シャトーグランピュイラコスト 1975 メドック格付第5級AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste 1975 AOC Pauillac 赤 ワイン SALE,低価

Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤックロバート・パーカー氏の評価も高い、格付け5級シャトー。「ワイン通たちの長年のお気に入り」 「三級に格上げしてもよいかもしれない。」と絶賛するメドック格付第5級! 3B&Dマーク付で「ポイヤックで最良のテロワールの一つで、最も安定した格付クリュの一つ。関係者の間では「GPL」として通っている。樹齢の高いカベルネ・ソーヴィニヨン(70%)がこのクリュに注目に値するワインらしさと気品のあるスパイシーなアロマを与えている。  偉大なヴィンテージでは瓶内で15年以上熟成させると大きく花開く。近年のヴィンテージはアロマの定義やタンニンの洗練さにおいてまだ進化を続けています。  このシャトーは【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト・サン・ギュイロン] とも呼ばれていました。その起源は16世紀初めまで遡れます。ポーイヤック村の南、【グラン・ピュイ】の丘に位置している事と、それに昔の所有者の名【ラコスト】をつけ、現在のシャトー名となっています。先オーナーの故レイモン・デュパン氏は、ボルドー史上最高のグルメとして評判をとっていました。そのデュパン氏は、1980年に亡くなる前の1978年にシャトーグランピュイラコストを人望の厚い現オーナー家の故ジャン・ウジェーヌ・ボリーに売りました。その後息子の【フランソワ・グザヴィエ・ボリー氏】が、現在後を継いでいます。  ポイヤックらしいタンニンのしっかりした味わいは、堂々たる風格があります。甘く熟した厚いタンニンが印象的。プラムのアロマにシガ―のニュアンス。エレガントなタンニン。アタックは強いものの、タンニンは熟していおりシルキーな印象。豊潤でピュアな果実味と重なり合い、心地よく、長い余韻をもたらしてくれます。  ポイヤックらしい、力強くコクのある味わいです。大柄で耐久力のあるフルボディのスタイルで、長期の熟成して、その真価が発揮されます。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区・ポイヤック村・第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ20%、カベルネ・フラン5% 平均樹齢 40年●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック格付 赤 辛口 】【ポイヤック 赤 辛口 】【シャトー グラン ピュイ ラコステ 】【クラスマン】 【ヒュージョンソン】 【スペクテーター】 【ラコスト ボリー 】【メドック格付 第5級 】【フランス 赤】 【ボルドー 赤】 【メドック 赤】 【パーカー】【ポイヤック AOC】【メドック 格付】【格付 ポイヤック】【ラコスト ボリ】【ボリー家】【シャトー・グラン・ピュイ・ラコステ 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤック ロバート・パーカー氏は4ッ星★★★★生産者!!「第3級に格上げしても。」「ワイン通たちの長年のお気に入り」 と絶賛!力強くコクがあって優良な、典型的なポイヤックのワイン! グラン・ピュイ・ラコストは、ボルドーのワイン通たちにとって、長年お気に入りの銘柄。ワインのスタイルはクラシックな正統派ポイヤックで、がっしりした骨格と厚みのあるタンニン、カシスリキュールを思わせるような濃く深い味わいが特徴。 しかも、価格は極めてリーズナブルです。ポイヤックのみならず、ボルドー全体で最もお値打ちなワインの1つでもあります。  メドック格付けの5級で、畑はポイヤックの最も高所の地域の一つにあります。【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト・サン・ギラン】とも呼ばれ【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト】の記録に残された歴史は、15世紀に遡ります。  その頃ここはドゥ・ギロー氏に属しており、彼の娘の一人はボルドー議会の議員であるドゥ・ジャン氏と結婚しました。サン=ギル氏と結婚したのはジャンのひ孫娘であり、サン・ギル氏の名前はいまだにラベル上に書かれています。彼はサノヴレス・ドゥ・ローヴのメンバーであり、彼の娘の一人はラコスト氏と結婚する際にグラン・ピュイの敷地の一部を受け取り、故に【グラン・ピュイ・ラコスト】であります。  このドメーヌはシングルユニットをカバーし、これはポイヤックの南、グラン・ピュイ(大きな塚)の名の由来である高台の上にあります。【グラン・ピュイ】と呼ばれる場所の由来は、クロード・マスによって作られた地図上で1709年に発見されました。この高台は、素晴らしく水はけがよく、敷地の真ん中に全ての余分な水を集める池があるのでなおさらです。  メドック全ての格付けされたクリュのなかで、1855年の格付け時に持っていたのと同じ畑を所有している、稀なクリュの一つです。このシャトーは1850年に建てられ、ちょうど1737年に遡る古い住居の増築部分になっています。この日付がフロントポーチに彫り刻まれているのを、現在でも見ることができる。  ボリー家は現在のオーナーであり、1980年のヴィンテージ以来古いキュヴィエールをステンレスタンクに取り換えた。1978年の購入時には幾分荒廃していたこのシャトーは、現在趣のあるように改装された。畑の大部分はバージの高台上にあるシャトー前の一区画である。  ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  先もオーナーである故【レイモン・デュバン】には一度もお会いできなかったのだが、氏はボルドー史上最高のグルメとして記念碑的な評判をとっていた(故の知人によれば、食道楽でもあったいう)。彼は、1980年に亡くなる前の1978年にグラン=ピュイ=ラコストを才能豊かで人望の厚い【故ジャン=ウジェーヌ・ボリー】に売り渡すが、ボリーはその後息子のグザヴィエをこのシャトーの責任者に据えた。荒れ果てたセラーの大改修が済んだのが1982年で、なんとか間に合ったグザヴィエ・ボリーは、最上と言える出来のワインの1つを生み出した。ボリーは妻子とも近代化したシャトー内に住み続け、ボルドーの目利きたちが期待した通り、グラン=ピュイ=ラコストは、ポイヤックの一流どころの中でも最先端を行くシャトーへと急成長。  ジロンド川からは深く内陸に入ったバージュの丘にある【グラン=ピュイ=ラコスト】は、1〓ほど離れた隣のランシュ=バージュと似ていなくもない。大柄で耐久力のある、フルボディのポイヤックを生産することで確固たる定評がある。しかしながら、1960年代、1970年代につくられたワインは、ランシュ=バージュ同様、品質にムラがあった。今から思えば、オーナーの健康状態が悪化していたせいだったのかもしれない。例えば、1975年や1966年のような年にもその評判から期待されるほどの成功作はつくれなかった。この時期のほかのヴィンテージ、特に1976年、1971年、1969年、1967年は、どうしたわけか、完全な失敗作に近かったが、細かいことにまで注意を払わなかったせいであろう。  ただし、1978年以降のグラン=ピュイ=ラコストは秀逸なワインを造り続けている。2000年、1996年、1995年、1990年、1982年は、このシャトーの長い歴史の上でも最上のものとして記憶に残るような、偉大なワインである。デュパンのスタイルに比べて、ボリーのスタイルは、収穫を遅らせ、強烈なカシスの果実味と相当なグリセリン、力強さ、ボディを備えたワインをつくるというものである。1990年代半ばまでは価格が品質に追いつけなかったため、いまだに控えめな、いささか過小評価されている。 一般的な評価  グラン=ピュイ=ラコストは、ボルドーのワイン通たちの長年のお気に入りワインである。第二次世界大戦後は特筆に値するほど安定しており、通常その血統をはるかに超えるワイン。【三級に格上げしてもよいのかもしれない。】一般的に、豊かで、フルーティで強烈、ひと言で言えば期待通りで、期待を超えることも多く、しかも価格は極めてリーズナブルだ。ポイヤックのみならず、ボルドー全体でも最もお値打ちなワインの1つ。 平均年間生産量:19万5000本 畑 面積:52ha 平均樹齢:35年 植樹密度:1万本/ha 平均収量:50hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで17~20日間。熟成は新樽45~55%で18~20ヶ月。 清澄と、瓶詰め時には軽い濾過を行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、カベルネ・フラン5% 所有者:ボリー家 シャトーグランピュイラコスト 1975 メドック格付第5級AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste 1975 AOC Pauillac 赤 ワイン SALE,低価

シャトーフェランセギュール 1996 Chateau Phelan Segur 1996 赤 ワイン 低価,100%新品

かつてアイルランドでワイン仲介業をしていたベルナール・フェラン氏が、ボルドーに移住し、当初はネゴシアン業を営んでいましたが、次第にワイン造りに興味を抱き、セギュール伯爵から畑を取得するなどして現在のシャトーの礎を築きました。 1985年に現オーナーのガルディニエ氏の手に移って以来、急速に評価を高めています。畑はモンローズとカロン・セギュールの間という素晴らしい立地条件にあります。 色は濃いガーネット色。香りは赤い熟したベリー果実系が中心にあり、上品なトリュフの香りも奥から出てきます。味わいは渋味が柔らかくしっかりとした果実実がありコクを感じます。典型的なボルドーの土や森の香りと、残ったフルーティさがバランス良くマッチしてます。想像以上にコストパフォーマンスに優れ価格の割にかなり美味しいと感じます。格付けされていてもおかしくない程の良質なワインです。ガッチリとした骨太なワインに仕上がっています。           *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。        【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー、メドック地区サンテステフ村・ブルジョワ級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー35%、カベルネ・フラン5%  ●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】【シャトー・フェラン・セギュール 】【シャトー フランク フェラン 】【AOC サン テステフ クリュ ブルジョワ 】【ブルジョワ級】【AOC サン・テステフ クリュ ブルジョワ 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【サンテステフ 赤 辛口 】 Chateau Phelan Segur シャトー・フェラン・セギュール カロン・セギュールとモンローズに隣接する畑!非の打ち所がない“血統書付き”のブドウ畑を所有する。グラン・クリュに匹敵する品質を持つサン・テステフ村の名門『シャトー・フェラン・セギュール』 サン・テステフの、引き締まったタンニンと新鮮さが特徴のブルジョワ級のトップクラスワイン『クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル』!! 【シャトー・フェラン・セギュール】には巨大な貯蔵庫があることで有名です。1924年からここを所有していたデュロン家が、1985年にシャンパーニュのポメリー社の前取締役社長、グザヴィエ・ガルディニエ氏の手に移って以来、急速に評価を高めているシャトーです。当時は安定性もなく、貧弱だったこのシャトーのワインでしたが、今では平均水準をはるかに超えるワインを産出するようになっています。 【シャトー・フェラン・セギュール】は、サンテステフの格付けされていないワインの中でも、気品漂う、最高レベルにふさわしい注目のシャトーになっております。 映画『ハンニバル』で飲まれたワイン!! 1999年に出版された【トマス・ハリス】の小説『ハンニバル』を原作にした2001年公開のリドリー・スコット監督のアメリカ映画。『羊たちの沈黙』の続編にあたります。  アンソニー・ホプキンス演ずる希代の美食家でもある天才犯罪者の【ハンニバル・レクター博士】が、ラストシーンで機内持ち込みして飲んでいましたね。  そのシーンは国際線の飛行機で、まずい機内食は喉を通らないということで機内に持ち込んだ、【FAUCHON (フォション)】に、特別に作らせたランチボックスに合わせたワインが、この【シャトー・フェラン・セギュール 1996年】だったのです。 シャトーフェランセギュール 1996 Chateau Phelan Segur 1996 赤 ワイン 低価,100%新品

シャトーシサック 2003 AOCオーメドッククリュブルジョワ Chateau Cissac 2003 AOC Haut Medoc 赤 ワイン 超激得,定番人気

Chateau Cissac シャトー・シサックアペラシオンはオー・メドックですが畑は「シャトー ラフィット・ロートシルト」の西側に畑が隣接するとても恵まれたテロワールです。  2003年の格付け改正で、ボルドーのクリュ・ブルジョワ級に格付けされる全247シャトーの中、クリュ・ブルジョワ・スペリュール(490シャトー中、87のシャトー)に格上げされました。 エリザベス女王ご成婚50周年記念ワインとして、今やグラン・クリュ格付け外のシャトーにおいて、英国上流階級の間で最も知られるワインとなりました。 英国王室のみならず、英国議会、オックスフォードやケンブリッジ大学といった、英国の頭脳が結集した知的産業機関、また『全英オープン』を主催する、名門ゴルフクラブ【ザ・ロイヤル&エイシェントクラブ】でも長年御用達ワインとして愛飲されているのがシサックです。 約50haの畑ではカベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ20%、プティ・ヴェルド5%を栽培しています。収穫は手摘み、新樽率30~40%。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方、オー・メドック地区 ブルジョワ級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロー20%、プティ・ヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Cissac シャトー・シサック シャトー・シサック AOCオーメドック・クリュ・ブルジョワ Chateau Cissac AOC Haut Medoc長期熟成に耐えうる骨格のしっかりしたワイン!ロバートパーカー氏は『メドック中央部でも最高のブルジョワ級ワインを生産している。』と言われ、オー・メドックを代表するワインのひとつ! 1895年(1855年の公式格付け後)に畑を購入したポイヤック村の弁護士である創立者ジャック・モンドン氏がシサック・メドッ ク村のシャトー・マルティニを購入したことから、シャトー・シサックの歴史 が始まります。 1897年ジャックが死去しましたが、モンドン家は1899年に同じ くシサック・メドック村にあるシャトー・アビエも購入し、この二つのシャト ーの土地を合わせて、シャトー・シサックが誕生しました。  1940年、ジャック・モンドンの夫人アンジェルも死去し、娘のジェルメーヌが アントワーヌ・ヴィアラールと結婚しもうけた子ども(つまりジャックの孫) ルイ・ヴィアラールがシサックを相続しました。モンドン家は、他にシャトー ・クレール・ミロン、シャトー・アンサイヤンも所有していましたが、シサッ ク同様ジャックの孫たちに相続された後に二つのロートシルト家へそれぞれ売却されました。 1968年、現在の代表ダニエル(ルイの娘)が初めてワイン造りに参加し、以来 シャトーの経営を行っています。 彼の父と祖父はラフィットとラトゥールの醸造家でした。代々受け継がれ今でも同じ家族にて継承されている他の資本が一切入った事がない稀有なシャトーです!!  そして、シャトー・シサックとシャトー・マルゴーだけがメドックで村の名前をシャトー名に認められています。  テロワールとヴィンテージの忠実な表現ためにセパージュは毎年同じにしています。CS75% M20% PV5%とカベルネ主体の伝統的なオー・メドックスタイルを貫くこだわりのシャトーです。  そして、2003年から従来のクラシックスタイルから除々にシフトしており、収穫時期を遅くし、より完熟ブドウを使用して、2度選果し、熟成に新樽比率を上げているので、より味わいに透明感が増し、以前よりも若くても美味しく飲めるワインになっています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  シサックを所有するヴァアラール家は、ボルドーで最も献身的な所有者の1つだ。したがって、彼らの最愛のシャトー・シサックは、メドック中央部でも最高のブルジョワ級ワインを生産している。  シサックの町の真北に位置するこのシャトーは、とても伝統的な、フルボディでタニックで、暗い色の興味深いワインを約1万8000ケース生産している。シサックのワインは普通は若いうちは頑固で、抑制がきいているが、6年目に真の個性を見せ始め、瓶の中で10~15年は楽々と熟成して、よくなっていく。  シサックのワインは特にイギリスで人気がある。また、(ブルジョワ級にしては)ゆっくりした、しかし確実な成長を待つだけの忍耐力があるアメリカのワイン通の間でも人気が高まっているようだ。 平均年間生産量:16万本、セカンド12万本 畑 面積:50ha 平均樹齢:30年 植樹密度:7200本 平均収量:50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度調節されたステンレスと木の槽で3~4週間。 熟成は新樽30~40%で18~24ヶ月。清澄も濾過も行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロー20%、プティ・ヴェルド5% シャトーシサック 2003 AOCオーメドッククリュブルジョワ Chateau Cissac 2003 AOC Haut Medoc 赤 ワイン 超激得,定番人気

シャトーラフィットロートシルト 1980 Chateau Lafite Rothschild 1980 赤 ワイン 人気セール

シャトー・ラフィット・ロートシルト Chateau Lafite Rothschild5大シャトーの中でも最も繊細で優美!若いヴィンテージでも手に入り難い稀少なラフィット。 1855年の格付けが決定した際、1級シャトーのなかで筆頭格に選ばれたのがこの“ラフィット”!以来、No.1の地位は一度として揺らいだことはありません。  格付け制定から150年が経過した現在でも【ラフィット】は、ボルドーの真髄ともいえる偉大なワインを造り続けています。 【ルイ15世】、イギリス首相【サー・ロバート・ウォルポール】、アメリカ合衆国大統領【トーマス・ジェファーソン】などを虜にした、まさに『王のワイン』 です!  カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にブレンド。 区画毎の特徴を生かすために、ブドウは区画毎に別々のタンクで発酵が行われます。ワインのブレンドは3月に実施される初回の滓引き後に実施されます。その後、DBRの樽工房で造られたオーク樽に移され、所蔵庫で18~20ヶ月熟成。その間、定期的に滓引きが行われ、それぞれの樽に4~6個軽くといた卵白を加えて浮いている不純物を吸収し、樽の底に沈ませます。  優美で繊細、そして芳醇な味わいは、まさにメドック1級の風格。果実味、豊かな要素、しなやかであると同時にきめ細やかなタンニンが特長的です。長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 ラフィットを形容するとき「気品」という言葉なくしては語れません。優に10年は持つ(それくらい待つべき)と言われるラフィット。長期熟成を遂げたその姿はボルドーの真髄ともいえる究極のエレガンスを体現しています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2〜4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 ポイヤック村・第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 83%、カベルネ・フラン4%、メルロ 13%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【メドック 格付第1級 一級】 【AOC ポイヤック】 【シャトー ラフィット ロートシルト】【シャトー・ラフィット・ロスチャイルド】【シャトー ラフィット ロスチャイルド】【メドック グラン クリュ クラッセ】【ロスチャイルド】【ロスチルド】【ロートシルト】【格付1級】【格付一級】【ボルドー 赤 辛口】【メドック 赤 辛口】【ポイヤック 赤 辛口】【メドック グラン クリュ クラッセ】 【ロスチャイルド】 シャトー・ラフィット・ロートシルト Chateau Lafite Rothschild Chateau Lafite Rothschild シャトー・ラフィット・ロートシルト メドック格付第一級の筆頭シャトー!『世界で無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワイン』!シャトー・ラフィット・ロートシルト!! いま最も手に入らないシャトー!!“葡萄の王子”が発展の礎を築く!世界最高峰、エレガンスを極めた“比類ない”ワイン!! 『ラフィット』という名が聞かれるようになるのは、1234年、ポーイヤック北部のヴェルトゥイユ修道院長【ゴンボード・ド・ラフィット】の登場から。中世になって領土の名前として登場するのは14世紀に入ってからのこととなる。素晴らしいワインを造るシャトーとしての評判が高まったのは、17世紀、セギュール家が葡萄畑を作ってからのことだ。1716年、【ニコラ・アレキサンドル・ド・セギュール侯爵】は、ラフィットの成功を確実なものにするため、ワイン造りの技術の改善に取り組む。 その成功により“葡萄の王子”と呼ばれるようになった。この頃のラフィットの名声は、特に海外とヴェルサイユ宮廷で顕著で、【ルイ15世】が嗜む【王のワイン】 として、誰もが欲するステータスシンボルのような存在となる。  ルイ15世の寵妃【ポンパドール夫人】の晩餐会にも供され、後の寵姫バリー夫人も【王のワイン】以外は飲まないとしたほどだった。また、その当時、ヴェルサイユ宮廷にアメリカ共和国大使として駐在していた、後のアメリカ合衆国大統領【トーマス・ジェファーソン】もラフィットを愛した一人だ。ボルドーワインの愛好家だったジェファーソンは、祖国でのワイン造りを思い立ち、ワインの研究を重ねました。 情報を集め、後に主要ワインとして4つのワインが選ばれたが、その一つが【シャトー・ラフィット】だったという。 常に高い評価は変わらず  革命などによって所有者は幾多の変遷があったが、常にラフィットの高い評価は変わらなかった。1815年、仲買業者のギョーム・ロートンが、メドック地区のワインの私的格付けを発表したのだが、当時からすでにリストの上位に位置し、「ラフィットを、3つの(一流ワイン)の中で、最も上質の葡萄を使った、最も優美で、繊細なワインと評価した」「メドック地区で一番優れたワイン」という評価をされている。  また、1868年のヴィンテージは、あらゆる意味で記録に残るものとなった。そのヴィンテージイヤーのワインの中で最高値がつき、1トノー(900リットル、225リットルの樽4個分)の値段が、当時の金額で「6,250フラン(現在の4,700ユーロ)」という高値をつけたのだ。この記録は、20世紀の終わりに破られたが、19世紀の最高値として今でも記録に残っている。 苦難の時代を見事に乗り切って  しかし、19世紀末~20世紀前半には、ラフィットは様々な苦難に襲われた。葡萄畑が「フィロキセラ(葡萄の根の寄生虫)」とカビが原因の「ウドン粉病」「ベド病」の被害に遭いました。さらに、産地を偽った組織的詐欺が急増し、主要ヴィンテージに被害を与えました。第一次世界大戦の勃発や世界大恐慌の発生も重なり、市場は底値が続き、ラフィットも前代未聞の経営危機を招いて葡萄畑の縮小に踏み切らざるを得ませんでした。後の第二次世界大戦には、メドック地区はドイツ軍に占領されるなど、苦難の時代が続きます。  戦後になって、エリー男爵の指揮の元でようやくシャトーの再生が手がけられ、荒廃した葡萄畑と施設を再生し、シャトーの管理体制の全面的な見直しも始まった。その後、運営を引き継いだエリック・ド・ロートシルト男爵によって、新たな名声が確かなものとなる。  エリック男爵は、素晴らしいワイン造りのための研究を行い、新しいテクニカルチームの人材を徐々に増やし、シャトーの運営に新しい空気を取り入れた。葡萄畑では、肥料の与え方の見直しや除草剤の限定使用によって、植え替えや再建作業が進められた。 醸造所では、オーク樽の横にステンレスタンクが設置され、2,200樽の収容能力を持つ熟成用の円形貯蔵庫が、カタロニア人建築家のリカルド・ボフィル監督のもとで建築された。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーで最も有名なシャトーでありワインのラフィット・ロートシルトは、エレガントで小ぶりでシンプルなラベルとともに、その名は富や格式、歴史、敬意、そして特筆に値する長寿の代名詞となっている。しかし、1975年以降は毎年最高級のラフィットを生み出しているものの、1961年から1974年までの成績は、一級シャトーとしては驚くほど凡庸。あの頃のラフィットをテイスティングしたワイン評論家たちがなぜもっと異を唱えなかったのか、謎である。  シャトーの公式発表は決まって「当時は軽くてエレガントなスタイルだったため、ブラインド・テイスティングでは、もっと大柄で逞しいワインに負けたのだ」なのだが、その事情があったのは認めるにしてもである。ラフィットの凡庸さは1971年、1970年、1966年、1961年、1949年、1945年といった優良なヴィンテージにおいて際立っていた。驚くほど色がなく、適度にドライで、オークの樽香が過剰で、異常に酸が強かったのである。それどころか、1974年、1971年、1969年などは、まったくの失敗作であるのに、ラフィットの名をつけて高値で出荷された。  こうした事態が生じた理由をロートシルト家が明かすことはあるまいが、1975年以降は成功するようになったのだから、1960年代から1970年代前半にかけての問題は次のようなものだろう。  第一は、オーナーの不在。当時オーナーはパリに住んでいたのでたまにしか監督にやって来なかったのだが、1975年以降は熱心でこだわりのあるエリック・ド・ロートシルトのおかげで確かにラフィットの運営陣は勤勉になった。  第二に、ラフィットのワインは樽熟成が長すぎた。昔は往々にして最低でも32~36ヶ月は熟成させていたのだが、現在では最長でも20~30ヶ月である。この変更のおかげでフルーティさや新鮮さが増したのは間違いない。  第三に、現在の醸造スタッフのほうが、意識的にブドウの収穫を遅らせ、より熟したブドウから、より酸の弱いワインをつくろうとしている。選別プロセスが以前よりも厳しくなったのは間違いない。1980年代後半の豊作年では毎回収穫の半分を除去していたし、1990年以降はなんと収穫の60%以上を除外することも珍しいことだはなくなった。除去したワインはバルク売りしたり、セカンド用に格下げしている。最後に、ラフィット・ロートシルトは、瓶詰めにかける期間が短くなってきている。根拠のない報告ではあったものの、以前から言われてきたように「ラフィットは瓶詰めにだらだらと8~12ヶ月もかけることが多い」というのが本当なら、許容範囲を超えるほどのボトル・バリエーションが生じていたことだろう。今日では、すでてのワインが2~3週間で瓶詰めされている。  一昔前までの経緯はさておき、ラフィット・ロートシルトはいまや心動かされるワインを生み出している。品質の変化が明確になったのは1975年だが、シャルル・シュヴァリエが招集された1990年代半ばにはその変化がさらに顕著なものとなった。1981年以降のラフィット・ロートシルトは、2001年、2000年、1999年、1998年、1997年、1996年、1995年、1990年、1988年、1987年、1986年、1983年、1982年、1981年のような年に、メドックで最良のワインを産してきたと言ってもよいかもしれない。 一般的な評価  ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーの最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしていることだけのことである。  ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格でけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 平均年間生産量:21万本 畑 面積:100ha 平均樹齢:45年 密植度:7500本 平均収量:48hl/ha 育て方:発酵とマセレーションはステンレスと木製のタンクで18~24日間。 熟成はオークの新樽で16~20ヶ月。清澄は行うが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2% 所有者:バロン・ド・ロートシルト(ラフィット) シャトーラフィットロートシルト 1980 Chateau Lafite Rothschild 1980 赤 ワイン 人気セール

シャトーラトゥールドモン 1988 マルゴークリュブルジョワ Chateau La Tour de Mons 1988 赤 ワイン 正規品,セール

非常に珍しいマルゴーのクリュ・ブルジョワ級!超お買い得マルゴー! 1615年からの歴史を誇るシャトーで、クリュ・ブルジョワの中で最も有名なものの一つです。樽のニュアンスと果実味のバランスがすばらしく、きめ細やかなやわらかさのあるワインです。熟したカシスや西洋杉・微妙なハーブ、新樽のアロマがあります。 マルゴーというより古典的なポイヤックの雰囲気があります。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区マルゴー・クリュ・ブルジョワ級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 65%/メルロー 30%/カベルネ・フラン 5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC マルゴー】【赤 フルボディ】【ボルドー 赤 辛口】【フランス  赤 辛口】【マルゴー 赤 辛口】【シャトー トゥール ド モン】【マルゴー クリュ ブルジョワ】【マルゴー 】【ツール ド モンス】【トゥール ド モンス】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口】【メドック 赤 辛口 】【マルゴー 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau La Tour de Mons シャトー・ラ・トゥール・ド・モン シャトーラトゥールドモン 1988 マルゴークリュブルジョワ Chateau La Tour de Mons 1988 赤 ワイン 正規品,セール

シャトームートンバロンヌフィリップ 1986 ポイヤックメドックグランクリュクラッセ格付第5級 Chateau Mouton Baronne Philippe 1986 赤 ワイン 驚きの破格値,格安

