シャトーグリュオラローズ 1996 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Chateau Gruaud Larose 1996 AOC Saint Julien 赤 ワイン 驚きの破格値,大得価

Chateau Gruaud Larose シャトー・グリュオ・ラローズ"王のワイン、ワインの王"と称される人気シャトー。長期熟成によって真価を発揮するサン・ジュリアンの美しさを十二分に表現したスタイル。 サン・ジュリアンはポイヤックとマルゴーに挟まれた土地柄、両者の中庸的なスタイルと説明されることが多いですが、そのサン・ジュリアンの美点を余すところなく表現している のがこのシャトー。 ポイヤック的な堅牢で重厚なスタイルと、マルゴー的な優雅さやフィネス。それらを調和のとれたスタイルに落ち着かせる、熟練の技が生きた品格のあるワイン。  濃い色合いと豊かな果実味を持ち、熟成によりビロードのようなきめ細やかさがでてきます。充分な酸による均整の取れた豊かな味わいが特徴で、エレガントながらもしっかりとしたボディで、長期熟成にも耐えるワイン です。 エチケットには堂々と「王のワイン、ワインの王」 と記されており、1855年のメドック格付け当時、1級シャトーに次いで取引価格が高かったのがこの【グリュオ・ラローズ】だったというのは有名です。いまでも変わらず、「最も愛されている第2級格付のひとつ」 と絶賛されています。 また、第2級シャトーの中で最大級の生産量であり、ヴィンテージによる品質にムラがなく、安心して買えるというのもこのシャトーの魅力の一つになっています。濃密で、力強い味わいは、まさに『ワインの王、王のワイン』 ですね! 美しいガーネット色。カシスやブラックベリーの香りが豊かで、ローズマリー、タイムの香りに、リコリスと白胡椒のスパイス香、甘草や程よいスパイス、コーヒー、森の下草、西洋杉、インクや微かなオーク樽のニュアンスがあり複雑な印象です。タニックでありながら上質でしなやか、口の中で広がる赤系果実の濃厚な果実味と、素晴らしい凝縮した果実味と心地よい酸が感じられます。上品で長い余韻へと導いてくれます。まろやかで穏やかな口当たりに、タンニンのキメは細い上に柔らかく、何よりもグリュオ・ラローズに特徴的と言われるアフターに出てくる秀逸な丸みを感じます。ボルドー通は必ず熟成させてから愉しむという特に長期熟成に定評のあるシャトー。 ちょうど飲み頃に熟成させて素晴らしい王のワインをぜひ一度お試しください。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によっては、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方       ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー /  メドック地区サンジュリアン村メドック格付け 第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベック ●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ 】 【シャトー グリュオー ラローズ 】 【タイヤン グループ 】 【ジャック メルロー 】 【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】 【サンジュリアン 赤 辛口 】 【AOC サン ジュリアン】 【メドック格付第二級 】 【メドック格付第2級 】 【格付2級 】 【格付二級 】 【シャトー シトラン 】 【シャトー シャス スプリーン 】【グラン クリュ クラッセ 】 【シャトー フェリエール】【古酒】【ボルドー 古酒】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Gruaud Larose シャトー・グリュオ・ラローズ Chateau Gruaud Larose AOC Saint-Julien シャトー・グリュオ・ラローズ AOCサン・ジュリアン・メドック・グラン・クリュ・クラッセ・格付第2級 『王のワイン、ワインの王』!ヒュー・ジョンソン氏は「最も愛されている第2級格付のひとつ」と高評価し、5大シャトーと同じ最高評価4ッ星!!シャトー・シャス・スプリーンやシャトー・フェリエール、シャトー・シトラン等の所有者でもあるメルロー家(ボルドー名門タイヤングループ)の所有になり、人気も品質も急上昇!!の大人気サンジュリアンです!シャトー・ベイシュヴェルとシャトー・ブラネール・デュクリュの西隣に位置し、ボルドーの数あるシャトーの中でも、ポイヤック村のシャトー・ラトゥールと並び、良質のワインを毎年生産することで非常に高く評価されています。 17世紀中頃、イギリスで【オー・ブリオン】が初めてシャトーの名を冠して販売され人気を博したのを機に、グリュオー神父がワインを造りだしたのが、このシャトー・グリュオー・ラローズの始まりでした。1855年の格付けで2級とされるずっと以前から、素晴らしいワインを造るシャトーとして広く知られていました。  サン・ジュリアン村の中でも、ジロンド川から離れた内陸側の丘の上にある畑は、2級シャトーの中でも最大級の広さを誇ります。この畑の長所は、高い海抜のため砂利の層が厚く水はけが良いことと、風化や土地の隆起の影響で土壌の構成がとても多彩になっていること。そんな優れた土地に、平均樹齢43年を誇る立派なブドウの木が植えられています。  畑には、上空で雹(ひょう)の発生を防止する機械を設置してあったり、200万ユーロもの大金を投じて、光合成促進のために樹を10cm高くしたりするといった改良が行われるたり、醸造工程にも様々な技術が取り入れられるなど、積極的に改革を続けています。ワインは、程よくスパイシーで野生的なニュアンスを感じる香りと、凝縮した果実味に定評があり、一貫して高い品質を維持しています。 歴史  グリュオー神父がサンジュリアン村に70haの土地を手に入れ、ワイン作りを開始。1742年、著名なワイン商であった【アブラハム・ロートン】が、すでにこのワインの熟成の素晴らしさについて述べています。当時はまだ、現在のグリュオー・ラローズという名前ではなく、この名前が使われたのは1781年、グリュオーのワインの取引がされるようになってから50年以上も経ってからでした。その後、グリュオー神父の甥の騎士ラローズが後を継ぎ、シャトーの名声を保つために厳格な方針を堅持した。1795年に彼が死去すると後継者問題が発生し、1812年になってようやくワイン商のサルジェ・バルゲリー社が買い取った。しかし、共同経営者間の揉め事によって、所有地は「グリュオー・ラローズ・サルジェ」と「グリュオー・ラローズ・フォール」の二つに分割されてしまいました。  しかし、ワインの品質は厳格に管理されていたため、有名な1855年の格付けでは、どちらも2級に格付けされている。1917年から一方のシャトーを所有していたコルディエは、長年二つの土地の再統合を願っており、1935年にようやくもう一つのグリュオーを買い取り、再統合がなされた。彼の死後、息子のジャンが跡を継いだが、金融グループのスエズ社などの所有者を経て、1997年からはワイン界で有名なベルナール・タイヤン社が所有者となっています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  グリュオー・ラローズは何十年もの間サン=ジュリアンで最も重々しく、内向的なワインを生産してきたが、新しい所有者であるジャック・メルローのもとでは、より品のよい、それほど朴訥でなくタニックでもないスタイルのワインをつくる傾向にあるのは明らかだ。メルローはこのシャトーに多額の資金を投入し、66ある畑の区画それぞれについてのすべてのデータをコンピューター化した。また、高価な排水システムも導入した。私は最近の醸造方針が続くことを期待している。生産量は多く、品質は一貫して高い。2000年、1990年、1986年、1985年、1983年、1982年、1961年のようなヴィンテージでは、グリュオー・ラローズは一級相当の品質のワインを生み出している。美しいシャトーだが、河寄りではなくサン=ジュリアンの高台にあり、メドックを訪れてもサン=ジュリアン=ベイシュヴェルの町の幹線であるワイン街道(県道2号線)から県道101号線に入って西進しないと見えないだろう。  グリュオー・ラローズを批判する人はあまりにずんぐり、がっしりしすぎていて、重々しすぎると思ったのだろうが、あらためて飲み直してみるとよい。前よりもフィネスとエレガンスの増したワインになっているはずだ。 一般的な評価  ここはサン=ジュリアンで最も重々しく、内向的なワインをつくるシャトーかもしれない。1990年代半ば以降、よりしなやかでエレガントなスタイルになってきているのだが、残念ながら、ヴィンテージによってはいまだに果実味や中身に比べてタンニンが多すぎるようだ。事実、最近のグリュオーにはムラがある。出来のよい時はこのシャトーの血統に恥じない、しばしばそれ以上のワインをつくるのだが、そうした偉大なワインの翌年に、過度のタンニンと硬い構造の感じられるワインを生産してしまうことがあるのだ(例えば1998年と1997年、1994年と1993年など)。長期熟成できる(すなわちタンニンが完全に溶け込む前に、果実味が失われてしまわない)グリュオー・ラローズを探している人は、ヴィンテージを選ぶ時に気をつけたほうがよい。価格は、たいていの二級シャトーと同等である。 平均年間生産量:22万本  畑 面積:82ha 平均樹齢:40年 密植度:8500~1万本/ha 平均収量:50~60hl/ha  育て方:発酵は土着酵母を使って31~33℃で行い、とマセレーションは温度管理されたコンクリートと木製の槽で21~35日間で、ポンピングオーバーは1日2回。 収量の半分は樽内マロラクティック。熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で16~18ヶ月。清澄と濾過は公表されていない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン57%、メルロー31%、カベルネ・フラン7.5%、プティ・ヴェルド3%、マルベック1.5% 所有者:ベルナール・タイヤン・ヴァン(メルロー家) シャトーグリュオラローズ 1996 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Chateau Gruaud Larose 1996 AOC Saint Julien 赤 ワイン 驚きの破格値,大得価

