイン」と呼ばれています。 【ペトリュス】、【ル・パン】に続き、元祖ガレージワインとして脚光を浴び、1995年 物は海外で1000ドルを越え、日本でも15万円の値段が付いたヴァランドローも 今や、サン・テミリオンを代表する老舗の風格さえ感じるシャトーになってきています。 シャトーの評価は安定しており、嬉しいことに価格もあの驚異的な価格からようやく右岸地区のトップシャトーの平均的価格にまで落ちついてきた感があります。サザビーズのオークションで、ボルドーワイン最高値をつけるなど、コレクターのヴァランドローへの熱狂はすさまじく、生産量も少ないことから、市場で見つけることが大変困難なワインの一つ です。 ブラックベリー、リコリスの凝縮感に満ちた香り、甘いタンニンがあり、これが最高峰のワインであることを感じざるを得ません。入荷すること自体稀な幻のワイン。しかも飲み頃を迎えた良年となれば、コレクター羨望の一本となること間違いなしです。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 /  サンテミリオン地区 ●ブドウ品種メルロー70%、カベルネ・フラン30%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【サンテミリオン 特別級 AOC】 【ロバート パーカー】 【ル・クラスマン】 【ヒュージョンソン氏】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Valandraud シャトー・ヴァランドロー Chateau Valandraud AOC Saint-Emilion Grand Cru シャトー・ヴァランドロー AOCサンテミリオン・グラン・クリュ  『ガレージワイン運動の事実上のリーダー格であるジャン・リュック・テュヌヴァンがつくったシャトーであり、現在まで、ボルドー最高のサクセスストーリーであることに間違いない。!!』とロバート・パーカー氏も大絶賛!!ヒュー・ジョンソン氏も「ガレージワインの産出者の先頭に立つ微小シャトー!栄光への野心を遂げつつある」★★★★最高評価!  瞬く間に世界のトップの仲間入りを果たしたシンデレラワインが【シャトード・ヴァランドロー】。 驚くほど豊かな果実味と滑らかな舌触りを持つ余韻の非常に長い、サン・テミリオン最高峰のワイン です。 年間400ケースしか造らないシャトー ド・ヴァランドローは、1992年には1本130フランだったものが、1999年には800フランと6倍以上の値段になり「サン・テミリオンのシンデレラワイン」 と呼ばれています。  【ペトリュス】、【ル・パン】に続く、元祖ガレージワインとして脚光を浴び、1995年 物は海外で1,000ドルを越え、日本でも15万円の値段が付いたヴァランドロー も 今や、サン・テミリオンを代表する老舗の風格も感じる程のワインになりました。  年に一部の畑に排水用のビニールシートを敷き、物議を醸しだしていますが、シャトーの評価は安定しており、嬉しいことに価格もあの驚異的な価格からようやく右岸地区のトップシャトーの平均的価格にまで落ちついてきた感があります。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  執念深く生真面目、非常に才能ある所有者のジャン=リュック・テュヌヴァンは、彼の清澄・濾過処理をしない、際立ってリッチなヴァランドローが獲得している評判と価格に、今ではチェシャー猫のようなにやにや笑いを浮かべている。テュヌヴァンは夫人のミュリエルと共に、サン=テミリオンの厳選した区画に、ちっぽけなシャトーを設立した。サン=ミリオンでワイン・ショップとレストラン経営の経験を持ち、ワインの取引に関わってきたことは、テュヌヴァンの偉大なワインづくりのための哲学をいささかも損なうことはなかった。  ヴァランドローがどのくらいよく熟成するか、一般の評価はもちろんまだだが、ワインの途方もなくリッチで、凝縮感があり、すばらしくくっきりした輪郭がある。1994年、1993年、1992年といったコレクターが、サン=テミリオンのどのシャトーのワインよりも探し回る小さな宝物となった。テュヌヴァンをを批判する声は耐えないが(多くはボルドーの貴族的なシャトーの嫉妬である)、彼の影響力は広大し続けている。彼は最も引っ張りだこのコンサルタントの1人であり、秀逸さへの執心とこだわりは、彼の途方もない味覚(同じぐらい才能のある彼の妻の助けが大きい)と共に、サン=テミリオンとその衛星地区の多くの凡庸なワインをよみがえらせていた。品質にこだわる消費者の意識に、これらのワインを最も人気のあるものとして植えつけたのである。  テュヌヴァンは、ミシェル・ロランと並んで、新しい世代のヴィニュロンたちに対し、もっともっと高い品質のワインをつくるよう刺激を与えてきた人物である。そのおかげで、ボルドー全体が多大な恩恵にあずかっている。 一般的な評価  ヴァランドローは、サン・テミリオンのガレージ・ワイン運動の事実上のリーダー格であるジャン・リュック・テュヌヴァンがつくったシャトーであり、現在まで、ボルドー最高のサクセスストーリーであることに間違いない。ボルドーで、いやそういう意味ではどこの地方であれ、シャトーができてからこんなに短期間でこれだけ商業的な成功を収め、目が回るような高い価格をつけたワインはない。ヴァランドローへの熱狂はすさまじく、価格は一級シャトーと同じくらい高いか、ひょっとすると上回るほどである。 畑 面積:4.5ha 平均樹齢:30年強 植樹密度:6000本/ha 平均収量:35hl/ha 育て方:マロラクティックと18~20ヶ月の熟成はオーク新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー70%、カベルネ・フラン30% 所有者:Ets テュヌヴァン シャトーヴァランドロー 2001 AOCサンテミリオングランクリュ Chateau Valandraud 2001 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 全国無料,高品質

ラトゥールデュパン 2009 シャトーラトゥールデュパン La Tour du Pin 2009 Chateau La Tour du Pin 赤 ワイン フランス 限定セール,大得価

Chateau La Tour du Pin シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン シャトー・シュヴァル・ブランのオーナーが、シュヴァル・ブランの隣の区画で造るワイン。2006年ヴィンテージがファースト・リリースです。  彼の大志は、類の無いテロワールのもつ偉大な可能性を引き出すことです。ピエール・リュルトンの推進力の下、シュヴァル ブランのチームは、その畑と深い付き合いをすることにしたのです。葡萄を育て、醸造し、熟成させる。それらの過程全てが、シュヴァル・ブランと同じ哲学をもって行なわれます。 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / サンテミリオン地区 A.O.C.サンテミリオン・グラン・クリュ ●ブドウ品種メルロ(80%)、カベルネ・フラン(20%)●タイプ赤・フルボディ・辛口  ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元株式会社稲葉 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2~4営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス】【Chateau La Tour du Pin】【シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau La Tour du Pin シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン Chateau La Tour du Pin シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン 自分の信念に沿って実直にワイン造りに取り組み、それがワインの品質に至る。こうやって、造る人の人柄はワインに宿っていく! 2006年にシュヴァル・ブランと同じ出資者、ルイヴィトングループの総帥ベルナール・アルノー氏とベルギーの投資家アルベール・フレール氏が取得したシャトー。シュヴァル・ブランの向かいに広がる8haの畑にはメルロー75%、カベルネ・フラン25%が栽培され、シュヴァル・ブランの醸造責任者も務めるピエール・リュルトン氏が土壌の個性にあったワイン造りを行っています。メルローの緻密さとカベルネ・フランの奥行きが融合した卓越した味わいです。 ラトゥールデュパン 2009 シャトーラトゥールデュパン La Tour du Pin 2009 Chateau La Tour du Pin 赤 ワイン フランス 限定セール,大得価

シャトーオーカルル 2000 Chateau Haut Carles 2000 赤 ワイン お買い得,2016

オー・カルルはフロンサックでもっとも歴史ある造り手の一つ、【シャトー・ド・カルル Chateau de Carles】の特級ワイン、上級キュヴェに相当します(同シャトーが所有する全20haのうち8haを占める)。オーカルルの畑はカルルの畑内に存在しますが、あっちこっちいい畑だけをオーカルルに使用。その面積は年々増やしています。新樽比率は80%。 シャトー・ド・カルルが94年から生産しているスペシャルキュヴェです。 パリ在住のブルゴーニュ・ワインのエキスパートでありドメーヌの質の高さ、無名で優良なドメーヌを探し出す能力において、アメリカで最も良心的かつ有能なワイン輸入商として、ロバート・パーカーが高く評価する 【ピーター・ヴェザン】 と世界的に有名なパリ7区のヴェトナム料理屋【タン・ディーン Tan Dinh】 が企画し、元祖フライング ワインメーカーの超有名な【ミッシェル・ローラン Michelle Rolland】 のコンサルタントによって誕生しました。 ラズベリーなどの赤いベリー系の香りが優しく香り、加えてエスプレッソや香ばしいココアが入り混じる。エレガンスや知的な印象を強く感じさせる。 ミッシェル・ローランをコンサルタントとして起用し、本国のレストラン用に、厳選した樽による素晴らしいワインを仕上げました!生産量は年間約800ケース、うち日本には200ケースほど。通常のボルドーワインとは異なり、蔵出しのみ出荷されているため、非常に入手困難なワインです。新樽100%で18ヶ月熟成し、ノンフィルターで瓶詰めされています。 15~20年の長期熟成も十分に期待できるワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、フロンサック (FRONSAC)●ブドウ品種メルロー90%、カベルネフラン・マルベック10%以内 ※ヴィンテージにより多少の変更あり●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。  【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Haut Carles シャトー・オーカルル オー・カルルは「神の雫」の9巻と12巻、2度に渡って取り上げられた大人気商品!!手の届きにくい高級ブルゴーニュや使徒等を除いて、複数回登場しているワインはほとんどなく、凄さがわかります。 ボルドーの数ある産地の中でも比較的地味な産地ではないでしょうか?それは偉大な造り手の"全体の数"が少ない為です。それゆえワインの伝説や逸話がほとんどない。 しかし、少ないながらもキラッと輝くワインを造り出すシャトーが存在しています。【シャトー・オー・カルル】もその中の一つです。もし、オー・カルルがメドックにあるとするならば、第1級や2級ではないにしても少なくとも格付け第3~5級の名誉ある評価を確実に得ていたはずです。 フロンサックの特徴は、深みのある肉厚な赤、熟成させるとポムロールを思わせる豪華なトリュフのアロマが生まれる産地です。ボルドーの中でもブランド力が劣る産地ではありますが、「高品質で安価」な、とてもお財布にうれしいワインと出会える地区となっているのではないでしょうか。 このオー・カルルはフロンサックでもっとも歴史ある造り手の一つ、シャトー・ド・カルルの特級ワイン、上級キュヴェに相当しています(同シャトーが所有する全20haのうち8haを占める)。それほど上級の畑と特別に手間のかかる醸造法にて造り出されるワインなのです。ワインは濃密で、気品ある樽香を備えており、このアぺラシオンでは非常に珍しい繊細なタンニンを持った傑出品です。 メルロ95%と少数派の造りで、ワインファンを魅了するような個性に溢れています。 シャトーオーカルル 2000 Chateau Haut Carles 2000 赤 ワイン お買い得,2016