1933年当時は「ムートン・ダルマイヤック」とも言われており、故フィリップ・ド・ロートシルト男爵が、このシャトーを手に入れ、 1956年に「ムートン・バロン・フィリップ」に改称しました。同じポイヤックのメドック格付け5級シャトー【シャトー・クレール・ミロン】と共に、こちらも格付け1級の【シャトー・ムートン・ロートシルト】と同経営のシャトーです。 1975年には、翌年他界した男爵夫人の為に、「ムートン・バロンヌ・フィリップ」と改められ、1989年に再び「ダルマイヤック」の名称に戻るという歴史をもっています。 これまでに数回名前が変わっている為、“ムートン”、“クレール・ミロン”よりも知名度が低く、その分コストパフォーマンスに優れたワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を 致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区ポイヤック村・第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン56%、メルロー22%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド2%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】【AOC ポイヤック】【ポイヤック AOC】【シャトー ダルマイヤック】【メドック 格付】【ポイヤック 格付】【シャトー ムートン ロートシルト】【シャトー ダルマイヤック】【バロンヌ フィリピーヌ ド ロートシルト】【シャトー ダルマイヤック 】【シャトー ムートン ロートシルト 】【フランス 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【ポイヤック 赤 辛口 】【バロン フィリッピーヌ ド ロートシルト 】【メドック 格付 第5級 】【Baron Philippe de Rothschild 】【ポイヤック [1988] 】【ボルドー [1988] 】【メドック [1988] 】【バロンヌ フィリップ 】【バロン フィリップ 】【バロヌ フィリップ 】【ボルドー 古酒 】【メドック 古酒 】【ポイヤック 古酒 】【ボルドー 古酒 】【メドック 古酒 】【フランス [1988]年 】【ボルドー [1988]年 】【メドック格付 [1988]年 】【ポイヤック [1988]年 】【ボルドー [1988] 】【メドック [1988] 】【ポイヤック [1988] 】【ワインスペクテーター誌 】【ムートン バロンヌ フィリップ 】【シャトー ダルマイヤック】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】 Chateau Mouton Baronne Philippe(Chateau d'Armailhac) シャトー・ムートン・バロンヌ・フィリップ(シャトー・ダルマイヤック) ポイヤックではトップクラスの品質。優雅さで姉妹シャトーのクレール・ミロンを凌ぎ、力強さと肉付きで【ムートン・ロートシルト】に迫る。両者の大物シャトーの姉妹シャトー。」と絶賛!【シャトー・ムートン・ロートシルト】が所有する『小さなディオニュソス(お酒の神様)』 格付第一級[【シャトー・ムートン・ロートシルト】がシャトーの隣で造る、同じくシャトー・ムートン・ロートシルト経営の大人気メドック格付第5級!の懐かしいラベルと今はなき名前!その名も【シャトー・ムートン・バロンヌ・フィリップ(現ダルマイヤック)】の懐かしい昔のラベル!この[1988]年のムートン・バロンヌ・フィリップに、ワインスペクテーター誌88点の高評価!非常に貴重な格付ポイヤックの飲み頃古酒がワイン市場では非常に少なくなっています。もう、ワインファンにはたまりません! 近年大幅に品質がよくなり、昔より良好な凝縮感や濃厚さが見られるようになりました。 1989年までは一般的に健全で興奮させられるようなものではなかったのですが、1995年以降では一貫して優良から秀逸となっています。安定した仲間であるシャトー・ムートン・ロートシルトとシャトー・クレール・ミロンの陰になっているおかげでいまだにリーズナブルな価格で手に入れることができます。抜け目のないワイン通の方ならば、特に良好なヴィンテージのものは探し求めたいところです。第4級に格上げできるシャトーとされています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 ダルマイヤックは、故フィリップ・ロートシルト男爵がポイヤックに所有していた3つのシャトーのうちではいまだに最も知名度が低く、一般消費者には最もわかりづらいシャトーである。男爵がこのシャトーを手に入れた1933年当時は【ムートン・ダルマイヤック】と呼ばれていたが、1956年に【ムートン・バロン・フィリップ(Mouton Baronne Philippe)】と改称された、1975年にはこの翌年に他界した男爵夫人のためにムートン=バロンヌ=フィリップと改められた。1989年のヴィンテージからは再び【ダルマイヤック】という名称に戻っている。 畑の樹齢は印象的だが、ワインのほう比較的軽く、すぐに飲み頃になるし、複雑さや個性、寿命の点では2つの兄弟分にあっさり引き離されてしまう。もっとも、ワインの品質を向上させようとする風潮は昔から目についていた。1982年の品質は間違いなくヴィンテージ自体によるものだろう。本当に品質が向上し始めたのは上質な1985年からだが、それ以降、向上は続いているし、1990年代半ば以降は現実的な価格のついた秀逸なワインをたて続けに生産している。 一般的な評価 このシャトは近年大幅によくなり、昔より良好な凝縮感や濃厚さが見られるようになった。1989年までは一般的に健全だが興奮させられるようなものではなかったのだが、1995年以降では一貫して優良から秀逸となっているのだ。安定した仲間であるムートン・ロートシルトとクレール・ミロンの陰になっているおかげでいまだにリーズナブルな価格で手に入れることができる。抜け目のない消費者ならば、特に良好なヴィンテージのものは探し求めたいところだが、ご注意あれ。手遅れになるくらいなら早めに飲むことだ。四級に格上げできるシャトーである。 平均年間生産量:22万本 畑 面積:50ha 平均樹齢:47年 密植度:8500本 平均収量:45hl/ha 育て方:発酵は25℃に温度管理されたステンレス槽で15~20日間。熟成は新樽約35%で15~16ヶ月。 清澄と濾過については詳細不明。 葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニョン56%、メルロー22%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド2% シャトームートンバロンヌフィリップ 1986 ポイヤックメドックグランクリュクラッセ格付第5級 Chateau Mouton Baronne Philippe 1986 赤 ワイン 驚きの破格値,格安

シャトーオーブリオン 1997 プルミエグランクリュクラッセ格付第一級 グラーヴ Chateau Haut Brion 1997 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 超激得,豊富な

Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオンメドック格付け第一級!五大シャトーのなかで、 唯一グラーヴ地区から選ばれたオー・ブリオン。そして五大シャトーの中でも最もエレガントで他にない複雑なアロマで世界のワインファンを魅了するワインです。  五大シャトーの中で唯一グラーヴ地区から選ばれた【シャトー・オー・ブリオン】。ボディは厚く、タイトで、ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造りが特徴です。またメルロがカベルネ・ソーヴィニヨンより多くなるアッサンブラージュも独特のものです。  500年以上も続くオー・ブリオンの歴史のその最初の記録は、 イングランド王【チャールズ2世】のワインセラーの元帳で見つかり、1660年から1661年の間に、169本のオー・ブリオンが王の宮廷に収められていました。1935年にアメリカの有名な財界人【クラレンス・ディロン氏】が買い取り、現在は、そのディロン氏の熱い意思をルクセンブルグ大公国【ロベール皇太子殿下】が受け継いでいます。  ブドウの平均年齢は35年、最も古い区画では1930年代、1ヘクタールにつき平均8,000本の密度でブドウが植えられています。ボルドーで最初に発酵槽にステンレスタンクを用いたことでも分かるように、技術革新に積極的なシャトーとしても有名です。  収穫は手で行われ、区画ごとに同じ作業グループが取り扱い、チームが個々のブドウを熟知できるようにしています。オークの新樽100%(専用の樽作製場を所持している)で、ヴィンテージの持久力と力強さに応じて22〜26ヵ月間寝かせます。ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造り。  味わいの面では、年々様々な変遷を遂げてきました。1950年代から1960年代はじめにかけては現在と似たとびきりリッチで、土っぽく、甘いスタイル。1966年から1974年の間には、より軽く、穏やかな、いくらか単純なスタイルの赤ワインに変わってしまい、少し低迷を見せていましたが、1975年のヴィンテージからは、1966年以前に備わっていた土っぽい豊かさと凝縮感を取り戻し、まぎれもなく一級シャトーにふさわしいワインを現在まで造り続けています。  香りの面では、「オー・ブリオンの偉大なヴィンテージの右に出るものはない」 、と言われるほど香り高いワインとして有名です。特徴はスモーキーで、ミネラル、葉巻や甘いカシスを感じる香り。 「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」 (『ボルドー第4版』より)とロバート・パーカーも賞賛しています。  赤いベリーやブラックベリー、スモーキーなアロマ。カシスジャムのような濃縮感。トースト、ミネラル、鉛筆の芯、甘草、スパイス、ミルクチョコレートなど様々なニュアンスが感じられ複雑な印象。酸は控えめながら果実味のエキス分、グリセリンのレベル全ての要素において偉大で並はずれた品質を誇ります。味わい深い魅惑的なワインです。その豊潤で官能的な味わいにしばし酔いしれることでしょう。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / グラーヴ地区 ※赤ワイン:メドック地区・格付け第一級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グレーヴ 格付】 【格付 グラーヴ】 【オー ブリオン】 【オーブリオン】 【オー・ブリオン】 【オー・ブリヨン】 【オーブリヨン】 【オー ブリヨン】 【シャトー オー ブリオン】 【グラーヴ 格付】 【ロバート パーカー】 【ル クラスマン】 【シャトー オーブリオン】 【オー・ブリオン】【オー・ブリヨン】【オーブリオン】【クリュ クラッセ グラーヴ】【シャトー オー ブリオン】【ボルドー グラーヴ】【AOC Pessac- Leognan】 Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオン シャトー・オー・ブリオン プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 グラーヴ Chateau Haut-Brion 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac- Leognan グラーブ地区にありながら、例外的にメドック格付けで1級に選ばれたワイン!5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトー!現地、フランスで、5大シャトーの中で最も人気のあるシャトー!! 1855年のメドックの格付けで、当時からあまりにも有名だったために、例外的にグラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられた歴史的シャトーがオー・ブリオンです。それもそのはず、オー・ブリオンの名声は、当時すでにヨーロッパ全土に広まる勢いだったのです。  オー・ブリオンが誕生したのは1550年。その後、「滓引き」「ウイヤージュ(補酒)」といった手法を初めて取り入れるなど技術革命を起こし、イギリス市場に進出。1666年、ロンドンにオー・ブリオンを供する居酒屋ができると、このワインは大評判となりました。その後、オー・ブリオンは、ナポレオン戦争で敗れたフランスの救世主となります。国の崩壊という危機に追い込まれていたフランスの外相タレイランは、敗戦国の処遇を決める1814年の「ウィーン会議」で、連日連夜、各国代表に豪華な料理とオー・ブリオンを振る舞いました。  これによって各国代表も態度を軟化させ、フランスは敗戦国でありながら領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたのです。まさに“フランスの救世主”ともいえるオー・ブリオンの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土に広まっていきました。特例としてメドックの格付1級に加えられているのも当然のことなのですね。  オー・ブリオンは、5大シャトーの中で最も“エレガント”“香り高い”と評される一方で、“軽い”“外交的”とも言われていますが、決して軽いという訳ではありません。他の4つのメドックのワインに比べると、メルローの比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和のとれた、とても親しみやすいワインなのです。 それに加えて、優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増し、30年の熟成にも耐えることから、5大シャトーで“最も飲み頃の期間が長い”とも言われています。  類まれな豊かな香りとともに、タンニンの殻に邪魔されることなく、複雑でエレガントな風味と、まろやかでたっぷりとした旨味を楽しめることができる、極上の美酒オー・ブリオン。その味わいに触れてみると、多くの者の心を動かし、歴史さえも変えてきた理由がお分かりいただけることでしょう。かつてフランスという国をも救ったオー・ブリオンは、今でも社交の場で最高の働きをしてくれる、とっておきの1本なのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ペサック郊外の活気ある商業地区にあるオー=ブリオンは、米国人が所有する唯一の第一級シャトー。ディロン一族がオー=ブリオンを1935年に購入した際、シャトーは非常に貧弱な状態で、シャトーとセラーに多額の資金を投入した。現在は、この美しい場所は、グラーブの模範的なシャトーになった。  オー=ブリオンのワイン造りは、明敏でハンサムなジャン・デルマ(ワインの世界における最も才能のある管理者の一人)が管理。オー=ブリオンはまた、ボルドー・ワインにしては長期間(最長30ヶ月)新樽で熟成させるところで、ポムロルのクリネと並んで、ワインを瓶詰めする時期が最も遅いシャトーの1つ。  オー・ブリオンのワインのスタイルは変化を遂げた。1950年代から1960年代初めにかけての、とびきり豊かで、土の香りのする、甘くさえあるワインは、1966年から1974年の間には、より軽く、やせて、気軽に飲める、いくらか単純なスタイルのクラレットに変り、第一級シャトーに期待する豊かさと深みを欠いていた。これが意図的なものなのか、あるいは単に少し低迷していただけなのか、いまだに答えは見つからない。オー=ブリオンのスタッフたちは短気であり、このような批判に対しては敏感である。1975年のヴィンテージからは再び、1966年以前には備わっていた、本来の土っぽい豊かさと凝縮味を取り戻した。今日、オー=ブリオンはまぎれもなく第一級シャトーの地位にふさわしいワインを造っている。  偶然の一致か分からないが、オー=ブリオンの質が1966年から1974年という時代を経て回復し始めたのは、ダグラス・ディオンの娘であるジョアンがこの会社の代表取締役となった1975年のことであった。最初の夫であるルクセンブルクのシャルル皇太子が亡くなった後、彼女は1978年にムシイ公爵と再婚した。これと同じくして、バーン=オー=ブリオンへまわされるブドウの量が増やされ、それにより、オー=ブリオンの品質が改善されたのは疑問の余地がない。更に、ジャン・デルマに対し、このシャトーを運営する全権限が与えられた。ボルドー全ての人々が認めるだろうが、彼はフランスにおける最も才能のある、また知識豊かなワインの造り手であり、管理者の一人なのである。クローン選別についての、最新技術を集結しての驚異的な研究では、フランスでは彼の右に出る者はいない。1980年代に収穫が豊かになると、デルマは、ポムロルのシャトー・ペトリュスのクリスティアン・ムエックスと同様に、ブドウの房を切り取ることで収穫制限したのであった。この方法により優れた凝縮味と驚異的な質を備えた1989年ものが生まれたことは間違いない。このワインは、初期の段階では1959年と1961年もの以来、最も賞賛に値するオー=ブリオンであると思われる。  ブラインド・テイスティングにおいて、オー=ブリオンが、第一級シャトーのなかでは最も外交的で軽いワイン、という印象をしばしば与えるという事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよく、よりタンニンの多いメドックのワインや、よりシフトでメルロが支配的な、右岸でつくられたワインとは異なっているというだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、ほかのいかなる第一級シャトーのワインよりも飲み頃である期間が長い。  1978年以来、オー=ブリオンの質的レベルが向上するに伴って、セカンド・ラベルであるバアン=オー=ブリオンの質も向上した。これはいまやボルドーで最高のセカンド・ワインのひとつであり、いくつかのヴィンテージでこれを凌いだことのあるセカンド・ワインといえば、名高いシャトー・ラトゥールのレ・フォール・ドゥ・ラトゥールくらいのものである。  オー=ブリオンで造られる白ワインは依然として、グラーヴ地方で最高のワインであると評価されている。しかし、生産量が非常にわずかなため、所有者の要請で格付けされたことがない。とはいえ、驚異的なモンラッシェのようにふくよかな舌触りのある白のグラーヴづくりを追求するジャン・デルマの指導のもと、この白ワインはまったく力強いものとなっている。1994年、1989年および1985年といった最近のヴィンテージなどは、まったく驚くほどの出来栄えを示している。  私の個人的な感想を付け加えておくと、30年以上にわたって集中的にできるだけ多くのボルドー・ワインを試飲した結果、自分の試飲に生じた唯一の全般的な変化というのは、私がオー=ブリオンに対して、ますます深い愛情を抱くようになったということである。このワインに備わった、燻したような、ミネラル、葉巻の箱、甘いブラックカラントの特性は、私が年齢を重ねるにつれ、またジャン・デルマならきっとそう私に言うであろうが、私がより賢くなるにつれ、いっそう魅力的に感じられる。 <赤> 平均年間生産量:14.000~18.000ケース 畑 面積:43ha 平均樹齢:36年 密植度:8.000本 育て方:収穫は手作業。発酵は温度調節された225hl入りのステンレス鋼の発酵槽で行われる。 マストの温度によって、コンピューター制御でポンピング・オーバーし、温度調節する。 平均温度は30℃。熟成は新しいオーク樽で22ヶ月間。新鮮な卵白で清澄処理される。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18% <白> 平均年間生産量:7.800本 セカンド:5.000本 畑 面積:2.7ha 平均樹齢:36年 植樹密度:8.000本 平均収量:35hl/h 育成:発酵と13~16ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:セミヨン63%、ソーヴィニョン・ブラン37% シャトーオーブリオン 1997 プルミエグランクリュクラッセ格付第一級 グラーヴ Chateau Haut Brion 1997 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 超激得,豊富な

シャトーモンローズ 2004 メドック格付第2級 AOCサンテステフ Chateau Montrose 2004 赤 ワイン HOT,お得

Chateau Montrose シャトー・モンローズ「サンテステフのラトゥール」通好みの力強さを秘めたワイン。ボルドー格付け2級の由緒あるシャトー。格付け二級シャトーの中でも特に素晴らしい品質を持つワイン【スーパーセカンド】。同じ村のコス・デストゥルネルと常にライバルの関係にいるのが、この【シャトー・モンローズ】。 モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつ。セラーに関してはこのコミューンで最も欠点がなく、清潔で素晴らしい管理がなされています。  モンローズと言えば、凝縮感たっぷりで濃密、非常にタンニックなワインです。鉄のようなハードなカバーの中に様々な要素が閉じ込められ、一見して近づき難く、難解さがあります。しかし、ゆっくりゆっくりと開かせていくと、驚くほどエレガントで奥ゆかしさのある圧倒的な魅力を持っています。この辺りが「通好みのワイン」 と呼ばれる由縁ではないでしょうか。  そんなモンローズですが、1970年代後半から1980年代前半の間に関してはそのスタイルを明らかに軽くした時期がありました。しかし、モンローズのファンはこの新しいスタイルを良く思っていませんでした。そこで1986年以降、モンローズは、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りしたのです。モンローズのワインが特に力強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在までです。この期間に造られたものは、メドックの中でも最上のワインの中に数えられます。  最近モンローズではオーナーの交代がありました。ペトリュスの【クリスチャン・ムエックス氏】も一部シェアを保有している模様です。そしてワインメイキングはオー・ブリオンを引退したあの【ジャン・ベルナール・デルマス氏】が行う、という衝撃的な展開です。メドック格付1級への昇格をも視野に入れた最強のメンバー。今も尚、どんどん成長し続けているスーパーセカンド!今後値上がりが最も心配されるワインの一つです。  濃いルビー色の色合いで、シャトー・モンローズらしい芳ばしい西洋杉とプラムリキュールのアロマ。ブラックベリーやブルーベリーのような黒系果実の甘いニュアンスと、花、スギ、ココア、甘草、トリュフ、皮革、紅茶や樽のアロマ。何層にも重なった甘い果実味があり、酸は弱めですが、熟成によって丸くなった中程度のタンニンがバランスを保っています。余韻まで素晴らしいバランスを保っています。時間の経過と共に厚みや複雑さが増しており、魅惑的な味わい深いフルボディ辛口赤ワインは、サン・テステフファンを納得させてくれます。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック / メドック格付第2級 / ●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10%  ●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC サンテステフ 格付】 【フランス ボルドー メドック 格付】 【シャトー モンローズ】 【ジャン ルイ シャルモリュ】 【フランス 】 【ボルドー  】 【メドック 】【メドック 格付  】 【サンテステフ 格付 】 【マルタン ブイグ家 】 【サンテステフ 】【シャトー モンローズ 】【フランス 赤 辛口 】【メドック グラン クリュ クラッセ 】【メドック格付】【ジャン ルイ シャルモリュ 】 【サンテステフ格付 】【】 Chateau Montrose シャトー・モンローズ Chateau Montrose メドック格付第2級 AOCサンテステフ シャトー・モンローズ AOC Saint-Estephe Grand Cru Classe 「サンテステフのラトゥール」とも呼ばれる力強さを秘めたワイン!ボルドーの格付け2級サン・テステフ村の由緒あるシャトー『シャトー.モンローズ』。 同じ村で同格付けの『シャトー・コス・デストゥールネル』の良きライバル。ロバート・パーカー氏は満点★★★★★5ッ星生産者「モンローズはサンテステフで最も信頼できる格付シャトーであろう。最近のヴィンテージはいちばんのライバルであるコス・デス・トゥルネルとカロン・セギュールをしのいでいる。カロン・セギュールの品質が向上しているにもかかわらずだ。」と高評価! メドックの主要地区で最北部にあるサンテステフの中で、常に最上のワインを造ってきているのがシャトー・モンローズです。かつて、その土地がヒースに覆われた荒野だった頃、開花すると一面が薔薇色に染まったことから、モン(山)ローズ(薔薇)と名付けられました。  畑は、眼下にジロンド川が見渡せる高台にあり、寒い時期にも川の反射熱により暖かく保たれるため、春先の霜の害も受けにくくなっています。また、砂利の下に石灰を多く含む粘土層があるという特殊な土壌も、上質のメルローを生み出すことに一役買っているのです。このため、メドック地区よりも右岸のワインが高く評価されるような年であっても、シャトー・モンローズは高く評価されることが多いのです。   ワイン造りに関しては、いたって伝統的な手法を守っています。流行の手法など「試したこともない」といいます。立地条件と土壌の良さを信頼している証拠だと言えます。 【シャトー・ラトゥール】と並んで、“最も晩熟なワインの一つ”とされていましたが、1970年代後半から、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を減らして、メルローを増やし、従来よりも軽いスタイルへと変えていきました。しかし、1986年以降は、再びモンローズらしい力強いスタイルに戻し、まさに“超大作”とも言われるワインを生み出してきています。  年によっては、1級シャトーと同格、もしくはそれを超える評価をされ、50年の熟成にも耐えるモンローズのワイン。是非、オールド・ヴィンテージのワインでその実力を確かめてみてください。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。モンローズといえば、長年、安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。たとえば1982年に、かつてのボルドーのCIVBの会長ジャン・ポール・ジョフレが、私にブラインド・テイスティングで年代を当てろと言って1908年もののモンローズを注いでくれたことがある。そのワインは十分に生き続けていて、少なくとも30年は若く感じられたものだ。  シャトーの所有者、物腰の柔らかなジャン=ルイ・シャルモリュは、濃密で耐えがたいほどタンニンの強いワインはもはや消費者に好まれないと見て、モンローズのスタイルを明らかに軽くしたことがあった。スタイルの変化は1970年代後半と1980年代前半に特に顕著で、カベルネ・ソーヴィニョンやプティ・ヴェルドの代わりにメルローが多くブレンドされるようになったのである。しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しなかった。そこで1986年以降、モンローズは、1975年以前のヴィンテージを思わせる、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りした。  モンローズの1989年と1990年のヴィンテージからは、確かに、1961年以降見られなかった本当に飛び上がるようなワインが生み出された。モンローズの最も偉大なヴィンテージ、1953年、1955年、1959年、1961年、1964年、1970年を味わう喜びを知ったら、誰でも、モンローズが「サンテステフのラトゥール」の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認めることだろう。モンローズのワインが特に強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在まで。この期間につくられたワインは、普通メドック北部で生産される最上のワインの中に数えられる。  サン・テステフを訪れると、ジロンド河を望む壮大な景観に恵まれた高台に、モンローズの質素なシャトーがある。1986年以降シャルモリュ家の所有となったこのシャトーは、ぜひ訪れてみるべき場所である。古い巨大な開放型のオークの発酵槽と人目をひく新樽セラーを備えたすばらしい発酵所(キュヴェリー)がある。また、隣人の多くと同様、シャトー・モンローズには新しい、最先端の試飲室とレセプション・エリアもある。 平均年間生産量:34万本 畑 面積:68ha 平均樹齢:33年 密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):45hl/ha 育て方:ブドウは手摘み。醸造法は伝統的なもの。発酵は21~25日間。木の発酵槽とステンレス鋼の発酵槽を生み合わせて使用。最高温度は30~32℃。 できる限りの色とタンニンを抽出するため、もろみの循環作業(ルモンタージュ)は頻繁に行われている。 熟成はオーク樽で19ヵ月間。新樽は35%。卵白で清澄処理され、澱引きは6回。瓶詰め前の濾過処理はない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10% シャトーモンローズ 2004 メドック格付第2級 AOCサンテステフ Chateau Montrose 2004 赤 ワイン HOT,お得

シャトープティヴィラージュ 1993 AOCポムロール Chateau Petit Village 1993 AOC Pomerol 赤 ワイン 100%新品,定番

Chateau Petit Village  シャトー・プティ・ヴィラージュ高級ポムロールの典型的スタイルが味わえる1本!隣がシャトー・コンセイヤントとヴィユー・シャトー・セルタンという好立地! 【蘇ったトップクラスの地所。プラムのフレーバーのある、力のあるワイン。】【最上位の地所だが、さらに上を目指している。】 ヒュー・ジョンソン氏も★★★(トリプルスター)をつける程の実力派! 【そのテロワールとブドウ品種のブレンド比率によって、隣接するレヴァンジルやヴィユー・シャトー・セルタンよりもしなやかで果実味の豊かなワインが造られています。】 厳しい評価で知られる『ル・クラスマン』も高評価しています。  シャトー・プティ・ヴィラージュは、ピション・バロンと同じく、アクサミレジム社が所有するシャトー。特筆すべきは素晴らしい立地条件!北はヴィユー・シャトー・セルタンとセルタン・ド・メイに接し、東はラ・コンセイヤントに接しています。  畑は砂利が多く、また、鉄分に富んだ底土には粘土が混在。メルロの比率が高いので、メルロが十分な熟成に達し、収量が適正である年には、豊かで官能的なワインができるシャトーです。 ブドウはメルロを主体に、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド。メルロとカベルネ・フランは複雑な香りと長く繊細なフィニッシュをもたらし、カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドすることにより熟成に適した深みや骨格が増します。  やわらかい、セクシーな、クリーミーな舌触りをしたワインで、濃いルビー/紫色をしており、大柄な、甘いノーズからはファッジ、モカ、ブラックベリー、チェリーが感じられます。ブドウの完熟感があり、みずみずしく、享楽的で、酸が弱い。若いうちからゴージャスな飲み心地を感じさせてくれます。かなり楽しませてくれる味であることは間違いありません! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ポムロール地区●ブドウ品種メルロ65%、カベルネ・ソーヴィニヨン18%、カベルネ・フラン17%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC ポムロール】【アクサ保険】【高級ポムロール】【ロングヴィル】【ポムロル AOC】【ポムロール AOC】【シャトー プティ ヴィラージュ】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【ポムロール 赤 辛口 】【AOC ポムロール 】【プティ ヴィラージュ 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Petit Village  シャトー・プティ・ヴィラージュ Chateau Petit Village AOC Pomerol シャトー・プティ・ヴィラージュ AOCポムロール 北にはシャトー・コンセイヤントとヴィユー・シャトー・セルタン!南にシャトー・ボールガールに隣接という好立地!アクサ保険(ピション・ロングヴィル他 同経営)買収後、ステファン・ドゥルノンクールをコンサルタントに迎え、人気も価格も急上昇!  ドルドーニュ川左岸のリブルヌ台地に位置するポムロール地区は800ヘクタールの栽培面積しかなく、ほとんどのシャトーが小規模な経営となっています。  シャトー・プティ・ヴィラージュも11haあまりの規模に対しては知名度が高く、メドックのグラン・ヴァンに匹敵する名声を得ています。平均樹齢が35年のメルローが作付けの80%を超え、カベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランがそれぞれ10%ほど栽培されています。  小石交じりの粘土質の土壌が膨らみのあるテイストのワインが生まれ、ボリューム感あふれる味わいは典型的なポムロールのスタイルです。 シャトープティヴィラージュ 1993 AOCポムロール Chateau Petit Village 1993 AOC Pomerol 赤 ワイン 100%新品,定番