シャトーカノンラガフリエール 1989 AOCサンテミリオン第一特別級B Chateau Canon La Gaffeliere 1989 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 格安,得価

Chateau Canon La Gaffeliere シャトー・カノン・ラ・ガフリエール サン・テミリオン格付け 第一特別級B!あのネイペルグ伯爵所有の高級ワイン!「サンテミリオンの輝かしいスターの1つであり、多くのシャトーの手本」とパーカー氏も賞賛! ワイン評論家のみならず、世界中のワイン愛好家、現地の関係者からも高く評価されており、2012年の格付け改定で第一特別級Bへ見事昇格を遂げたサン・テミリオンの注目シャトー、それがシャトー・カノン・ラ・ガフリエールです。 現オーナーのステファン・フォン・ナイペルグ氏の惜しみない努力により、品質の高いワインを造り続け、今ではサン・テミリオンのスター的な存在 にまでなりました。  畑は丘の麓の平坦な場所にあり、砂を多く含む粘土質の土壌からは【軽いワインしか作れない】と揶揄されることもありますが、それが間違っていることをワインの味できっちりと証明してくれています。 「良いワインは良いブドウから」という考えのもと、平均樹齢45年という樹に実ったブドウは、最大限まで熟させるために遅めに収穫し、畑に細心の注意を払いながら厳しい収穫制限の下でブドウを栽培しています。熟成に使う樽は80~100%が新樽、樽とタンクにワインを適宜入れ換え16~24ヶ月行います。そして、コラージュ(清澄)も濾過も行わずに瓶詰めされます。 エレガントで香り高いアロマに定評があるカノン・ラ・ガフリエールは、モダンなスタイルのワインよりやや軽めで口当たりが良いのが特徴。飲んでいても疲れることがなく、飲み手を優しい気分にさせてくれます。 しっかりとしたガーネット色。フルーツケーキ、カシス、ブラックチェリー、ローストハーブ、スパイスの濃密で華やかなアロマ。ふくよかな口当たりで、ピュアな果実味が口内を覆います。エレガントで上品、これからの熟成による変化も期待できる有望な一本です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サンテミリオン地区 / グラン・クリュ・クラッセ●ブドウ品種メルロ55%、カベルネ・フラン40%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【シャトー カノン ラ ガフリエール】 【ステファン フォン ネイペルグ伯爵】 【ボルドー サンテミリオン】 【サンテミリオン 特別級】 【AOCサンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【ヴォン ナイペルグ】 【クラスマン】【パーカー】【ゴーミヨ】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Canon La Gaffeliere シャトー・カノン・ラ・ガフリエール Chateau Canon la Gaffeliere AOC Saint Emilion Grand Cru シャトー カノン・ラ・ガフリエール AOCサンテミリオン・第一特別級Bあのシャトー・カノン・ラ・ガフリエールを始め、ラ・モンドット、クロ・ド・ロラトワール、シャトー・デギーユなどを所有する【ネイペルグ伯爵】&【ドゥルノンクール】の黄金タッグが産出すゴージャスなサンテミリオン! ワイン評論家のみならず、世界中のワイン愛好家、現地の関係者からも高く評価されているサンテミリオンの注目シャトーです。 1980年代後半からは現オーナーのステファン・フォン・ナイペルグ氏の惜しみない努力により、品質の高いワインを造り続け、今ではサンテミリオンのスター的な存在にまでなりました。 その畑は丘の麓の平坦なところにあり、砂を多く含む粘土質の土壌からは“軽いワインしか作れない”と揶揄されることもありますが、それが間違っていることをワインの味で証明しているのが、カノン・ラ・ガブリエールです。 「良いワインは良いブドウから」という考えのもと、平均樹齢45年という樹に実ったブドウは、最大限まで熟させるために遅めに収穫され、畑に細心の注意を払いながら厳しい収穫制限の下でブドウを栽培しています。熟成に使う樽は80~100%が新樽。コラージュも濾過も行わずに瓶詰めされています。 ここのワインは比較的早熟なタイプで、飲み頃が続くのは収穫後5~20年くらい。評価の高い1980年代後半以降のものは、今がちょうど飲み頃といえそうです。リッチな果実味とオークの風味が調和し、幾重にも層を織り成す厚みのある味わいが楽しんでいただけることでしょう。抜群のコストパフォーマンスのワインです。ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  コート・サン=テミリオンの1つ、カノン=ラ=ガフリエールのブドウ畑は、丘陵のふもとの平坦な砂礫質の土壌にある。ここは20年以上にわたって広く宣伝され、軽く、個性のない、凡庸なワインを、驚くほど高い値段で売っていた。しかし、1985年に若く、才気あふれるステファン・フォン・ネッペールが責任者となって以来、こうした状況は劇的に変化した。事実、サン=テミリオンでカノン=ラ=ガフリエールほど目覚しく改善されたシャトーはほかにないであろう。  このシャトーの近年の成功をもたらした変化としては、ブドウを最大限に熟させるために遅く収穫すること、貧弱な出来のものをセカンド・ワインに回すこと、樽内でのマロラクティック発酵、ミクロ・ビュラージュ、収量を極めて低くすること、澱に接触したまま熟成させること、そして100%のオーク新樽で14~16ヶ月寝かせた後、清澄処理も濾過処理もせずに瓶詰めすることなどがある。その結果、サン=テミリオンで最も豪勢で、際立ったワインがいくつも生み出された。ここは明らかに、このアペラシオンのスター的存在であり、それは1980年代後半以降のヴィンテージが見事に証明している。 一般的な評価  ステファン・フォン・ネッペールの相当な情熱と、構想と、品質の肩入れによって運営される、卓越したサン=テミリオンのシャトーの1つである。所有者の甚大な努力のおかげで、このシャトーは1988年以来ずっとサン=テミリオンですば抜けた成績をあげている。できる限りすばらしいワインをつくるためには金を惜しまないため、カノン=ラ=ガフリエールは最高品質を目指す所有者が手塩にかけて育てたシャトーとなっている。ボルドー全体とは言わないまでもサン=テミリオンの輝かしいスターの1つであり、多くのシャトーの手本となってきた。この豪奢なワインは、その品質からすればリーズナブルな価格で売られている。 平均年間生産量:5~6万本 畑 面積:19.5ha 平均樹齢:40年 植樹密度:5500本/ha、平均収量:35~40hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理された木製槽でピジャージュを行いながら、18~26日間。収量の90~100%は樽内マロラクティック。 熟成は澱に触れたままオークの新樽で14~18ヶ月。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー55%、カベルネ・フラン40%、カベルネ・ソーヴィニョン5% 所有者:ネイペルグ伯爵 シャトーカノンラガフリエール 1989 AOCサンテミリオン第一特別級B Chateau Canon La Gaffeliere 1989 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 格安,得価