シャトーローザンセグラ 1997 メドック格付第2級 AOCマルゴー Chateau Rauzan Segla 1997 赤 ワイン 得価,お買い得

有名ブランド「シャネル」が所有するスーパーセカンド、シャトー・ローザン・セグラが少数限定入荷! 【シャトー・ローザン・セグラ】は第一級シャトーに次ぐ、ボルドーの最高のワインと評価されていました。1855年の格付け制定時には、“ムートン”と並んで格付け2級の筆頭格と見なされた由緒あるシャトーです。また、品質にこだわる姿勢も並々ならぬものがあり、良いブドウが収穫できな年は生産しないこだわりがあります。その後、1960年代、1970年代には低迷していましたが、1983年にジャック・テオ氏がシャトーを引き継ぐようになると品質が一変しました。 新しいワイン蔵の建設、ステンレスの発酵槽の増設を行いワイン製造施設の改良と、新樽使用比率の増加、 さらには 最良のブドウだけをワインにするという厳しい選別でした。 その結果、見る見るうちに、輝かしいワインが次々と生まれるようになりました。 1994年にオートクチュールの「シャネル」に買収されてからはさらにクオリティが上昇し、格付第一級に一番近い実力、という評価 を改めて受けるようになりました。 シャネルの美意識がワインにも表現され、数値化できない美しさと強さを兼ね備えています。 そのワインは、マルゴーらしい優美で滑らかな口当たり。色は深く、スパイスを感じさせる香りや、ジャムのような濃縮感があります。タンニンが多めで、飲み頃になるまでには10~20年の熟成が必要と言われている忍耐が必要なワインです!        *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を致します。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。   土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区マルゴー村・メドック格付第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン61%、メルロー35%、カベルネ・フラン2%、プティヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【シャトー ローザン セグラ】【フランス】 【フランス マルゴー】【シャトー ローザン ゼグラ】 【赤フルボディ】 【マルゴー格付】 【マルゴー 格付】 【メドック格付第2級】 【フルボディ】 【AOCマルゴー】 【マルゴーAOC】 【ボルドー】 【メドック】 【マルゴー】 【AOC マルゴー】 【格付二級】【格付2級】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Rauzan Segla AOC Margaux Grand Cru Classe シャトー・ローザン・セグラ マルゴー・グラン・クリュ・クラッセ 格付第2級 1994年にあの【シャネル】に買収されて以来、素晴らしい飛躍を遂げ、現代メドックで最も偉大なワインの一として讃えられるマルゴー大人気の格付第2級【シャトー・ローザン・セグラ】! 【ワイナリーの歴史】 ローザン・セグラの歴史は古く、『ピエール・デ・メシュール・ド・ローザン』がブドウ畑を開いたのは1661年にさかのぼる。このシャトーの名前は彼に由来する。1983年以降それまで低迷していたシャトーを一流の生産者として、格付にふさわしい品質を再び取り戻した。このことはシャトーの運営と醸造に携わるようになったジャック・テオの功績が大きい。1994年にはヴェルトハイマー家所有のシャネルがこのシャトーを買収した。 【ワイン哲学】 Rauzan-Seglaの繊細さは、この魅惑的なシャトーに由来しています。高貴な品のもの、壁掛け、装飾品は意識して居ごこちの良い空間を醸し出している。時間が経つにつれてゆっくり熟成しているワインは、比類なき複雑さを持ち合わせる。これは世代を通して維持されている。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 ローザン=セグラの歴史はピエール・デ・メシュール・ローザンによってブドウ畑が開かれた1661年にさかのぼる。彼は当時、現在のピション=ロングヴィル=コンテス・ドゥ・ラランドとピション=ロングヴィル・バロンから成るブドウ畑の所有者でもあった。1855年、ローザン=セグラは第一級シャトーであるラフィット・ロートシルト、ラトゥール、マルゴー、オー=ブリオンの四大ワシャトーと、二級シャトーのトップクラスであるムートン・ロートシルトに次ぐ、ボルドーの最高ワインとされた。1973年にムートン・ロートシルトは一級に昇格し、今やローザン=セグラは残る14の二級シャトーの最高位に位置する。1960年代、1970年代に生産されたワインがその地位に値するとはとても思えないが、当時の凡庸な品質は1983年のヴィンテージから劇的に変化した。  降り返ってみると、1983年以前のワインががっかりするのもであったのには、いくつかの正当な理由があるようだ。まず、多くのヴィンテージがカビ臭い、湿った、納屋の前庭のようなアロマに侵されており、これはワインの発酵に用いられていた古い木の発酵槽についた細菌のせいだと思われる。1980年代にステンレス製に変えられた。第二に、1956年の猛烈な霜の害の後で、当時の所有者、メロン氏は大々的に畑を植え替えた。その大部分が、結実性のよいメルロのクローンだった。1960年代、1970年代につくられたワインの多くにはブドウの樹齢の若さが反映されたばかりでなく、クローンの選択のまずさも出てしまっている。植えられたブドウは根株を掘り起こされ、カベルネ・ソーヴィニョンやもっと品質の高いメルロに替えられた。最後に、ローザン=セグラがボルドーの有名なネゴシアン、エシュノエを通じて独占的に売られたために、自由市場で売られるワインには当たり前の比較試飲が行われなかったこともある。独占的な売買契約を通してよりも、自由市場で売られる場合の方がはるかに品質向上が促されるのは明らかだ。  1983年以降は目覚しい改良が行われた。その年、アレクシス・リシーヌ・アンド・カンパニーの元社長、ジャック・テオがローザン=セグラの管理を引き継いだ。さらに、プルゾー氏が病気のジョワイヨ氏の後任として醸造責任者の地位に就いた。新しいシェ(ワイン蔵)の建設と、ステンレスの発酵槽を増設といったワイン製造施設の改良、新樽使用比率の増加、さらに最良のブドウだけをワインにするというテオの厳しい選抜方針により、ローザン=セグラの輝かしいワインが次々と生まれたのである。最近のワインの品質を見れば、確かにこのシャトーはボルドーのスーパーセカンドの上位グループに入る。1983年以来、ローザン=セグラのしてきたことで間違っていたことが1つだけある。ジャック・テオがボルドーの1987年ヴィンテージは期待を裏切る出来だと宣言し、ボルドーの仲間達を不愉快にさせた。そして、ローザン=セグラは主要なメドック格付けシャトーの中で、ある特定のヴィンテージ(すなわち1987年)を生産しない、何十年来で初めてのシャトーになった。1994年にはヴェルトハイマー家所有のオートクチュール、シャネルがローザン=セグラを買収した。  ここのワインは手に入れる価値のある華麗なものだ。価格の方はこの由緒あるブドウ園の新しい品質レベルにまだ追いついていない。所有者が最近代わったことで、ローザン=セグラがすばらしいワインを生産し続けるという一般的な見方はさらに強まるだろう。ただし、ここのワインは、そのタンニン量の多さからみて、熟成まで相当な忍耐と自制心もまた必要とする。 一般的な評価  1960年代から1980年代初めにかけてずっと出来がよくなかったにもかかわらず、ローザン=セグラは常にすばらしい潜在能力があると称賛されてきた。1980年代初め、このシャトーは完全に復活を遂げた。それから10年の間に生み出した卓越したワインが、それを証明している。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:51ha 平均樹齢:25年 植樹密度:6500~1万本/ha 平均収量:40~45hl/ha 育成:6~8日間の発酵と10~14日間のマセレーションは温度調節されたステンレス槽で行う。 ポンピングオーバーは1日2回行う。熟成は新樽65%で18~20ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。 卵白で清澄するが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン54%、メルロー41%、プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン1% シャトーローザンセグラ 1997 メドック格付第2級 AOCマルゴー Chateau Rauzan Segla 1997 赤 ワイン 得価,お買い得

シャトーマルゴー 1988 Chateau Margaux 1988 赤 ワイン 安い,爆買い

シャトー・マルゴー Chateau Margauxワイン界の頂点に君臨するボルドー1級シャトー。 五大シャトーの中でもエレガントで女性的と評される、シャトー・マルゴー! 1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワインです。支配人のポール・ポンタリエ氏はシャトー・マルゴーを「ベルベットの手袋の中の鋼鉄の拳」という表現をしています。女性らしいと形容される理由は、並外れたタンニンのしなやかさによります。  柔和で優しく香り高いのが特徴です。そのマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出すため、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトしています。その優美な味わいは、ルイ15世の寵妃マダム・デュ・パリや、文豪ヘミングウェイなど多くの著名人を シャトーマルゴー 1988 Chateau Margaux 1988 赤 ワイン 安い,爆買い

シャトードマル 1997 AOCソーテルヌ グランクリュクラッセ 格付第2級 Chateau de MALLE 1997 AOC Sauternes Grand cru Classe 白 ワイン 極甘口 全国無料,高品質

フランス政府が歴史的記念物として指定するほどの壮大な シャトーを有し、パーカー氏が「ソーテルヌ観光の際には是非とも 訪れるべき!」とイチ押ししているのが、「シャトー・ド・マル」です!!壮麗なのは、そのイタリア式の庭園と建造物だけでは 無く、ワインもソーテルヌ格付け2級を与えられた、ソーテルヌの トップクラスでハイ・クオリティなものです。28haの畑に植えられたブドウは、平均樹齢30~40年になっています。  セミヨンを主体に仕込まれており、ソーテルヌの中では最もエレガントなスタイルです。1996年は15年余りの熟成により、滑らかな舌触りと柔らかく甘美な味わいへと変化しています。十分な複雑性を備えたコストパフォーマンスに優れる良質な熟成ソーテルヌです。  クリスティーズのオークショナーでM.W.のマイケル・ブロードベント氏が、4ッ星をつけ「幸運な条件に恵まれたソーテルヌにとって、特に当たり年となった」と高評価し、ル・クラスマン誌では「果実味が際立ち、まさにプレニャックのテロワールを代表するワイン」と賞賛! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ソーテルヌ地区プレニャック●ブドウ品種セミヨン70%、ソーヴィニヨンブラン27%、ミュスカデル3%●タイプ白・フルボディ・極甘口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【白 甘口】【ボルドー 白ワイン】 【AOC ボルドー ブラン 】 【シャトー マレ】 【シャトー・マール】 【ソーテルヌ】 【ボルドー 白 極甘口】 【シャトー マーレ】【貴腐ワイン】【ディジェフティフ】 【ソーテルヌ AOC】 【AOC ソーテルヌ】 【ソーテルヌ プレニャック】 【デザート ワイン】 【ソーテルヌ 格付】 【格付 ソーテルヌ】 【フランス [1996] 】【ボルドー [1996] 】【ソーテルヌ [1996] 】【格付2級 】【格付2級 】【食後酒】【フランス 白 甘口 】【ボルドー 白 甘口 】【ソーテルヌ 白 甘口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau de MALLE シャトー・ド・マル ロバート・パーカー氏も「ここのワインは味わうだけの価値がある。このアペラシオンで最もエレガントなワインの中に入るからだ。」と賞賛する【シャトー・ド・マル】! まるでハチミツのようなとろりとした黄金色で、口に含んでみると、まさに華やかな[花の香り]が鼻腔に抜けてゆきます。 「ド・マル」はソーテルヌ地区の2級シャトーで、極甘口の貴腐ワインを造り続けているシャトーです。 17世紀の築かれた壮大な城を所有していることでも有名で、歴史的記念物とされているほどです。建造物だけで有名になっているのではなく、一時は【ディケム】の所有者「リュル・サリュース家」の一族が所有していた時期もあったほど、高品質の貴腐ワインを生み出すシャトーとして有名です。 シャトードマル 1997 AOCソーテルヌ グランクリュクラッセ 格付第2級 Chateau de MALLE 1997 AOC Sauternes Grand cru Classe 白 ワイン 極甘口 全国無料,高品質