シャトーベイシュヴェル 1981 メドック格付第4級 AOCサンジュリアン Chateau Beychevelle 1981 AOC Saint Julien 赤 ワイン セール,本物保証

Chateau Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル いつ飲んでも美味しい、期待を裏切らないシャトー!しっかりとした構造ながら、バランス取れたリッチな味わい!!メドックのヴェルサイユ」と呼ばれるボルドーで最も美しいシャトー。格付け2級に匹敵する、サンジュリアンの魅力を最大限に引き出した長期熟成にすることにより壮大なスケールとなる1本。 中世にこの河を行き来する船乗り達が、この地の領主だったフランス海軍提督に敬意を表すため、「ベッセ・ヴワール」(帆を下げろ)と、叫んでいたのがシャトー名の由来です。現在は【メドックの小さなヴェルサイユ】 と呼ばれるほど美しいシャトーとして知られています。 1855年の格付け当初は、フランス革命などの混乱から品質が低迷、四級に甘んじてしまいました。しかし現在、その品質はしばしばサン・ジュリアンのトップと肩を並べられるほどに回復し、【格付けニ級に匹敵する】 とも言われています。 ベイシュヴェルは2005年より、自然環境に配慮した栽培と醸造を目指している団体、【Terra Vitis(テラ・ヴィティス)】の適合証明書と、【AGRICULTURE RAISONNEE(減農薬農法)】としての資格を取得しています。 有機的な栽培方法にこだわり、環境にも身体にも優しいワインを製造しています。  そのような方法で造られるワインは、優雅さとフィネスを保ち、引き締まったボディが特徴。カベルネの比率が高く、長期熟成型のどっしりとしたワインが多いメドックでは、ベイシュヴェルの存在は特殊なのかもしれません。理由としてはメルロの比率を高くし、早くから飲める親しみやすいスタイルを目指しているからです。ベイシュヴェルの、いつ飲んでも美味しいエレガントなスタイルは、有名レストラン・ホテル業界からも厚い信頼 を得ています! フランボワーズやチェリーを思わせる赤系果実、熟したカシスやブラックベリーのアロマにタバコや杉のニュアンス。熟したブラックカラントやプラムの芳醇な果実味が魅力的です。タンニンは熟成を経て柔和になり、ビロードのように滑らかな口当たりで、非常に滑らか。凝縮した果実味も魅力的です。きれいな酸とのバランスが絶妙。飲み疲れしない印象の仕上がりです。 熟成を経てもなお、ベイシュヴェルならではの気品に溢れた1本です。上品な味わいを是非この機会にお楽しみください。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / メドック地区 / サンジュリアン村・メドック格付第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド4% ●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス 辛口 赤】 【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン 格付】 【シャトー ヴェイシュヴィル】 【シャトー ベイシュヴィル】 【ヴェイシュヴェル】 【ベイシュベル】 【メドック サンジュリアン 格付】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル Chateau Beychevelle AOC Saint Julien シャトー・ベイシュヴェル メドック格付第4級 AOCサン・ジュリアン 格付は4級ながら、その品質と名声は2級に匹敵すると言われる!!ボルドーで最も美しい城としても有名なベイシュヴィルは別名「メドックの小さなヴェルサイユ」! エチケットの船の如く前進し続けるシャトー!サンジュリアンにある格付け4級のシャトー【シャトー・ベイシュヴェル】!  歴史  【シャトー・ベイシュヴェル】は、3世紀にわたって続いています。クラシックでエレガントなシャトーの建物は、メドックの中でも指折の美しいシャトーとして知られており 、シャトーの誕生以来、数々の有力な政治家や文化人を魅了してきました。アンリ三世の時代、ベイシュヴェルはエペルノン公爵の領地でした。海軍大将で、グイエンヌを統治していた【ジャン・ルイ・ノガレ・ド・ラ・ヴァレット】が所有していた時代、彼は大変な有力者であったため、シャトーの前を船が通るときには、忠誠を示すべく帆を下げていました。【ベイシュヴェル】という名前は「帆を下げる」という言葉に由来 します。  また、シャトーのマークには、船首にワインの神ディオニュソスを守るギリシャ神話のグリフォンを掲げた船が描かれている。シャトーは17世紀に建てられ、1757年にブラシエ侯爵により改築。19世紀の終わりにエン家により増築された後、近年になってその華麗な姿が修復されました。   このシャトーは、【メドックの小さなヴェルサイユ】 とさえ呼ばれるほど、非常に美しいシャトーが存在していることでも有名ですが、ラベルにはそれとは全く関係なく、ちょっと珍しい【帆を半分下げた船】が描かれています。これは、16世紀、この城はフランスの海軍提督のエペルノン公爵の城館だったため、ジロンド川を通る船乗りたちが、この城の前を通ると【ベッセ・ヴォワール!(帆を下げよ!】と叫び、提督への敬意を表したことが由来しています。シャトー名のベイシュヴェルも、この言葉が訛ったものだそうです。   ベイシュヴェルでは17世紀中頃からワイン造りが行われていました。ブラシエ侯爵所有の時代頭角を現しますが、2代目がフランス革命により追放されて一時名声にかげりが見えました。1855年の格付けの際には4級という低い評価に甘んじてしまいました。しかし、パリの銀行家アルマン・アイン氏の所有に移り急速に復興します。以前にも増して高い評価を得るまでに品質は回復しています。現在では、彼の孫が亡くなった後、所有権が保険会社GMFグループに移り、1989年GMFとサントリーの共同出資会社グラン・ミレジム・ド・フランス社の経営となりました。日本人のワイン愛好家の間でも馴染み深いシャトー となりました。有機的な農法を積極的に取り入れるなどして、優雅さとフィネスを保ち、引き締まったボディが特徴的なワインを生み出してきています。  栽培と醸造  シャトー・ベイシュヴェルは所有面積250ha中、90haでブドウ栽培を行っています。メドックの中心地に位置し、深い礫層に覆われた土壌はベイシュヴェルから北に向かってラトゥールの畑まで続いている、カベルネ種の栽培に向いた土地です。平均樹齢は25年、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドを栽培しています。減農薬法を行い、環境と人に配慮したブドウ栽培を実施、2005年には「Terra Vitis」の認証 を得ています。また、2002年にはHACCP(食品製造における安全管理の手法)も導入、環境や安全に配慮しながら、伝統的な製法でワイン造り が行われています。  ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーを訪れる観光客がシャトー・ベイシュヴェルを見逃すことはあり得ないだろう。なぜなら、ここは、サン=ジュリアン村を目指して北へ向かう県道2号線で最初にぶつかる主だったシャトーだからである。道路に面した花の美しい庭は、速度を上げて疾走するドライバーたちの足を止め、彼らのカメラの格好の被写体となるのである。  ベイシュヴェルのワインは必ずしも一貫しないのだが、素晴らしいものを生み出すことが出来そうだ。1960年代と1970年代は、ヴィンテージごとの品質が問題であった。また、1974年、1987年、1992年、1993年といったワインにとって凡庸な年には、ここのワインにも失望させられたし、偉大な年(1990年)に凡庸な出来だったこともある。最良の年であっても、ベイシュヴェルは目立ってなめらかであり、しなやかで、若いうちから飲むことができた。こうしたことが、潔癖な人や、伝統を重んじる人々に不必要な懸念を抱かせたと思われる。最近の優れたベイシュヴェルのヴィンテージは、10年の年月を経る前に十分に熟成しているのだが、15年かそれ以上熟成させることが必要不可欠のようである。しかしながら総じて、ここのワインは数十年も熟成させる必要はない。  1980年代の初め、所有者たちは、ベイシュヴェルの非常になめらかな味わいは、イギリス人たちが言うように「長生きしない」ことに気づき始めた。そこで1982年以来、よりしっかりした、より筋肉質のカベルネ・ソーヴィニョンを混ぜることや、余韻の長さを増す最も重要なキュヴェゾン期間、新しいオーク樽を増量して使うこと、またセカンド・ラベルのより軽いワインの導入など、次々と新しい方針を打ち出した。これらの技術はベイシュヴェルの品質を高め、1982年、1986年と1989年にこうした努力への評価を得た。1960年代と1970年代につくられた軽くて、しなやかで、エレガントで、早熟なスタイルのワインは、1982年以後、より堅実で、より濃厚なサン=ジュリアンへと移行したが、このワインの持つ目立ったスタイルや魅力、繊細さが損なわれることはなかった。  ベイシュヴェルはサン=ジュリアンの最も値段の高いワインの仲間ではなく、レオヴィル=ラス・カーズやデュクリュ=ボーカイユーよりはるかに安い値段で販売されている。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:90ha(このうちサン=ジュリアンのアペラシオンを名乗るのは78ha) 平均樹齢:25年  密植度:8300~1万本/ha  平均産出量(過去5年間):55hl/ha  育て方:ブドウは手摘みで、厳しく選別された後、完全に除梗。発酵は28~30℃に保たれた65hlの発酵槽(ステンレス鋼とセメント)で21~24日間。 プレス・ワインは別に保管される。12月のアサンブラージュの後、オーク樽に移される。新樽は55~60%で期間は16~18ヵ月。 瓶詰めの前に清澄処理がされるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド4% シャトーベイシュヴェル 1981 メドック格付第4級 AOCサンジュリアン Chateau Beychevelle 1981 AOC Saint Julien 赤 ワイン セール,本物保証

パヴィヨンブランデュシャトーマルゴー 2010 Pavillon Blanc du Chateau Margaux 2010 白 ワイン 人気,新作

シャトー・マルゴー Chateau Margaux非常に稀少な【シャトー・マルゴー】のセカンドラベル、パヴィヨン・ルージュよりも数倍入手困難なブランです。ソーヴィニヨン・ブラン100%で造られるリッチな味わいのボルドー白ワイン!!  赤のシャトー・マルゴーの約5分の1しか生産されない貴重なマルゴーの白ワイン、それが【パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー】です。 19世紀にソーヴィニヨンの白ワインとして販売され、1920年からは【パヴィヨン・ブラン・ドゥ・シャトー・マルゴー】として存在する、大変歴史のあるワインです。 わずか12ヘクタールの畑には、ソーヴィニヨン・ブランのみが植えられています。壮大なマルゴーのシャトーから、数百メートル上った所にある「シャトー・アベル・ローラン」という小さな建物で造られ、長期熟成のポテンシャルはメドック産白ワインのなかではトップクラス!メドックの最高峰の白ワイン というして、ファンを魅了し続けています。  繊細さ、複雑さ、豊かさと味や香りが長続きするという特徴は、100%ソーヴィニヨンで造られたワイン としては突出しています。通常のテイスティングでは、赤ワインより白ワインが先となりますが、マルゴーのテイスティングではパヴィヨン・ブランが一番最後になります。そのくらいリッチであり、先にテイスティングすると後の赤ワインがわからなくなるからだそうです。通常で20年から25年、良い年には30年もの間、熟成 すると言われています。  パヴィヨン・ブランは、レモンやシトラスのアロマという印象がありますが、驚くことに10年ほど寝かせた後に、新しいブーケが出てくるそうです!是非とも試してみたいものですね! 青リンゴやパイナップルを思わせるフルーティーで華やかな香り。口当たりは柔らかく、アルコールと酸味のバランスが絶妙でリッチな味わいになっております。  *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 / マルゴー村  / メドック格付け 第1級●ブドウ品種ソーヴィニヨンブラン100%●タイプ白・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【ボルドー 白 辛口】【シャトー マルゴー】【シャトー パヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴー】【メンツェロブーロス家】【マルゴー 白ワイン】【パヴィヨン 白】【フランス 辛口 白】【マルゴー 辛口 白】【パヴィヨン ブラン 】【ソーヴィニヨン ブラン 100% 】【ボルドー 白  】【メドック 白 】【パヴィヨン ブラン 】【パヴィヨン マルゴー 】【シャトー マルゴー 白 辛口】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・マルゴー Chateau Margaux シャトー・マルゴー AOCマルゴー / メドック格付第1級 Chateau Margaux / AOC Margaux ボルドー最高峰!至高の芸術作品!『最も高貴なるワインの女王 壮麗なシャトーと偉大な歴史』!五大シャトーのなかでもエレガントで女性的と評されるのがシャトー・マルゴー。1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワインです。 ボルドー・メドック地区のワインを『フランスワインの女王』と呼ぶとするならシャトー・マルゴーは女王たちの中でも、最も芳醇で最も優美なワインだと言えます。 長い瓶熟を経て花開くシャトー・マルゴーの華麗さと、たおやかさ、そしてデリカシーはまさに比類のないもので、1855年のメドック公式格付けでグラン・クリュ第1級に選定されたのも当然のことだったと言えます。  歴史に名を残す愛好家も多く、ルイ15世の寵姫マダム・デュ・バリや、意外なところではマルクス主義で知られるエンゲルスが「あなたにとって幸福とは?」と聞かれ【シャトー・マルゴー 1848年】と答えたというエピソードも伝わっています。文豪ヘミングウェイもこのワインに魅了された一人で、生まれたばかりの孫娘に「このワインのように女性らしく魅力的に育つように…」という願いをこめて『マーゴ』という名前を贈り、この子がのちに映画女優になったことも有名です。 最高の土地と、人々の情熱が生んだ【至高の芸術品】  マルゴー村は、ボルドー市からワイン街道をメドック地区に向かう時、最初に出会う傑出したワイン銘醸村です。この道の先に現れてくるサンジュリアン村やポーイヤック村、サンテステーフ村と比べても、砂礫層が特に厚く、繊細で非常に香り高いワインを生み出すことで知られています。シャトー・マルゴーは総面積262ha、栽培面積90ha(うち白12ha)で、シャトーの周辺の土地は小高い丘になっており、丘の上の砂礫土壌と丘を下るにつれて現れてくる石灰混じりの粘土質土壌が複雑に混じり合い、葡萄の品質に多彩な個性を与え、これが出来上がったワインにニュアンスに富んだ厚みをもたらしています。  現在、シャトー・マルゴーでは砂礫質の土壌にカベルネ・ソーヴィニヨン種(75%)やプティ・ヴェルド種を、粘土質が多めの土壌にはメルロ種(20%)を、中間的な土壌にはカベルネ・フラン種(プティ・ヴェルドとあわせて5%)を植え付け、土壌の長所を最大限に引き出すように努めています。しかし、いかに土壌や気候条件が恵まれていようとも、それだけで卓越した品質のワインを生み出すことはできません。そこには何世代にもわたる人々の惜しみない情熱が不可欠なのです。  シャトー マルゴーは、すでに16世紀にその素晴らしい自然環境により高い名声を獲得し、以来今日に至るまで所有者たちの惜しみない愛情が注がれ続けてきました。今日の高い品質は、数世紀にわたってこのシャトーを生きがいとし、働いてきた幾多の人々の情熱の賜物に他ならないのです。 メドックの伝統に戻る  1977年、シャトー・マルゴーは、長い歴史の中でも特に優秀な所有者の手にわたりました。当時、シャトー・マルゴーはオーナーのジネステ家が熱意を失ったため名声に翳りを兆しつつありましたが、この新しい所有者メンゼロプロス家はメドック始まって以来の莫大な資財を投入し、畑から醸造・貯蔵設備、そしてシャトーに至までの徹底的な改造を行いました。 しかもその改造は、基本的にメドックの伝統に帰る方向に進められ、科学はあくまでも伝統の長所を伸ばす方向でのみ導入されました。例えば畑での作業は手仕事の部分が一層増え、肥料は農場内で飼われている牛のたい肥を使用。醸造槽は主として木桶を用い、貯蔵には100%新樽を使用するなど、伝統的なワインづくりが理想としていたものをすべて実現したのです、この結果、1978年以降のシャトー・マルゴーは再び一気にメドックワインのトップに返り咲きました。  これらの改造計画を指導した人物こそ、のちにサントリーがシャトー・ラグランジュの改修を行った際の恩人ともなる元ボルドー大学ワイン醸造研究所長エミール・ペイノー博士だったのです。いわばシャトー・ラグランジュは、シャトー・マルゴーと同じ思想、同じ理想のもとに限りなく品質向上の努力を続けている後輩にあたるのです。こうして両シャトー間の友情は日増しに深まりつつあります。 セカンドラベル パヴィヨン・ルージュ・ド・シャトー・マルゴー ファーストは高価で手が届かなくても、セカンドならという方も多く、 近年人気のセカンドラベル。 こちらはかの有名なシャトー・マルゴーが作るセカンドラベルです。セカンドラベルとは、同じ生産者によりファーストラベル(シャトー・マルゴー)と 同じように作られたワインですが、樹齢の若い樹から収穫された葡萄や、収穫・醸造過程においてファーストラベルとしての厳しい選定基準から外れた二次選抜されたものなどで作られたワインです。 最も有名と言っても過言ではない、世界にその名を轟かせる シャトー・マルゴーですが、セカンドラベル「パヴィヨン・ルージュ」もその名に恥じない素晴らしいクオリティーです。 パヴィヨン・ブラン・ド・シャトー・マルゴー マルゴーは赤ワインだけでなく、辛口の白ワインも造っています。パヴィヨン・ブラン・ド・シャトー・マルゴーは、ソーヴィニヨン・ブランだけを植えた12haの畑から生産されています。オーク樽で発酵後⒑ヶ月の熟成を経てリリースされ、キレがよくフルーティで、ハーブとオークの香りが非常にバランスの良い逸品です。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  1960年代と1970年代凡作の続く悲惨な時期にピエールとベルナール・ジネステの不十分な財政管理(国際的な石油危機や1973年と1974年のワイン市場の暴落がその原因である)のもとで生産されたワインは、豊かさや凝縮感、個性に欠けるものがあまりにも多すぎた。その後、1977年にマルゴーはアンドレとラウラ・メンツェロプロス夫妻に売却され、ただちに葡萄畑やワインの醸造設備に惜しみなく大金が投入された。エミール・ペイノーがワイン醸造を監督するコンサルタントとして迎えられた。そうした経済的、精神的な肩入れがマルゴーのワインに反映されるのは数年先のことになるかもしれないと思われたが、マルゴーの底なしの偉大さを世界に見つけるには、1978年のヴィンテージ1つで十分だった。  残念なことにアンドレ・メンツェロプロスは、苦闘していた第一級シャトーが驚くべきエレガンスと豊かさと複雑さを備えた、輝かしく一貫性のあるワインに変貌するのを見届ける前にこの世を去った。エレガントなラウラ夫人、そして近年は世事に通じたやり手の娘、コリンヌがここを取り仕切っている。この2人は少なからぬ才能の持ち主たちに取り巻かれているが、なかでもポール・ポンタイエの存在は光っている。1978年のマルゴーはすぐに評判を勝ち取り、その後もきら星のごときワインを次々に送りだした。絶句するほどすばらしい豊かさとバランスは、1980年代にボルドー全体でつくられたどのワインよりもマルゴーが良好だと言っても過言ではなかった。  よみがえったマルゴーの特徴は、豪勢な豊かさ、熟したブラックカラント、スパイシーなヴァニリン・オーク、スミレなどの深みのある多面的なブーケを持つスタイルである。今ではその色や豊かさ、ボディ、タンニンのどれをとっても、1977年以前にジネステの支配下で造られていたワインに比べ見違えるほど充実している。  マルゴーは辛口の白ワインも造っている。「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」は、ソーヴィニョン・ブランだけを植えた11.8haの葡萄畑から生産されている。オーク樽で発酵させ、その後10ヵ月間寝かせてから瓶詰めする。雑学好きにお教えすると、これは壮大なマルゴーのシャトーから数百メートル道を上がったところにある、シャトー・アベル=ローランと呼ばれる小さな建物で造られているのだ。このメドックの最高級白ワインはキレがよく、果実味が豊かで、ハーブとオークの香りがそこはかとなく漂う。 一般的な評価 1960年代と1970年代は惨たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンドワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 平均年間生産量:200.000本 畑 面積:78ha(栽培面積) 平均樹齢:35年 密植度:10.000本 平均収量:45hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製槽で3週間。 熟成はオーク樽の新樽で18~24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロー20%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5% 所有者:メンツェロプロス家 パヴィヨンブランデュシャトーマルゴー 2010 Pavillon Blanc du Chateau Margaux 2010 白 ワイン 人気,新作

シャトーラスコンブ 1974 Chateau Lascombes 1974 赤 ワイン 品質保証

2001年以降、人気も品質もうなぎ昇り!!のマルゴー格付第二級!ロバート・パーカー氏は★★★★4つ星生産者! 1855年のメドック格付け後、その評価とはうらはらに、品質の向上が見られず、長年の間、2級の格付けには不相応と言われていましたが、近年、突如華麗な変身を遂げました。2001年にアメリカの投資会社が買収し、そこから瞬く間に素晴らしいワインが生み出されるようなりました! ボルドー左岸、メドックにしては珍しくメルロの比率が高いセパージュで、とても上品な和らいだテクスチャーが特徴です。タンニンもギスギスせず丸い。それでいて凝縮感はしっかりあります。確かに、第2級格付けに恥じない”確固たる逸品”なのです。ブドウ栽培と醸造技術の向上から、このシャトーは見事な復活ぶりを発揮しました。 近年の出来栄えは、長年このワイナリーで造られてきたワインの中で、ずば抜けて良い出来となっています。もし、こうしたワイン造りが今後も継続されれば、ラスコンブは今世紀で最高のマルゴーの一つになるでしょう。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区マルゴー・第2級●ブドウ品種メルロ50%,カベルネ・ソーヴィニヨン45%,プティ・ヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 辛口  】【メドック 格付  】【マルゴー 辛口  】【AOCマルゴー 】【マルゴー 格付第二級】【メドック 格付第2級 】【メドック 2級 】【マルゴー 格付 】【マルゴー グラン クリュ 】【マルゴー 第2級 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【マルゴー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【クラスマン 】【ゴーミヨ 】【ロバートパーカー 】【ヒュージョンソン】【シャトー ラスコンヴ 】【シャトー ラスコンブ 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Lascombes シャトー・ラスコンブ 突如華麗な変身をとげたことにより話題のシャトーとなったラスコンブ! 1855年、名誉あるメドック格付けの上位、第2級を獲得したこのラスコンブはその後、そのステータスと公大でバリエーション豊かな素晴らしいテロワールが有する可能性に反して、かなり品質の劣ったワインを長年造り続けてきました。メドック格付け後、低迷を続けてきたのです。 しかし1980年代に入り、厳密な地質調査の結果から、優れた粘土質石灰岩の土質を持つことがわかり、シャトーは早速、粘土質土壌に適するブドウ品種、メルロの栽培を始めました。また著名な醸造コンサルタント「ミシェル・ローラン」の指導の下、「アラン・レイノー」(シャトー・キノーとシャトー・ラ・クロワ・ド・ゲを所有)が手腕を奮い、ワインの品質は急速に輝きを取り戻したのです。 ボルドー左岸、メドックにしては珍しくメルロの比率が高いセパージュで、とても上品な和らいだテクスチャーが特徴です。タンニンもギスギスせず丸い。それでいて凝縮感はしっかりあります。確かに、第2級格付けに恥じない”確固たる逸品”なのです。 ブドウ栽培と醸造技術の向上から、このシャトーは見事な復活ぶりを発揮しています。ここ数年の出来は、長年このワイナリーで造られてきたワインの中で、ずば抜けて良い出来となっています。もし、こうしたワイン造りが今後も継続されれば、ラスコンブは今世紀で最高のマルゴーの一つになると思われます。 シャトーラスコンブ 1974 Chateau Lascombes 1974 赤 ワイン 品質保証

シャトーレオヴィルポワフェレ 2001 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Chateau Leoville Poyferre 2001 AOC Saint Julien 赤 ワイン 2016,格安