シャトーレヴューオルム 2009 ドメーヌデュグランオルモー Chateau Les Vieux Ormes 2009 Domaine du Grand Ormeau 赤 ワイン フランス 正規品,安い

Domaine du Grand Ormeau ドメーヌ・デュ・グラン・オルモー 土壌は、非常に乾いた粘土質土壌です。30%を新樽で11~12ヶ月間熟成させます。華やかな果実と上品なオークの香り。シルクのようになめらかで、厚みのあるアタック。心地よいタンニンが感じられます。しっかりとした骨格を持った、とてもバランスのよいワインです。フルーティな果実味とスパイスの漂う余韻があります。生産量は90,000本。 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / ポムロール A.O.C.ラランド・ド・ポムロル●ブドウ品種メルロ(80%)、カベルネ・フラン(10%)、カベルネ・ソーヴィニヨン(10%) ●タイプ赤・フルボディ・辛口 葡萄園面積:15ha、樹齢:30~35年、熟成:樽(30%新樽)11~12ヶ月間 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元株式会社稲葉 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2~4営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス】【Domaine du Grand Ormeau】【ドメーヌ・デュ・グラン・オルモー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Domaine du Grand Ormeau ドメーヌ・デュ・グラン・オルモー Domaine du Grand Ormeau ドメーヌ・デュ・グラン・オルモー インパクト重視ではなく、飲んだ翌日、「良いワインだったな」と思い返すようなワインです! オーナーのジャン・ポールは、ワインメーカーもしています。姪のフレデリクもボルドーとパリでワインを学び、ここでワインメーカーとしての仕事もしています。ジャン ポールの息子フレデリクは、ここのスタッフとして働く他、‘96年からすぐ隣のシャトー・ド・マルシュソーの責任者も務めています。  土は十分栄養があるので、肥料としてはオーガニックなものを撒くだけです。通常の仕事は常勤の4名で行います。収穫時は45名。若い樹齢の葡萄はネゴシアンに売ってしまいます。醸造用セラーを2001年にリニューアル。温度コントロール機能付のステンレスタンクが並んでいます。  収穫した葡萄は、除梗・破砕して、5日間、5度の低温で前発酵します。その際に、1日に2~3度ルモンタージュします。発酵は28度にコントロールしながら、収穫に応じて15~30日間で行います。樽熟成は通常11~12ヶ月間行います。使用する樽は、セガンモローのミディアム・トーストの樽と、甥の会社のヴァンサン・ダナジューの樽です。フレンチオークとの違いを把握するために、アメリカンオークも2%使用しています。ここで造られるワインは、どれも共通して、洗練されたエレガントなキャラクターを持ちます。 《葡萄栽培》  リュット・レゾネ 除草剤使用せず、肥料はオーガニックなものを使用(葡萄の搾りかす、果皮) シャトーレヴューオルム 2009 ドメーヌデュグランオルモー Chateau Les Vieux Ormes 2009 Domaine du Grand Ormeau 赤 ワイン フランス 正規品,安い

シャトープジョー 1998 AOCムーリスクリュブルジョワエクセプショナル Chateau Poujeaux 1998 AOC Moulis 赤 ワイン 格安,人気SALE