シャトーマルキドテルム 1995 AOCマルゴーメドック格付け第4級 Chateau Marquis de Terme 1995 AOC Margaux 赤 ワイン 定番人気,SALE

Chateau Marquis de Terme シャトー・マルキ・ド・テルムセラーを近代化し、また各ヴィンテージごとに新樽を30%程購入するなど、年々進化を続けています。  【シャトー・マルキ・ド・テルム】は、マルゴー村の4級シャトーです。シャトー名は、1800年代初めにこのシャトーを所有していた貴族ペギルハムの公爵名からとられていて、「テルム」とは【ローマの浴場】という意味です。  19世紀から20世紀の前半はこのシャトーにとって困難な時期で所有者が変わってゆきました。1935年、セネクローズ家がシャトーを購入し、現在も一族が経営しています。  シャトー・マルキ・ド・テルムは、マルゴー村の格付けシャトーですが、海外での知名度は決して高くありません。これは、以前はフランス国内の個人顧客向けにのみ販売ておりほとんど出回っていなかったからです。シャトーの建物も非常に質素だったのでそれも要因かもしれません。  カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を上げることで品質向上に成功 し、近年評判も着実に上昇しています。さらに資金投入を行い、セラーを近代化、セカンドワインを導入することによって、品質がより大きく向上しました。  畑面積は35haで、マルゴー村、アルサック村、スーサン村、カントナック村にまたがっています。年間生産量は約16万本と比較的少ないため、以前までフランス国内の個人顧客向けに販売されるのみで、海外へはほとんど出回っていませんでした。 そのため、マルゴー村の格付けシャトーであるにも関わらず、海外での知名度は決して高くありません。 しかし、ワインは4級の格付けに相応しく、色調の濃い、肉厚で素晴らしいブーケを持つワインで、非常に長命なことでも知られており、マルゴーの中でも評価が高いシャトーです。  しっかりとした紫色。ブラックベリーやラズベリーの芳醇なアロマ。そして土や天草、オークの香り。20年近い熟成とは思えないほどの純粋で滑らかな果実味と、しっかりとした凝縮感を感じます。  ほとんどがフランス国内で消費されてしまう、貴重なシャトー!マルゴー好きな方にぜひ飲んで頂きたい1本です!!       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 / メドック格付け第4級●ブドウ品種カベルネソーヴィニョン 55%、カベルネフラン3%、メルロ35%、プチヴェルド 7%。●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】赤 フルボディ 】【シャトー マルキ ド テルム 】【マルキ・ド・タルム】【AOC マルゴー 】【マルゴー 格付 】【メドック 格付第4級 】【フランス 辛口 赤 】【ボルドー 赤 】【メドック 辛口 赤 】【グラン クリュ クラッセ 赤 】 【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【マルキ ド テルム 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Marquis de Terme シャトー・マルキ・ド・テルム Chateau Marquis de Terme AOC Margaux シャトー・マルキ・ド・テルム AOCマルゴー・メドック格付第4級 セラーを近代化し、また各ヴィンテージごとに新樽を30%程購入するなど、年々進化を続けています。  【シャトー・マルキ・ド・テルム】はメドック格付け第4級に格付けされるフランスボルドー地方のワインです。長期熟成向きなボルドーの特徴のひとつに、いくつかのブドウ品種を混ぜて造る事が挙げられます。  シャトー・マルキ・ド・テルムはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド など個々の品種の特徴がブレンドする事で奥行きもでて複雑な香りや味わいが生まれ、また造り手によってそのブレンド比率が異なる為、多様なワインが造られ、シャトーの個性も引立ちます。  若いうちはタンニン分が豊富でパワフルなカベルネ・ソーヴィニヨン/メルロのワインは最も長期熟成に向くワインのひとつで、熟成と共にエレガントさや滑らかさ、複雑味が増すと言われています。 ロバート・パーカーJr.ボルドー第4版より  最も知名度が低く、最も失望させられることが多かったマルゴーの格付けシャトーの1つ、マルキ・ド・テルムは、待望の資金投入により、セラーを近代化し、各ヴィンテージにつき少なくとも30%から33%の新樽を導入した。所有者たちはまた、セカンドワインの導入に伴い、より厳しい選別方針を打ち出した。マルゴーの多くの最上のテロワールと同様、マルキ・ド・テルムは、カントナックとマルゴーに2つの主要なブドウ畑を持つ。土壌は10〜20%が粘土質、3〜12%がローム質、30〜50%が砂質で、20〜45%が砂利質である。 一般的な評価  このシャトーは長きにわたるスランプの後、よくなった。 平均年間生産量:16万本 畑 面積:38ha、平均樹齢:35年、 植樹密度:1万本/ha、平均収量:50hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度調節されたコンクリートタンクで2〜3週間。 マロラクティックの後の熟成は新樽30〜35%で18ヶ月。卵白で清澄するが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン55%、メルロー35%、プティ・ヴェルド7%、カベルネ・フラン3% 所有者:SCAデュ・シャトー・マルキ・ド・テルム・セネローズ シャトーマルキドテルム 1995 AOCマルゴーメドック格付け第4級 Chateau Marquis de Terme 1995 AOC Margaux 赤 ワイン 定番人気,SALE

シャトードフューザルブラン 2002 Chateau de Fieuzal Blanc 2002 白 ワイン 人気セール,新作登場

ここはグラーブの格付けにも入っており(赤ワインのみ)、比較的歴史の長いシャトーで、以前から質の高いワインを造り続けていて、さらに1980年代後半からより一層向上しているにも関わらず、何故かさほど目立たない存在です。 とは言え、最近は特に白ワインの評価が高くなっており、以前に比べると若干価格は上昇しています。それでも値段と品質のバランスから考えると、ボルドーの中でもかなりコストパフォーマンスの高いシャトーである事は間違いありません。 やや明るい色調のレモンイエロー。香りは、若干閉じ気味ながら、ほんのりと甘く、レモンなど柑橘系果実の香りが上品に拡がります。このヴィンテージとしては、酸がしっかりとしたフレッシュ感もあり、唾液腺を刺激する様な豊潤な果実味とのバランスに優れた味わいに仕上がっています。 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー、ペサック・レオニャン地区●ブドウ品種ソービニオン・ブラン50%、セミヨン50%●タイプ白・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 【ワイン通販】【通販ワイン】 【アペリティフ】 【フィュザル】 【フューザル】 【AOC ぺサック レオニャン】 【ぺサック レオニャン AOC 】 【シャトー ド フューザル】 【グラーヴ 辛口 白】 【ボルドー 白 辛口】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・ド・フューザル Chateau de Fieuzal Chateau de Fieuzal シャトー・ド・フューザルロバート・パーカー氏に「最良のヴィンテージでは赤も白もこのアペラシオンの最高級のワインに匹敵する」と絶賛させた大人気コストパフォーマンスの高いグラーヴの格付けシャトー!! “ボルドーワインの発祥の地”  優れたワインの一大産地となったグラーブの中でも、レオニャン地区のシャトー・ド・フューザルは300年にわたる長い歴史を持ち、“ボルドーワインの発祥の地”とも言われています。かつて「ガルデール」と呼ばれていたこの土地は、1851年までシャトーの所有者だったフューザル家の名をとって、シャトー・ド・フューザルと名付けられました。その後、【オー・ガルデール】を併合。フューザル家の後を継いだグリフォン兄弟が領地を購入し、土地を分け合いました。  兄弟の一人は、ボルドーで教皇の領事を務めており、グラーブのワインの良さをバチカンで評価されるように仕向けると、教皇レオン13世はグラーブのワインに魅せられるようになります。最高の出来と賞賛されたシャトー・ド・フューザルの<1893年>を、バチカンのワイン貯蔵庫に入れさせることに成功します。  20世紀の後半以降、数回にわたってシャトー所有者が移り変わっていきます。中にはボルドーの著名人たちも多く、1974年まで所有者だったリカー家や、ジョージ・ネグルベーニュとジェラード・グリブランが含まれてます。1994年と1995年には、バンク・ポピュラー・グループがシャトー・ド・フューザルと【オー・ガルデール】の両シャトーを相次いで買収し、ブドウ畑の再生を行いました。2001年からはロシュラン夫妻が新たな所有者となっています。  1959年のグラーブ地区の格付けでは、シャトー・ド・フューザルの赤ワインの素晴らしい評価が維持されました。シャトー・ド・フューザルは、赤ワインも白ワインも生産していますが、グラーヴの格付けに入っているのは赤ワインのみ。樹齢の古いブドウの木も多いことから、とても優雅な肉付きの良い味わいでありながら、同時に値ごろ感もあるワインとして知られています。  一方の白ワインは、格付けこそされていませんが、ボルドーの白の中ではトップクラスとの評価も。これからが期待されるシャトーです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  シャトー・ド・フューザルは、以前から目立たないシャトーの1つである。比較的古くからあり、この地域の住民からはきちんと認められていることを思うと意外なことだ。セラーは、レオニャンの町はずれ、ソカに向かう県道651号線に近い田園のなだらかな起伏の中にある。だが、このひっそりとたたずむド・フューザルは1980年代半ば頃に、著しくリッチで複雑なワインを生産するようになってから、一躍脚光を浴びるようになった。だからといって、古いヴィンテージの出来が悪かったというわけではない。古いものにもよくできたワインが多いのだが、最近のヴィンテージにあるような、まばゆい個性には欠けるのである。  シャトー・ド・フューザルの品質向上におおいに貢献したのは、1974年にこのシャトーの経営を引き継ぎ、生産管理を熱心に行っているジェラール・グリブランである。1977年には温度調節機能付きのステンレス製の発酵槽が設置され、1980年代からはマセレーションの期間を長めにし、オークの新樽を増やすようになった。ド・フューザルの白ワインに画期的な進展があったのは1985年。一連のすばらしいグラーブの白の最初のワインがこの年、このシャトーで生まれた。グリブランも認める通り、ド・フューザルの名声の復活は、すでに引退した技術顧問兼醸造責任者、デュプイ氏の貢献によるとこらが大きい。誰の目から見ても完全主義者であるデュプイは、ド・フューザルでのワインづくりを指揮し、その並はずれた才能と柔軟性を遺憾なく発揮した。驚くべきことに、高品質にもかかわらず、なぜかその値段が高騰しないド・フューザルは、グラーブ全体を見渡しても、最もコストパフォーマンスがよいワインの1つである。 一般的な評価  ここのワインは常に良好であったが、1980年代半ばから相当よくなってきた。最良のヴィンテージでは、赤も白も、このアペラシオンの最高級のワインに匹敵する。しかし、一貫した高品質にもかかわらず、ド・フューザルのワインは同列のシャトーのもの(例えばパブ・クレマンなど)と比べて、とてもお値打ち品である。  フューザルの白は、かねてから愛好家が「金の砂」と名付けて、ひそかに愛飲し続けてきたワインで、年間生産量が3,000ケースという少なさも手伝い、なかなかお目にかかることの少ないワインの1つです。 <赤> 平均年間生産量:10万本 畑 面積:38ha 平均樹齢:30年 植樹密度:9091本/ha 平均収量:40hl/ha 育成:コールド・マセレーション。発酵(27℃)は温度管理された槽で行う。 マロラクティックと18~24ヶ月の熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で行う。 清澄はするが、濾過はしない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー30%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2% 所有者:ロクラン・キン シャトードフューザルブラン 2002 Chateau de Fieuzal Blanc 2002 白 ワイン 人気セール,新作登場