Chateau Leoville Poyferre シャトー・レオヴィル・ポワフェレ【レオヴィル・ポワフェレ】の可能性について博識なボルドー人に尋ねると、ほとんど誰もが口をそろえて『ポワフェレにはメドックで最も深遠といえる赤ワインを生み出せる土壌と能力がある』と答える。サン・ジュリアンに3つある“レオヴィル”3兄弟。それがレオヴィル・ラス・カーズ、レオヴィル・バルトン、そして【レオヴィル・ポワフェレ】。  “レオヴィル”3兄弟の中で最も目立たないと思われていたポワフェレですが、近年、セラーの近代化、セカンドワインの導入、新樽使用量の増加、厳しい選果、ミシェル・ロラン氏のコンサルタントなどのおかげでクオリティはどんどん上昇しています。  それどころか、中にはレオヴィル・ポワフェレの土壌はサン=ジュリアンの第2級シャトーのどこよりも優れているという人もいる程です。  近年は目覚しい復活ぶりをとげています。特に2000年以降は、毎年ボルドー全体でもトップクラスのワインを造っています。それを証明するように2000年以降、全てのヴィンテージにおいて、ロバート・パーカー・ポイント90点以上という極めて安定した実力をつけています。 ロバート・パーカー氏は、「レオヴィル・ポワフェレの畑の可能性について博識なボルドー人に尋ねると、ほとんど誰もが口をそろえてポワフェレにはメドックで最も深遠といえる赤ワインを生み出せる土壌と能力があると答える。それどころか、中にはレオヴィル・ポワフェレの土壌はサン=ジュリアンの二級シャトーのどこよりも優れているという人もいる。」 (『ボルドー第四版』) 味わいの特徴としてはサン・ジュリアンというよりは、ほとんどポイヤックに近いスパイシーな広がりのあるブーケ、そして長熟性をレオヴィル・ポワフェレにもたらしていると言えます。また、【ラス・カーズ】、【バルトン】と比べ、温和で、親しみやすいワインに仕上がっています。  深く、やや紫が強い色合い。スミレ、ジャムにしたような、カベルネらしいカシスに加え、チェリーなどのニュアンスも感じられる落ち着いた香り。甘いオーク、トリュフを思わせる香り高いブーケが、グラスから香りたちます。適度な厚みのほんのり甘い果実味と、熟したなめらかなタンニンのバランスが良く、過度な濃さや硬さの無い親しみやすいスタイルに仕上がっています。長いフィニッシュをお楽しみいただけます。 熟成した第二級シャトーワインをこの価格で味わえる絶好の機会を是非お見逃しなく。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・メドック格付け 第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、プティ・ヴェルド8%、カベルネ・フラン2%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】 【フランス 赤 辛口 】 【ボルドー 赤 辛口 】 【メドック 赤 辛口 】 【サン・ジュリアン 赤 辛口 】 【メドック格付第2級 】【格付第2級 】 【シャトー レオヴィル ポワフェレ 】 【AOCサン ジュリアン 】 【ロバートパーカー5つ星 】 【ワインスペクテーター 】 【ゴーミヨ 】【スアシェット ガイド誌 テファンタンザー 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Leoville Poyferre シャトー・レオヴィル・ポワフェレ シャトー・レオヴィル・ポワフェレ メドック格付第2級 AOCサン・ジュリアン Chateau Leoville Poyferre AOC Saint Julien 近年評価の高いボルドー2級、復活したレオヴィル3兄弟のひとつ!ロバート・パーカー氏は満点5ッ星★★★★★生産者!! 「レオヴィル・ポワフェレの土壌は、サン・ジュリアンの二級シャトーのどこのものより優れていると言う人もいる」と絶賛!! レオヴィル=ポワフェレの可能性について博識なボルドー人に尋ねると、ほとんど誰もが口をそろえてポワフェレにはメドックで最も深遠といえる赤ワインを生み出せる土壌と能力があると答える。それどころか、中にはレオヴィル・ポワフェレの土壌はサン=ジュリアンの第二級シャトーのどこよりも優れているという人もいる。 セラーの近代化、セカンド・ワインの導入、新樽使用量の増加、どんどん厳しくなっていくディディエ・キュヴェリエの目、リブルヌの天才的エノロジスト、ミシェル・ロランの才能のおかげで、ついにレオヴィル=ポワフェレはサン=ジュリアンにおけるエリートの地位へと上りつめた。  サンジュリアン村にある、有名な「レオヴィル3兄弟」の一つ、それがシャトー・レオヴィル・ポワフェレです。かつて同じ畑だったレオヴィルが3分割されたのですが、初代オーナーのポワフェレ男爵の名前を取って、この名前となりました。  畑は、ジロンド川岸に近い砂利と砂に富んだ傾斜面にあり、非常に水はけが良く、メドックでも最も良い土壌と言われています。それだけにその潜在能力は素晴らしいものがあり、80年には醸造設備を最新化、セカンドワインの導入、新樽比率を高めるなど、1970年代の不振から完全に立ち直り、本来の能力を発揮してくるようになりました。  現在は、有名な【ミッシェル・ロラン氏】がコンサルタントに入り、低温マセレーションや樽内マロラクティック発酵といった流行の技術も取り入れて、さらに評価を高めてきています。  そのワインはボリュームと深みをそなえ、上質なタンニンと凝縮した果実味に富んでいます。また、最近のワインでは、タンニンの優しい上品な味わいのものが多くなっています。この地域のワインにしてはメルローの比率が高めですが、主体はカベルネ・ソーヴィニヨン。  じっくりと瓶の中で熟成させると、タンニンの頑強さがとれ、全ての味が馴染んで複雑さを増し、香りも余韻も魅惑的なものになっていくのです。テロワールの良さに加えて、積極的に様々なテクニックを導入して評価を高めているだけに、今後が楽しみなシャトー だと言えるでしょう。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  レオヴィル=ポワフェレの可能性について博識なボルドー人に尋ねると、ほとんど誰もが口をそろえてポワフェレにはメドックで最も深遠といえる赤ワインを生み出せる土壌と能力があると答える。  それどころか、中にはレオヴィル・ポワフェレの土壌はサン=ジュリアンの第二級シャトーのどこよりも優れているという人もいる。ところが、1961年以降のレオヴィル・ポワフェレの物語は、概ねがっかりさせられるものだった。しかし、それも、ハッピーエンドを迎えようとしている。セラーの近代化、セカンド・ワインの導入、新樽使用量の増加、どんどん厳しくなっていくディディエ・キュヴェリエの目、リブルヌの天才的エノロジスト、ミシェル・ロランの才能のおかげで、ついにレオヴィル=ポワフェレはサン=ジュリアンにおけるエリートの地位へと上りつめたのである。  1980年代の最上のヴィンテージが、惚れ惚れするようなフルーティな1983年と、桁はずれな1982年であることは今も変わらない。ともに、このシャトーが達成することのできる深みと豊かさを示すワインである。1990年代になると、最上級の1990年に続いて、1995年、1996年、2000年が素晴しい成果をあげている。このシャトーがようやくその相当な潜在能力を発揮し始めたことが伺える。 一般的な評価  3つのレオヴィルの中では最も知名度が低い。1980年の終わり頃まで出来にムラがあったが、徐々により誉れ高い2つの兄弟と肩を並べるワインをつくるようになってきた。改善が見られるようになったのは1990年代初め以降のことである。 平均年間生産量:25万本  畑 面積:80ha 平均樹齢:25年 密植度:8000本/ha 平均収量:45~50hl/ha 育て方:7日間の発酵と15~30日間のマセレーションは温度管理されたタンクで行い、熟成は新樽75%で22ヶ月。 卵白で清澄するが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、プティ・ヴェルド8%、カベルネ・フラン2% 所有者:GFA ドメーヌ・サン=ジュリアン シャトーレオヴィルポワフェレ 2001 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Chateau Leoville Poyferre 2001 AOC Saint Julien 赤 ワイン 2016,格安

シャトーピションロングヴィルコンテスドラランド 1995 AOCポイヤックメドック格付第2級 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande 1995 AOC Pauillac 赤 ワイン 100%新品,豊富な

Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド ポイヤック格付一級シャトーと肩を並べる大人気シャトー!「ポイヤックの貴婦人」と形容される女性的で優しいワイン【シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】!   シャンパーニュの名門【ルイ・ロデレール社】に買収され、ますます品質をあげているボルドー・2級シャトー!! 一級の【シャトー・ラトゥール】、二級の【シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン】といったシャトーに挟まれたところに位置するのが【ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】。ポイヤックの3つの名高い一級シャトー(ラフィット、ラトゥール、ムートン)にも肩を並べるほどの実力です。  近年、格付け改定がなされたら一級に格上げになるだろうと言われる「スーパーセカンド」と評されるいくつかのシャトーの中でもこの【ピション・ラランド】は独特の存在感です。ポイヤックにありながら、メルロの割合が多く、マルゴーのワインのような柔らかく上品なワイン です。そうした女性的な味わいはシャトーの始まりにあるのかもしれません。  元は【ピション・ラランド】と【ピション・バロン】は一つのシャトーでした。17世紀にまで歴史を遡ると長い間シャトーはその名声を維持し続けますが、当時の当主【バロン・ジョセフ・ドゥ・ロングヴィル氏】は5人の子供達にシャトーを分割しようと考えていました。長男がすでに亡くなっていたので、次男が全体の五分の二を、残りの五分の三を3人の娘で分割しました。  この次男が相続した畑が現在のピション・バロンです。姉妹それぞれに五分の一ずつ相続された3つの畑ですが、管理が困難であったため結局1850年から1860年までの間はピション・バロンを所有する次男が管理していました。  5人の子供の一人、ラランド王に嫁いだ次女がワイン造りに強い関心を示した為、シャトーを分割し、ラランド王国の王女(コンテス・ラランド)の名前を持つシャトーになりました。そして、男兄弟が相続した【ピション・バロン】の方はがっちりとした、筋肉質で力強い男性的なワインとなり。姉妹が相続した【ピション・ラランド】の方は上品で滑らかな女性的なワインが造り出されました。  ピション・ラランドは、「アタックはあくまでデリケートに。しかし中間から一気に広がってくる圧倒的なヴォリューム感そしてフィニッシュには遠慮しない。」 というもので、エレガントなスタイルは、男性的なピション・バロンと比べ『貴婦人のよう』 と賞されます。  ロバート・パーカー氏は「現在、ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドは間違いなく最も人気が高く、1978年以降ポイヤックで最も一貫して秀逸なワインとなっており、ヴィンテージによっては一級の品質を示すこともある」 (『ボルドー第四版』より) と評価しています。 ブラックチェリーやフランボワーズのなどの赤・黒系果実の香り、黒コショウ、ミント、ダークチョコレート、バニラクリーム、なめし革、西洋杉のニュアンス。たっぷりとして粘性も高く、口に含むと、果実味の厚みがありリッチな印象。完熟した果実味と酸、渋みとのバランスが大変良く、女性らしい優美さをもった華やかな1本です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によっては、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー /  メドック地区ポイヤック村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC ポイヤック】 【メドック 格付】 【格付第2級 二級】 【コンテスト ラランド】 【ロングヴィル ラランド】 【シャトー ピション】 【フランス ボルドー メドック ポイヤック】 【グラン クリュ クラッセ】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド Chateau Pichon Longueville Comtesse De Lalande AOC Pauillac シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド AOCポイヤック・メドック格付第2級 女性的な強さと優雅さを秘めた官能的にして偉大なシャトー!イヤック格付の中でも、一級シャトーと肩を並べる大人気ワイン!あの格付第一級、シャトー・ラトゥールに隣接する大人気格付!【ラランド】!ロバート・パーカー氏は★★★★★5ッ星生産者! 一級の【シャトー・ラトゥール】、ニ級の【シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン】といったシャトーに挟まれたところに位置するのが、【ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】。ポイヤックの3ツの名高い一級シャトー(ラフィット、ラトゥール、ムートン)にも肩を並べるほどの実力! ポイヤック村へ車を走らせると、ジャン・ミッシェル・カーズ氏の指揮下にて完成したモダン・クラシックな門をくぐり抜けます。すると【ピション・ロングヴィル・バロン】の門が見えてきます。左手にはそのシャトーがあり、その反対側には【コンテス・ド・ラランド】のシャトーがあります。華麗・豪華な【ピション・ロングヴィル・バロン】、それに比べると【コンテス・ド・ラランド】は少し端正な感じがします。  しかし、ワインはシャトーのイメージとは逆かもしれません。女性的で優美なのは【コンテス・ド・ラランド】であり、男性的で豪壮なのは【ピション・バロン】です。今では、この2つの兄妹シャトーは、世界でも大人気のワインとなっています。  同じ村、隣り合ったシャトーは元々は同一だった存在ながら、そのワインのスタイルは大きく違ます。格付けシャトーの中で最もメルロの使用率が高いものの1つであるコンテス・ド・ラランド(伯爵夫人)は、若くしても貴婦人のような優美さを備えるもので、もちろん熟成によっても華開きます。  時にボルドーは『ワインの女王』と賞されますが、まさにコンテス・ド・ラランドはボルドーの女王に相応しい1つです。難しかった年の90年ですら、まさにコンテス・ド・ラランドは素晴らしいワインであり、骨格は細いものの、他の作年と同様の優美で繊細、複雑なスタイルを充分保っていました。  平均で3万ケースを生産していますが、難しい年にも品質の高いワインを送り出し続け、今やスーパーセカンドでもトップクラスとの評価を受けています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」から  現在、ピション=ロングヴィル=コンテス・ドゥ・ラランド(ピション・ラランド)は明らかに人気が高く、そして1978年からは、ポイヤックのなかでも一貫して輝くばかりのワインをつくり続けている。多くのヴィンテージでこの地域の3つの有名な一級シャトーと張り合い、時にはまさっている。1961年以来、ピション・ラランドのワインは大変な成功をおさめているが、1970年代終わりから1980年代初めにかけて、ランクザン夫人のエネルギッシュな舵取りのもとで、その品質が驚くべき高みにまで上りつめたのは疑う余地のないことだ。ワインは知的なつくり方をされ、暗い色合いで、しなやかで果実味に富み、なめらかで、若いうちから飲める。マルゴーのシャトー・パルメとともに、最も有名なメドックのシャトーとしての風格があり、ブレンドには相当量のメルロを使っている。ただ、ピション・ラランドには必要なタンニン、深み、豊かさがあって、10年から20年、ゆっくりと熟成させることができる。メルロの割合が高い(35%)ことで、ワインの柔らかく、肉付きのよい特徴の一部は説明できるだろう。 ランクザン夫人 このシャトーはかつて、ひとつのピション=ロングヴィルという地所の一部分で、それが1850年に分割されたものだ。ランクザン夫人の父のエドゥアール・ミュイレが1924年に購入したのだが、現在の名声を築いたのは娘の方である。1980年代に資本が相当つぎ込まれた。1980年に新しい発酵室が、1988年に新しい樽熟成のためのセラーとテイスティング・ルーム(隣のシャトー・ラトゥールの壮観な眺め付きだ)がつくられ、そして1990年、シャトーの改修は完了した。ランクザン夫人はシャトーに住んでいるが、場所はピション=ロングヴィル・バロンから道路を横切ったところだ。ブドウ畑はポイヤックとサン=ジュリアンの両方にまたがり、後者の性質がしばしばピション・ラランドのしなやかなスタイルの原因とされる。 平均年間生産量:45~50万本 畑 面積:75ha 平均樹齢:35年、密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):50hl/ha 育て方:ブドウは手作業で摘まれ、完全に除梗。破砕してから、33基の温度調節されたステンレスタンクに移される。 発酵は18~24日間続き、マロラクティック発酵はタンクの中で起こる。 アサンブラージュは12月で、ワインは半分が新しいオーク樽に、半分が1年使った樽に移され、18ヵ月寝かされる。 澱引きは3ヵ月ごと。ワインは卵白で清澄処理され、ごく軽く濾過処理されて瓶詰めされる。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー35%、カベルネ・フラン12%、プティ・ヴェルド8% シャトーピションロングヴィルコンテスドラランド 1995 AOCポイヤックメドック格付第2級 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande 1995 AOC Pauillac 赤 ワイン 100%新品,豊富な

シャトーモンブスケ 1996 サンテミリオングランクリュ Chateau Monbousquet 1996 Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 格安

2006年のサン・テミリオンの新格付けで、グラン・クリュ・クラッセに昇格し、人気・実力ともに急上昇中のシャトーです。 “モンブスケ”は以前からコストパフォーマンスの高いお値打ちワインとして有名でしたが、ジェラール・ペルス氏の所有になってからは、ミシェル・ロラン氏をコンサルタントに迎え、数々の改革を行い、現在の偉大なシャトーに生まれ変わりました。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 商品説明 国フランス産地ボルドー、サンテミリオン地区ブドウ品種メルロー60%、カベルネ・フラン30%、カベルネ・ソーヴィニョン10%タイプ赤・フルボディ内容量750ml保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管して下さい。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【ジェラール ペレス】 【シャトー モンブスケ】 【クロ レ リュネル】 【AOC サンテミリオン 特級】 【サンテミリオン グラン クリュ】 【ペレス ペルス】 【パヴィー パヴィ】 【monbousquet 】【AOC サンテミリオン 】【ジェラール ペルス 】【ゴーミヨ4つ星 】【クラスマン ダブルスター 】【パーカー4つ星 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Monbousquet シャトー・モンブスケ あのシャトー・パヴィと同経営!ジェラール・ペンス氏の大人気シャトー!!グランクリュ・クラッセに昇格して人気急上昇のサンテミリオンの新帝王!!シャトー モンブスケ!パーカー氏4ッ星★★★★評価! ボルドーのサン・テミリオンの2006年の格付けが発表され、トロロン・モンドと、パヴィ・マカンがプルミエ・グランクリュ・クラッセBに昇格。 もともとサン・テミリオンでもコストパフォーマンスの高いお買得ワインとして有名でしたが、ジェラール・ペルス夫妻が購入してからミッシェル・ロラン氏をコンサルタントとして招聘し、数々の改革を行い、お買得ワインから偉大なワインへと生まれ変わることに成功しました。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  モンブスケは大規模なシャトーで、ケール家の誇りと喜びであった。このシャトーは、商業的に広くアピールする、常に適切な価格のつけられた、果実味があってしなやかなスタイルのサン=テミリオンを造っていた。ヴィンテージから5~6年で飲んでしまうべきワインだったが、単純で興味をかきたてられないものであることが多かった。  1990年代の初め、ケール家はスーパーマーケット業界で財産を築いたジェラール・ペレスにモンブスケを売却した。ペレスはすぐにセラーを刷新し、ミシェル・ロランを醸造コンサルタントとして招き、ワインづくりに乗り出した。 現在では、ここのワインはサンテミリオンで最も凝縮感のある、うっとりさせられるようなワインとなっている。収量は1エーカーあたり2トン未満に抑えられた。ペレスの品質へのこだわりは、1993年という難しいヴィンテージで華開き、モンブスケの1993年はアペラシオンで最上のワインの1つとなった。このシャトーは、15~20年もかけて熟成する多面的で完璧なサン=テミリオンを求めるワイン愛好家に応えてくれる、興奮させられるワインを造り出している。 一般的な評価  1950年代、1960年代、1970年代のモンブスケを面白みに欠ける、味の薄いワインとして記憶している人は、1994年以降のワインの品質とスタイルに衝撃を受けるだろう。 1990年代半ば以降、モンブスケはこのアペラシオンのスターとなり、またボルドーで最も華々しく、魅惑的に造られ、テイスティングでは、ブラインドいかんにかかわらず常に拍手喝采を浴びる。 平均年間生産量:8万本  畑 面積:33ha  平均樹齢:40年  植樹密度:5500本/ha  平均収量:28~30hl/ha  育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで4~週間。  熟成は細かい澱に触れたままオークの新樽で18~22ヶ月。清澄も濾過もしない。  ブドウ品種:メルロー60%、カベルネ・フラン30%、カベルネ・ソーヴィニョン10%  所有者:ジェラール&シャンタン・ペルス シャトーモンブスケ 1996 サンテミリオングランクリュ Chateau Monbousquet 1996 Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 格安

シャトーシュヴァルブラン 1995 Chateau Cheval Blanc 1995 赤 ワイン 人気セール,限定SALE

サン・テミリオンのトップに君臨する『シャトー・シュヴァル・ブラン』は、カベルネ・フランの比率が高い事で有名ですが、その事がここのワインに他には無い個性を与えています。また、非常に飲み頃の期間が長いワインとも言われています。 つまりリリース直後から美味しく飲め、20~30年の熟成も可能という事です。 サン・テミリオンの双璧 スモーキーでエキゾチックなアロマと凝縮感があり、硬さや角はなくジューシーな舌触りを持っています。 このシャトーの典型的なスタイルに、より重みと肉付きが加わった秀逸なヴィンテージです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サン・テミリオン地区●ブドウ品種メルロ90%、カベルネ・フラン10%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【サンテミリオン 特別級】 【サンテミリオン プルミエ グラン クリュ クラッセ】 【シャトー シュヴァル ブラン】 【シャトー・シュヴァル・ブラン】 【プルミエ グラン クリュ クラッセ】 【シュヴァル=ブラン 】【シュヴァル・ブラン 】【ボルドー  】【サンテミリオン 】【フランス 】【ロバート パーカー 5つ星 】【ヒュー ジョンソン 4つ星 】【ル クラスマン 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Cheval Blanc シャトー・シュヴァル・ブラン サン・テミリオンの最高峰!!サン・テミリオンの中でも独特な存在感を放つシャトー!メドック1級シャトーや、ペトリュス以上の柔軟性を備えたワイン! サンテミリオン地区では、【シャトー・オーゾンヌ】とともに最高ランクの格付けを与えられていて、まさに双璧をなしているのがこの【シャトー・シュヴァル・ブラン(ChateauChevalBlanc)】です。 伝説となった1893年、1947年を含め、歴史に名を残すような数々の輝かしいワインを作り続けており、サンテミリオン地区トップの地位にあることを疑う者はいないほどです。 その美しい響きの名前は『白い馬』という意味。ラベルに誇らしく印刷されている金賞メダルは、1862年と1878年、パリのワインコンクールで獲得したものです。 【シュヴァル・ブラン】は、長きに渡り同じ家族が所有し続けてきた、数少ないシャトーの一つです。 もともとは【フィジャック】の一部だったのですが、1832年にデュッカス家に16haの畑が売却されてから、デュッカス家が買い足していったものが、今日のシュヴァル・ブランの基礎となっています。 その畑は、ポムロールとの境界付近にある砂利地の一画にあります。“メルローよりもカベルネ・フランを多用する”という異例なブレンドから生み出されるワインは、 「ボルドーで最も深遠なワイン」 と評されるほどの極上品です。 また、あるワイン評論家が『三分の一がサンテミリオン、三分の一がポムロール、三分の一がグラーブ』と表現したように、エキゾチックなスパイス、超熟した黒系果実を思わせる華やかな香り、柔らかく滑らかな 口当たり、ビロードのようなタンニンと完熟感のある強い味わいのバランスの良さは、このワインならではの魅力となっています。 ボルドー8大シャトーの中で“飲み頃の期間が最も長い”とも言われていて、若いうちから飲むこともできますが、カベルネ・フランの比率が高いため、瓶熟で年を追うごとに美味しさと深みを増していきます。 シュヴァル・ブランの真の風格は、10年、20年と瓶の中で熟成させることにより現れてきます。 オールド・ヴィンテージワインでしか感じることのできない、まばゆいばかりのアロマ、絹のような舌触り、見事な味の調和の中にある深みと芳醇さ。 サンテミリオンのトップシャトー『シャトー・シュヴァル・ブラン』の真髄を、心行くまでご堪能ください! ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  シュヴァル・ブランは間違いなく、ボルドーで最も深遠なワインの1つである。ここ50年ほどの年月のほとんどの間、サン=テミリオンの格付けの単独トップの地位を占め、このアペラシオン最高のワインを生み出してきた。ただ、オーゾンヌの復興が始まり、さらにサン=テミリオンのガレージ・ワインの造り手による品質の革命が起こってからは、世の注目を分け合わなければならなくなった。それでもシュヴァル・ブランは、非常に突出している。ポムロールと境を接するサン=テミリオンの砂利地(グラーブ)の一画に位置し、その畑は、【レヴァンジル】や【ラ・コンセイヤント】とは溝1つ分の距離である。そのため長年、ここのワインはサン=テミリオンよりもポムロールに近いと批判されてきた。  ボルドーの「8大ワイン」の中で、シュヴァル・ブランはおそらく飲み頃の期間が最も長いワインである。通常、このワインは最初に瓶詰めされた時点で美味しいのだが、最高のヴィンテージの場合、年を追うごとに重みを増し、持ちこたえるだけの能力を備えている。メドックの一級シャトーや、ポムロールの【ペトリュス】にも、これほどの柔軟性はない。【オー=ブリオン】だけが、早い段階で飲むことができ、早熟でありながら、20年から30年熟成するだけの充実感と総合的なバランスや強烈さを持つという点で、シュヴァル・ブランに近いワインだと言える。私にとっては、シュヴァル・ブランはシュヴァル・ブランなのであって、私が試飲したことのあるポムロールとも、ほかのいかなるサン=テミリオンとも違う。カベルネ・フランとメルロを同じぐらいずつ使うというシュヴァル・ブランの特徴あるブドウの選択は、極めて異例である。メジャーなシャトーで、これだけカベルネ・フランを使うところはほかにない。しかし、面白いことに、このブドウはシュヴァル・ブランの、鉄鉱石を岩床とした砂利の多い、砂礫質及び粘土質の土壌でその頂点に達し、極めてリッチな、完熟感のある、強烈で、ネットリとしたワインを生み出すのである。  シュヴァル・ブランのワインのスタイルが、その絶大なる人気に貢献しているのは疑いの余地がない。暗いルビー色で、優良なヴィンテージならば、豪勢なまでの芳醇さと果実味のあるワインで、フルボディで、官能的で、瑞々しく、若いうちから誤解を招くほどに飲みやすい。そのブーケはとりわけ特徴的である。最高のシュヴァル・ブランは、シャトー・マルゴーなどのメドックの一級シャトーのワインよりも香りが華やかだ。ミネラル、メンソール、エキゾチックなスパイス、タバコ、そして強烈で超熟した黒系果実の香りは、味わう者を圧倒する。飲んだ人の多くが、この巧妙な早熟さの魅力に惑わされて、このワインは長期熟成しないと誤った推測をしてしまう。大柄で豊かなヴィンテージにおいては、シュヴァル・ブランの熟成ぶりは取り分け素晴らしいのだが、真に堂々たる風格が現れ始めるずっと前に、大半が飲み尽くされてしまうのではないか、という懸念がある。  テイスティング・ノートが示すように、シュヴァル・ブランは、信じがたいほどの深みと芳醇さを持つ、退廃的なまでにエキゾチックなワインを生産することができる。しかし、ヴィンテージによっては、ボルドーの8大ワインの中で最もがっかりさせられるものでもあった。1960年代と1970年代にはシュヴァル・ブランは目覚しい成果をあげていない。しかし、前の管理者ジャック・エブラールが、品質と細部にいっそうの注意を傾けた結果、1980年代のワインの品質はより一貫したものとなった。彼の後を継いだピエール・リュルトンがシュヴァル・ブランの品質と一貫性をより向上させた。2000年、1999年、1998年の連続したヴィンテージは、1949年、1948年、1947年のすばらしい三部作以来、最上のシュヴァル・ブランである。 シュヴァル・ブランは、オー=ブリオンとともに、ボルドーの8大ワインの中では最も価格の低いワインにとどまっている。 一般的な評価  ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。それどころか、このワインを構成している要素(果実味、ふくよかさ、絹のような舌触り、ビロードのようなタンニン、とどまるところを知らないフィニッシュ、まばゆいばかりのアロマ)のすべてが、非の打ちどころのないつりあいを示している。若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高いため、樽よりも瓶で寝かせたほうが美味しくなるようである。 平均年間生産量:10万本  畑 面積:37ha  平均樹齢:45年  植樹密度:8000本/ha  平均収量:35hl/ha   育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスとコンクリートの槽で21~28日間。  マロラクティック後の熟成はオークの新樽で18ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。  卵白で清澄するが、濾過はしない。  ブドウ品種:メルロー90%、カベルネ・フラン10%  所有者:ベルナール・アルノー&アルベール・フレール シャトーシュヴァルブラン 1995 Chateau Cheval Blanc 1995 赤 ワイン 人気セール,限定SALE

シャトーラフィットロートシルト 1979 メドック格付第一級AOCポイヤック Chateau Lafite Rothschild 1979 AOC Pauillac 赤 ワイン 激安大特価,限定SALE