Chateau Poujeaux シャトー・プジョー 知る人ぞ知る銘醸地ムーリを代表するシャトー!ヨーロッパのワイン通がこぞって購入する【シャトー・プジョー】! ムーリといえば、シャトー・シャス・スプリーンやシャトー・モーカイユなどの優良プティシャトーが存在する、知る人ぞ知る銘醸地です。メドック格付けのシャトーがない為、軽視されがちなアペラシオンですが、評価の高いワインが軒を連ねる、穴場的地区です。  シャトー・プジョーは、1544年に遡る歴史あるシャトーのひとつで深みのあるルビー色としっかりとしたストラクチャーを持っており、ムーリの典型とも言えるスタイルをしています。日本ではほとんど無名ですが、本国のフランスでは、通が好む粋なワインとして知られており、実質的には特級シャトーのクオリティを持っています。 事実、ワイン批評の権威、ロバート・パーカー氏にも格付けの見直しがあれば、5級以上に格付けされるだろうと評価 しています。  ちなみに2008年にサン・テミリオンのキュヴェリエ家が購入、ル・パンのニコラ・ティエンポン氏と人気醸造家のステファン・デュルノンクール氏が醸造チームとして入ることになりました。シャトーを購入した、フィリップ・キュヴェリエ氏は、2001年にサン・テミリオンのプルミエ・グランクリュ・クラッセのクロ・フルテを買収、 品質を向上させた実力の持ち主。もちろん、今後の品質の向上も期待できますが、フィリップ・キュヴィリエ氏に目を付けられる程、もともとポテンシャルの高いシャトーであると言えます。 シャトー・プジョーは少し紫がかった美しいルビー色。熟した黒系果実の甘やかな香りに、微かにバニラの香りが感じられます。味わいは、落ち着いた樽のニュアンスに、香りに感じられたブラックベリーなどがコンポートされたような、滑らかで甘いテイスト。きれいに熟したタンニンはとてもリッチで、飲む人をゆったりとした気持ちにさせてくれます。   *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ムーリ・ブルジョワ・エクセプショネル級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 59%、メルロ 36%、プティ・ヴェルド 5%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【ムーリー AOC】【ムーソー AOC】【ムーリス AOC】【AOC ムーリー】【AOC ムーソー】【AOC ムーリス】【赤 フルボディ】【AOC ムーリス】【ムーリス クリュ ブルジョワ】【赤 フルボディ】【シャトー プジョー】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【ムーリス 赤 辛口】【シャトー プジョー 】【シャトー クロ フルテ 】【メドック ムーリス 】【フィリップ キュヴリエ 】【マチュー キュヴリエ 】【Cuvelier Family 】【Moulis en Medoc 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Poujeaux シャトー・プジョー Chateau Poujeaux AOC Moulis en Medoc シャトー・プジョー AOCムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナルムーリス村を代表する3大シャトーのひとつ!永い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮された個性的なフルボディ辛口赤ワイン! ボルドー・メドック・ムーリス村を代表する3大シャトーのひとつ!!【シャトー・シャス・スプリーン】と【シャトーモー・カイユ】とともにムーリス村の珠玉のワイン!永い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮された個性的なフルボディ辛口赤ワイン!!さらにサンテミリオン1erGCのあの【シャトー・クロ・フルテ】のキュブリエ家が所有するシャトー! メドック中央部に位置するムーリス村近辺は、小規模なプチ・シャトーが数多く集まる地域です。その中で「クリュ・ブルジョワ」に格付けされ、【シャス・スプリーン】【モーカイユ】と並ぶ、同地区のトップクラスとして知られているのが【シャトー・プジョー】です。  クリュ・ブルジョワのコンテストでも何度も優勝しているほどで、1855年の格付けの際には、このムーリス村からは1つも選ばれることはありませんでしたが、「見直しが行われるとしたら確実に選ばれる」 と、高い評価を受けているシャトーです。ここのワインは、この地区の典型的な、口当たりがまろやかで深みがある長期熟成タイプの赤ワインです。 ムーリス村を代表する新進シャトーのワイン、ぜひ一度お試しください。 かつてはシャトー・ラトゥールの一部  【シャトー・プジョー】の歴史は、16世紀にまで遡る。当時は現在のシャトー・ラトゥールの建物の一部だったのだを1806年、カスタンがシャトー・プジョーを購入しました。1880年にはこの土地を三分割にしました。1921年、フランソワ・テイユがその土地の三分の一を購入し、彼の息子ジャンは、かつて分割された土地を再び統合します。1881年からは、三人の息子フィリップ、ジョン・ピエール、フランソワによる経営が始まりました。  1997年、7人の子供たちにより、株式会社ジャン・テイルが創設され、敷地面積は15年間で10ha拡大され、各施設には相当な額の投資を行なっています。醸造所の再建、温度管理設備、新樽による熟成、ブドウの厳選など、品質への配慮が追求されています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  プジョーとシャス=スプリーンとモーカイユの間には相当なライバル意識があるが、ほとんどの人は、年によって多少違いはあるものの、この3つがムーリの最上のワインと見ている。プジョーは1544年にさかのぼる最も歴史のあるシャトーの1つで、当時、このシャトーと周辺地域は、ラ・サル・ド・プジョーと呼ばれていた。現在は1920年にプジョーを手に入れた一族、テイユ兄弟によって経営されている。  プジョーのスタイルはムーリのワインの典型で、深みのあるルビー色で、タニックである。若い時には渋く、硬いとこもあるので、やわらかくなり、熟成するには、通常最低でも6年から8年間寝かせる必要がある。隣のシャス=スプリーンより熟成に時間がかかるが、非常に長生きする可能性を持っている。1985年と1988年に飲んだ1928年のすばらしいボトルは、プジョーがどれほど称賛に値し、熟成させる価値があるかを証明してみせた。プジョーは、ボルドーで新しい格付けがあれば五級とされる価値があるワインである。最近、プジョーは2001年と2000年に卓越したワイン、1997年にはそのヴィンテージの最良のワインの1つをつくった。 平均年間生産量:35万本 畑 面積:55ha、平均樹齢:35年、植樹密度:10000本、平均収量:50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス、木、コンクリートのタンクで4週間。熟成は毎年半分ずつが更新される樽で12ヵ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー40%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド5% 所有者:テイユ家 シャトープジョー 1998 AOCムーリスクリュブルジョワエクセプショナル Chateau Poujeaux 1998 AOC Moulis 赤 ワイン 格安,人気SALE