シャトーカントナックブラウン 1989 AOCマルゴー メドック格付第3級 Chateau Cantenac Brown 1989 AOC Margaux 赤 ワイン 驚きの破格値,正規品

Chateau Cantenac Brown シャトー・カントナック・ブラウン格付け第三級のカントナック・ブラウン!クラッシックでエレガントなマルゴー!ゴールドのエチケットが印象的なカントナック・ブラウン。メドック格付け3級シャトー!! 19世紀初頭にイギリス人の【ジョン・ルイス・ブラウン】が所有していた事から【ブラウン】というイギリス風の名前になりました。そのためか、イギリスでは親しみが深い、非常に人気のあるシャトーの1つです。 カントナック・ブラウンはAOCはマルゴーですが、その名の通りカントナック村に位置しています。  その名の通りカントナック村に位置しています。この土地は18世紀にブドウ作りが始められた頃は、騎士ジャック・ボイドの所領でした。 第2次大戦の影響もあって荒廃と復興を繰り返しましたが、1989年に保険会社アクサの子会社アクサミレジムの所有となり本格的な復興が始まりました。"シャトー・ランシュ・バージュの評価を大きく高めた【ジャン・ミッシェル・カーズ】をコンサルタントに迎えて醸造の改革に取り組み、設備や畑にも投資が行われ、大きく品質が向上しました。 2006年からはシリア系英国人シモン・ハラビ氏の所有となっています。畑は砂礫質でカベルネソーヴィニヨンが多く植えられています。ワインは果実味が前面に出るスタイルではなく、繊細でエレガントなマルゴー です。クラシックでエレガントなボルドーがお好きな方にはおすすめです。 2002年には品質保証資格(ISO14001)を取得。 有機肥料の量を緻密に調整して葡萄樹の剪定や摘芽を行うなど、伝統的な農法を実践しています。  畑は深い砂礫質でカベルネソーヴィニヨンが多く植えられています。マルゴー村のワインとしては、タンニンがしっかりとしていますが、ワインは果実味が前面に出るスタイルではなく、繊細でエレガントなマルゴーです。 クラシックでエレガントなボルドーがお好きな方にはおすすめです。 新樽率は50%、ノンフィルターで瓶詰めされます。  黒色に近いほど濃いガーネットの色調、カベルネ・ソーヴィニヨンのたっぷりとした豊かさ、織り目のつんだ、絹のようにしなやかなタンニンと余韻の長さが見られます。シナモンやナツメグを思わせる香りを持っており、子羊を使ったお料理や牛肉のステーキに、 ロックフォールチーズを乗せたものなどは定番としてオススメの組み合わせです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 / マルゴーカントナック村・第3級●ブドウ品種カベルネソーヴィニヨン、メルロー、カベルネフラン●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】【ジョン・ルイス・ブラウン】【フランス 辛口 赤 】【ボルドー 辛口 赤 】【マルゴー 辛口 赤 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック格付 赤 辛口 】【マルゴー 赤 辛口 】【AOC マルゴー 格付 】【アクサ ミレジム 所有】【ジャン・ミッシェル・カーズ】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Cantenac Brown シャトー・カントナック・ブラウン Chateau Cantenac Brown AOC Margaux シャトー・カントナック・ブラウン  AOCマルゴー メドック格付第3級濃い色調の力強く筋肉質な、ポイヤックに似たワインがテロワールを重視した、フィネスとバランスの良さを前面に出した造りになり評価があがる!!力強く筋肉質な、ポイヤックに近い格付第3級、カントナック・ブラウン!  ゴールドのエチケットが印象的なカントナック・ブラウン。シャトー名の「ブラウン」は英国の酒高「ジョン・ルイス・ブラウン」にちなんでおり、そのためか、英国人には親しみが深いシャトーとして知られています。 1989年にアクサ・ミレジムの所有となり、大きな設備投資や畑の改良プロジェクトが進められました2002年には品質保証資 ISO14001)を取得しています。 AOCマルゴーの典型ともいえる砂利の多い土壌で、平均樹齢が30年を超えるブドウ樹が1haあたり8,500株の密度で植え付けられています。有機肥料の量を緻密に調整して葡萄樹の剪定や摘芽を行うなど、伝統的な農法を実践しています。新樽率は50%、ノンフィルターで瓶詰めされます。 2006年には英国の投資家サイモン・ハラビに経営権が移り、クオリティーを尊重する戦略を受け継ぎ、さらなる発展を目指しています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 カントナック=ブラウンの近年の歴史は波乱に満ちている。1968年に高名なボルドー人、【ジャン・ロウトン]からデュ・ヴィヴィエ家に売却され、1980年にはコニャックの名門、レミー=マルタンの手に渡った。その後、このシャトーは、保険業界の巨大コングロマリット、アクサに売却されている。彼らは賢明にも、ジャン=ミシェル・カーズと、ダニエル・ルローズが率いる才気あふれるチームをワイン醸造にあたらせた。カーズが引退してからは、クリスティアン・セリがカントナック・ブラウンの責任者となっている。ここのブドウ畑はカントナックのコミューンでは必ずしも一等地ではなく、昔から比較的硬く、タニックな、しばしば無骨で筋肉質なワインを造り続けてきた。新しい所有者のもとでは、もっとやわらかく、たくましさを感じさせないワインへと方向転換が試みられたが、成果はこれまでのところまちまちである。 よい方向へ展開しつつあるものの、最近のヴィンテージもいまだにタンニンの過剰な、辛口で、魅力的な特徴に欠けるワインであることが多い。残念な事実だが、このシャトーの最近のヴィンテージの多くは、タンニンよりずっと先に、果実味が抜けてしまうだろう。もっと厳しい見方をする人は、深い砂礫質の土壌のブドウ畑から生まれるワインでは、エレガンスを極めることはできないという。訪問者には、写真向きの風景が見られるという意味で、きちんと案内の出てきる道路(イッサン村の直前にある)に沿って行くようアドバイスしたい。そうすると、よく目立つ赤煉瓦にチューダー朝の装飾が施された、珍しいヴィクトリア風のシャトーの正面に出る。メドックでも印象的な建物の1つだが、外観はまことに非フランス的で、フランスのシャトーというより、大型な英国のマナーハウスを思わせる。 *一般的な評価 格付けシャトーの中では最も知名度が低いシャトーの1つで、私の知る限りでは、その格付けにふさわしいワインをつくったことはなく、ワインはタニックで辛口でやや渋く、なめまかしさとしなやかさに欠けている。1980年代と1990年代には出来が少しよくなったものの、その高い格付けに見合ったワインを生み出すことはめったにない。 平均年間生産量:14万4000本 畑 面積:42.1ha 平均樹齢:32年 植樹密度:8500本/ha 平均収量:55hl/ha 育成:熟成は新樽50%で15~18ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー30%、カベルネ・フラン5% シャトーカントナックブラウン 1989 AOCマルゴー メドック格付第3級 Chateau Cantenac Brown 1989 AOC Margaux 赤 ワイン 驚きの破格値,正規品

シャトークロックミショット 1981 サンテミリオングランクリュクラッセ Chateau Croque Michotte 1981 Saint Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 激安大特価,定番人気

ペトリュスの400m隣で生み出される贅沢なワイン!パーカー三ツ星生産者! サン・テミリオンの実力派シャトー!「シャトー・クロック・ミショット」。ポムロールとサン・テミリオンの境にあり、恵まれた土壌。(ラ・ドミニクのすぐ隣、シュヴァル・ブランやペトリュスから400m)パーカーも「肉づきがよく、贅沢なスタイルで、ファンが大勢いる」と評価しています。 ブラックチェリー、ブラックベリーを少し煮詰めたような香り。完熟したオリーブ、黒胡椒の香りが鼻に抜ける。旨み、甘みが凝縮してぎっしり詰まったとてもリッチな味わい。甘苦い果実感の余韻が長い。タンニンもシルキーで滑らか。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を 致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、サンテミリオン地区サンテミリオン・グラン・クリュ●ブドウ品種メルロ 70%、カベルネ・フラン 30%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC サンテミリオン グラン クリュ】【シャトー クロック ミショット】【AOC サンテミリオン グラン・クリュ・クラッセ 】【シャトー カロン 】【サンテミリオン 赤 辛口 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Croque Michotte / AOC Saint-Emillion Grand Cru シャトー・クロック・ミショット/AOCサンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセ あのシャトー・ペトリュスやシュヴァル・ブランの400m隣で、シャトー・ガザンやラ・ドミニクの隣という好立地で生み出される、パーカー3ツ星★★★生産者でもあるサンテミリオン・グラン・クリュ!! ペトリュスやシュヴァル・ブランの400m隣で生みだされるシャトー・クロック・ミショット。 畑はサンテミリオンの砂利(グラーヴ)地区にありポムロールと境を接し、あの有名なシャトー・ガザンやラ・ドミニクの隣という恵まれた土地にあります。 シャトークロックミショット 1981 サンテミリオングランクリュクラッセ Chateau Croque Michotte 1981 Saint Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 激安大特価,定番人気

シャトーラドミニク 1990 サンテミリオングランクリュクラッセ Chateau La Dominique 1990 St Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 100%新品,正規品