シャトー・ラフィット・ロートシルト Chateau Lafite Rothschild5大シャトーの中でも最も繊細で優美!若いヴィンテージでも手に入り難い稀少なラフィット。 1855年の格付けが決定した際、1級シャトーのなかで筆頭格に選ばれたのがこの“ラフィット”!以来、No.1の地位は一度として揺らいだことはありません。  格付け制定から150年が経過した現在でも【ラフィット】は、ボルドーの真髄ともいえる偉大なワインを造り続けています。 【ルイ15世】、イギリス首相【サー・ロバート・ウォルポール】、アメリカ合衆国大統領【トーマス・ジェファーソン】などを虜にした、まさに『王のワイン』 です!  カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にブレンド。 区画毎の特徴を生かすために、ブドウは区画毎に別々のタンクで発酵が行われます。ワインのブレンドは3月に実施される初回の滓引き後に実施されます。その後、DBRの樽工房で造られたオーク樽に移され、所蔵庫で18~20ヶ月熟成。その間、定期的に滓引きが行われ、それぞれの樽に4~6個軽くといた卵白を加えて浮いている不純物を吸収し、樽の底に沈ませます。  優美で繊細、そして芳醇な味わいは、まさにメドック1級の風格。果実味、豊かな要素、しなやかであると同時にきめ細やかなタンニンが特長的です。長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 ラフィットを形容するとき「気品」という言葉なくしては語れません。優に10年は持つ(それくらい待つべき)と言われるラフィット。長期熟成を遂げたその姿はボルドーの真髄ともいえる究極のエレガンスを体現しています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2〜4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 ポイヤック村・第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 83%、カベルネ・フラン4%、メルロ 13%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【メドック 格付第1級 一級】 【AOC ポイヤック】 【シャトー ラフィット ロートシルト】【シャトー・ラフィット・ロスチャイルド】【シャトー ラフィット ロスチャイルド】【メドック グラン クリュ クラッセ】【ロスチャイルド】【ロスチルド】【ロートシルト】【格付1級】【格付一級】【ボルドー 赤 辛口】【メドック 赤 辛口】【ポイヤック 赤 辛口】【メドック グラン クリュ クラッセ】 【ロスチャイルド】 シャトー・ラフィット・ロートシルト Chateau Lafite Rothschild Chateau Lafite Rothschild シャトー・ラフィット・ロートシルト メドック格付第一級の筆頭シャトー!『世界で無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワイン』!シャトー・ラフィット・ロートシルト!! いま最も手に入らないシャトー!!“葡萄の王子”が発展の礎を築く!世界最高峰、エレガンスを極めた“比類ない”ワイン!! 『ラフィット』という名が聞かれるようになるのは、1234年、ポーイヤック北部のヴェルトゥイユ修道院長【ゴンボード・ド・ラフィット】の登場から。中世になって領土の名前として登場するのは14世紀に入ってからのこととなる。素晴らしいワインを造るシャトーとしての評判が高まったのは、17世紀、セギュール家が葡萄畑を作ってからのことだ。1716年、【ニコラ・アレキサンドル・ド・セギュール侯爵】は、ラフィットの成功を確実なものにするため、ワイン造りの技術の改善に取り組む。 その成功により“葡萄の王子”と呼ばれるようになった。この頃のラフィットの名声は、特に海外とヴェルサイユ宮廷で顕著で、【ルイ15世】が嗜む【王のワイン】 として、誰もが欲するステータスシンボルのような存在となる。  ルイ15世の寵妃【ポンパドール夫人】の晩餐会にも供され、後の寵姫バリー夫人も【王のワイン】以外は飲まないとしたほどだった。また、その当時、ヴェルサイユ宮廷にアメリカ共和国大使として駐在していた、後のアメリカ合衆国大統領【トーマス・ジェファーソン】もラフィットを愛した一人だ。ボルドーワインの愛好家だったジェファーソンは、祖国でのワイン造りを思い立ち、ワインの研究を重ねました。 情報を集め、後に主要ワインとして4つのワインが選ばれたが、その一つが【シャトー・ラフィット】だったという。 常に高い評価は変わらず  革命などによって所有者は幾多の変遷があったが、常にラフィットの高い評価は変わらなかった。1815年、仲買業者のギョーム・ロートンが、メドック地区のワインの私的格付けを発表したのだが、当時からすでにリストの上位に位置し、「ラフィットを、3つの(一流ワイン)の中で、最も上質の葡萄を使った、最も優美で、繊細なワインと評価した」「メドック地区で一番優れたワイン」という評価をされている。  また、1868年のヴィンテージは、あらゆる意味で記録に残るものとなった。そのヴィンテージイヤーのワインの中で最高値がつき、1トノー(900リットル、225リットルの樽4個分)の値段が、当時の金額で「6,250フラン(現在の4,700ユーロ)」という高値をつけたのだ。この記録は、20世紀の終わりに破られたが、19世紀の最高値として今でも記録に残っている。 苦難の時代を見事に乗り切って  しかし、19世紀末~20世紀前半には、ラフィットは様々な苦難に襲われた。葡萄畑が「フィロキセラ(葡萄の根の寄生虫)」とカビが原因の「ウドン粉病」「ベド病」の被害に遭いました。さらに、産地を偽った組織的詐欺が急増し、主要ヴィンテージに被害を与えました。第一次世界大戦の勃発や世界大恐慌の発生も重なり、市場は底値が続き、ラフィットも前代未聞の経営危機を招いて葡萄畑の縮小に踏み切らざるを得ませんでした。後の第二次世界大戦には、メドック地区はドイツ軍に占領されるなど、苦難の時代が続きます。  戦後になって、エリー男爵の指揮の元でようやくシャトーの再生が手がけられ、荒廃した葡萄畑と施設を再生し、シャトーの管理体制の全面的な見直しも始まった。その後、運営を引き継いだエリック・ド・ロートシルト男爵によって、新たな名声が確かなものとなる。  エリック男爵は、素晴らしいワイン造りのための研究を行い、新しいテクニカルチームの人材を徐々に増やし、シャトーの運営に新しい空気を取り入れた。葡萄畑では、肥料の与え方の見直しや除草剤の限定使用によって、植え替えや再建作業が進められた。 醸造所では、オーク樽の横にステンレスタンクが設置され、2,200樽の収容能力を持つ熟成用の円形貯蔵庫が、カタロニア人建築家のリカルド・ボフィル監督のもとで建築された。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーで最も有名なシャトーでありワインのラフィット・ロートシルトは、エレガントで小ぶりでシンプルなラベルとともに、その名は富や格式、歴史、敬意、そして特筆に値する長寿の代名詞となっている。しかし、1975年以降は毎年最高級のラフィットを生み出しているものの、1961年から1974年までの成績は、一級シャトーとしては驚くほど凡庸。あの頃のラフィットをテイスティングしたワイン評論家たちがなぜもっと異を唱えなかったのか、謎である。  シャトーの公式発表は決まって「当時は軽くてエレガントなスタイルだったため、ブラインド・テイスティングでは、もっと大柄で逞しいワインに負けたのだ」なのだが、その事情があったのは認めるにしてもである。ラフィットの凡庸さは1971年、1970年、1966年、1961年、1949年、1945年といった優良なヴィンテージにおいて際立っていた。驚くほど色がなく、適度にドライで、オークの樽香が過剰で、異常に酸が強かったのである。それどころか、1974年、1971年、1969年などは、まったくの失敗作であるのに、ラフィットの名をつけて高値で出荷された。  こうした事態が生じた理由をロートシルト家が明かすことはあるまいが、1975年以降は成功するようになったのだから、1960年代から1970年代前半にかけての問題は次のようなものだろう。  第一は、オーナーの不在。当時オーナーはパリに住んでいたのでたまにしか監督にやって来なかったのだが、1975年以降は熱心でこだわりのあるエリック・ド・ロートシルトのおかげで確かにラフィットの運営陣は勤勉になった。  第二に、ラフィットのワインは樽熟成が長すぎた。昔は往々にして最低でも32~36ヶ月は熟成させていたのだが、現在では最長でも20~30ヶ月である。この変更のおかげでフルーティさや新鮮さが増したのは間違いない。  第三に、現在の醸造スタッフのほうが、意識的にブドウの収穫を遅らせ、より熟したブドウから、より酸の弱いワインをつくろうとしている。選別プロセスが以前よりも厳しくなったのは間違いない。1980年代後半の豊作年では毎回収穫の半分を除去していたし、1990年以降はなんと収穫の60%以上を除外することも珍しいことだはなくなった。除去したワインはバルク売りしたり、セカンド用に格下げしている。最後に、ラフィット・ロートシルトは、瓶詰めにかける期間が短くなってきている。根拠のない報告ではあったものの、以前から言われてきたように「ラフィットは瓶詰めにだらだらと8~12ヶ月もかけることが多い」というのが本当なら、許容範囲を超えるほどのボトル・バリエーションが生じていたことだろう。今日では、すでてのワインが2~3週間で瓶詰めされている。  一昔前までの経緯はさておき、ラフィット・ロートシルトはいまや心動かされるワインを生み出している。品質の変化が明確になったのは1975年だが、シャルル・シュヴァリエが招集された1990年代半ばにはその変化がさらに顕著なものとなった。1981年以降のラフィット・ロートシルトは、2001年、2000年、1999年、1998年、1997年、1996年、1995年、1990年、1988年、1987年、1986年、1983年、1982年、1981年のような年に、メドックで最良のワインを産してきたと言ってもよいかもしれない。 一般的な評価  ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーの最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしていることだけのことである。  ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格でけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 平均年間生産量:21万本 畑 面積:100ha 平均樹齢:45年 密植度:7500本 平均収量:48hl/ha 育て方:発酵とマセレーションはステンレスと木製のタンクで18~24日間。 熟成はオークの新樽で16~20ヶ月。清澄は行うが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2% 所有者:バロン・ド・ロートシルト(ラフィット) シャトーラフィットロートシルト 1979 メドック格付第一級AOCポイヤック Chateau Lafite Rothschild 1979 AOC Pauillac 赤 ワイン 激安大特価,限定SALE

シャトーバーンオーブリオン 2005 Chateau Bahans Haut Brion 2005 赤 ワイン 豊富な,お買い得

Chateau Haut Brion シャトー・オー・ブリオン限りなくファーストに近い、【シャトー・オー・ブリオン】のセカンド・ワイン!メドック以外で唯一の格付け第1級シャトー!5大シャトーのセカンドワインの中で最もコストパフォーマンスに優れた、玄人好みの1本です!! 5大シャトーのなかで、 唯一グラーヴ地区から選ばれた【オー・ブリオン】。5大シャトーの中でも 最もエレガントで他にない複雑なアロマで、世界のワインファンを魅了するワインです。 ロバート・パーカー氏は、オー・ブリオンについて、「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」 と「ボルドーで最高のセカンドワインの1つである」と大絶賛しています。   セカンドワインというと、シャトーによって、樹齢の若いブドウを使用したものや、別の区画から取れたブドウを使用するものなど様々ですが、オー・ブリオンの場合は、瓶詰め手前までグラン・ヴァンと同じように造っています。  グラン・ヴァンと同じ畑で育てた後にブドウが選別され、グラン・ヴァンとセカンドに分けます。つまり、 オー・ブリオンと同じテロワールであり、同じ畑で栽培から収穫、製法までに同じように造っています。限りなくファースト・ラベルに近いセカンドと称される理由はそこにあります。そして、このバーン・オー・ブリオンは、1998年より元の【ル・バーン・デュ・シャトー・オーブリオン(Le Bahans du Chateau Haut-Brion)】から改名され、さらに2007年から【ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン(Le Clarence de Haut Brion)】となってリニューアルされ、現在では造られていない銘柄になりました。  赤いベリーやスモーキーなアロマ。甘やかなカシスやプラムなどの黒系果実の芳醇な香り、ブラックカラント、カカオ、チョコレートやトリュフなどの複雑なニュアンス。酸味は控えめで、アタックは柔らかく深い魅惑的な果実味の濃厚な味わいは模範的なグラーヴのスタイルを体現した1本と言えるでしょう。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ぺサック・レオニャン・グラーブ / メドック格付け1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー27%、カベルネ・フラン25%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グラーヴ 格付】 【格付 グラーヴ】 【オー ブリオン】 【バーン オーブリオン】 【バアン オーブリオン】 【バーン・オー・ブリオン】【バアン・オー・ブリオン】【オーブリオン】 【オー ブリオン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオン シャトー・オー・ブリオン プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 グラーヴ Chateau Haut-Brion 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac- Leognan グラーブ地区にありながら、例外的にメドック格付けで1級に選ばれたワイン!5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトー!現地、フランスで、5大シャトーの中で最も人気のあるシャトー!! 1855年のメドックの格付けで、当時からあまりにも有名だったために、例外的にグラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられた歴史的シャトーがオー・ブリオンです。それもそのはず、オー・ブリオンの名声は、当時すでにヨーロッパ全土に広まる勢いだったのです。  オー・ブリオンが誕生したのは1550年。その後、「滓引き」「ウイヤージュ(補酒)」といった手法を初めて取り入れるなど技術革命を起こし、イギリス市場に進出。1666年、ロンドンにオー・ブリオンを供する居酒屋ができると、このワインは大評判となりました。その後、オー・ブリオンは、ナポレオン戦争で敗れたフランスの救世主となります。国の崩壊という危機に追い込まれていたフランスの外相タレイランは、敗戦国の処遇を決める1814年の「ウィーン会議」で、連日連夜、各国代表に豪華な料理とオー・ブリオンを振る舞いました。  これによって各国代表も態度を軟化させ、フランスは敗戦国でありながら領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたのです。まさに“フランスの救世主”ともいえるオー・ブリオンの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土に広まっていきました。特例としてメドックの格付1級に加えられているのも当然のことなのですね。  オー・ブリオンは、5大シャトーの中で最も“エレガント”“香り高い”と評される一方で、“軽い”“外交的”とも言われていますが、決して軽いという訳ではありません。他の4つのメドックのワインに比べると、メルローの比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和のとれた、とても親しみやすいワインなのです。 それに加えて、優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増し、30年の熟成にも耐えることから、5大シャトーで“最も飲み頃の期間が長い”とも言われています。  類まれな豊かな香りとともに、タンニンの殻に邪魔されることなく、複雑でエレガントな風味と、まろやかでたっぷりとした旨味を楽しめることができる、極上の美酒オー・ブリオン。その味わいに触れてみると、多くの者の心を動かし、歴史さえも変えてきた理由がお分かりいただけることでしょう。かつてフランスという国をも救ったオー・ブリオンは、今でも社交の場で最高の働きをしてくれる、とっておきの1本なのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ペサック郊外の活気ある商業地区にあるオー=ブリオンは、米国人が所有する唯一の第一級シャトー。ディロン一族がオー=ブリオンを1935年に購入した際、シャトーは非常に貧弱な状態で、シャトーとセラーに多額の資金を投入した。現在は、この美しい場所は、グラーブの模範的なシャトーになった。  オー=ブリオンのワイン造りは、明敏でハンサムなジャン・デルマ(ワインの世界における最も才能のある管理者の一人)が管理。オー=ブリオンはまた、ボルドー・ワインにしては長期間(最長30ヶ月)新樽で熟成させるところで、ポムロルのクリネと並んで、ワインを瓶詰めする時期が最も遅いシャトーの1つ。  オー・ブリオンのワインのスタイルは変化を遂げた。1950年代から1960年代初めにかけての、とびきり豊かで、土の香りのする、甘くさえあるワインは、1966年から1974年の間には、より軽く、やせて、気軽に飲める、いくらか単純なスタイルのクラレットに変り、第一級シャトーに期待する豊かさと深みを欠いていた。これが意図的なものなのか、あるいは単に少し低迷していただけなのか、いまだに答えは見つからない。オー=ブリオンのスタッフたちは短気であり、このような批判に対しては敏感である。1975年のヴィンテージからは再び、1966年以前には備わっていた、本来の土っぽい豊かさと凝縮味を取り戻した。今日、オー=ブリオンはまぎれもなく第一級シャトーの地位にふさわしいワインを造っている。  偶然の一致か分からないが、オー=ブリオンの質が1966年から1974年という時代を経て回復し始めたのは、ダグラス・ディオンの娘であるジョアンがこの会社の代表取締役となった1975年のことであった。最初の夫であるルクセンブルクのシャルル皇太子が亡くなった後、彼女は1978年にムシイ公爵と再婚した。これと同じくして、バーン=オー=ブリオンへまわされるブドウの量が増やされ、それにより、オー=ブリオンの品質が改善されたのは疑問の余地がない。更に、ジャン・デルマに対し、このシャトーを運営する全権限が与えられた。ボルドー全ての人々が認めるだろうが、彼はフランスにおける最も才能のある、また知識豊かなワインの造り手であり、管理者の一人なのである。クローン選別についての、最新技術を集結しての驚異的な研究では、フランスでは彼の右に出る者はいない。1980年代に収穫が豊かになると、デルマは、ポムロルのシャトー・ペトリュスのクリスティアン・ムエックスと同様に、ブドウの房を切り取ることで収穫制限したのであった。この方法により優れた凝縮味と驚異的な質を備えた1989年ものが生まれたことは間違いない。このワインは、初期の段階では1959年と1961年もの以来、最も賞賛に値するオー=ブリオンであると思われる。  ブラインド・テイスティングにおいて、オー=ブリオンが、第一級シャトーのなかでは最も外交的で軽いワイン、という印象をしばしば与えるという事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよく、よりタンニンの多いメドックのワインや、よりシフトでメルロが支配的な、右岸でつくられたワインとは異なっているというだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、ほかのいかなる第一級シャトーのワインよりも飲み頃である期間が長い。  1978年以来、オー=ブリオンの質的レベルが向上するに伴って、セカンド・ラベルであるバアン=オー=ブリオンの質も向上した。これはいまやボルドーで最高のセカンド・ワインのひとつであり、いくつかのヴィンテージでこれを凌いだことのあるセカンド・ワインといえば、名高いシャトー・ラトゥールのレ・フォール・ドゥ・ラトゥールくらいのものである。  オー=ブリオンで造られる白ワインは依然として、グラーヴ地方で最高のワインであると評価されている。しかし、生産量が非常にわずかなため、所有者の要請で格付けされたことがない。とはいえ、驚異的なモンラッシェのようにふくよかな舌触りのある白のグラーヴづくりを追求するジャン・デルマの指導のもと、この白ワインはまったく力強いものとなっている。1994年、1989年および1985年といった最近のヴィンテージなどは、まったく驚くほどの出来栄えを示している。  私の個人的な感想を付け加えておくと、30年以上にわたって集中的にできるだけ多くのボルドー・ワインを試飲した結果、自分の試飲に生じた唯一の全般的な変化というのは、私がオー=ブリオンに対して、ますます深い愛情を抱くようになったということである。このワインに備わった、燻したような、ミネラル、葉巻の箱、甘いブラックカラントの特性は、私が年齢を重ねるにつれ、またジャン・デルマならきっとそう私に言うであろうが、私がより賢くなるにつれ、いっそう魅力的に感じられる。 <赤> 平均年間生産量:14.000~18.000ケース 畑 面積:43ha 平均樹齢:36年 密植度:8.000本 育て方:収穫は手作業。発酵は温度調節された225hl入りのステンレス鋼の発酵槽で行われる。 マストの温度によって、コンピューター制御でポンピング・オーバーし、温度調節する。 平均温度は30℃。熟成は新しいオーク樽で22ヶ月間。新鮮な卵白で清澄処理される。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18% <白> 平均年間生産量:7.800本 セカンド:5.000本 畑 面積:2.7ha 平均樹齢:36年 植樹密度:8.000本 平均収量:35hl/h 育成:発酵と13~16ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:セミヨン63%、ソーヴィニョン・ブラン37% シャトーバーンオーブリオン 2005 Chateau Bahans Haut Brion 2005 赤 ワイン 豊富な,お買い得

シャトーリューセック 1995 AOCソーテルヌ プルミエグランクリュクラッセ 格付第1級 Chateau Rieussec 1995 AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe 極甘口 白 ワイン 送料無料,お買い得

Chateau Rieussec シャトー・リューセックヒュー・ジョンソン氏に「ディケムの隣人であるにふさわしい」と評価させた最高級のソーテルヌ!!  「ラフィット・ロートシルトが買収して以来、リューセックはソーテルヌの正当なスーパースターになった。」 とロバート・パーカー氏は高い評価で、2001年に99ポイントを与えたことは、あまりにも有名です。 『貴腐ワインの王』 と呼ばれる存在の【ディケム】の東隣に位置するのが、ソーテルヌ地区の1級格付けのシャトー・リューセックです。 【ディケム】とは畑も隣接しているため、土壌の構成もよく似ていて、肩を並べるシャトーなのです。所有者が度々変わりながらも常に高い評価を得てきましたが、1971年、アルベール・ヴェイエール氏がオーナーになってから、品質が大幅に改善されてきました。さらに、1984年に【ラフィット】を所有するドメーヌ・ド・バロン・ロートシルトがオーナーとなってからは、一切の妥協を許さない最高のワイン作りへ、より厳格な取組まれています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ソーテルヌ地区 プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ格付第1級●ブドウ品種セミヨン90%、ソーヴィニョン・ブラン7%、ミュスカデル3%●タイプ白・フルボディ・甘口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【白 甘口】【ボルドー 白ワイン】 【AOC ボルドー ブラン 】 【アペリティフ 】 【フランス 甘口 白 】 【ボルドー 極甘口 白 】 【シャトー リューセック 】 【デザートワイン 】 【ソーテルヌ 極甘口 】 【ソーテルヌ格付第2級 】 【ソーテルヌ】 【ボルドー 白 極甘口】 【貴腐ワイン】【ディジェフティフ】 【ソーテルヌ AOC】 【AOC ソーテルヌ】 【デザート ワイン】 【ソーテルヌ 格付】 【格付 ソーテルヌ】 【フランス】【ボルドー 】【ソーテルヌ】【格付2級 】【食後酒】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】【】 Chateau Rieussec シャトー・リューセック Chateau Rieussec AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe シャトー・リューセック AOCソーテルヌ プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ格付第1級『貴腐ワインの王』と呼ばれる存在の【ディケム】の隣人にふさわしい!シャトー・ラフィット・ロートシルトが所有する貴腐ワインのスーパースター!! フランス産貴腐ワインの最高級原産地「ソーテルヌ地区」において、第1級格付けを有するプレミアム貴腐ワイン。 多くの所有者の変更  18世紀、リューセックはランゴン市のカルメル会修道士が所有していましたた。しかし、フランス革命中に没収、1790年頃に「国の財産」として競売にかけられ、購入者となったのが、当時、レオニャン村のシャトー【ラ・ルヴィエール】を所有するマレイヤックでした。1855年の格付け時、リューセックの所有者はM.メイヌでした。格付けでは、ソーテルヌとバルザック地区の第1級格付けとされる。その後、リューセックの所有者は何度も変り、シャルル・クレパン(1870年頃)、ポール・デフォリ(1892年)、バニル氏(1907年)、そしてガスクトン家(サンテステフ村の【カロン・セギュール】の所有者)。戦時中はP.F.ベリー(ヴィコント・ブーゼの兄弟でアメリカ籍)、バラルスク氏(1957年)、そして最後にソーテルヌの「甘口ワイン」に情熱を注いだ、【アルベール・ヴュイエール(1971年)】でした。 ラフィットによる改革  1984年、当時のリューセック面積は、ブドウ畑が68haで、計110haを【ラフィット・ロートシルト】が購入しました。シャトーをより強化するため、選果や樽での発酵に細心の注意を払って行なうなど、上質のワインを生み出すために厳しい管理を行い、また、樽熟成期間を長くするため、1989年には新しい貯蔵庫が建設しました。2000年には、熟成用樽貯蔵庫の改修と醸造所の新設が進められ、ブドウの除梗・破砕や圧搾機に技術的な改良など、品質向上への取り組が実行されています。  リューセックでは、徹底した収量制限のため剪定は短く行い、一枝に2芽しか残しません。10~12月にかけて、100人もの摘み手が何度も畑を往復して、ブドウの房の中で貴腐化している部分だけを収穫します。ブレンドの際のワインの選別基準も厳しく、基準に満たないワインは一切使用しません。その結果、1990年代の生産量は非常に少なくなり、1993年にはリューセックの名のワインは1本も作られないほど厳しいものです。  こうして生み出されたワインは【世界最高峰の甘口ワイン】と言われるソーテルヌの魅力が、たっぷりでその存在感は大きいものです。深みのある金色、蜂蜜のような濃密さ、芳醇な風味、豊かなアルコールとねっとり感。そして格別の深みが感じられるのです。この深みこそがリューセックの最大の魅力です。 熟成させるほどにその深みに複雑さが加わり、さらに魅力を増す、ソーテルヌらしい力強い貴腐ワインを飲みたい方には、是非ともオススメしたいワインになっています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ソーテルヌ・アペラシオンの中心部に近づくと、シャトー・リューセックとその見晴らしい台が最も高い丘の斜面に見えてくる。ガロンヌ河の左岸を見下ろすファルグとソーテルヌの丘の斜面に広がるリューセックの畑は、ディケムに次ぐ標高にある。ボルドーのシャトーとしてはまったく驚きですが、単一区画の畑となっており、そのかなりの部分が神聖なるディケムの畑に隣接している。  リューセックは常に傑出した評価を得ていますが、1971年にアルベール・ヴュイエールに買い取られてからは、新樽が増えたことと、ボトリティス菌が多いブドウだけを収穫するためにより頻繁に畑に出るようになったことによって、品質がさらに大幅に改善された。実際には、リューセックの批評家の中には、ヴュイエールのワインは、熟成すると色があまりにも濃くなりすぎる(例えば1976年のように)と主張する者もいた。ヴュイエールは、リューセックをドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトに売却した。ロートシルトは、リューセックのワイン造りの為なら金を惜しまず、妥協を許さない。その結果、常にこのアペラシオンの最高の3つか4つに数えられる。真に深みのあるワインができ上がった。おそらく、裕福なコレクターたちは、2001年、1990年、1989年、1988年のどのヴィンテージが最も深みのあるリューセックであるか、何十年にもわたって論議し続けることだろう。  リューセックは、蜂蜜をかけたような力強さとローストされたと言ってもいい芳醇さのあるスタイルで、途方もない息の長さと偉大な明確さを見せる。このワインは、深みのある色調で総じてアルコール度数が高く、秀逸なねっとり感がある。リューセックはまた「R」と呼ばれる辛口の白ワインを造っている。このようなワインはキャッシュフローの問題を大幅に解決してくれ、「R」は辛口のソーテルヌの中で最も人気のある最良のワインの1つである。 一般的な評価  ラフィット・ロートシルトが買収して以来、リューセックは、ソーテルヌの正当なスーパースターになった。 平均年間生産量:6万本 畑 面積:75ha 平均樹齢:25年 植樹密度:7500本 平均収量:15hl/ha 育て方:発酵と18~30ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過も行う。 ブレンド比率:セミヨン92%、ソーヴィニョン・ブラン5%、ミュスカデル3% 所有者:バロン・ド・ロートシルト(ラフィット) シャトーリューセック 1995 AOCソーテルヌ プルミエグランクリュクラッセ 格付第1級 Chateau Rieussec 1995 AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe 極甘口 白 ワイン 送料無料,お買い得