シャトーギロー 1996 AOCソーテルヌプルミエクリュクラッセ格付第1級シャトー元詰 Chateau Guiraud 1996 AOC Sauternes 1er Cru Classe 白 ワイン 爆買い,HOT

Chateau Guiraud シャトー・ギロー1級格付けのトップ10に必ず入るソーテルヌのシャトー、その上 にお得なプライス高い芳香を放つ、甘口貴腐ワイン。 【シャトー・ギロー】がこの名を冠するようになったのは、1766年ボルドーでネゴシアンをしていたピエール・ギローがこの地を購入したときのことである。1855年の格付けでソーテルヌのプルミエ・グラン・クリュ・クラッセとなったこのシャトーの畑は、100ha以上の面積を誇ります。  この見事な土地は自然を尊重した栽培手法で名高く、虫のすみかを設置し、5kmにわたる生垣を造って生物の多様性を広げていくことに加え、ブドウ品種の保存を目的とした養樹園も創設している。 畑の自然環境への包括的なアプローチによって生まれたシャトー・ギローの偉大なワインは、強い個性と偉大なフィネスを備えるギローはソーテルヌの典型的なシャトーで、しっかりとしたストラクチャーをもつ、上品な甘さが特徴。ソーテルヌは、独特な気象条件により、朝の霧が多く、カビの一種である貴腐菌の作用によって、独特の芳香をもつワインが生まれますが、その年と場所の気象条件によって出来不出来は大きく左右します。 1855年にメドックとソーテルヌで1級に格付されたシャトーの中で初にして唯一(2012年現在)の有機認証を取得したシャトー・ギロー。25年にも及ぶ環境保全のための栽培の結果、行き着いた結論です。2008年から転換中となり、2011年に正式認証されました(2011年が有機認証としての初ヴィンテージ)。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 /  ソーテルヌ地区 / プルミエ・クリュ・クラッセ・格付第一級●ブドウ品種セミヨン70%、ソーヴィニヨン・ブラン30%●タイプ白・フルボディ・極甘口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【ボルドー 白ワイン】 【AOC ボルドー ブラン 】 【ボルドー白 極甘口】 【G ド ギロー】【貴腐ワイン】【ディジェフティフ】 【ソーテルヌ AOC】 【AOC ソーテルヌ】 【ソーテルヌ バルザック】 【デザート ワイン】 【ソーテルヌ 格付】 【格付一級 】【格付1級 】【食後酒】【フランス 白 甘口 】【ボルドー 白 甘口 】【ソーテルヌ 白 甘口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Guiraud シャトー・ギロー Chateau Guiraud シャトー・ギロー 今やソーテルヌを代表する格付け1級シャトー!ロバート・パーカー★★★★4つ星生産者!ギロー家の三代にわたる尽力  シャトー・ギローは、当初「バイルの貴族の館」と呼ばれ、サン・ポリーの家系が所有していた。1766年、ボルドーのワイン商人ピエール・ギローがシャトーを購入、現在の名前となった。ボルドーのブルジョワ商人の家系に生まれ育ったピエール・ギローは、1755年、ボルドーの有名ワイン商人の家系のリンジー・バルゲリと結婚。彼の両親からの贈られた資金を元にシャトー経営に乗り出した。  18世紀末頃から、ややシャトーの評価は落ち込んでいたが、彼の息子と孫、三代にわたる努力の結果、次第に高い評価を受けるようになる。1837年には、この土地に250,000フランの価値が認められたという記録が残っている。高級ワインとしての評判が定着したギローのワインは、1855年の格付けでは第1級に選ばれている。その後、ギロー家はこの地を手放すことになったものの、40年の間にシャトーの価値は3倍にまで上がっていった。 私財を投げ打ってシャトーを購入!  19世紀半ば頃から、所有者が次々と変わっていった末、1933年、農業技師だったポール・リヴァルの20歳の誕生日にシャトー・ギローが贈られた。1981年、カナダ人のハミルトン・ナービィが、私財を投げ打ってシャトーを購入した。シャトーは50,000フランの資産に加え、膨大なワインと一切の機具を備えた株式会社ドルフィン・ワインヤード・インターナショナルとなり、復活の足がかりとなった。  1982年、植物生理学を学んだ醸造師のザヴィエル・プランティが加わり、畑と醸造所の改革が行われた。1986年から彼はシャトーの代表者となり、ドルフィン・ワインヤード・インターナショナルのもと、シャトー栄光を取り戻すべくワイン作りを統括している。特殊な条件が生み出す奇跡のワイン=貴腐ワイン。深い琥珀色の液体は甘く、濃く、美しく、飲むもの全てを幸せな気分にします。 シャトーギロー 1996 AOCソーテルヌプルミエクリュクラッセ格付第1級シャトー元詰 Chateau Guiraud 1996 AOC Sauternes 1er Cru Classe 白 ワイン 爆買い,HOT