Chateau La Dominique シャトー・ラ・ドミニク サンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセ かの有名なミシェル・ロラン氏がコンサルティング!現在のサン・テミリオンにおいて、コスパの高さはトップクラス。コストパフォーマンスに優れた、スムースな舌触りが心地良い1本。この値段で買えるのも、今のうちかもしれません!  シャトー・シュヴァル・ブランとシャトー・ラ・コンセイヤントの隣、ポムロルとの境の近くに位置する【シャトー・ラ・ドミニク】。恵まれたテロワールから「隣人であるシャトー・シュヴァル・ブランと、シャトー・ラ・コンセイヤントを交配させたかのようなワイン」 と賞賛されます。  石灰質の砂利と砂を含んだ粘土質の土壌とタイル製の水はけの良い排水設備があり、雨の多い年であっても、優れたワインを生み出します。元来の土壌の良さに加え、現在ワイン造りに関わっている人材の素晴らしさ。ワインの管理を行っているのは、あの【シャトー・ヴァランドロー】のオーナーである【ジャン・リュック・テュヌヴァン氏】 です。そしてコンサルタントは、 かの有名な【ミシェル・ロラン氏】 が手掛けています。  ジャン・リュック・テュヌヴァン氏はワイン造りには定評のある人物。シャトー・ヴァランドローは、1992年にはワイン1本130フランだったものが、1999年には800フランと6倍以上の値段になり【サン・テミリオンのシンデレラワイン】と呼ばれるほどの高級ワイン となりました。ミッシェル・ロラン氏といえば、【シャトー・ル・パン】のコンサルタントを務め、現在は【シャトー・モン・ペラ】など数多くのワイナリーを手がけている、ワインのヒットメーカーです。  豊かな色合い、強烈なブドウの完熟感が特徴。ふくよかでフルボディの味わいが多くのワイン愛好家を魅了し続けています。各ヴィンテージ、新樽が50%程使われており、その点もワインに奥深さを加え、絶大な効果を上げています。また、あまり出来がよくなかった発酵槽のワインや、若いブドウ樹のためにセカンド・ワインを導入したことにより品質は更に向上しました。  熟したチェリー、オリーブやブラックベリーなどの香りや、チョコレート、ハーブニュアンスもあります。タンニンは角が取れ、ヴェルヴェットのようなスムースな舌触りが心地よく、全体的にエレガントな印象のワインです。著名なコンサルタントが手掛ける、コストパフォーマンスに優れたバックヴィンテージ。この機会に是非お試しください。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サンテミリオン地区●ブドウ品種メルロー100%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】【クレマン ファイヤー】【サンテミリオン 特別級】【フランス ボルドー サンテミリオン 特別級】【パーカー】【クラスマン】【ゴーミヨ】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau La Dominique シャトー・ラ・ドミニク サンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセ Chateau La Dominique シャトー・ラ・ドミニク サンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセ あの第一特別級のシュヴァル・ブランとコンセイヤントの隣に位置し、ポムロルとも接する大人気サンテミリオン特別級!タイプも2つの隣人を交配させたようなワインと言われる【シャトー・ラ・ドミニク】!元々の土壌の良さに加え、特筆すべきは現在ワイン造りに関わっている人材の凄さです。ワインの管理を行っているのはあの【シャトー・ヴァランドロー】のオーナーである【ジャン・リュック・テュヌヴァン氏】です。 そしてコンサルタントは、フライングワインメーカーとしても有名な【ミシェル・ロラン氏】 なのです。  シャトー・ヴァランドローは、1992年には1本130フランだったものが、1999年には800フランと6倍以上の値段になり、【サン・テミリオンのシンデレラワイン】と呼ばれているワインなのです。 このヴァランドローの成功を成し遂げたのがテュヌヴァン氏でした。そしてミッシェル・ロラン氏といえば、ル・パンのコンサルタントを務め、現在は シャトー・モン・ペラなども手がけている、押しも押されぬヒットメーカーです。 この二人がタッグを組んで造り出しているワインですので良いワインができない訳はありません!! 豊かな色合いで、強烈な、超然的なブドウの完熟感があり、フルボディのワインが造られるようになりました。また近年各ヴィンテージには新樽が50%ほど使われており、それが絶大な効果をあげています。あまり出来がよくなかった発酵槽のワインや、若いブドウ樹のためにセカンド・ワインを導入したことも、品質をいっそう向上させることとなりました。 ラ・ドミニクは、現代的なスタイルの醸造法をサン・テミリオンで最初に採り入れたシャトーとなっています。もしかしたら数年後にはル・パンやヴァランドローのように手の届かないワインになってしまうかもしれません! シャトーラドミニク 1990 サンテミリオングランクリュクラッセ Chateau La Dominique 1990 St Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 100%新品,正規品

シャトーカルボニューブラン 2004 グランクリュクラッセドグラーヴAOCペサックレオニャン Chateau Carbonnieux Blanc 2004 Grand Cru Classe de Graves AOC Pessac Leognan 白 ワイ

シャトー・カルボーニュ Chateau Carbonnieuxペサック・レオニャンの典型的なスタイルとして人気を博す、グラーヴ格付シャトー・カルボーニュ! この歴史のあるシャトーも赤白共にグラーブの格付けを受けていますが、一般的に白ワインの方が人気・実力共に優っています。シャトーの所有する畑は、赤用も白用もグラーブで最大規模の面積を誇り、生産量も多い為人気の割にはいまだに控えめな価格で手に入る事も魅力です。また、赤白共に比較的早く飲み頃を迎えますが、白ワインにおいては偉大なヴィンテージには非常に長命なワインとなります。 中程度の濃さで、透明感があり鮮やかなレモンイエロー。フレッシュで芳香の強いノーズには、トロピカルフルーツや白い花のニュアンスが感じられます。力強い果実味が活き活きとしており、適度な酸味が味わいを引き締めています。余韻の長さも秀逸です。半年から1年ほどで飲み頃を迎え、10年以上余裕で熟成するだけのポテンシャルも持ったワインとなっています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ペサック・レオニャン地区●ブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン65%、セミヨン30%、ミュスカデル5% ●タイプ白・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【シャトー カルボニュ】 【シャトー カルボーニュ】 【シャトーカルボニュー】 【AOC グラーヴ】 【グラーヴ グランクリュ クラッセ】 【フランス 白】【白 辛口 ぺサック レオニャン】【ボルドー 白 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・カルボーニュ Chateau Carbonnieux Chateau Carbonnieux シャトー・カルボニュー高品質で安定したワインを造り出すグラーヴの格付けシャトー! 長い歴史を持つシャトー  【シャトー・カルボニュー】は百年戦争の最中に誕生しました。当時は城塞の役目を果たしていたという歴史あるシャトーだが、19世紀の後半にフィロキセラによる被害を受けた頃から、長い苦悩の時代が始まりました。フィロキセラの被害が治まるやいなや、20世紀初頭のフランスでは過剰生産となり、1929年の経済ショックに陥いります。二度の世界大戦の間はブドウ畑を手入れする余裕など無かった為に、他のボルドーの畑と同様、戦後しばらくは苦しい時期を過ごしました。50年代の初めには、管理が行き届かずにまばらとなったブドウ畑は、2世紀前には60haあったものが、わずか29haにまで減少していました。第一次大戦以来、シャトーの建物には人が住まない状態が続き、すっかり荒廃していたのです。 1970年代の復活への序章  まだワインの売れ行きが悪い時期でしたが、1956年、ぺラン家がシャトー・カルボニューを購入しました。現在、同家は【ル・サルトル】【トゥール・レオニャン】【ボア・マルタン】【ラフォン・ムノー】【オー・ヴィニョー】の所有者にもなっています。シャトー購入当初も決して経営が楽だった訳ではありません。初めて迎えた1956年の冬には気温がマイナス20度にまで下がり、壊滅的な打撃を受けました。翌年からブドウの木の植え替えを始め、ようやく軌道に乗り始めたのは1962年からでした。しかし、市場は飽和状態で、売れ行きが思わしくない日々が続来ました。  ようやく明るい兆しが見え始めたのは、1970年代に入ってからのことでした。徐々に経済が復興し、ワインの消費量も増加傾向となったのだ。1980年頃にはようやく経営も安定し、その後の10年間で、新しい畑に適した基礎構造が作られ、新しい発酵タンクの取り付けを行うなど、着実に前進を続けています。  ボルドー市街地からほど近くに位置しているシャトー・カルボニューは、グラーブ地区の中でも最も規模の大きなシャトーとして、また景観の美しいシャトーとして知られています。日本でも知名度が高く、巡礼者のシンボルの「帆立貝」をモチーフにしたラベルは、ワイン愛好家の方にはお馴染みかもしれません。  シャトー・カルボニューは、13世紀からの長い歴史を持ちますが、古くから瑞々しく、ドライな口当たりの白ワインを作り出すことで知られていました。一時、低迷していた時期もありましたが、1980年代半ばに、白ワインの醸造で有名なボルドー大学のデュブルデュー博士が醸造を担当し、以前にも増して素晴らしい白ワインを作り出すようになりました。  また、最近では赤ワインの生産にも力を入れてきており、生産量の半分程度を占めるようになりました。新しい醸造設備を整えてきているため、目覚しい勢いで品質が向上してきているのですが、やはりまだ白ワインと比べると市場の評価は低めです。 お手頃な価格のバランスが良いワインをお探しの方にはオススメできる1本です!! ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  カルボーニュはグラーブでも最大規模のシャトーの1つである。1980年代の半ばまでは、ペサック=レオニャンにあるほかの多くのシャトーと同様のパターンに陥っていた。すなわち、白ワインは、おいしくできることが多いが、赤ワインは無味乾燥で軽く、個性がなかったのである。1980年代半ば以降はよくなり、白ワインはいっそう高品質となる一方、赤も、おいしくてエレガントでしなやかな、出来の良いワインとなってきた。 ここは、歴史的な重要性はもとより、この地域で最も風光明媚なシャトーである。その歴史は13世紀にまでさかのぼることができるが、現代のカルボニューの歴史は、1956年にマルク・ペランがこのシャトーを買ったときに始まったと言える。現在では息子のアントニがワインづくりを監督している。アントニ・ペランが、1980年代半ばに高名なドニ・デュブルデューを雇い入れた結果、白ワインにいっそうの芳香と凝縮味がもたらされたのだ。さらに、赤ワインも深みと強烈さを大幅に増している。  赤も白も、カルボーニュのほとんどのヴィンテージのワインは、7年から10年のうちに飲むべきである。白ワインのなかには、20年ないしは30年寝かせられる可能性を秘めたものもある。  ヴォルネー的性格を持った、とてもブルゴーニュ風のワインであるカルボーニュの赤は1985年以降、非常によくなっており、現在その格付けに見合っていると言える。時折、いささか軽さが感じられることもあるが、それは控えめではあるが上品でエレガント、しなやかでおいしいこのワインの様式である。長命なワインを探している消費者は敬遠すべきワインであるが、フルーティで骨の髄までエレガントなグラーブの愛好家なら、ほとんどのヴィンテージで満足を得られるだろう。価格はいまだに適正である。白ワインについては、常に秀逸であり、ヴィンテージによっては非常に長熟である。 <赤> 平均年間生産量:20万本 畑 面積:45ha 平均樹齢:40年 植樹密度:7,200本/ha 平均収量:50hl/ha 発酵と21日間のマセレーションは温度管理されたステンレス槽で行う。熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で18ヶ月。清澄も濾過も行う。 <白> 平均年間生産量:20万本 畑 面積:42ha 平均樹齢:40年 植樹密度:7,200本/ha 平均収量:50hl/ha 発酵と10ヶ月の澱熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で行う。清澄も濾過も行う。 シャトーカルボニューブラン 2004 グランクリュクラッセドグラーヴAOCペサックレオニャン Chateau Carbonnieux Blanc 2004 Grand Cru Classe de Graves AOC Pessac Leognan 白 ワイ