シャトーランシュバージュ 1988 AOCポイヤック メドック格付第5級 Chateau Lynch Bages 1988 赤 ワイン 数量限定,限定セール

Chateau Lynch Bages シャトー・ランシュ・バージュ1855年の格付け時に5級だったにもかかわらず、ときに「スーパーセカンド」とも呼ばれる!!絶好のロケーションにある“シャトー・ランシュ・バージュ” 格付けは5級ながら、スーパーセカンドの1つにあげられるスーパーシャトー。1980年代後半以降、毎年安定して高い品質のワインを造り続けています。『貧者のムートン』と言われることもありますが、最近は値段も上昇傾向にあります。  畑は北側のムートン・ロスチャイルドとラフィット・ロスチャイルド、南側のピション・ラランドとピション・バロン、ラトゥールの中間にある抜群のポジション。ワインのスタイルは元気いっぱい、開放的、率直、明快。難しいところがなくとっつきやすいけれどポイヤックらしさや品格は失いません。「貧者のムートン・ロスチャイルド」 とも評される実力派です。  ランシュ・バージュは間違いなくトップ5に入ってくる素晴らしい仕上がりです。若い内はややとげのあるタンニンとアルコール感の強さが、近寄り難い印象を与えていましたが、熟成でまろやかな口当たりに変貌しており、格付けシャトーの実力を目の当たりにする事が出来るワインとなっています。 近年は毎年のように様々な評論家が高得点を連発しています。例えばその一人にヒュー・ジョンソン氏がいます。彼は「ランシュ・バージュは決まって人気の高いシャトーで、今では常に花形のひとつに数えられる。強靭で芳醇。見事に濃密でブラックベリーのフレーバーがある。」と大絶賛し、5つ星中4つ星を付けました!  良年の恵みを感じる深く、カシスやブラックベリー甘いフルーツの果実味。香りはイチジクや黒系果実の濃厚な甘やかさと 西洋杉や樽のローストしたニュアンスを感じます。バラやミント、スパイス、スモーキーなニュアンス。タンニンは感じますが、たっぷりとしたタンニンは程良く溶け込み、堅牢というよりは、どちらかというとなじみやすく酸味も控え目、ジューシーな口当たり。果実味と絡みながら、丸くヴェルベットのような極上の舌触りを演出、 ランシュ・バージュらしさが際立つ見事な味わいです。偉大なワインの片鱗が感じられます。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック / メドック格付第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィ二ヨン73%、メルロー15%、カベルネフラン10%、プティヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【JEAN MICHEL CAZES 】 【ジャン・ミシェル・カーズ 】 【ランシュ・バージュ 】 【ランシュバージュ 】 【赤 フルボディ 】 【ポイヤック格付 】 【ポーイヤック】 【メドック格付】 【ランシュ バージュ 】【ランシュ ヴァージュ 】【ランシュバージュ 】【オーバージュ アヴロー 】【オー バージュ アヴロー 】【ジャン ミシェル カーズ】 【メドック格付第5級 】【格付5級 格付五級 】【AOC ポイヤック 】【パーカー 5つ星 】【クラスマン 】【ワインスペクテーター 】【ゴーミヨ 】 【Chateau Haut-Bages Averous】 【アヴルー】 【オー・バージュ・アヴルー】 【オー バージュ アヴルー】 【】 Chateau Lynch Bages シャトー・ランシュ・バージュ Chateau Lynch Bages シャトー・ランシュ・バージュ ポイヤック好きは、必飲!『2級に格上げすべき』と言われる誰もが認める、ボルドーの逸品!フランスのボルドー地方ポイヤック村を代表するワイン、そしてワイン好きなら誰もが憧れてしまう逸品。それが、このシャトー・ランシュ・バージュです。 格付けこそ5級とされていますが、現在では『2級の品質に相当する』という高い評価を受けているのが【シャトー・ランシュ・バージュ】です。その高評価は決して最近のことではありあません。“バージュの丘”と呼ばれるポイヤックでも最良のブドウが採れる土地に畑があり、最良のカベルネ・ソーヴィニヨンが収穫されることは古くから有名でした。  良質のブドウから出来るワインは非常に凝縮し、ミネラル分が豊富で、スパイシーな香りが特徴的です。若いうちからタンニンもまろやかで、口当たりが良く、エレガントさも感じさせてくれます。 「典型的な長期熟成型のワイン」 と賞されるランシュ・バージュは、メドック格付5級ですが、その実力は決して侮れません。格付けを遥かに超えた味わいがあります。 メドック最良の地域の一つ  メドックで最も有名なアペラシヨンと言えば、5つの1級シャトーのうちの3つが集中しているポイヤックではないでしょうか。その中でも、良いワインが産れると評されるブドウ畑は、大きく分けて3地域あります。一つは、ポイヤック最南端の【サンジュリアン】と【ポイヤック】の境界線の一帯です。3地域の中で最もジロンド川に近く、【ラトゥール】【ピション・ロングヴィル・バロン】などがある地域になっています。  もう一つは、ポイヤック最北端の、サンテステフとポイヤック境界線の一帯。3地域の中では最も海抜が高く、ちょうど小高い丘になっています。ここには【ラフィット・ロートシルト】【ムートン・ロートシルト】といったシャトーがあり有名です。そして、最後の一つが、5級であるランシュ・バージュを頂点としてその周りに広がっている、通称『バージュの丘(プラトー・ド・バージュ)』と呼ばれるエリアです。 “バージュの丘”の頂点  2号線を、ラトゥール、ピションロングヴィル・バロンなどを通り過ぎて北上していくと、ランシュ・バージュが所有する4ツ星ホテル「シャトー・コルディアンバージュ」が見えてきます。そこからラトゥールの辺りほどの傾斜ではありませんが、坂がありランシュ・バージュを過ぎた辺りから、今度はポイヤック村に向かって下っていくのです。  実際にランシュ・バージュのシャトーの前に立ってみると、その傾斜、海抜の高さが実感できます。東にはジロンド川、北東にはその昔ワインの積み出しで栄えたポイヤック村が広がります。そして北西には、ランシュ・バージュとセカンドワインである【オー・バージュ・アベルス】の畑が斜面となって北側へ下っていて、道路を過ぎるとまたムートンなどのポイヤック北側にあるシャトーに向かって上りの斜面となっていくのです。  ちょうどこの地域は、ジロンド川によってもたらされた砂利が堆積している、非常に水はけの良い場所です。ランシュ・バージュが所有する90haのブドウ畑は、このようにポイヤックを代表するような絶好のロケーションにあるのです。 細部にわたって徹底した管理  ランシュ・バージュのブドウ畑では、カベルネ・ソーヴィニヨンが73%、メルローが15%、カベルネ・フランが10%、プティベルドが2%植えられています。収穫は全て手摘み、選果はブドウ畑の中で行います。醸造所に運んできた後は、除梗・破砕をしてから、タンクの中にポンプを使ってブドウの粒を搬入するという、【ラフィット】と同じ方法を取っています。 醸造は、合計33基あるステンレスタンクの中で行い、ほぼ28~30℃の温度でアルコール発酵の後、果皮浸漬を行います。アルコール発酵開始から果皮浸漬終了までは、大体20~30日となっています。  その後、ワインを一旦地下にあるタンクに移し、ワインの中に残っている粕を取り除いてから再度タンクへ戻し、マロラクティック発酵を行います。しかし、全てのワインを同じように行うのではなく、全体の30%は新樽の中でマロラクティック発酵させます。30%の理由は「マロラクティック発酵をタンクで行ってから樽に入ると、最終的にワインについている樽香が、4月に行うプリムールの試飲の際に間に合わず、正確な判断を得るために、プリムール用のワインに早く樽香を付けるために、樽の中でマロラクティック発酵を行うのです。」との理由でした。  通常、9月に収穫されたブドウは、約2年間はシャトーの中で醸造・熟成を続け、2年後の11月頃から出荷が始まります。その間、約18ヶ月間ほど樽の中で熟成を行うため、樽香がしっかり付きます。近年は、多くのシャトーで、一部または全てのワインのマロラクティック発酵を樽の中で行い、樽香を早めにつけておくという方法が実施されています。  マロラクティック発酵が終わった後は、ブレンドが行われます。ブレンドされたワインは樽に入れられて、合計12~15ヶ月間の熟成に入ります。使用している樽は、9社~12社からと比較的多めのメーカーから購入しており、全てフレンチオーク製で、焼付けはミディアムにしています。  澱引きも、伝統的に3ヶ月に1回行い、熟成が終了した後、一旦すべてのワインをタンクに戻して、そこで卵白でコラージュを行います。格付け上位のシャトーなどと同様に、自社で瓶詰めを行うなど、最後まで徹底した管理を行います。 シャトーランシュバージュ 1988 AOCポイヤック メドック格付第5級 Chateau Lynch Bages 1988 赤 ワイン 数量限定,限定セール

シャトーカノンラガフリエール 1995 AOCサンテミリオン第一特別級B Chateau Canon La Gaffeliere 1995 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 格安,SALE

Chateau Canon La Gaffeliere シャトー・カノン・ラ・ガフリエール サン・テミリオン格付け 第一特別級B!あのネイペルグ伯爵所有の高級ワイン!「サンテミリオンの輝かしいスターの1つであり、多くのシャトーの手本」とパーカー氏も賞賛! ワイン評論家のみならず、世界中のワイン愛好家、現地の関係者からも高く評価されており、2012年の格付け改定で第一特別級Bへ見事昇格を遂げたサン・テミリオンの注目シャトー、それがシャトー・カノン・ラ・ガフリエールです。 現オーナーのステファン・フォン・ナイペルグ氏の惜しみない努力により、品質の高いワインを造り続け、今ではサン・テミリオンのスター的な存在 にまでなりました。  畑は丘の麓の平坦な場所にあり、砂を多く含む粘土質の土壌からは【軽いワインしか作れない】と揶揄されることもありますが、それが間違っていることをワインの味できっちりと証明してくれています。 「良いワインは良いブドウから」という考えのもと、平均樹齢45年という樹に実ったブドウは、最大限まで熟させるために遅めに収穫し、畑に細心の注意を払いながら厳しい収穫制限の下でブドウを栽培しています。熟成に使う樽は80~100%が新樽、樽とタンクにワインを適宜入れ換え16~24ヶ月行います。そして、コラージュ(清澄)も濾過も行わずに瓶詰めされます。 エレガントで香り高いアロマに定評があるカノン・ラ・ガフリエールは、モダンなスタイルのワインよりやや軽めで口当たりが良いのが特徴。飲んでいても疲れることがなく、飲み手を優しい気分にさせてくれます。 しっかりとしたガーネット色。フルーツケーキ、カシス、ブラックチェリー、ローストハーブ、スパイスの濃密で華やかなアロマ。ふくよかな口当たりで、ピュアな果実味が口内を覆います。エレガントで上品、これからの熟成による変化も期待できる有望な一本です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サンテミリオン地区 / グラン・クリュ・クラッセ●ブドウ品種メルロ55%、カベルネ・フラン40%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【シャトー カノン ラ ガフリエール】 【ステファン フォン ネイペルグ伯爵】 【ボルドー サンテミリオン】 【サンテミリオン 特別級】 【AOCサンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【ヴォン ナイペルグ】 【クラスマン】【パーカー】【ゴーミヨ】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Canon La Gaffeliere シャトー・カノン・ラ・ガフリエール Chateau Canon la Gaffeliere AOC Saint Emilion Grand Cru シャトー カノン・ラ・ガフリエール AOCサンテミリオン・第一特別級Bあのシャトー・カノン・ラ・ガフリエールを始め、ラ・モンドット、クロ・ド・ロラトワール、シャトー・デギーユなどを所有する【ネイペルグ伯爵】&【ドゥルノンクール】の黄金タッグが産出すゴージャスなサンテミリオン! ワイン評論家のみならず、世界中のワイン愛好家、現地の関係者からも高く評価されているサンテミリオンの注目シャトーです。 1980年代後半からは現オーナーのステファン・フォン・ナイペルグ氏の惜しみない努力により、品質の高いワインを造り続け、今ではサンテミリオンのスター的な存在にまでなりました。 その畑は丘の麓の平坦なところにあり、砂を多く含む粘土質の土壌からは“軽いワインしか作れない”と揶揄されることもありますが、それが間違っていることをワインの味で証明しているのが、カノン・ラ・ガブリエールです。 「良いワインは良いブドウから」という考えのもと、平均樹齢45年という樹に実ったブドウは、最大限まで熟させるために遅めに収穫され、畑に細心の注意を払いながら厳しい収穫制限の下でブドウを栽培しています。熟成に使う樽は80~100%が新樽。コラージュも濾過も行わずに瓶詰めされています。 ここのワインは比較的早熟なタイプで、飲み頃が続くのは収穫後5~20年くらい。評価の高い1980年代後半以降のものは、今がちょうど飲み頃といえそうです。リッチな果実味とオークの風味が調和し、幾重にも層を織り成す厚みのある味わいが楽しんでいただけることでしょう。抜群のコストパフォーマンスのワインです。ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  コート・サン=テミリオンの1つ、カノン=ラ=ガフリエールのブドウ畑は、丘陵のふもとの平坦な砂礫質の土壌にある。ここは20年以上にわたって広く宣伝され、軽く、個性のない、凡庸なワインを、驚くほど高い値段で売っていた。しかし、1985年に若く、才気あふれるステファン・フォン・ネッペールが責任者となって以来、こうした状況は劇的に変化した。事実、サン=テミリオンでカノン=ラ=ガフリエールほど目覚しく改善されたシャトーはほかにないであろう。  このシャトーの近年の成功をもたらした変化としては、ブドウを最大限に熟させるために遅く収穫すること、貧弱な出来のものをセカンド・ワインに回すこと、樽内でのマロラクティック発酵、ミクロ・ビュラージュ、収量を極めて低くすること、澱に接触したまま熟成させること、そして100%のオーク新樽で14~16ヶ月寝かせた後、清澄処理も濾過処理もせずに瓶詰めすることなどがある。その結果、サン=テミリオンで最も豪勢で、際立ったワインがいくつも生み出された。ここは明らかに、このアペラシオンのスター的存在であり、それは1980年代後半以降のヴィンテージが見事に証明している。 一般的な評価  ステファン・フォン・ネッペールの相当な情熱と、構想と、品質の肩入れによって運営される、卓越したサン=テミリオンのシャトーの1つである。所有者の甚大な努力のおかげで、このシャトーは1988年以来ずっとサン=テミリオンですば抜けた成績をあげている。できる限りすばらしいワインをつくるためには金を惜しまないため、カノン=ラ=ガフリエールは最高品質を目指す所有者が手塩にかけて育てたシャトーとなっている。ボルドー全体とは言わないまでもサン=テミリオンの輝かしいスターの1つであり、多くのシャトーの手本となってきた。この豪奢なワインは、その品質からすればリーズナブルな価格で売られている。 平均年間生産量:5~6万本 畑 面積:19.5ha 平均樹齢:40年 植樹密度:5500本/ha、平均収量:35~40hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理された木製槽でピジャージュを行いながら、18~26日間。収量の90~100%は樽内マロラクティック。 熟成は澱に触れたままオークの新樽で14~18ヶ月。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー55%、カベルネ・フラン40%、カベルネ・ソーヴィニョン5% 所有者:ネイペルグ伯爵 シャトーカノンラガフリエール 1995 AOCサンテミリオン第一特別級B Chateau Canon La Gaffeliere 1995 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 格安,SALE

クロデュマルキ 1996 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Clos du Marquis 1996 AOC Saint Julien 赤 ワイン 全国無料,爆買い

Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキサン・ジュリアンの王!レオヴィル・ラス・カーズのセカンドワイン! 【シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・バロン】、【シャトー・コス・デス・トゥルネル】らと肩を並べスーパーセカンドの代表格、メドック格付け第二級の【レオヴィル・ラス・カーズ】は時には5大シャトーをも上回ります。  40ヘクタールを超えるメインの畑は、5大シャトーの一つである【シャトー・ラトゥール】と面しており、非常に恵まれたテロワールなんです。 また、その名声や恵まれたテロワールに甘えずブドウ栽培、ワイン造り、細部に至るまで、情熱を持って丁寧に何よりも努力を忘れず造られていることもワインファンの心を捉える秘訣かもしれません。 2006年ヴィンテージまではメドック格付け2級の【レオヴィル・ラス・カーズ】のセカンドワインとされていましたが、現在ラス・カーズに使われている区画の外側にある独立した区画のブドウと、ラス・カーズには使用出来ないと判断されたラス・カーズ区画のブドウから造られていました。  しかしながら2007年よりラス・カーズ区画のブドウから【ル・プティ・リヨン・ド・マルキ・ド・ラス・カーズ(Le Petit Lion du Marquis de Las Cases)】 という名前の真のセカンドが造られる事になり、こちらは独立したワインとなりました。侯爵(=マルキ)の畑という名前の由来である専用の畑で、ラス・カーズとは全く別の性格を持し、 セカンドでなくなった今でもドゥロン家の所有のシャトーとしてリリースされています。 「周囲のレオヴィル・バルトン、ポワフェレ、タルボらと同じまたはそれ以上のワインでありサン・ジュリアンのテロワールの典型を表現する別のワインなのです」 と現在のオーナーであるユベール・ドゥロン氏は公言しています。 また、ロバート・パーカー氏からも優良の年にはメドック格付け4級あるいは3級並み だと評価されていることから、その実力は間違いなしです!! 【限りなく1級に近い】と賞されている【レオヴィル・ラスカーズ】は、『特別なことをしなくてもテロワールが良ければいいワインが出来る』というお手本のようなシャトーなのです。  本家のラス・カーズにとって1986年は20世紀に造られた中で間違いなくトップ3に入る素晴らしいワインを生み出した年でしたが、もちろん当時セカンドだったこのワインも特筆すべき資質を備えています。ラス・カーズゆずりのエレガントな舌触り、完熟した果実から生み出された深みと奥行き、味わいの各要素は完璧な調和を見せており、偉大なボルドーというに相応しいワインです。既に飲み頃を迎えており、この先10年は楽しめるポテンシャルを秘めています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・第2級 / セカンドワイン●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【メドック サンジュリアン】 【カベルネ ソーヴィニヨン】 【ソーヴィニョン】 【デュロン家】【格付 サンジュリアン】【サンジュリアン 赤 辛口 】 【クロ デュ マルキ 】【ラスカーズ セカンド 】【フランス 】【ボルドー 】【サンジュリアン】【サン ジュリアン 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキ クロ・デュ・マルキ メドック格付第2級 AOCサン・ジュリアン シャトー・レオヴィル・ラスカーズ・セカンド・ラベル Clos du Marquis Second wine AOC Saint Julien サンジュリアンの極上シャトー!!人気・実力共にナンバーワンのスーパーセカンドです。 メドック地区・サンジュリアン村にある、人気の「レオヴィル3兄弟」の一つです。かつて同じ畑だったレオヴィルが3分割されたのですが、当時の所有者の名前にちなんでこのラスカーズの名が付けられました。 ラスカーズは、常に“メドック1級並みの品質をもつ2級”という意味の「スーパーセカンド」の筆頭として挙げられ、サン・ジュリアン村で最も高い評価を受けています。  主要な畑は有名な1級シャトー【ラトゥール】に隣接し、ラベルにも描かれているトレードマークのライオンが座った門と、石垣に囲まれています。ジロンド川によって運ばれた砂利が堆積した、水はけの良い土壌を生かして、主にカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されています。  ワインは、サンジュリアンの中では最も色が濃く、飲み頃になるまでに10~15年の年月が必要と言われる晩熟タイプ。サンジュリアンは“ポイヤックの力強さとマルゴーの繊細さを併せ持つ”と評されますが、このワインはややポイヤック寄りの、個性の強い味わいです。タンニンがたっぷりあり、ボリュームがあり、凝縮感もあり、1級のものに引けをとらないほど深遠なものに仕上がっているのです。  前オーナーのミシェル・ドゥロン氏は、80年代、90年代と、メドックで最も偉大と言われるワインを造り続けました。彼は、ボルドーでも有名な完璧主義者で、86年のようなグレート・ヴィンテージの年でさえ、収穫量の50%以上を格下げしてしまったほど品質にこだわり続けました。近年は、彼の息子が跡を継ぎ、こだわりのワイン造りを行っています。たとえば、ブドウの樹の植替えには全て「マサル・セレクション」 という方法をとっています。 これは、畑の中から優れたブドウの樹を選別し、その枝から苗を育て台木に接ぎ木する方法で、非常に手間の掛かる作業です。  また、石壁に囲まれたラスカーズの中心の畑から採れたブドウで作ったワインであっても、ラスカーズの品質に満たないと判断された時には、決してブレンドには加えることはありません。平均すると、生産量のわずか「30%」しかラスカーズにならないという、非常に厳しい基準があります。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり、偉大なボルドー・ワインの1つである。40haを超える主要な畑はラトゥールに隣接しており、絵のように美しい。石垣に囲まれており、ワインのラベルにも描かれている。ボルドーでも最大級のシャトーで、ワインの品質にかける入念さや熱心さの点では、並ぶものこそいくつかあるにせよ、どこにも負けていない。責任者は故ミシェル・ドゥロンだったが、近年は、彼の息子であるジャン=ユベールが務めている。ミシェル・ドゥロンは気位の高い男で、尊敬を集めていたが、同じくらい軽蔑もされていた。  完璧主義者であったが、彼を批判する人々は、そしてその数は多いのだが、彼が策略をもってワインを売ると主張する。その主張によれば、偉大なヴィンテージには出し惜しみをしてささやかな量しかつくらず、人為的に価格をつり上げていたと言うのである。もっとも、その華麗な品質にけちをつけることは誰にもできまい。彼のワインは、サン=ジュリアンのみならず、メドック全体で最上のワインを造ろうというマニアックな執念の産物ばのである!   1986年のような豊作のヴィンテージに収穫高の50%以上を、あるいは1990年のように67%という驚愕すべき量を格下げしてしまう人物がほかにいるだろうか? セカンド・ワインだけでなくサード・ワイン(ビニャルノン)をも導入する人物は? 空調のきいたシェ(ワイン蔵)に気前よく大理石の床を敷く人物は? 彼が好きか嫌いかはともかく、ミシェル・ドゥロンは補佐役に有能なミシェル・ロラン(リブヌルのエノロジストではない)やジャック・ドポワジエを従えて、1980年代、1990年代のメドックで最も偉大なワインの1つをつくり続けた。その息子も父親の方針を踏襲するにとどまらない能力を持っているようだ。  第二次世界大戦後のワインにはムラがあったが、1975年以後は連続して成功を収め、2000年、1996年、1995年、1994年、1990年、1986年、1985年、1982年、1978年、1975年のようなヴィンテージには完璧に近いワインが生まれている。事実、これらのヴィンテージでは、メドックの第一級シャトーのほとんどと同じくらい深遠なワインとなっているのだ。  サン=ジュリアンにおける主要なライバルであるデュクリュ=ボーカイユーと比較すると、レオヴィル=ラス・カーズのワインは、色合いがわずかに暗く、よりタニックで、よりスケールが大きく、より凝縮味がより強く、言うまでもなく長期の貯蔵を念頭に置いてつくられている。伝統的なワインであり、適度な飲み頃になるまで10~15年待てるだけの忍耐力を持ち合わせた事情通向けのワインである。ボルドーの1855年の格付けが見直されるようなことがあったら、レオヴィル・ラス・カーズは、デュクリュ=ボーカイユーのように、今ひょっとするとレオヴィル・バルトンやグリュオー・ラローズも一級への昇格が熱心に支持されることだろう。 一般的な評価  レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン=ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。一貫して一級並みの品質となっており、1980年代、1990年代の成績は注目すべきものだった。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。サン=ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内にとどまっている。投機家好みのワインではないのでオークションで見かけることはめったにないが、消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。セカンド・ワインのクロ・デュ・マルキも優良であり、最良のヴィンテージには三級や四級のワインに引けをとらない。 平均年間生産量:21万6000本 畑 面積:97.2ha 平均樹齢:30年、植樹密度:8000本/ha、平均収量:42~50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製、コンクリート、ステンレスの槽で12~20日間。熟成はヴィンテージによって新樽50~100%で12~24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド3% 所有者:SCデュ・シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(ドゥロン家) クロデュマルキ 1996 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Clos du Marquis 1996 AOC Saint Julien 赤 ワイン 全国無料,爆買い

シャトーデュクリュボーカイユ 1972 Chateau Ducru Beaucaillou 1972 赤 ワイン 新品,安い

Chateau Ducru Beaucaillou シャトー・デュクリュ・ボーカイユレオヴィル・ラスカーズの力強さより風味の美しさと、洗練さに秀でていると言われるサンジュリアン格付第2級!これぞ元祖スーパーセカンド!! 山吹色のエチケットがトレードマークの【デュクリュ・ボーカイユ】 。誰でも一度目にしたら忘れられない印象的なこのボトルは、今昔問わずワイン通に愛されてきた有名シャトー!特筆すべきはテロワールで古ガロンヌ河により運ばれた直径5センチにもなる大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質になっています。ブドウ栽培に向いた最高のテロワールであり、そのサン・ジュリアンらしい複雑なテロワールの味わいはボトルにも確かに反映されています。  デュクリュ・ボーカイユはもともとは【ボーカイユ】として、定評があったシャトーですが1795年にベルトラン・デュクリュ氏が買い取り、品質の向上に務めました。その際シャトーの名前は現在の【デュクリュ・ボーカイユ】へ変更となり、1855年のメドック格付けの際には2級とになりました。  その後、相続や買収でのオーナー変更が数度ありましたが、名声は落ちず1941年に現在のオーナーのボリー家の手に渡ります。このボリー家というのが、家族揃ってワイン造りの達人で、現在ではポイヤックの【シャトー・オー・バタイエ】【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト】【シャトー・ラグランジュ】の一部を買い取り醸造を開始しました。また、サン・ジュリアンの【シャトー・ラランド・ボリー】、リストラック・メドックの【シャトー・デュクリュゾー】など数多くのワイナリーを経営しています。 ロバート・パーカー氏は 「投資の対象というよりは、ワイン通が好んで買うワインなのである。品質に対するコストパフォーマンスの点では、ボルドーのスーパーセカンドで最も興味深いワインの1つだ。」 (『ボルドー第四版』より)と評価しています。  また、このシャトーにつき特筆すべきはテロワールです。レオヴィル・ラス・カーズやラトゥールなどに近い畑 は、古ガロンヌ河によって運ばれた、5cm程の大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質。その名前の元になった「ボーカイユー(美しい砂利・小石、の意味)」という言葉のとおり、多くの砂利が体積した、ワイン栽培には最適な土壌となっているのです。  味わいは、サン・ジュリアンでも最高級のテロワールが表現されています。「エレガントでバランスが良く、気品漂う」 と評され、しっかりとしたタンニンはありますが、優雅で繊細な香りとしっかりしたボディ。ブドウの収穫は全て手摘みで行い、ブドウ畑の中で選果を行います。畑で選果を行うのは、醸造所まで移動させているごく短い時間であっても、状態の悪いブドウと健全なブドウを触れ合わすことが無いように、という配慮からだそう。  熟成が進み飲み頃を迎えると、上品さ、味わいのバランスの良さは群を抜くワインながら、飲み頃が来るまで非常に長い時間を要する、正に飲み手に忍耐を強いるワインです。       十分に黒味を帯びた紫色で、クレーム・ド・カシス、ブラックベリーのジャムのような濃厚な黒系果実やスミレの花、リコリス、ガナッシュ、スモーキーなアロマ。ブラックベリーやカシスの黒系果実の柔らかな香り。ミネラルやコーヒーのニュアンスもあります。デュクリュ・ボーカイユの畑の特徴である砂利のニュアンスも感じられます。カベルネ・ソーヴィニヨン由来のリッチで力強い味わいが特徴的で、力強さだけではなく、きめの細かいタンニンと酸があり、造りの良さを感じさせます。 また、非常に調和の取れた素晴らしくエレガントな味わいで、重過ぎません。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 シャトーデュクリュボーカイユ 1972 Chateau Ducru Beaucaillou 1972 赤 ワイン 新品,安い

シャトーカロンセギュール 1982 AOCサンテステフ メドック格付第3級 Chateau Calon Segur 1982 AOC Saint Estephe 赤 ワイン 全国無料,新品