シャトーバタイエ 1989 メドック格付け第5級 AOCポイヤック Chateau Batailley 1989 赤 ワイン 定番人気,お買い得

Chateau Batailley シャトー・バタイエ【シャトー・バタイエ】は、大手ネゴシアンのボリー・マヌー社のオーナーでもあり、数多くのシャトーを経営しているカステジャ家が所有する5級シャトーです! ポイヤックのサン・ジュリアン寄り、河から少し離れた森林の中に格付け5級の【シャトー・バタイエ】の畑が広がっています。南はオー・バタイエ、北はグラン・ピュイ・ラコストの畑と接しています。 しかし、ジロンド川からはかなり内陸に位置しており、大きな樹木に囲まれてシャトーの建物も無いなど、立地的な面でも目立ちにくい場所にあります。  バタイィはオー・バタイィと1942年まで一つのシャトーでしたが、分割して今の二つのシャトーに分かれました。よくバタイィとオー・バタイィは比べられますが、昔からバタイィの方が評価は上とされています。また、バタイィはポイヤックのスタイル、オー・バタイィはサン・ジュリアンのスタイルと言われており、味わいも違います。 バタイィは、がっちりとした骨格と豊富なタンニンを有する、ボルドーらしい伝統的なスタイルのワイン を造り出すことで知られています。  残念なことにバタイィは市場に出る数が非常に少ないことから、格付けシャトーの中でも過小評価されがちなシャトーです。バタイィはオープンマーケットが基本であるボルドーにしては非常に珍しく、全てのワインがオーナーのカステジャ(ボリ・マヌー社)の手によって販売されている為、入手できるルートが非常に少なく、あまり市場に出回らないのです。  ロバート・パーカー氏は、シャトー・バタイエについて『消息通たちの秘蔵っ子』 と例えており、格付けの価値は十分にあるお値打ちなワインという評価されています。非常に厳格な男性的で、甘いカシスの香りと豊かで引き締まったボディが特徴的なシャトーです。 適正な価格を維持しつつ、品質の面でも常に向上心を持って取り組んでいる数少ないシャトーです。リーズナブルなワインをお探しの方には特にオススメできる1本でしょう。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2〜3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 / ポイヤック村・メドック格付け第5級●ブドウ品種カベルネソーヴィニョン70%、メルロー25%、カベルネフラン3%、プティヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【バタイィ】 【シャトー・バタイィ】【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】【赤 フルボディ】【フルボディ 赤】【フィリップ・カステジャ】【格付第5級】【メドック格付】【メドック格付第5級】【シャトー バタイエ】【シャトー ボー シット】【AOC ポイヤック】 【ボルドー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Batailley シャトー・バタイエ Chateau Batailley/AOC Pauillac シャトー・バタイエ(バタイィ)/AOCポイヤック メドック・グラン・クリュ・クラッセ 格付第5級 ボリー・マヌー社のカステジャ一族が所有する1855年格付けで5級に位置づけられるカステジャ家及びボリー・マヌーの旗艦シャトー!格付け5級ながら実力はそれ以上です!  14世紀に勃発した百年戦争の戦闘(Battle)が現在のシャトーの建物とぶどう畑のある場所で展開されたことに由来しています。この戦争で【シャトー・ラトゥール】周辺を英国から勝ち取ります。その数年後、最初の葡萄苗木が歴史に名を残したこの土地に植樹したことに始まります。 シャトー・バタイエの庭園は、ナポレオン3世の庭師であったバリエ・テジャン(Barillet Deschamps)がデザインしたものである。 ポイヤックのサンジュリアン寄り、河から少し離れた森林の中に1855年よりグランクリュ・クラッセ5級にランクされている【シャトー・バタイエ(バタイィ)】の畑が広がっています。 シャトーの総面積は90ha。その内56haにブドウが栽培を行っており、カベルネソーヴィニョンが70%、メルローが25%、カベルネフラン3%、プティヴェルド2%を栽培しています。平均樹齢は約45年。リュット・レゾネで育てられたブドウ は手積み収穫後、優しくプレスされ、温度管理したステンレスの発酵槽にて15日から20日かけて発酵します。 その後、バリックで16ヶ月から18ヶ月熟成 します。醸造責任者はシャトー・ランシュ・ムサスと共通で【Arnaud Durand氏】 が携わっています。そして2001年ヴィンテージよりシャトー・バタイエにとって大きな変革がなされています。ボルドー大学教授の【ドゥニ・ドュヴルデュー(Denis Dubourdieu)氏】がコンサルタントに就任 したことです。 伝統あるシャトー・バタイエのスタイルにドゥニ・ドュヴルデュー氏の緻密なワイン造りが加わり、いきなり評価を上げています。また、シャトー・バタイエを語るうえで重要なことの1つに独自の販売方法が挙げられます。オープン・マーケットであるボルドーにおいて珍しく、その全てのワインがオーナーであるカステジャ(ボリ・マヌー社)の手によって販売 されています。これによって入手ルートが限定され、ボルドービジネスとは無縁になっています。  結果として市場浸透率は低くなってしまっているが、投機的な価格高騰からは逃れられていてボルドーファンにとっては嬉しい価格設定 が続いている。 シャトーバタイエ 1989 メドック格付け第5級 AOCポイヤック Chateau Batailley 1989 赤 ワイン 定番人気,お買い得

シャトーデュテルトル 1998 Chateau du Tertre 1998 赤 ワイン 高品質,SALE

ボルドーの中でも人気の、マルゴー村にある5級格付けシャトーながら、今ひとつ地味な存在でしたが、近年同じマルゴーの3級シャトー“ジスクール”のオーナーに買収されてから、グングン実力を上げてきました。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー、メドック地区マルゴーAC:アルサック村・第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン40%、メルロー35%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【フルボディ 赤】 【マルゴー格付】 【メドック格付】 【格付第5級】 【AOC マルゴー】 【マルゴー AOC】 【シャトー デュ テルトル】 【シャトー ジスクール】 【メドック 赤】 【メドック格付 赤】 【ロバート パーカー】 【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【マルゴー 赤 辛口 】【シャトー ジスクール 】【メドック グラン クリュ クラッセ 】【シャト デュ テルトル 】【メドック格付 第5級 】 【フランス  】【ボルドー  】【メドック】【マルゴー】【】 シャトー・デュ・テルトル・AOCマルゴー・メドック格付5級  Chateau du Tertre Chateau du Tertre シャトー・デュ・テルトル人気急上昇中のメドック格付けシャトー!ボルドーの格付けシャトーの中で最もお買得とパーカー氏が賞賛!“品質向上が目覚ましい生産者”に挙げられる人気も品質も急上昇中のマルゴー格付! テルトルはマルゴーで最も高い台地にあり、有名なサン=テステフの【シャトー・カロン・セギュール』の所有者だった故フィリップ・カベルン・ガスクトン氏が1961年に手に入れました。  その当時、このテルトルは非常に哀れな状態で、ガスクトンと彼の投資者たちはこれを建て直し、ブドウを植え替えるための大規模な計画に着手しました。しかし12年前まで、このシャトーのワインは忘れられがちでした。派手さはないですがエレガントな、二階建てのシャトーはメドックで最も辺鄙(へんぴ)な地域にあります。1998年、このシャトーはガスクトン夫人によって売却されました。  珍しいことに、このブドウ畑は、多くのボルドーのシャトーのブドウ畑と違って隣り合ったひと群れになり、分割されていません。一見、ドメーヌ・ドゥ・シュヴァリエを彷彿させるものがあります。サン・テステフのカロン・セギュールではメルロの栽培率が比較的高いが、ガスクトンはこのブドウ畑の大部分を占める砂利と砂岩の土壌を生かし、テルトルにはカベルネ・ソーヴィニョンを主に使うことにしました。  1978年以後のトップ・ヴィンテージは、比較的深みのある色と溢れんばかりの力強さや豊かさを特色としているが、ボルドーの格付けシャトーのなかで最も過小評価されているコストパフォーマンスの高いワインです。 このシャトーはアルサックにおけるマルゴーアペラシオンの最も高い所に位置しており、名前は小山、高い土地という意味の単語“テルトル”からきている。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  テルトルはマルゴーのアペラシオンで最も標高の高い台地にあり、サン=テステフの有名シャトー、カロン=セギュールの所有者だった故フィリップ・カベルン・ガスクトンが1961年に手に入れた。その当時、このシャトーは実に哀れな状態で、ガスクトンと彼の投資者たちはこれを建て直し、ブドウを植え替えるための大規模な計画に着手した。しかし12年前まで、このシャトーのワインは忘れられがちだった。飾り気はないがエレガントな砂色の二階建てのシャトーはメドックで最も辺鄙な地域の1つにある(アルサックから1kmと離れておらず、モンブリゾンのそば)。1998年、このシャトーはガスクトン夫人によってエリック・アルバダ・イエルヘルスマに売却された。彼は、近くにあるジスクールも同様に買収した。  珍しいことに、ここのブドウ畑は、多くのボルドーのシャトーのブドウ畑と異なって連続しており、区画が散在しているわけではない。一見、ドメーヌ・ド・シュヴァリエを彷彿させるものがある。1978年以降、最高のヴィンテージのものは、比較的深みのある色とあふれんばかりの力強さや豊かさを特色としているが、フィネスや、マルゴーワインの魅力となるあの極上の芳香には欠けるかもしれない。しかしながら、このワインは手頃な価格で売られ続けており、そのためにボルドーの格付けシャトーの中で最も過少評価されている。 一般的な評価 ボルドーの格付けシャトーで最もお値打ち品のワインでありながら、デュ・テルトルは1978年以来ずっとムラが無い。エリック・あるばだ・イエルヘルスマに買収されてから、このシャトーは劇的な変化を遂げた。ここ4~5年の連続したヴィンテージに生産されたワインがそれを証明している。価格はいまだにリーズナブルなので、消費者が注目すべきシャトーである。 平均年間生産量:20~25万本 畑 面積:52ha 平均樹齢:30年 植樹密度:7500本/ha 平均収量:45hl/ha 育て方:発酵は5~7日間、アセレーションは15~18日間。熟成は毎年60%が更新されるオーク樽で18ヶ月。卵白で清澄するが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン40%、メルロー35%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド5% 所有者:エリック・アルバダ・イェルヘルスマ シャトーデュテルトル 1998 Chateau du Tertre 1998 赤 ワイン 高品質,SALE