シャトーラモンドット 2001 Chateau La Mondotte 2001 赤 ワイン 人気セール,SALE

Chateau La Mondotte シャトー・ラ・モンドットカノン・ラ・ガフリエールのオーナーでもあるネイペルグ伯爵と醸造責任者のステファン・ドゥルノンクール氏によって生み出される至極のワインです。サン・テミリオンで造られるワインですが、ラベルに「サンテミリオン」の文字も「シャトー」の文字もありません。 (1996ヴィンテージから、ラベル表記から削除されました)これは格付けや名称にしばられることなく、品質だけで勝負をするという彼らの自信の表れではないでしょうか。 メルロー100%で造られるこのワインはからは、プラムやダークチェリーなどの凝縮された果実味とがっしりとしたタンニンが感じられます。またコーヒーや樽のスモーキーさも魅力です。 今後の熟成が楽しみな1本です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サンテミリオン地区●ブドウ品種メルロー100%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【サンテミリオン AOC】 【AOC サン・テミリオン】 【AOC サンテミリオン】 【カノン・ラ・ガフリエール】 【カノン ラ ガフリエール】 【ステファン ドルノンクール】 【ステファヌ ドゥルノンクール】 【シャトー・ラ・モンドット】【シャトー ラ モンドット】【ネイペルグ】 【サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【サンミリオン 特別級】【ワイナート37号】 【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【サンテミリオン プルミエ・クリュ・クラッセ 】【サンテミリオン 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau La Mondotte シャトー・ラ・モンドット Chateau La Mondotte シャトー・ラ・モンドットサンテミリオンの彗星!!  1996年から全く新しいラ・モンドットを造り、論理や規制から離れて、昔ながらのすでに忘れられかけているものを復活させるためにラベルからは「サンテミリオン」も「シャトー」も外しています。 ワイン界に彗星のように現れたワイン『ラ・モンドット』。メルロ1000%でつくられるモンスターワイン。所有者はカノン・ラ・ガフリエールのオーナー、コント・ド・ネイペルグ氏、そして醸造責任者はステファン・トゥルノンクール氏が起用されています。 この畑は古典的な粘土/石灰岩質の丘の斜面にあり、2003年は偉大な成功作を享受した。ブレンド比率は、メルロ80%、カベルネ・フラン20%、インクのような紫色をしていて、ゴージャスなまでに深みのある、霊妙なブーケは、エスプレッソ・ロースト、ブラックベリー、クレム・ド・カシス、ミネラル、花を思わせる。リッチな、フルボディのワインで、酸は弱く、誰にでもわかる力強さと途方もないエレガンスに加えて、鮮明感もある。超大作ではないが、見事に層をなす舌触りをしたサン=テミリオンだ。だんだん体格がよくなってきて、途方もない純粋さとこの土地らしさを見せてくれる。 美術出版社 『BORDEAUX ボルドー 第4版』 シャトーラモンドット 2001 Chateau La Mondotte 2001 赤 ワイン 人気セール,SALE

シャトーラコンセイヤント 1996 Chateau La Conseillante 1996 赤 ワイン 新作,新作登場

他のポムロールの有名シャトーとは違う非常にしなやかで上品な飲み口です。『ボルドーのブルゴーニュ』とも評される、アロマティックでエレガントなワインが造られています。 光を通さないほどに濃い紫色で、粘性はほどほど。黒系の果実香を主体に、スモーキーでスパイシーなニュアンス、花の様なニュアンスが複雑に絡みあい、アルコール感もやや高めです。前年に続いてこのシャトーとしてはやや強めの飲み口で、コクがあってしっかりとしており、滑らかでシルキーなタンニンと旨味が凝縮した果実味のバランスが良い洗練された味わいです。余韻も長く、非常に長命さを予感させるワインに仕上がっています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 商品説明 国フランス産地ボルドー、ポムロール地区ブドウ品種メルロー80%、カベルネ・フラン20%タイプ赤・フルボディ内容量750ml保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC ポムロール】 【ポムロール AOC】【フランス 】 【ボルドー】 【ポムロル】 【ポムロール】 【ペトリュス 】 【シュヴァル ブラン 】 【レヴァンジル 】 【アシェット ガイド 】【ワインスペクテーター誌 】【ロバート パーカー 】 【シャトー ラ コンセイヤント】【コンセイアント】【コンセイヤント】【赤 フルボディ 】 【フランス 辛口 赤 】 【高級 ボルドー 辛口 赤 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau La Conseillante シャトー・ラ・コンセイヤント あのボルドー最高峰のひとつ!ペトリュスとシュヴァル・ブランの両シャトーの間にあるシャトー!!偉大なサンテミリオングラン・クリュクラッセシュバルブランを年によってはなんと上回る評価がつけられる!!ワイン評論家のヒュー・ジョンソン氏は「最も見事な最もかぐわしいポムロールのワインに数えられるもの。若いうちに飲んでもよし、寝かせてもよし。」と大絶賛し、満点4ッ星★★★★評価! ロバート・パーカー5ッ星★★★★★生産者で、 ペトリュスとシュヴァル・ブランの間に位置する絶好の立地条件!「最も見事な最もかぐわしいポムロールのワインのひとつ」シャトー・ラ・コンセイヤント!! 【レヴァンジル】【ヴュー・シャトー・セルタン】と並んで、ポムロールの代表的なシャトーの一つに挙げられる名門『シャトー・ラ・コンセイヤント』。 1871年から現在に至るまで、同じオーナーが所有し続けているという珍しいシャトーで、その為「非常に品質が安定しており、どのビンテージでも一貫したスタイルを持っている」と評されます。また、長い歴史を持つ反面、ポムロールではいち早くステンレスタンクを導入するなど、最先端の技術をいち早く取り入れる柔軟性も備えています。 あの『シャトー・シュヴァル・ブラン』の隣に畑があり、粘土、砂利、砂が混じった土壌も似ています。このため、比較されることも多いのですが、ビンテージによってはラ・コンセイヤントの方が高い評価を受けることもあります。 ワインはラ・コンセイヤントの特徴であるスミレの香り以外に、ブルーベリーなどの黒系果実の香りと、上品な樽香が非常にバランス良く調和されていて、深い色と多くのタンニンを備えた典型的な長期熟成タイプです。 口の中にいつまでも残る余韻は非常に心地よいものです。 「ポムロールで最もエレガントで瑞々しくおいしいワイン」と賞される『シャトー・ラ・コンセイヤント』。 ポムロールならではの少量生産ですので、“見つけた時が買い時”だと言えます。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より 非常にエレガントなポムロールのシャトー、ラ・コンセイヤントは、このアペラシオンで最もエレガントでみずみずしく、おいしいワインのいくつかを生産している。否定的な側面は、1970年代のヴィンテージの多くに水で薄められたようになる傾向があることと、それらが早く飲み頃になりすぎることである。 これは特に1971年から1980年の間で顕著である。ニコラ家の所有するラ・コンセイヤントは、1980年代の大半は輝かしいワインを生み出した。1990年、1989年、1985年、1982年、1981年はボルドー全体で生産された中で最高のワインに入っている。1990年代のものには再びムラが出て、このシャトーの一貫性のなさをさらに定着させた。 ブドウ畑はポムロールの東寄り、レヴァンジル、プティ・ヴィラージュ、ヴィユー・シャトー・セルタンの隣で、サン=テミリオンとポムロールのアペラシオンのちょうど境界という、すばらしい位置にある。事実、この区域の粘土と鉄分の鉱床が混じった深い砂利質土壌は、ラ・コンセイヤントと隣のレヴァンジルだけでなく、道路の向こう側にあるサン=テミリオンの2つの偉大なシャトー、フィジャックとシュヴァル・ブランにも共通して見られるものである。  ラ・コンセイヤントは細心の注意を払ってつくられたワインで、ステンレスタンクで醸造され、オーク樽で熟成される。新樽は毎年100%である。 ワインのスタイルはペトリュス、トロタノワ、ラフルール、あるいはセルタン・ド・メほど力強くはないが、これらのシャトーよりしなやかで、もっと早飲みスタイルである。ラ・コンセイヤントは瓶詰めされてから数年間は良好に見えないので、私はいつもこれを低く評価してきたが、後に必ず点数を上方修正するのである。 最終的な出来よりも幼児期のほうが軽く見えるのは、カベルネ・フランの比率が引き上げられたこと(20%)によるのかもしれない。最近のヴィンテージは一般的に6年から8年以内で完全な飲み頃に到達する。 高く評価された、時には深遠な趣のあるラ・コンセイヤントはこうかなワインで、通常はメドックの二級シャトーの大半よりも高い値段で売られている。 一般的な評価  最も特徴的なポムロールの1つであるラ・コンセイヤントは、スタイルにおいてブルゴーニュのグラン・クリュに近い。必ずしも生かしきれているわけではないが、このワインは、豪奢なテロワールの恩恵を受けて、格別なものとなることがある。ヴィンテージによっては凝縮感と構造に欠けるが、ラ・コンセイヤントがどんぴしゃりの年には、アロマの力とエレガントさにおいて並ぶものがない。依然として高価なポムロールである。 平均年間生産量:6万5000本 畑面積:7.9ha 平均樹齢:40年以上 植樹密度:5500本/ha 平均収量:45hl/ha育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで30日間。 マロラクティック完了後の熟成はオークの新樽で18ヶ月。清澄はするが濾過はしない。 ブドウ品種:メルロー80%、カベルネ・フラン20% 所有者:ニコラ家 シャトーラコンセイヤント 1996 Chateau La Conseillante 1996 赤 ワイン 新作,新作登場

シャトーコスデストゥルネル 1989 メドック格付第2級AOCサンテステフ Chateau Cos d`Estournel 1989 AOC Saint Estephe 赤 ワイン お買い得,人気

Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ メドック格付第一級に匹敵する高い人気!クラスマン最高評価3ツ星★★★、ロバート・パーカー氏も満点の5ッ星★★★★★生産者!第一級ラフィット・ロートシルトに隣接するサンテステフのトップシャトー! 1982年からとりわけ素晴らしいワインを生産し、格付け1級に肉薄しました。また2001年以降はさらに素晴らしいワインを生産し続けています。エチケットはシャトーの外観を写したもので、アジア風のパゴダのような美しいシャトーです。ポイヤックとの村境のすぐ北隣はなんとあの格付け一級のシャトー・ラフィットを見下ろす丘の背に位置 しています。  コス・デストゥルネルの特徴として一般的に他のシャトーよりもブレンドに使用するメルロの比率が高い、猛暑の年など困難なヴィンテージに強い と言われています。 メルロが多く含まれていることによって、サン・テステフらしい、力強いカベルネ・ソーヴィニヨンのタンニンによる骨格と、メルロの膨らみのある果実味が見事に調和し、素晴らしいハーモニーを生みます。  非常に深みのある濃い色合いで、ほのかに甘い黒系のブラックカラントやブラックチェリーの熟した果実香を主体に、オリーブやハーブ、ローストしたハーブや甘草、スパイスやコーヒー、バニラのニュアンスさらには若干スモーキーなニュアンスが感じられます。口当たりはスパイシーながらも優しく厚みのある果実味も豊かで、よく熟した硬めのタンニン、やや控えめな酸が感じられます。しっかりとした構造で力強い飲み口です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / メドック地区 / サンテステフ村 格付け第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 85% メルロ 13% カベルネ・フラン 2%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【メドック 格付第2級】【メドック グラン クリュ クラッセ】【デストネル デストーネル】【シャトー コス デストゥネル 】【シャトー コス デストゥルネル 】【デストゥールネル 】【デストーネル】 【デストネル】 【デストゥーネル】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【サンテステフ 赤 辛口 】【AOC サン テステフ】 【赤 フルボディ 】【メドック 格付 】【AOC サン テステフ 】【サン・テステフ 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ  メドック格付第一級に匹敵する高い人気!クラスマン最高評価3ツ星★★★、ロバート・パーカー氏も満点の5ッ星★★★★★生産者!第一級ラフィット・ロートシルトに隣接するサンテステフのトップシャトー!メドックで異彩を放つ存在で、東洋風パコダをデザインした異国情緒あふれる建物を持つシャトー【シャトー・コス・デストゥルネル】 歴史  【シャトー・コス・デストゥルネル】のワインは、19世紀の初めから半ばにかけて、ボルドーの誇り高いシャトーの殆どのワインよりも高い値がつき、遠くインドにまで輸出されていました。実際、【ルイ・ガスパール・デストゥルネル】は、【サン・テステフのマハラジャ】としてインドでも知られていました。  1852年、シャトーを拡張し整備するための借金が増え、ルイ・ガスパール・デストゥルネルはシャトーをロンドンの銀行家である、マーティンズに売却します。彼はマーティンズによって引き続きシャトーに住むことを許され、1853年になくなりました。それは1855年のメドック格付で、サン・テステフ最高のシャトーとなり、彼の努力が報われる2年前のことでした。  1869年、マーティンズはシャトー・コス・デストゥルネルをバスク地方の貴族、エラズ家に売却しました。エラズ家は1889年にホスタイン兄弟にここを売りました。1917年、ボルドーを代表するワイン商人であったフェルナンド・ジネステ家がコス・デストゥルネルを買い取りました。そして、彼らの孫たち、ジャン・マリー、イヴ、ブルーノ・プラッツがシャトー・コス・デストゥルネルを引き継いでいます。  1998年、プラッツ兄弟は、コス・デストゥルネルをメルロー家、タイヤン・グループのオーナー、そしてモヤノ氏を代表者とするアルゼンチンの投資家たちに売却しました。また2000年にコス・デストゥルネルをは再び売却され、今では【ソシエテ・デ・ドメーヌ・レビエ】の所有 となっています。  醸造の指揮を取っているのは【フェルナド・ジネステ】の偉大な孫で、1970年から1998年までコス・デストゥルネルをの経営者でもあったブルーノ・プラッツの息子【ジャン・ギョーム・プラッツ】です。 特徴 シャトーはアジアのパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北の、著名な隣人【ラフィット・ロートシルト】を見下ろす丘の背面にあります。   メドックにしては珍しく、コス・デストゥルネルはメルロのブレンド比率が高く(約40%) 、新樽の比率が平均よりも高いこと(60~100%)で他と大きく違いがあります。 ヴォリュームのある、リッチなテクスチャーをワインにもたらしています。深い砂利質土壌は常に密度が高く、肉厚なワインを生み、比率の高いメルロがワインの風味を和らげています。  醸造と熟成には常に手間を掛けていて、それがメドック最高級のクリュの中でもトップの上品さと複雑性を誇るワインの産出を可能にしているのです。 他の多くのワインと同様に、1980年代初めのワインは、年月とともに徐々に、そして穏やかに熟成する強い樽香が特徴です。 欠点のない1982~1996年の間に(ブルーノの時代)とても早い段階から消費者を誘惑し、瓶詰め直後から魅力的で、壮麗かつ非常に調和のとれたワインを世に送り出すようにはなりましたが、真価を表すにはやはり相応の熟成が必要です。 醸造と育成   収量を適度に低く保つために畑では厳しい剪定が行われています。コス・デストゥルネルをはコンクリート製の、レ・パゴデ・ド・コスはスチール製の発酵槽で醸造されます。事前に10~15日間の定温浸漬をし、ヴィンテージとフェノール類の完成度に応じて色や風味を引き出します。ワインはオーク樽で18~22ヵ月間熟成させます。シャトー・コス・デストゥルネルは伝統への健全な敬意を保ちつつも、革新的な手法を嫌悪することもなく、毎年新しい試みを採用 しています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  【ブリュノ・プラッツ】の心のこもった指導のもとで、コス・デストゥルネル(驚いたことに、コスはsを「ス」と発音するのだ)はサン=テステフのなかでは最高の評価を得るまでになった。1982年以降、ここのワインは次から次へと当たりが続いており、ほとんどのヴィンテージで、メドックで最上のワインを生産するのではないかと期待できる。このシャトーは東洋風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北、その著名な隣人ラフィット=ロートシルトを見下ろす丘の背にある。メドックものにしては珍しく、コスはブレンドに使うメルロの比率が高い(40%)ことと、新樽を使う比率が高い(60%~100%)ことで他と一線を画している。このメルロの比率はオー=メドックでは最も高い部類に入り、コス・デストゥルネルの最近のヴィンテージに目立つ、肉付きのよい、豊かな舌触りという個性を生み出している。  経営者であり所有者でもあるブリュノ・プラッツは、新しいワイン技術を取り入れることに関しては前衛的だ。このシャトーは、ボルドーのメジャーなシャトーのなかでは数少ない、樽熟成の前と瓶詰め前の2度濾過(ろか)処理することを金科玉条としているシャトーのひとつである。ただし、プラッツは考え直そうとしているのかもしれない。1989年の瓶詰めの前には2度目の濾過処理を省略する決定をしている。その成果はおのずと明らかである。1950年代、1960年代とモンローズの後塵を拝してきたコス・デストゥルネルは、1980年代に入ってボルドーで最も人気の高いワインのひとつとなったのである。コス・デストゥルネルは、たとえば1993年、1992年、1991年といった難のあるヴィンテージで特に成功してきたことにも注目しておきたい。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:64ha 平均樹齢:35年 密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):50hl/ha 育て方:ブドウは手摘みで、ワインづくりは伝統的な手法。発酵は約3週間。ワインをオーク樽に移すのは発酵槽でマロラクティック発酵が完了した後。 1997年、プラッツ氏は初めてマロラクティック発酵を100%、樽としては小ぶりのオーク樽で行うことを決定した。 ヴィンテージによって、新樽の比率は60%から100%の間で変化する。清澄処理も濾過処理も行われる。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40% シャトーコスデストゥルネル 1989 メドック格付第2級AOCサンテステフ Chateau Cos d`Estournel 1989 AOC Saint Estephe 赤 ワイン お買い得,人気

シャトーブラネールデュクリュ 1986 AOCサンジュリアン メドック格付4級 シャトー蔵出し 1500ml マグナムサイズ Chateau Branaire Ducru 1986 AOC Saint Julien 1500ml 赤 ワイン 安い,大人気

Chateau Branaire Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュパーカー氏に「最もスタイリッシュで複雑な、特筆に値するほどおいしいワインの1つだ」と絶賛させた。 格付け4級シャトー。サン・ジュリアンのワインとしては個性的な、スパイシーな風味を持ち、一部に熱狂的に支持されているワインです。元々高い品質のワインを造るシャトーでしたが、特に1990年代半ば以降は一貫して高品質なワインを造り続けています。  サン・ジュリアンのライジングスター、ブラネール・デュクリュ。 格付けは第4級ですが、常にそれ以上という評価を受けている実力のあるシャトーです。 それも、ここ10年のボトルを見れば明らか。高いレベルで安定しているシャトーの一つで優れたバランス感覚がひしひしと伝わってきます。  ブラネール・デュクリュはベイシュヴェルの向かいに位置していますが、畑はベイシュヴェルやデュクリュ・ボーカイユより内陸にあるのです。 このため、それらよりもボディーの力強さが勝り、ややスパイシーな魅力を備えています。 この濃厚な果実とエキゾチックなアロマ、チョコレートなどの風味がブラネール・デュクリュの持ち味。 若いうちはやや暴れ気味なタンニンが、熟成すると魅惑的な柔らかくシルキーな存在になります。 ドングリアーノ ワイン オススメの1本! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・メドック格付け第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量1500ml マグナムサイズ●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【シャトー ブラネール】 【メドック 格付】 【シャトー ブラネール デュクリュ】 【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口  】【サンジュリアン 赤 辛口】【サンジュリアン格付 】【サンジュリアン 格付】 【メドック 格付 第4級】 【格付四級 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Branaire Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュ Chateau Branaire Ducru AOC Saint-Julien Grand Cru Classe シャトー・ブラネール・デュクリュ AOCサン・ジュリアン メドック格付第四級 エレガントで繊細な味わいに定評があるシャトー。メドック格付け『第4級」格付ですが、評価は『第2級』並み!! 第3級のラグランジュとお買得グランヴァン王の地位を争うブラネール・デュク リュ。オーナーのパトリック・マロトー氏は、ユニオン・デ・グランクリユ・ ド・ボルドー(132シャトー加盟の協会)の会長をここ数年務めていた、ボルドー ・グランクリュの大重鎮でもあります。  サン・ジュリアン村のワインは、繊細なタンニンと果実味のバランスが特徴的で すが、このシャトーの畑は内陸に位置するため、隣接するベイシュヴェルやデュ クリュ・ボーカイユと比べても、よりボディの力強いワインに仕上がっています。 フランスのクラスマン誌では、第2級クラスと並ぶ★★を獲得!2006年はロバート・パーカー氏も強く評価しており、この年左岸メドック地区で 同率第8位の92-94得点を与えているシャトーです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  私は常々、ブラネールはなぜか低く評価され、ボルドーの熱狂的な支持者たちが自分のお気に入りのワインを論議する際にも、その存在は忘れられてきた、と感じている。サン=ジュリアンを旅行で通る人々ならおそらく、メドックのワイン街道をはさんでベイシュヴェルのすぐ反対にある、くすんだベージュ色の建物に気づいたであろう。最近いくつかのヴィンテージ、とりわけ1975年、1976年、1982年1989年のものは、すばらしい香りと深み、豊かな味わいのあるワインであり、サン=ジュリアンの最高級ワインと同様によいものであった。しかしながら、このブドウ園の成果にはばらつきがある。1980年代と1990年代には個性の曖昧な平凡な一連のワインが生産されている。それは、極端に豊富な収穫量と、厳しさを欠く選別の結果を反映しているのだろうか? 新しいセラーの建設と、新しいワインづくりのチーム、またセカンド・ラベルの登場はブラネールを再び正しい路線に戻すために必要な措置であったようだ。それは1994年と1995年の目覚しい成果となって現れている。  ブラネールのブドウ畑は、多くのボルドーのシャトーのように、分割されてサン=ジュリアンの村に散らばっている。そして、ブラネールのワインにははっきりとした個性がある。サン=ジュリアンにしては格別にスパイシーであり、エキゾチックなほどのオークとヴァニリンのアロマがある。味わってみると、このワインにはしばしば、ブラインド・テイスティングでも比較的簡単に識別できるような、際立ったチョコレートの成分が感じられる。この独自の特色はことに1975年、1976年、1982年、1989年の優れたヴィンテージで顕著である。 平均年間生産量:15.000ケース 畑 面積:50ha 平均樹齢:30年 密植度:10000本/ha 平均産出量(過去5年間):47hl/ha 育て方:ブドウは手摘みで、除梗。発酵は3週間。 産出量の3分の1は新しいオーク樽の中でマロラクティック発酵させ、残りはタンクに入れられる。 マロラクティック発酵の後、すべてオーク樽の中で18~24ヶ月熟成。新樽の比率は50%。 瓶詰めの前に卵白で清澄処理されるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3% シャトーブラネールデュクリュ 1986 AOCサンジュリアン メドック格付4級 シャトー蔵出し 1500ml マグナムサイズ Chateau Branaire Ducru 1986 AOC Saint Julien 1500ml 赤 ワイン 安い,大人気