Chateau Calon Segur シャトー・カロン・セギュールハートのエチケットが印象的。ラフィットやラトゥ-ルを設立したセギュ-ル侯爵が一番愛したシャトー! しばしば一級シャトーに匹敵するほどのワ インを生産し、大きな成功を成し遂げます。 日本でもすっかりおなじみの、ラベルのハートマークが印象的な【カロン・セギュール】ですが、サン・テステフ村の最北端のメドック格付け3級格付けという高い格付けに恥じないワインを造っています。18世紀に当時ラフィットやラトゥールを所有していたセギュール侯爵が残した言葉「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」 はあまりにも有名ですね。  当時から1級シャトーにも劣らない魅力的なワインをリリースしていたのです。1960年代以降はスランプが続いていましたが、1990年代以降、オーナーであるマダム・ガスクトンによってかつてのクオリティを取り戻してきており、今では最も買い得なシャトーとも言われています。マダムの信念は「賞を取れるワインを造ることではなく、偉大なワインを愛してくださる消費者の方々に、飲んで楽しめるものを贈ること」。  近年、凝縮感を特徴としたモダンなスタイルへシフトするシャトーがあるなか、長年愛されてきた、熟成によって花開くクラシックなボルドースタイルを追求するシャトーなのです。 ハートがモチーフのラベルデザインから女性的なイメージを抱きますが、実は香り高く、豊満で力強いワインです。熱い想いを伝える贈りものに、また大切な方とロマンティックな時間を過ごすのに、このワインほどふさわしいものはないのでは。。  カシスやプラム、クランベリーなどの凝縮した赤・黒系果実の香りや、スモークナッツ、バニラ、シナモンや黒コショウ、クローヴなどのスパイス、チョコレートや鉛筆の芯といった、実に様々なニュアンスが時間の経過と共に顔を出します。リッチな果実味が感じられる、骨格がしっかりとした造りです。  甘味を伴ったタンニンが優しく感じられ、心地の良い苦みがアクセントとなっています。一口毎に変化を感じることができる上質な味わいで、じっくりと向き合って楽しみたい、深遠な魅力を放つ赤ワインです。サン・テステフらしい濃厚で力強さもある、上品な印象のある赤ワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2〜4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ●生産国フランス●地域ボルドー、メドック地区サンテステフ村・格付け第3級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー40%、カベルネ・フラン15% ●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】【カロンセギュール】 【サンテステフグラン クリュ クラッセ】 【サンテステフ格付】 【サン・テステフ】 【カロン セギュール】 【カロン サンテステフ】 【ハートボルドー】 【AOC サン テステフ】 【CH. CALON-SEGUR】 【サンテステフ 】 【ゴーミヨ誌4つ星 】 【ヒュージョンソン氏3つ星 クラスマン2つ星(Wスター) 】 【パーカー4つ星 】 【プリムール ワイン 】 【ボルドー プリムール 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 hateau Calon Segur シャトー・カロン・セギュール シャトー・カロン・セギュール AOCサンテステフ メドック格付第3級 Chateau Calon Segur AOC Saint-Estephe 『われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり』ハートマークが人気のカロン・セギュール!ロバート・パーカー氏は4ツ星★★★★生産者!ラフィットやラトゥ-ルを設立した、セギュ-ル侯爵が一番愛したシャトー。優美でエレガント、かつ深遠なるスタイル。 そのスタイルはいわば「サン・テステフにおけるシャトー・マルゴー。」 しなやかで優美な中に芯の強さを秘めたワインを目指しています。  秀逸なサン・テステフ村の第3級ワインで、力強さとフィネス感をあわせ持ち、ハートのラベルで高い人気を誇っている【カロン・セギュール】。ラベルのハートマークは、かつてラ・フィット、ラ・トゥールも所有したセギュール侯爵がこのワインを最も愛したゆえに付けられたと言われています。 人気の映画俳優【ジョニー・デップ】が「マダム・フィガロ」誌とのインタビューで、大好きなワインとしてこのカロン・セギュールを挙げていました。  サン・テステフの個性ともいえる、上品な酸味と滑らかなタンニン分が完全に調和している。口に残る果実のアロマも長く、1級シャトーに匹敵することもしばしば。恐ろしいほどの果実実で長命なワインです。力強さと品質の高さに反比例するリーズナブルな価格の為、ファンも多く、毎年リリース後完売するペースはグランヴァンの中でも1、2を争います。 ハートのマークで人気のワイン!【シャトー・カロン・セギュール】は、メドック、サンテステフ村の12世紀からの古い歴史を持つシャトーです。1855年のメドックの格付けで、第3級に格付けされたシャトー。ここ数年の評価はとても安定していて素晴らしいワインをリリースしています。カロン・セギュールのブドウ園は、メドック地区の格付けシャトーの中で最北端に位置しています。鉄分の多い石灰岩が底土のカロン・セギュールでは、色調が濃くて果実の芳香豊かなフルボディの長命なワインが造られます。作付けはカベルネ・ソーヴィニヨン65%が主。他メルロ、カベルネ・フラン。 カロン・セギュールのハートラベルの逸話! 18世紀、シャトー・カロンはセギュール侯爵が所有者でした。彼はこのシャトーのほかにシャトー・ラフィットとシャトー・ラトゥール(どちらのワインもメドックのグランクリュの格付けで第1級のワインでボルドー最上のワイン)を所有していましたが、友人たちに『我、ラフィットやラトゥールをつくりしが、我が心カロンにあり』 といって驚かせました。  そんなセギュール侯爵のカロンに対する気持ちが現在のカロン・セギュールのラベルの中に今も生き続けているのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」より  底土は砂礫と鉄分の多い石灰岩という、サンテステフのコミューンの最北区域にあるカロン・セギュールは、格付けシャトーとしては最北端である。カルベン・ガスクトン夫人が所有者で、シャトー在住である点は近隣のモンローズと同様である。珍しい丸屋根と2つの塔のあるカロン・セギュールの白いシャトーは、あたりの風景を圧する趣だ。シャトーの周囲には石壁というか、囲いがめぐらされている。これはブルゴーニュではよく見かけるがボルドーでは珍しい。 カロン・セギュールの歴史はローマ時代にさかのぼる。この頃、サンテステフのコミューンは、「デ・カロネス」として知られていた。ワインを生産するシャトーとしての名声は、18世紀、セギュール侯爵のものとされている有名な言葉によっていよいよ増したことは間違いない。彼は、「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」と言って友人を驚かせたのである。カロンに対する彼の思い入れは、カロンのラベルにあるハートの中に今も生き続けている。  20世紀の大半、やるべきことはすべてやってきたおかげで、カロン・セギュールはしばしば一級シャトーに匹敵するほどのワインを生産するまでになった。1940年代後半から1950年代にかけてのボルドーで、これに匹敵する成果をあげたシャトーはないに等しい。1953年の後は、1982年まで、本当に深みのあるワインが造られたことはなかった。その間も悪くはなかったのだが、1960年代、1970年代は最高の年のものでさえ、かすかに酸化しており、果実味がくたびれていた。時には、カビ臭さがあったり古い木の味わいが強すぎたり、収斂味の強いタンニンが多すぎたりするものもあった。ボルドーの内情に精通した者の間では、セラー内でのワインの育て方、いわゆる(エルバージュ)が原因ではないかと考えられていた。また、瓶詰めが遅すぎたとか、澱引きや古い樽の清掃が、投げやりとは言わないまでも、丁寧でなかったことが多かったのだろうとの考えられていた。  1982年以降、カロン・セギュールは自分のスタイルを取り戻し、1988年、1989年、1990年、1995年、1996年には上質のワインを造り出した。この歴史ある偉大なシャトーは1970年代にその方向性を見失ったかに見えたが、今では力強く立ち直り、そのワインは、スタイルこそ大きく異なるが、コス・デストゥルネルやモンローズに迫るほどのものになっている。ガクストン夫人なら(亡命中であれば、彼女の夫君も)こう言うだろう。サンテステフのすべてのシャトーのうち、カロン・セギュールが最も忠実に、伝統的なスタイルの、成長し花開くまでの時間のかかる、長命なワインをつくり続けていると。この点では異論はない。伝統を重んじる人々には、この美しい、歴史的に重要な、有名な1855年の格付けでは(地理的な意味合いで)最後に名のあがる格付けシャトーの近年の労作を、検討してみるようおすすめする。 平均年間生産量:28万本 畑 面積:55ha 平均樹齢:35年 平均産出量(過去5年間):40hl/ha 育て方:ブドウは手摘み。発酵はかなり長く(3週間)、温度調節された発酵槽を使用。 生産量の20%については新品の大樽でマロラクティック発酵。 残りについては、18~20ヵ月くらいかけて発酵槽でマロラクティック発酵させ、完了後、オーク樽に移される。うち新樽は30%。 清澄処理はされるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー40%、カベルネ・フラン15% シャトーカロンセギュール 1982 AOCサンテステフ メドック格付第3級 Chateau Calon Segur 1982 AOC Saint Estephe 赤 ワイン 全国無料,新品

シャトーラトゥールブランシュ 1996 AOCソーテルヌ プルミエクリュクラッセ格付第一級Chateau la Tour Blanche 1996 1er Cru Classe AOC Sauternes 白 ワイン 極甘口 貴腐ワイン 人気セール,定番

Chateau la Tour Blanche シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ1855年のソーテルヌ格付で、あのシャトー・ディケムの次に最高級にランクされたソーテルヌの“プルミエ・クリュ・クラッセ”!!「18世紀よりつづくシャトー・ラ・トゥール・ブランシュは、ソーテルヌ地方ボンムのシロン河を覗く丘に位置しています。 1855年のソーテルヌ・バルサックの格付けでは、イケムに次ぐ一級の高い評価を受けていました。  1909年以降、当時の所有者がシャトーを国へ遺贈することにしたため、フランス農務省が管理・運営する、ブドウ栽培やワイン醸造の技術者を養成する国営の農学校「ラ・トゥール・ブランシュ・栽培醸造学校」へと生まれ変わります。  しかし、その結果ワインが生徒達の実習の産物となってしまったため、品質の低下が顕著となり、過去の名声は落ちてしまいます。しかし、国もその事態に気付き、 名声を取り戻すために動き始めます。1988年に100%新樽を使用する事になって著しく改善され、続いて1989年には発酵が完全に新樽の中で行われるようになります。以後、過去の名声を取り戻すにふさわしワインを生産しつづけています。  現在、【シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ】は、1ヘクタールあたり僅か14ヘクトリットルという低収量でこの素晴らしいワインを生産しています。一房一房、完璧な貴腐ブドウになった状態で収穫するため、収穫は約8週間にも及びます。  収穫後丁寧に選定されたブドウは、100%新樽のフレンチオークで発酵後、16~18ヵ月熟成されます。この間も、惜しみない手間をかけ、最高の貴腐ワインを造り出します。そのこだわりは、品質の基準に満たない年はリリースしない、というポリシーからもよくわかるでしょう。実際、最近では1992年、1993年、そして2000年のヴィンテージはリリースされていません。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2〜4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ソーテルヌ地区●ブドウ品種セミヨン80%、ソーヴィニヨン・ブラン20%●タイプ白・フルボディ・極甘口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【シャトー ディケム 】【シャトー イケム 】【シャトー ド ファルグ 】【シャトー ドゥ ファルグ 】【フランス 】【ボルドー 白  】【ソーテルヌ】【AOC ソーテルヌ 】【AOC ソーテルン 】【クラスマン 】【パーカー 】【パーカー4つ星】【ゴーミヨ5つ星 】【クラスマン★★ダブルスター 】【フランス 甘口 白 】【ボルドー 甘口 白 】【ソーテルヌ 甘口 白 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau la Tour Blanche シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ Chateau la Tour Blanche 1er Cru Classe AOC Sauternes シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ プルミエ・クリュ・クラッセ・格付第一級・AOCソーテルヌボルドー最高峰貴腐ワイン!ロバート・パーカー氏は「あらゆる点からしてラ・トゥール・ブランシュは、今ではソーテルヌのアペラシオンのスーパースターの1つになった。」評価し、4つ星★★★★生産者に!! ソーテルヌ地区の1級に格付けされる【シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ】は、1855年の格付けでは、同地区の【シャトー・ディケム】に次ぐ高い評価を受けていました。しかし、当時の所有者がシャトーを国へ遺贈するため、1909年以降、フランス農務省が管理・運営する、ブドウ栽培やワイン醸造の技術者を養成する国営の農学校【ラ・トゥール・ブランシュ・栽培醸造学校】へと生まれ変わったのです。非常に珍しい事例です。  このことは非常にいい話に思われますが、ここで作られるワインは生徒達の実習材料になった為に、品質の低下が顕著となり、過去の名声は地に落ちてしまった時期もありました。しかし、国もその事態に気付き、1983年になってから収穫量を制限し発酵と熟成には新樽を100%使用するなどの改革に乗り出し、ようやく品質が向上しました。  【ディケム】と比較されたほどの素晴らしい土壌を持つシャトーだけに、持っているものは非常に優れています。価格も品質の割にまだまだ比較的リーズナブルですので、今が買い時のワインだと言えます。 シャトーラトゥールブランシュ 1996 AOCソーテルヌ プルミエクリュクラッセ格付第一級Chateau la Tour Blanche 1996 1er Cru Classe AOC Sauternes 白 ワイン 極甘口 貴腐ワイン 人気セール,定番

シャトーキルヴァン 1994 Chateau Kirwan 1994 希少 古酒 赤 ワイン 安い,新品

ボルドーで劇的に品質が向上して、まだ価格はそんなに向上していない、そんなお買得ボルドーが、キルヴァン。特に恵まれた条件で造られたヴィンテージは注目です。メドック3級の名声を持つこの格付けシャトーは、マルゴーの素晴らしいカントナック台地の絶好の地に位置しています。 古くは、優雅さと生来のフィネスが、過度の柔らかさの中で薄まっているマルゴーの典型でしたが、著名な醸造コンサルタント「ミシェル・ローラン」を迎えてから、ワインのスタイルは急速に、飛躍的に向上しました。ワインには申し分のない果実味たっぷりの酒肉、スミレとプラムが樽やアロマティックな強い余韻と見事に混じり合ったアロマがあり、すべて絶妙にバランスが取れています。深い色で間違いなく芳醇なアロマ。甘く、「新樽」の風味が強い。 力強さとフィネス、このバランスが高いレベルで保たれた見事なワインです。このワインがテロワールの高貴さを見事に表現するのは、10~20年熟成後だということを忘れてはなりません。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区マルゴーACカントナック村・第3級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン40%、メルロー30%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド10%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤フルボディ 】 【ポイヤック格付 】 【メドック格付第3級 】 【AOC マルゴー】【キルワン】 【マルゴー格付】【マルゴー AOC】【フルボディ 赤】【メドック格付】【第3級格付】【マルゴー 第3級】【シャトー キルワン】【シャトー キルヴァン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Kirwan  シャトー・キルヴァン 醸造コンサルタントとしてミシェル・ローランを迎えてから、ワインのスタイルは急速に向上し復活し人気に! 最近のものをお飲みでない方は是非お試しいただきたいシャトーです! シャトーの歴史 シャトー・キルヴァンの、1147年まで遡ることができるほどの古い歴史を持つシャトーです。1710年、【マーク・キルヴァン】が所有者となり、現在の【シャトー・キルヴァン】という名前になりました。 後のアメリカ大統領でワイン愛好家としても知られている【トーマス・ジェファソン】は、1780年に旅行記の中でキルヴァンのワインを好んだと記しています。 1789年、フランス革命が起こり、キルヴァンの土地は取り上げられます。ナポレオンの時代になって土地は戻りましたが、ガネ地区とラサル地区の畑が統合され、現在のキルヴァンの畑の原型となりました。時代の流れとともに、畑を拡大し過ぎてしまうシャトーもある中で、キルヴァンは1855年の格付けで3級のトップとされた時のまま、畑の大きさは「35ha」と増えてはいません。 1925年、1739年以来シャルトロン地区でワイン商を営む【シュレデール・エ・シラー社】のシラー家がシャトーを買取り、経営をはじめます。1970年、シラー家の三代目ジャン・アンリが、畑の再生に着手し上質のワインを厳選し、イギリス、ドイツ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグへの輸出に力を入れ、さらに北米、日本へと市場を広げていきました。 さらに、1991年からは著名な醸造家【ミシェル・ロラン】がワイン造りに参加し、急速にワインの質は向上し彼特有の果実味たっぷりで、華やかなワインになっています。2000年には家族経営の75周年を迎えるまでに至っています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  1995年までのキルヴァンもまたボルドーの1855年の格付けにふさわしい立場を維持しているとは言えない、マルゴーのシャトーの1つであった。マルゴーの多くの格付けシャトーと同じく、キルヴァンのこれまでの実績はぱっとしたものではなかった。私は昔からキルヴァンには批判的で、常に軽すぎて、さえない、精彩に欠けるワインは、格付けの威信や高い値段にそぐわないとみなしてきたが、品質は1990年台半ばから劇的に復活してきた。  キルヴァンはライトボディで、コンパクトで、酸味の強いボルドーだったが、1990年代、それも、しばしば難しいヴィンテージのワインは、色が濃くなり、肉づき、ボディと力強さが増しているようで、印象的である。価格は、向上した品質ほどに上昇していないので、 ボルドーの多くの格付けシャトーがつけている途方もない価格を嘆いている読者は、キルヴァンを見直した方がよい。 一般的な評価  キルヴァンは1990年代半ばから著しくよくなった。長年にわたって期待を裏切ってきたこのシャトーは復活し、少なくともその地位にふさわしいワインを、最上の時には三級に比肩するワインを毎年のように造っている。価格は依然としてリーズナブルである。力強さとエキス分がスタイルのワインである。「マルゴー特有のフィネス」が現れてくるかどうかは時の流れが教えてくれるだろう。 畑 面積:35ha 平均樹齢:27年 密植度:8000本/ha 平均収量:48hl/ha 育成:6~7日間の発酵と3週間のマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで行う。 熟成は新樽30~50%で18ヶ月。卵白で清澄し、軽い濾過を行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン40%、メルロー30%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド10% 所有者:シレール家 シャトーキルヴァン 1994 Chateau Kirwan 1994 希少 古酒 赤 ワイン 安い,新品

シャトーシャススプリーン 1981 Chateau Chasse Spleen 1981 赤 ワイン 正規品,お得

Chateau Chasse Spleen シャトー・シャス・スプリーン 大人気のボルドー・メドック・フルボディ辛口赤ワイン!あの『神の雫』にも登場!ロバート・パーカー氏には3~4つ星★★★~★★★★生産者で「傑出したシャトーである。一貫して上質なワインを生産し、三級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。」と大絶賛するシャトー! シャトー名である【シャス・スプリーン】は「憂いを払う」との意味で、1821年、このシャトーに滞在した英国の詩人バイロンが命名されたと言われています。グランクリュ並みの人気と実力をもち、2003年より、ブルジョワ・エクセプショネル級に格上げされています。  【シャトー・シャス・スプリーン】は、ムーリスのトップ・クラスのシャトーとして格付け以上の評価を受けています。その実力は3級以上、2級にも匹敵すると誰もが認める高級シャトーなのです。第一次世界大戦当時から1976年まではラーリ家が所有して見事なワインを生産してきましたが、その後タイヤン社を中心とするグループが買収しました。そのタイヤン社の取締役ジャック・メルローの手腕により、品質もよりいっそう素晴らしいものになり、品質もヴィンテージに関係なく安定してレベルの高いワインを生産しています。  深いガーネット色、透明度が高く輝きがあります。フレッシュなバラやサクランボ、ハーブ、リコリス、鉛筆の芯の香りが濃厚かつ複雑に香り、ほのかにバニラのニュアンスも感じられます。味わいには凝縮したサクランボや桑の実、きめの細かいしなやかなストラクチャー、タンニンも力強く、余韻も長く上品に続いていきます。若いうちは荒削りに感じられますが、熟成後はメドックでも最上の赤ワインに華開いてくれます。複雑味もありますが、全体としてのバランスに非常に優れた逸品です。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ムーリ・ブルジョワ・エクセプショネル級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド5%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【ムーリー AOC】【ムーソー AOC】【ムーリス AOC】【AOC ムーリー】【AOC ムーソー】【AOC ムーリス】【赤 フルボディ】フルボディ 辛口 赤】【シャススプリーン】【シャス スプリーン】【ムーリー】【シャトー・シャススプリーン 】【シャトーシャススプリーン 】【シャトーシャス・スプリーン 】【シャススプリーン 】【シャス スプリーン 】【ワインスペクテーター誌 】【ゴーミヨ誌 】【インターナショナルワインセラー 】【ロバート・パーカー 】【クラスマン 】【シャス=スプリーン】【シャススプリーン】【Moulis en Medoc 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Chasse Spleen シャトー・シャス・スプリーン Chateau Chasse-Spleen シャトー・シャス・スプリーン 『神の雫』にも登場!格付シャトー並みの評価を受けるムーリスのトップシャトー!!メドックでもっとも人気のあるクリュ・ブルジョワの一つ!『憂いを払う』力強さいっぱいのワイン!パーカー氏3~4ッ星生産者で、「傑出したシャトーである。一貫して上質なワインを生産し、3級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。」と大絶賛!!シャス・スプリーンは「憂いを払う」の意味で、1821年、このシャトーに滞在した英国の詩人バイロン卿の命名と言われています。 1855年に決定されたメドック格付け「1~5級」の格下、クリュ・ブルジョワに格付けされるこのシャトーを、額面どおり格下に認識しているワイン関係者、愛好家は一人もいないでしょう。 その実力は3級以上、2級にも匹敵すると誰もが認める高級シャトーなのです。  濃厚な構成とアロマの力強さは、ACムーリスではトップで、ボルドー全域で見てもトップ・クラス。 カベルネ・ソーヴィニヨン優勢の造りは、若いうちはしばしば粗削りに感じられますが、熟成後はこの問題を解決し、メドックで最上の赤ワインの一つに昇華します。  構成成分は複雑だがバランスもよく、中程度の深い豊かな色調。甘く、噛みごたえがあり、エキス分もタンニンも豊富で力強く、余韻はそうとう長い。超大作級のグラン・ヴァンなのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  シャス=スプリーンは傑出したシャトーである。過去30年にわたって一貫して上質なワインを生産し、三級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。貧弱で凡庸なヴィンテージでさえ、そのワインは突出した深みのあるルビー色や、プラムのような熟したブーケ、豊かさと松美のあるしっかりとした風味で特徴づけられている。  シャス=スプリーンの偉大なヴィンテージは2000年、1990年、1989年、1986年、1985年、1978年、1975年、1970年、1966年で、その中ではメドックのトップ格付けシャトーに匹敵するワインもある。  シャス=スプリーンはラーリー家の所有だったが、1976年に、筆頭株主をソシエテ・ベルナール・タイヤンとするシンジケートに買収された。取締役のジャック・メルローはシャトーの運営に関する多くの聡明な決定を下した。その結果、いっそうひらめきのあるワインが生まれ、1980年代の終わりには文句なしにトップクラスとなった。  4区画からなる畑は主として深い砂利質土壌で、平均樹齢が30年という多くの老木を誇る。ここは非常に伝統的な方法を今も忠実に守るシャトーである。マロラクチック発酵の後も瓶詰めの前も濾過をしない、メドックでもごく少数のシャトーの1つなのだ。現代技術に対する唯一の進歩は、ブドウの収穫の一部を機械で行うようになったことだけである。セカンド・ワインの導入、熟成用のオークの新樽使用率の引き上げ(50%)、細部に至るまでの完璧な配慮など、クレール・ヴィラールのもとでの進歩は明らかである。シャス=スプリーンが過小評価されていることに世界が気づいたため、価格に急騰した。 平均年間生産量:28万本 畑 面積:80ha 平均樹齢:30年 植樹密度:10000本 平均収量:50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスとコンクリート(エポキシ張り)のタンクで3~4週間。 熟成は毎年40%が更新されるーク樽で14~18ヵ月。清澄はするが、いまでも濾過はしていない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、プティ・ヴェルド5% 所有者:SAデュ・シャトー・シャス=スプリーン シャトーシャススプリーン 1981 Chateau Chasse Spleen 1981 赤 ワイン 正規品,お得

シャトーコスデストゥルネル 1983 メドック格付第2級AOCサンテステフ Chateau Cos d`Estournel 1983 AOC Saint Estephe 赤 ワイン 品質保証,爆買い

Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ メドック格付第一級に匹敵する高い人気!クラスマン最高評価3ツ星★★★、ロバート・パーカー氏も満点の5ッ星★★★★★生産者!第一級ラフィット・ロートシルトに隣接するサンテステフのトップシャトー! 1982年からとりわけ素晴らしいワインを生産し、格付け1級に肉薄しました。また2001年以降はさらに素晴らしいワインを生産し続けています。エチケットはシャトーの外観を写したもので、アジア風のパゴダのような美しいシャトーです。ポイヤックとの村境のすぐ北隣はなんとあの格付け一級のシャトー・ラフィットを見下ろす丘の背に位置 しています。  コス・デストゥルネルの特徴として一般的に他のシャトーよりもブレンドに使用するメルロの比率が高い、猛暑の年など困難なヴィンテージに強い と言われています。 メルロが多く含まれていることによって、サン・テステフらしい、力強いカベルネ・ソーヴィニヨンのタンニンによる骨格と、メルロの膨らみのある果実味が見事に調和し、素晴らしいハーモニーを生みます。  非常に深みのある濃い色合いで、ほのかに甘い黒系のブラックカラントやブラックチェリーの熟した果実香を主体に、オリーブやハーブ、ローストしたハーブや甘草、スパイスやコーヒー、バニラのニュアンスさらには若干スモーキーなニュアンスが感じられます。口当たりはスパイシーながらも優しく厚みのある果実味も豊かで、よく熟した硬めのタンニン、やや控えめな酸が感じられます。しっかりとした構造で力強い飲み口です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / メドック地区 / サンテステフ村 格付け第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 85% メルロ 13% カベルネ・フラン 2%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【メドック 格付第2級】【メドック グラン クリュ クラッセ】【デストネル デストーネル】【シャトー コス デストゥネル 】【シャトー コス デストゥルネル 】【デストゥールネル 】【デストーネル】 【デストネル】 【デストゥーネル】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【サンテステフ 赤 辛口 】【AOC サン テステフ】 【赤 フルボディ 】【メドック 格付 】【AOC サン テステフ 】【サン・テステフ 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ  メドック格付第一級に匹敵する高い人気!クラスマン最高評価3ツ星★★★、ロバート・パーカー氏も満点の5ッ星★★★★★生産者!第一級ラフィット・ロートシルトに隣接するサンテステフのトップシャトー!メドックで異彩を放つ存在で、東洋風パコダをデザインした異国情緒あふれる建物を持つシャトー【シャトー・コス・デストゥルネル】 歴史  【シャトー・コス・デストゥルネル】のワインは、19世紀の初めから半ばにかけて、ボルドーの誇り高いシャトーの殆どのワインよりも高い値がつき、遠くインドにまで輸出されていました。実際、【ルイ・ガスパール・デストゥルネル】は、【サン・テステフのマハラジャ】としてインドでも知られていました。  1852年、シャトーを拡張し整備するための借金が増え、ルイ・ガスパール・デストゥルネルはシャトーをロンドンの銀行家である、マーティンズに売却します。彼はマーティンズによって引き続きシャトーに住むことを許され、1853年になくなりました。それは1855年のメドック格付で、サン・テステフ最高のシャトーとなり、彼の努力が報われる2年前のことでした。  1869年、マーティンズはシャトー・コス・デストゥルネルをバスク地方の貴族、エラズ家に売却しました。エラズ家は1889年にホスタイン兄弟にここを売りました。1917年、ボルドーを代表するワイン商人であったフェルナンド・ジネステ家がコス・デストゥルネルを買い取りました。そして、彼らの孫たち、ジャン・マリー、イヴ、ブルーノ・プラッツがシャトー・コス・デストゥルネルを引き継いでいます。  1998年、プラッツ兄弟は、コス・デストゥルネルをメルロー家、タイヤン・グループのオーナー、そしてモヤノ氏を代表者とするアルゼンチンの投資家たちに売却しました。また2000年にコス・デストゥルネルをは再び売却され、今では【ソシエテ・デ・ドメーヌ・レビエ】の所有 となっています。  醸造の指揮を取っているのは【フェルナド・ジネステ】の偉大な孫で、1970年から1998年までコス・デストゥルネルをの経営者でもあったブルーノ・プラッツの息子【ジャン・ギョーム・プラッツ】です。 特徴 シャトーはアジアのパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北の、著名な隣人【ラフィット・ロートシルト】を見下ろす丘の背面にあります。   メドックにしては珍しく、コス・デストゥルネルはメルロのブレンド比率が高く(約40%) 、新樽の比率が平均よりも高いこと(60~100%)で他と大きく違いがあります。 ヴォリュームのある、リッチなテクスチャーをワインにもたらしています。深い砂利質土壌は常に密度が高く、肉厚なワインを生み、比率の高いメルロがワインの風味を和らげています。  醸造と熟成には常に手間を掛けていて、それがメドック最高級のクリュの中でもトップの上品さと複雑性を誇るワインの産出を可能にしているのです。 他の多くのワインと同様に、1980年代初めのワインは、年月とともに徐々に、そして穏やかに熟成する強い樽香が特徴です。 欠点のない1982~1996年の間に(ブルーノの時代)とても早い段階から消費者を誘惑し、瓶詰め直後から魅力的で、壮麗かつ非常に調和のとれたワインを世に送り出すようにはなりましたが、真価を表すにはやはり相応の熟成が必要です。 醸造と育成   収量を適度に低く保つために畑では厳しい剪定が行われています。コス・デストゥルネルをはコンクリート製の、レ・パゴデ・ド・コスはスチール製の発酵槽で醸造されます。事前に10~15日間の定温浸漬をし、ヴィンテージとフェノール類の完成度に応じて色や風味を引き出します。ワインはオーク樽で18~22ヵ月間熟成させます。シャトー・コス・デストゥルネルは伝統への健全な敬意を保ちつつも、革新的な手法を嫌悪することもなく、毎年新しい試みを採用 しています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  【ブリュノ・プラッツ】の心のこもった指導のもとで、コス・デストゥルネル(驚いたことに、コスはsを「ス」と発音するのだ)はサン=テステフのなかでは最高の評価を得るまでになった。1982年以降、ここのワインは次から次へと当たりが続いており、ほとんどのヴィンテージで、メドックで最上のワインを生産するのではないかと期待できる。このシャトーは東洋風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北、その著名な隣人ラフィット=ロートシルトを見下ろす丘の背にある。メドックものにしては珍しく、コスはブレンドに使うメルロの比率が高い(40%)ことと、新樽を使う比率が高い(60%~100%)ことで他と一線を画している。このメルロの比率はオー=メドックでは最も高い部類に入り、コス・デストゥルネルの最近のヴィンテージに目立つ、肉付きのよい、豊かな舌触りという個性を生み出している。  経営者であり所有者でもあるブリュノ・プラッツは、新しいワイン技術を取り入れることに関しては前衛的だ。このシャトーは、ボルドーのメジャーなシャトーのなかでは数少ない、樽熟成の前と瓶詰め前の2度濾過(ろか)処理することを金科玉条としているシャトーのひとつである。ただし、プラッツは考え直そうとしているのかもしれない。1989年の瓶詰めの前には2度目の濾過処理を省略する決定をしている。その成果はおのずと明らかである。1950年代、1960年代とモンローズの後塵を拝してきたコス・デストゥルネルは、1980年代に入ってボルドーで最も人気の高いワインのひとつとなったのである。コス・デストゥルネルは、たとえば1993年、1992年、1991年といった難のあるヴィンテージで特に成功してきたことにも注目しておきたい。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:64ha 平均樹齢:35年 密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):50hl/ha 育て方:ブドウは手摘みで、ワインづくりは伝統的な手法。発酵は約3週間。ワインをオーク樽に移すのは発酵槽でマロラクティック発酵が完了した後。 1997年、プラッツ氏は初めてマロラクティック発酵を100%、樽としては小ぶりのオーク樽で行うことを決定した。 ヴィンテージによって、新樽の比率は60%から100%の間で変化する。清澄処理も濾過処理も行われる。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40% シャトーコスデストゥルネル 1983 メドック格付第2級AOCサンテステフ Chateau Cos d`Estournel 1983 AOC Saint Estephe 赤 ワイン 品質保証,爆買い