シャトープジョー 1994 AOCムーリスクリュブルジョワエクセプショナル Chateau Poujeaux 1994 AOC Moulis 赤 ワイン 定番人気,低価

Chateau Poujeaux シャトー・プジョー 知る人ぞ知る銘醸地ムーリを代表するシャトー!ヨーロッパのワイン通がこぞって購入する【シャトー・プジョー】! ムーリといえば、シャトー・シャス・スプリーンやシャトー・モーカイユなどの優良プティシャトーが存在する、知る人ぞ知る銘醸地です。メドック格付けのシャトーがない為、軽視されがちなアペラシオンですが、評価の高いワインが軒を連ねる、穴場的地区です。  シャトー・プジョーは、1544年に遡る歴史あるシャトーのひとつで深みのあるルビー色としっかりとしたストラクチャーを持っており、ムーリの典型とも言えるスタイルをしています。日本ではほとんど無名ですが、本国のフランスでは、通が好む粋なワインとして知られており、実質的には特級シャトーのクオリティを持っています。 事実、ワイン批評の権威、ロバート・パーカー氏にも格付けの見直しがあれば、5級以上に格付けされるだろうと評価 しています。  ちなみに2008年にサン・テミリオンのキュヴェリエ家が購入、ル・パンのニコラ・ティエンポン氏と人気醸造家のステファン・デュルノンクール氏が醸造チームとして入ることになりました。シャトーを購入した、フィリップ・キュヴェリエ氏は、2001年にサン・テミリオンのプルミエ・グランクリュ・クラッセのクロ・フルテを買収、 品質を向上させた実力の持ち主。もちろん、今後の品質の向上も期待できますが、フィリップ・キュヴィリエ氏に目を付けられる程、もともとポテンシャルの高いシャトーであると言えます。 シャトー・プジョーは少し紫がかった美しいルビー色。熟した黒系果実の甘やかな香りに、微かにバニラの香りが感じられます。味わいは、落ち着いた樽のニュアンスに、香りに感じられたブラックベリーなどがコンポートされたような、滑らかで甘いテイスト。きれいに熟したタンニンはとてもリッチで、飲む人をゆったりとした気持ちにさせてくれます。   *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ムーリ・ブルジョワ・エクセプショネル級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 59%、メルロ 36%、プティ・ヴェルド 5%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【ムーリー AOC】【ムーソー AOC】【ムーリス AOC】【AOC ムーリー】【AOC ムーソー】【AOC ムーリス】【赤 フルボディ】【AOC ムーリス】【ムーリス クリュ ブルジョワ】【赤 フルボディ】【シャトー プジョー】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【ムーリス 赤 辛口】【シャトー プジョー 】【シャトー クロ フルテ 】【メドック ムーリス 】【フィリップ キュヴリエ 】【マチュー キュヴリエ 】【Cuvelier Family 】【Moulis en Medoc 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Poujeaux シャトー・プジョー Chateau Poujeaux AOC Moulis en Medoc シャトー・プジョー AOCムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナルムーリス村を代表する3大シャトーのひとつ!永い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮された個性的なフルボディ辛口赤ワイン! ボルドー・メドック・ムーリス村を代表する3大シャトーのひとつ!!【シャトー・シャス・スプリーン】と【シャトーモー・カイユ】とともにムーリス村の珠玉のワイン!永い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮された個性的なフルボディ辛口赤ワイン!!さらにサンテミリオン1erGCのあの【シャトー・クロ・フルテ】のキュブリエ家が所有するシャトー! メドック中央部に位置するムーリス村近辺は、小規模なプチ・シャトーが数多く集まる地域です。その中で「クリュ・ブルジョワ」に格付けされ、【シャス・スプリーン】【モーカイユ】と並ぶ、同地区のトップクラスとして知られているのが【シャトー・プジョー】です。  クリュ・ブルジョワのコンテストでも何度も優勝しているほどで、1855年の格付けの際には、このムーリス村からは1つも選ばれることはありませんでしたが、「見直しが行われるとしたら確実に選ばれる」 と、高い評価を受けているシャトーです。ここのワインは、この地区の典型的な、口当たりがまろやかで深みがある長期熟成タイプの赤ワインです。 ムーリス村を代表する新進シャトーのワイン、ぜひ一度お試しください。 かつてはシャトー・ラトゥールの一部  【シャトー・プジョー】の歴史は、16世紀にまで遡る。当時は現在のシャトー・ラトゥールの建物の一部だったのだを1806年、カスタンがシャトー・プジョーを購入しました。1880年にはこの土地を三分割にしました。1921年、フランソワ・テイユがその土地の三分の一を購入し、彼の息子ジャンは、かつて分割された土地を再び統合します。1881年からは、三人の息子フィリップ、ジョン・ピエール、フランソワによる経営が始まりました。  1997年、7人の子供たちにより、株式会社ジャン・テイルが創設され、敷地面積は15年間で10ha拡大され、各施設には相当な額の投資を行なっています。醸造所の再建、温度管理設備、新樽による熟成、ブドウの厳選など、品質への配慮が追求されています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  プジョーとシャス=スプリーンとモーカイユの間には相当なライバル意識があるが、ほとんどの人は、年によって多少違いはあるものの、この3つがムーリの最上のワインと見ている。プジョーは1544年にさかのぼる最も歴史のあるシャトーの1つで、当時、このシャトーと周辺地域は、ラ・サル・ド・プジョーと呼ばれていた。現在は1920年にプジョーを手に入れた一族、テイユ兄弟によって経営されている。  プジョーのスタイルはムーリのワインの典型で、深みのあるルビー色で、タニックである。若い時には渋く、硬いとこもあるので、やわらかくなり、熟成するには、通常最低でも6年から8年間寝かせる必要がある。隣のシャス=スプリーンより熟成に時間がかかるが、非常に長生きする可能性を持っている。1985年と1988年に飲んだ1928年のすばらしいボトルは、プジョーがどれほど称賛に値し、熟成させる価値があるかを証明してみせた。プジョーは、ボルドーで新しい格付けがあれば五級とされる価値があるワインである。最近、プジョーは2001年と2000年に卓越したワイン、1997年にはそのヴィンテージの最良のワインの1つをつくった。 平均年間生産量:35万本 畑 面積:55ha、平均樹齢:35年、植樹密度:10000本、平均収量:50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス、木、コンクリートのタンクで4週間。熟成は毎年半分ずつが更新される樽で12ヵ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー40%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド5% 所有者:テイユ家 シャトープジョー 1994 AOCムーリスクリュブルジョワエクセプショナル Chateau Poujeaux 1994 AOC Moulis 赤 ワイン 定番人気,低価