シャトードフラン 2006 シャトードフラン Chateau de Francs 2006 Chateau de Francs 赤 ワイン フランス 人気定番,最新作

Chateau de Francs シャトー・ド・フランシュヴァル・ブランを所有するエブラールとランジェリスのブアールが共同経営! 元々仲が良かった、シャトー・シュヴァル・ブランを100年以上に渡って所有してきたエブラール家のドミニク・エブラールと、シャトー・ランジェリュス等の所有者のユベール・ド・ブアールが、1985年から共同で購入し経営を始めました。エブラールは、「良い挑戦が出来ている」と自信を持っていて、今後もユベールと一緒にやっていきたと考えています。  ロバート・パーカー・Jr.「ボルドー第4版」で、コート・ド・フランのトップ・シャトーのひとつに選ばれています。葡萄園面積33haで、収穫量は、30~40haです。エノログは、ユベールが担当しています。温度管理の下タンクで発酵し、オーク樽(内20%新樽)で熟成しています。  カシスやベリーフルーツ、新樽の香りがあり、質のよいタンニンと樽の風味のバランスがとれています。伝説のシャトーのオーナーが、格式ばらずこのようなリーズナブルな価格で美味しいワインを生産していることは、とても素晴らしいことです。 ドミニク・エブラールとユベール・ド・ブアールが共同経営するこのワイナリーでは、赤と白のいずれも確かな品質を有するワインを造っている。赤は、何よりもまず、その洗練された絹のようなテクスチャーに驚かされるワインで、3~5年熟成させてから飲むことを勧める。レ・スリジェは巧みに熟成されており、フルーツの味わいと余韻の長さを見事に有した、とても風味の高い良質なワインとなっている。 「クラスマン2004日本語版」 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / コート・ド・フラン ●ブドウ品種メルロ(70~80%)、カベルネ フラン(20~30%)●タイプ赤・フルボディ・辛口 熟成:オーク樽(新樽20%)●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元株式会社稲葉 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2~4営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス】【Chateau de Francs】【シャトー・ド・フラン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau de Francs シャトー・ド・フラン Chateau de Francs シャトー・ド・フラン シュヴァル・ブランを所有するエブラールとランジェリスのブアールが共同経営! 元々仲が良かった、シャトー・シュヴァル・ブランを100年以上に渡って所有してきたエブラール家のドミニク・エブラールと、シャトー ランジェリュス等の所有者のユベール ド ブアールが、1985年から共同で購入し経営を始めました。  良い価格・良いテロワールだったので購入したのですが、当時シュヴァル・ブランのオーナーだった父ジャック・エブラールは、「馬鹿か!?」と言ったそうです。その結果はご存知の通りで、いい意味で父の予想を裏切ることになりました。エブラールは、「良い挑戦が出来ている」と自信を持っていて、今後もユベールと一緒にやっていきたと考えています。ロバート・パーカー Jr.「ボルドー第4版」で、コート・ド・フランのトップ・シャトーのひとつに選ばれています。 シャトードフラン 2006 シャトードフラン Chateau de Francs 2006 Chateau de Francs 赤 ワイン フランス 人気定番,最新作

シャトーボーセジュールベコ 1999 Chateau Beausejour Becot 1999 赤 ワイン 超激得,格安

多くのシャトーがひしめくサン・テミリオンにおいて、最高格付け第1特別級Aには2つの偉大なシャトーが君臨します。そして次に第1特別級Bも12シャトーとわずかばかりが格付けされています。さらにその下の特別級に46シャトー、特級に多数。そして格付けが与えられないシャトーが何百件とあります。 ボーセジュール・ベコ は、第1特別級Bに輝くわずか12シャトーの内の一つです。シャトー・ボーセジュール・ベコのワインは、出来上がった直後からその強い樽香で人々を魅了します。そして収穫年に左右されない、安定したワイン造りには定評があります。その安定性は、ボルドー全域でも最高レベルです。 このシャトーは、一般に評価されているレベルをはるかに超えていると思います。第1特別級Bの中でも、筆頭シャトーです。 ワインは熟成を経ると、熟したブドウが醸し出す心地よさとトリュフやスパイスのブーケが自然に出てきます。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~3営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、サンテミリオン地区第1特別級B●ブドウ品種メルロー70%、カベルネ・フラン24%、カベルネ・ソーヴィニョン6%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOCポムロル】 【AOCポムロール】【シャトー ボー セジュール ベコ】【ボー セジュール ベコ】【サンテミリオン AOC 】【サンテミリオン 特別級】【ボーセジュール ベコ】【サンテミリオン グラン・クリュ】【サン・テミリオン AOC】【AOC サン・テミリオン】【AOC サンテミリオン】【ボーセジュール】【ボー セジュール】【サンテミリオン プルミエ グラン クリュ クラッセ】【赤 フルボディ】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Beau-Sejour Becot シャトー・ボー・セジュール・ベコ 格付け改定で再昇格されている名門シャトー! ル・クラスマンのコメントでは、「シャトー ボー セジュール ベコのワインは、出来上がった直後からその強い樽香で人々を恍惚とさせる。このシャトーは現在一般に評価されているレベルをはるかに超えており、威信も獲得しつつある。 ワインは熟成を経ると、よく熟したブドウが醸し出す心地良さとトリュフやスパイスのブーケが自然に出てくる。」 と高評価! 1870年にCh.ボー・セジュールという1つのシャトーから分割され1971年に今の名称Ch.ボー・セジュール・ベコになりました。 1855年の格付けからプルミエ・グランクリュ・クラッセ(第一特別級)であったが、1970年代からの積極的な買収等のトラブルが理由で1985年の格付け改正の際に、なんとこの伝統的なシャトーがグランクリュ・クラッセに格下げ。当然、降格したとたん今までの人気は下がる一方。 そのことを非常に残念に思い、もう一度かつての名声を取り戻そうと奮起したのが、オーナーのドミニク・べコです。彼はぶどう栽培から醸造にいたるまで、一からやり直すことを考え、全てを一身し、新しくコンサルタントにメルロの魔術師といわれる、ミッシェル・ロランを招きました。 彼はまずサン・テミリオンの最も高台にあるこの畑の収穫を制限。熟成の際の新樽の比率をほぼ100%まで引き上げ、それに負けないより濃縮の高いワインを造りだしました。そして仕上げの際には、ぶどう本来の風味がワインに溶け込むよう清澄も濾過も一切せずにボトリング。 その結果、1996年の格付けでプルミエ・グランクリュ・クラッセ(第一特別級B)に返り咲きました。現在ではペイノー博士の醸造監督により厚みのある力強さを秘めた、コクのあるワインを作り出しています。現在、サン・テミリオンで最も注目を集めているのがこのシャトー。価格が上昇する前にストックを持っておきたい。高品質なのに以外とお買得。買って損の無いワインである。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボー=セジュール・ベコの品質は、1980年半ば以降大幅に向上した。皮肉なことに、ボー=セジュール・ベコは1985年におけるサン=テミリオン・ワインの格付けでは格下げされたのであるが、1996年の格付けで第一特別級に返り咲いた。畑は、石灰岩の丘の上の立地のよい場所にあり、リッチで、フルボディで、しなやかで肉づきのよいワインを生み出している。なるほど、非常によく熟したブドウを収穫し、新樽をたくさん使い、瓶詰めするといった決定が自然と功を奏したらしく、このワインに噛みごたえのある舌触りと、芳醇さと享楽的な魅力を与えている。このシャトーのコンサルタントを務めるエノロジストは、リブルヌの著名なミシェル・ロランである。 一般的な評価  ボー=セジュール・ベコは1996年のサン=テミリオンの格付けで、プルミエ・グラン・クリュの地位に返り咲いた(1986年に格下げされていた)。それ以来、ここのワインは印象的である(とりわけ1980年代半ば以降)。このワインのけばけばしく、度が過ぎたスタイルを非難する人もいるだろう。しかし、ワインが楽しみのための飲物であるなら、ボー=セジュール・ベコは、期待に沿うのもだ。 平均年間生産量:7万本 畑 面積:16.5ha 平均樹齢:35年 植樹密度:6600本/ha 平均収量:37hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で28~30日間。 マロラクティックと18ヶ月の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー70%、カベルネ・フラン24%、カベルネ・ソーヴィニョン6% 所有者:ジェラール&ドミニク・ベコ シャトーボーセジュールベコ 1999 Chateau Beausejour Becot 1999 赤 ワイン 超激得,格安