シャトールパン 1995 Chateau Le Pin 1995 赤 ワイン 新作,お得

Chateau Le Pin シャトー・ル・パンいわずとしれた高級ワイン、「ル・パン」1979年にベルギー出身のジャック・ティアンポン(Jacques Thienpont)氏がブドウ園を購入。 畑はポムロールのどの畑よりも高い所にあり、葡萄は通常ペトリュスより遅くに摘まれる。このワインを珍しいものにしているのは、第一発酵(アルコール発酵)をニューオークの発酵槽で行うという点です。これは生産量が少なく、監視が常に行き届く所でだけ可能となります。 彼の造るワインは最初のヴィンテージから既に、世界中のポムロルの愛好家を熱狂させました。ほぼ100%のメルロー種から造られるワインは、素晴らしく豊かで、燻したようなエキゾチックで強烈なブーケを持ちます。 豪奢で並外れた複雑味を持ち、ボルドーにおいて最も風変わりなワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ポムロール地区●ブドウ品種メルロ92%、カベルネ・フラン8%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC ポムロール】 【AOC ポムロル】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Le Pin シャトー・ル・パン Chateau Le Pin シャトー・ル・パン ペトリュスと並ぶポムロールの最高峰『ワイン愛好家の憧れ!限られた人しか飲めない究極の逸品!ボルドー右岸、ポムロールのワインの中で、最高位にありながら、その存在自体が最も神秘的とも言える、『シャトー・ル・パン』。 その生産量の少なさで、中々市場に出回る事がないのに、ル・パンを知る人は、誰もがその素晴らしさを語り、オークションやトップ・クラスのレストランでは欠かせない、限られた人だけしか飲めない究極の1本です。 世界の著名な評論家も、こぞってこの生産者に最上の評価を与えます。 シャトー・ル・パンは、少量生産で非常に個性に溢れた現在のガレージ・ワインブームを巻き落としたシャトーです。   わずか2haの畑から生産されるワインは極小量(年平均8,000本)であり、このわずかな本数が世界中に分割されます。ル・パンのコンディションのよいオールドヴィンテージを入手するのは、特別なルートがないと無理なほどです。はっきりって価格は高いですが、経済的に恵まれた愛好家ならば、この最高に贅沢なポムロールワインに支払う価値は十分あります。  オーナーの【ジャック・ティエンポン】は、優れた判断力で現代の味覚にマッチするワインのタイプを世に送り出しました。特徴である魅惑的な官能と鮮やかな樽香はすぐに反響を呼んだのです。  1980年代初頭からの10年間で伝説のワインとなり、価格は目も眩むほど高いところまで上がり詰めてしまいました。 非常に高価なワインですが、アロマは確かにエキゾティックな香りが強く、構成の一つ一つは個性的で、しかしボディは実直で、魅力溢れるワインであることは間違いありません。 「ロマネ・コンティ」や「アンリ・ジャイエ」、「メドック1級の5大シャトー」とはまた一味違う、セレブリティなポムロール・ワイン、それが「ル・パン」です。 シャトールパン 1995 Chateau Le Pin 1995 赤 ワイン 新作,お得

シャトーギロー 2000 AOCソーテルヌプルミエクリュクラッセ格付第1級シャトー元詰 Chateau Guiraud 2000 AOC Sauternes 1er Cru Classe 極甘口 白 ワイン 格安,豊富な

Chateau Guiraud シャトー・ギロー1級格付けのトップ10に必ず入るソーテルヌのシャトー、その上 にお得なプライス高い芳香を放つ、甘口貴腐ワイン。 【シャトー・ギロー】がこの名を冠するようになったのは、1766年ボルドーでネゴシアンをしていたピエール・ギローがこの地を購入したときのことである。1855年の格付けでソーテルヌのプルミエ・グラン・クリュ・クラッセとなったこのシャトーの畑は、100ha以上の面積を誇ります。  この見事な土地は自然を尊重した栽培手法で名高く、虫のすみかを設置し、5kmにわたる生垣を造って生物の多様性を広げていくことに加え、ブドウ品種の保存を目的とした養樹園も創設している。 畑の自然環境への包括的なアプローチによって生まれたシャトー・ギローの偉大なワインは、強い個性と偉大なフィネスを備えるギローはソーテルヌの典型的なシャトーで、しっかりとしたストラクチャーをもつ、上品な甘さが特徴。ソーテルヌは、独特な気象条件により、朝の霧が多く、カビの一種である貴腐菌の作用によって、独特の芳香をもつワインが生まれますが、その年と場所の気象条件によって出来不出来は大きく左右します。 1855年にメドックとソーテルヌで1級に格付されたシャトーの中で初にして唯一(2012年現在)の有機認証を取得したシャトー・ギロー。25年にも及ぶ環境保全のための栽培の結果、行き着いた結論です。2008年から転換中となり、2011年に正式認証されました(2011年が有機認証としての初ヴィンテージ)。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 /  ソーテルヌ地区 / プルミエ・クリュ・クラッセ・格付第一級●ブドウ品種セミヨン70%、ソーヴィニヨン・ブラン30%●タイプ白・フルボディ・極甘口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【ボルドー 白ワイン】 【AOC ボルドー ブラン 】 【ボルドー白 極甘口】 【G ド ギロー】【貴腐ワイン】【ディジェフティフ】 【ソーテルヌ AOC】 【AOC ソーテルヌ】 【ソーテルヌ バルザック】 【デザート ワイン】 【ソーテルヌ 格付】 【格付一級 】【格付1級 】【食後酒】【フランス 白 甘口 】【ボルドー 白 甘口 】【ソーテルヌ 白 甘口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Guiraud シャトー・ギロー Chateau Guiraud シャトー・ギロー 今やソーテルヌを代表する格付け1級シャトー!ロバート・パーカー★★★★4つ星生産者!ギロー家の三代にわたる尽力  シャトー・ギローは、当初「バイルの貴族の館」と呼ばれ、サン・ポリーの家系が所有していた。1766年、ボルドーのワイン商人ピエール・ギローがシャトーを購入、現在の名前となった。ボルドーのブルジョワ商人の家系に生まれ育ったピエール・ギローは、1755年、ボルドーの有名ワイン商人の家系のリンジー・バルゲリと結婚。彼の両親からの贈られた資金を元にシャトー経営に乗り出した。  18世紀末頃から、ややシャトーの評価は落ち込んでいたが、彼の息子と孫、三代にわたる努力の結果、次第に高い評価を受けるようになる。1837年には、この土地に250,000フランの価値が認められたという記録が残っている。高級ワインとしての評判が定着したギローのワインは、1855年の格付けでは第1級に選ばれている。その後、ギロー家はこの地を手放すことになったものの、40年の間にシャトーの価値は3倍にまで上がっていった。 私財を投げ打ってシャトーを購入!  19世紀半ば頃から、所有者が次々と変わっていった末、1933年、農業技師だったポール・リヴァルの20歳の誕生日にシャトー・ギローが贈られた。1981年、カナダ人のハミルトン・ナービィが、私財を投げ打ってシャトーを購入した。シャトーは50,000フランの資産に加え、膨大なワインと一切の機具を備えた株式会社ドルフィン・ワインヤード・インターナショナルとなり、復活の足がかりとなった。  1982年、植物生理学を学んだ醸造師のザヴィエル・プランティが加わり、畑と醸造所の改革が行われた。1986年から彼はシャトーの代表者となり、ドルフィン・ワインヤード・インターナショナルのもと、シャトー栄光を取り戻すべくワイン作りを統括している。特殊な条件が生み出す奇跡のワイン=貴腐ワイン。深い琥珀色の液体は甘く、濃く、美しく、飲むもの全てを幸せな気分にします。 シャトーギロー 2000 AOCソーテルヌプルミエクリュクラッセ格付第1級シャトー元詰 Chateau Guiraud 2000 AOC Sauternes 1er Cru Classe 極甘口 白 ワイン 格安,豊富な

シャトーピションロングヴィルバロン 1999 AOCポイヤックメドック格付第2級 Chateau Pichon Longueville Baron 1999 AOC Pauillac 赤 ワイン 高品質,定番人気

Chateau Pichon Longueville Baron シャトー・ピション・ロングヴィル・バロンあの【シャトー・ラトゥール】に向かい合うという絶好の立地!!パーカー満点5つ星★★★★★生産者!純粋なクラシックボルドースタイルを貫く「メドックで最も荘厳」な味わい。複雑なニュアンスと濃密な甘さが印象的。 ボルドーメドック格付け第2級。  ピション・バロンは、街道を挟んで【ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】と並んでいます。格付けが制定される数年前に分割して誕生した二つのシャトーは、共に2級に位置づけられました。【ラランド】が女性的と呼ばれるのに対し、【バロン】は男性的と形容される壮大で厚みのあるポイヤックらしい壮厳なワインです。 しかし、 熟成を経て女性的なエレガントな姿へ変貌 する様は見事です。  畑はジロンド川の真南に面し、サン・ジュリアンとポイヤックの境目付近。【ラトゥール】や【レオヴィル・ラスカーズ】、【レオヴィル・ポワフェレ】が隣接している素晴らしい場所に位置しています。  近年の多くの改革が実を結び、評論家の評価も常に高い評価を得ています。著名な評論家【ロバート・パーカー氏】の付けるポイントでも、90点台をつける常連であり、人気も品質も急上昇!今後さらに注目を浴びていくシャトー であることは間違いありません。  濃いガーネット色をした、豪華で派手なワイン。凝縮感があり、甘くクレーム・ド・カシスのような果実の甘み、西洋スギ、黒果実、土、ミネラル、スパイスのより成長したノーズがある。ローストしたハーブやスモークしたお肉、チョコレートのニュアンスも感じます。  味わってみると、センセーショナルな量のジャムにしたような果実、グリセリン、樽香、甘いタンニンも感じられます。多くの特級ポイヤック同様に多量のタンニンは良く熟しワインに厚みを持たせています。それでいて、内向的な、重鎮なワインよりはるかに楽しく、気負わずに飲み味わえる魅力。熟成を経て完成する上質な味わいを堪能していただけます。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。   予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。    土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー /  メドック地区ポイヤック村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン ●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC ポイヤック】 【メドック 格付第二級】 【メドック 格付第2級】 【メドック 格付2級】 【格付2級 二級】 【ポイヤック 格付】 【フランス フルボディ】 【メドック フルボディ】 【ポイヤック フルボディ】【ロバート・パーカー】【シャトー ピション ロングヴィル バロン】 【メドック 格付】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Pichon Longueville Baron シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン Chateau Pichon Longueville Baron AOC Pauillac シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン AOCポイヤック・メドック格付第2級 メドック、スーパーセカンド最高峰!パーカー満点5ツ星★★★★★生産者!ヒュー・ジョンソン氏は満点の4つ星★★★★評価! グラン・ヴァンで、壮大な風味を楽しみたい方へオススメ!! 1933年までピション・ロングヴィル男爵家の所有だったことから、通称“バロン(男爵)と呼ばれています。ポイヤック村に入ると、最初に姿を現すシャトーで、現在、メドック格付け2級です。1980年代前半から、除々品質を上げて行き、1980年終わりに、大手保険会社である、AXAに売却されました。  AXA(アクサ)は、シャトーとワイン造りを監督する人物に、シャトー・ランシュ=バージュの【ジャン=ミシェル・カーズ】を雇い入れました。彼は、遅い摘み取りや厳しい選別、セカンド・ワインの導入、さらに新樽の割合を高めることなどによって、品質は劇的に向上させました!現在は、評価もかなり高く、メドック格付け2級に相応しい品格を持つようになりました。ブドウ畑は砂利が多い土地の上、真南に向いた申し分ない土地で、その大部分が1級シャトーである、“シャトー・ラトゥール”に隣接しているのです。そこから産まれるワインは、骨格のしっかりした、重厚そのものの味わいで、熟成向き、年代による品質の差も少ないことで知られています。 アクサによって復活を遂げた名門『ピション・ロングヴィル・バロン』  現存しているシャトーは1851年にラウール・ド・ピション・ロングヴィルにより建設されて、1933年から1988年までブーテイエ家によって所有されていました。フランスの保険会社アクサ・ミレジム社に買収され、ジャン・ミシェル・カーズの指揮の下で完全に復興しました。彼はシャトー・ピション・ロングヴィル・バロンのオーナーになった途端に、ブドウの植え替えを行うことにより面積を倍に広げました。  1989年に、パリにあるジョルジュ・ポンピドゥ国立美術文化センターの協力を得て、現代的なブドウ栽培研究棟の建設のための建築コンペが開催されました。オーナーは、伝統と現代性が見事に調和した意欲的な建築プロジェクトを提案したジャン・ド・ガスティーヌとパトリック、ディロンの仏米チームを選びました。2001年にジャン・ミシェル・カーズがアクサ・ミレジムを退職すると、英国人の【クリスチャン・シーリ】がボルドーとその他の国のすべての醸造所シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン、ピブラン、カントナック・ブラウン、スュデュイロー、プティ・ヴィラージュ、キンタ・ド・ノヴァル、ディスノクー、そして2002年12月以降はコト―・ド・ラングドックのシャトー・ベレーユの監督を引き継ぎました。  その結果として、通常ピション・バロンと呼ばれる【シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン】は、現在では第2級の地位に相応しくなりました。 純粋なポイヤック・スタイルの頂点  ブドウ畑は砂利の多い土壌で、真南に面する申し分ない立地です。その大部分がシャトー・ラトゥールと向かい合わせに位置し、深い色調と気品のあるアロマ、密度の高い酒質のワインを引き出す第1級のテロワールになっています。ワインの品質は、純粋なポイヤックのスタイルで頂点を極めています。いずれのヴィンテージも最低10年は寝かせるべき価値のある、巨大な高級クラレットです。 シャトー・ピション・ロングヴィル・バロンの醸造と育成  シャトーのテロワールの最も古い区画には、主にカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられており、グラン・ヴァンのために選別されています。およそ20haのより樹齢の若い区画には主にメルロが植えられており、このシャトーのセカンドワイン『レ・トゥーレル・ド・ロングヴィル』の生産に使われています。各区画は、ヴィンテージ毎に標準的なスタイルと品質を維持するために別々に保たれています。収穫が早すぎることにならないようにするために、カベルネ・ソーヴィニヨンにはとりわけ注意が払われています。  1991年にピション・バロンは、テロワールのタイプと成熟度の関係を理解するために、ブドウのフェノール化合物の変化をモニタリングする成熟度表(Maturity index)を設定しました。ピション・ロングヴィル・バロンにおける主な目的は、果実とその品質とその主たるアロマを維持することにあります。  アルコール発酵と一部のマロラクティック発酵は、50~220 hlのステンレス製発酵槽で行います。小さめの発酵槽は、小さい区画のために用いられて個別に醸造します。アルコール発酵のための酵母も個別に選びます。26~31℃で発酵を行い、果汁は頻繁にポンピング・オーバーを行います。果皮のマセラシオンは5~15日間続け、その間に発酵層毎のテイスティングを定期的に実施します。グラン・ヴァンのための最上のロットは、醸造の後、樽で熟成されます。熟成の第1段階の間に数回、樽からテイスティングを行った後にアッサンブラージュします。最終的なブレンドは2月の終わりから3月の初めに行います。樽での熟成はオークの新樽60~80%で約16ヵ月実施します。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  高雅なたたずまいのシャトーが、ピション・ロングヴィル・コンテス・ドゥ・ラランドとラトゥールに向かい合って立っている。1980年代前半にワインの品質を穏やかに盛り返したこのシャトーは、1980年代終わりに持ち主のブテイエ家からAXAという保険のコングロマリットに売却された。この会社がシャトーとワイン造りを監督するためにシャトー・ランシュ=バージュのジャン=ミシェル・カーズを雇ったのは、立派なことだ。カーズの作風、遅い摘み取りや厳しい選別、セカンド・ワインの導入、それに新樽の割合を高めることなどによって、品質は劇的に向上したのだ。その結果、ピション・ロングウィル(よく「ピション・バロン」と呼ばれる)は今、名門の第二級シャトーと呼ぶにふさわしくなった。  ブドウ畑は砂利が多い土地の上、真南に向いた申し分ない土地だ。その大部分がシャトー・ラトゥールの畑に隣接している。1960年代、1970年代のピション・バロンのワインの多くがぱっとしなかったのは、無造作なブドウ栽培の方法と、不十分なセラーの管理の両方が原因だったのだろうと思われる。私は焼けつく暑さのある7月、このセラーのそばを通りすぎたときのことを覚えているが、瓶詰めされえたばかりのヴィンテージが外に積み上げられ、強い日光にさらされていたのだ。  カーズのチームのもとでは、そんな無謀な真似が許されるわけがない。美辞麗句や世評の結果はさておき、ポイヤックが再び2つの偉大なピションを得たという歴然たる証拠は、ピション・バロンで1986年からつくられたワインである。このシャトーが1990年代のスーパースターのひとつだということは、遠からず確かめられるだろう。偉大なワインは1988年、1989年、1990年にもこのシャトーから出ている。これらは、ジャン=ミシェル・カーズがピション・バロンのために考えたスタイルの体現であり、強力でくっきりした、非常に凝縮したワインとなった。 (ジャン=ミシェル・カーズは1997年ヴィンテージまで)  平均年間生産量:24.000ケース 畑 面積:68ha  平均樹齢:35年  密植度:9000本/ha  平均産出量(過去5年間):45hl/ha 育て方:ブドウは手摘みで、完全に除梗。発酵は温度調節されたステンレス鋼の発酵槽で通常15~17日間続く(例外は1996年で20日かかった)。 マロラクティック発酵は発酵槽の中で起こるが、収量のうちごくわずかはオーク樽に入れられる。ワインは12月に樽に移される。新樽は70%。12~15ヵ月熟成(瓶詰めは春)。清澄処理も濾過処理もされる。樽から樽へと3ヵ月ごとに澱引き。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン5% シャトーピションロングヴィルバロン 1999 AOCポイヤックメドック格付第2級 Chateau Pichon Longueville Baron 1999 AOC Pauillac 赤 ワイン 高品質,定番人気

シャトーラトゥールカルネ 2000 グランクリュクラッセメドック格付第4級 Chateau La Tour Carnet 2000 赤 ワイン 定番,限定SALE

メドック最古のシャトー!実力・人気・コストパフォーマンス急上昇の注目シャトー! メドック地区、サン・ローラン村にある13世紀からの歴史あるシャトー。畑は、標高19mの高台から緩やかな傾斜となっており水はけが良いのが特徴です。46haの畑から、年間平均生産量約25万本のワインとなるぶどうが手摘みで収穫されます。 13世紀から、数々の名士達がこの土地を所有してきた歴史あるシャトーであり、特にその建築が面影を残して趣深いのですが、ワインの造り手としての真価を見せてきたのは20世紀後半からです。 それまでは、サン・ローラン村にある他のワイナリーと変わらぬ平凡な造り手でしたが、1962年に新オーナーとなったリプシッツ夫妻は、早々に多くのぶどう樹を植え替え、時代遅れとなりつつあった醸造設備を一新させました。 これにより、メドック格付けワインとしての品質が再現され、1979年には娘の【マリ・クレール・プレグラン氏】が引き継ぎ、更なる品質アップに努めている、今後大注目のシャトーの一つです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{font-size:12px;} ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区サン・ローラン●ブドウ品種ルロー65%、カベルネ・ソーヴィニヨン32%、カベルネ・フラン2%、プティ・ヴェルド1% 平均樹齢 : 30年●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】【フランス 赤 辛口】【ボルドー 赤 辛口  】【メドック 赤 辛口 】【オー メドック 赤 辛口  】【メドック グラン クリュ クラッセ 赤 辛口】【シャトー ラ トゥール カルネ】【AOC オー メドック】【オー メドック 格付】【赤 フルボディ】【メドック 格付 第4級】【シャトー ラ トゥール カルネ】【ラトゥール】【オー メドック 格付】【メドック グラン クリュ クラッセ】【オーメドック】【メドック】【赤 フルボディ 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【オー メドック 赤 辛口 】【オーメドック 格付 】【メドック格付第4級 】【AOC オー メドック 】【シャトー ラ トゥール カルネ 】【ベルナール マグレ 】【パプ クレマン 】【ラトゥール カルネ 】【ラツール カルネ 】【フォンブラージュ 】【フォンブロージュ 】【ミシェル ロラン 】【格付4級 四級 第四級 第4級】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau La Tour Carnet シャトー・ラ・トゥール・カルネ 造り手はシャトー・パプ・クレマンやフォンブラージュの所有で知られるボルドーワイン界のリーダー!ベルナール・マグレ氏!ロバート・パーカー氏もラ・トゥール・カルネを★★★★4ツ星生産者に挙げる! 経営者が変わり品質が向上し、ベルナール・マグレ氏が醸造コンサルタントに“ミシェル・ロラン氏”を招き、今後も大注目のシャトー! 13世紀から数々の名士たちがこの土地を所有してきた、歴史あるシャトーでしたが、1962年にリプシッツ夫妻が買収するまでは潰れる寸前だったと言われています。しかし、オーナーが変わって以来、大変革が行われ見事に生まれ変わりました。 畑は標高19mの高台から、緩やかな傾斜へとなっており、水はけが良い土地でブドウが栽培されています。45haの畑から、年間平均生産量23万本分となるブドウは全て手摘みで収穫されます。熟成時の新樽使用率は60%。熟成期間は12~18ヶ月です。 新オーナーとなったリプシッツ夫妻は早々にブドウの樹を植替え、時代遅れとなりつつあった醸造設備を一新させました。その甲斐あり、1980年以降は4級格付けに相応しい品質のワインが生産され、格付けシャトーの中でもトップクラスのコストパフォーマンスが楽しめる上質なワインが生産されています。 フルーティーで引き締まった風味がこのシャトーのスタイル。プラムやベリー系の華やかなアロマに、モカやオークのニュアンス。特に最近のヴィンテージには、口いっぱいに広がる濃厚な果実味が印象的です。 現在のオーナーは、シャトー・パフ・クレマンを所有するボルドー・ワイン界のリーダーベルナール・マグレ氏。マグレ氏が2002年にこのシャトー・ラ・トゥール・カルネを買収して以来、ほとんどのヴィンテージでパーカーポイント90点以上を獲得しています。 産地:メドック、サン・ローラン 葡萄畑:112ヘクタール 品種: 赤:メルロー65%、カベルネ・ソーヴィニヨン32%、カベルネ・フラン2%、プティ・ヴェルド1% 白:ソーヴィニヨン33%、セミヨン 33%、ソーヴィニヨン・グリス29%、マスカデル 5% 樹齢:30年 植密度:1ヘクタールあたり8,000~10,000本 土壌:石灰岩を多く含む粘土質の下層土は、ギュンツの砂利の深い層に覆われており、有名な【butte de la Tour Carnet(ラ・トゥール・カルネの丘)】を形成している。 葡萄栽培:ダブル・グイヨー式の剪定。環境に配慮した栽培方法で、個々の区画の特徴を踏まえながら実践している。葉の間引きと房の間引きを行う。 醸造:葡萄は、畑で最初の選別を行った後、小さい木箱に手作業で収穫される。E1徐梗機を使用。葡萄は破砕せずに、ステンレススティールタンクに入れられる。発酵前の低温マセラシオン、手作業による果帽のパンチングダウンを行う。フレンチオーク樽に入れられたワインは、定期的なバトナージ(棒で攪拌する)を施し、18ヶ月間シュール・リーで熟成される。 収量:1ヘクタールあたり30~40ヘクトリットル 《ベルナール・マグレ氏について》 ボルドー生まれのベルナール・マグレは、より素晴らしいワインを造ることに生涯を捧げてきました。シャトー・パプ・クレマン、シャトー・フォンブロージュ、シャトー・ラトゥール カルネなどを所有、 ミシェル・ロランをコンサルタントとして、それらのシャトーの品質を再興させ、さらにラングドック、スペイン(トロ、プリ オラート)、ポルトガル(ドウロ)、南米(ウルグアイ)、カリフォルニア(ナパ)などで、非常にこだわりを持った高品質のワイン造りを行なっています。 理想を求め、かつ想像力のあるマグレは、同郷のフランス人の誰よりも、世界の偉大なワインからの挑戦を認識し、彼のワイナリーやエステート、フランス、カリフォルニアだけでなく、北アフリカや中国でさえも、世界最高レベルで競争出来るようなワインを生産するよう推し進めてきました。彼の最高級エステートは、最も有名なペサック・レオニャンの パプ・クレマンであり、一流シャトーに劣らないワインを造っています。 シャトーラトゥールカルネ 2000 グランクリュクラッセメドック格付第4級 Chateau La Tour Carnet 2000 赤 ワイン 定番,限定SALE