ヴィルジニードヴァランドロー 1998 AOCサンテミリオングランクリュ Virginie De Valandraud 1998 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 品質保証,安い

Virginie de Valandraud ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー シンデレラワインの代表格、『シャトー・ド・ヴァランドロー』のジャン・リュック・テュヌヴァン氏が手がけるワインです。シャトー・ヴァランドローのセカンドワイン!  【シャトー・ヴァランドロー】(約20万円)は、パリの南南西約400kmのジロンド河、ガロンヌ河、ドルドーニュ河流域に広がるボルドー。サンテミリオン地区のシンデレラワインと賞される!サン・テミリオンでジャン・リュック・テュヌヴァン氏が手がける伝説的なワインです。 初ヴィンテージの1991年以来、生み出されるワインは高い評価を受け、驚異的なスピードでトップワインに比肩するまでに到達 しました。  【ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー】は、これまでシャトー・ド・ヴァランドローのセカンド・ラベルとして知られていましたが、現在ではヴァランドローの別区画からのぶどうで生産される独立したキュヴェとして位置づけられています。(テュヌヴァン氏の見解では、セカンド・ラベルとしての位置づけは2001年初ヴィンテージの【トロワ・ド・ヴァランドロー】ということです)トロワ(3)というワイン名でセカンド・ラベルというのも変ですが、実際シャトーが所有しているぶどう畑は約10haで、そのうち4.5haがシャトー・ド・ヴァランドロー(4.5haの50%がトロワ・ド・ヴァランドロー)、4haが【ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー】ということです。  メドック地区の第一級に相当する品質と非常に高い評価が与えられています。ヴィルジニーの名前の由来は経営者の愛娘の名前で1992年に発表されました。年産4200本ほどしか生産されず世界中のワインコレクターの垂涎の的です。 評価は年を追う毎に高まっており、また 非常に少ない生産量です。ヴァランドローのコンサルタントはポムロルの【ル・パン】と同様に、【ミシェル・ロラン氏】が務めています。  そのヴァランドローのセカンドワインがこちらのヴィルジニー・ド・ヴァランドロー。ワイン名は、テュヌヴァン夫妻の娘の名前がつけられています。  驚くほどに豊かでなめらかな舌触りと、クレーム・ド・カシス、リコリス、オークの風味をたっぷりと感じます。 手軽にシャトー・ヴァランドローのスタイルをお楽しみいただけるワインです。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方        ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サンテミリオン地区●ブドウ品種メルロー70%、カベルネ・フラン30%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【サンテミリオン 特別級 AOC】 【ロバート パーカー】 【ル・クラスマン】 【ヒュージョンソン氏】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Virginie de Valandraud ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー Virginie de Valandraud AOC Saint-Emilion Grand Cru ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー AOCサンテミリオン・グラン・クリュ  『ガレージワイン運動の事実上のリーダー格であるジャン・リュック・テュヌヴァンがつくったシャトーであり、現在まで、ボルドー最高のサクセスストーリーであることに間違いない。!!』とロバート・パーカー氏も大絶賛!!ヒュー・ジョンソン氏も「ガレージワインの産出者の先頭に立つ微小シャトー!栄光への野心を遂げつつある」★★★★最高評価!  瞬く間に世界のトップの仲間入りを果たしたシンデレラワインが【シャトード・ヴァランドロー】。 驚くほど豊かな果実味と滑らかな舌触りを持つ余韻の非常に長い、サン・テミリオン最高峰のワイン です。 年間400ケースしか造らないシャトー ド・ヴァランドローは、1992年には1本130フランだったものが、1999年には800フランと6倍以上の値段になり「サン・テミリオンのシンデレラワイン」 と呼ばれています。  【ペトリュス】、【ル・パン】に続く、元祖ガレージワインとして脚光を浴び、1995年 物は海外で1,000ドルを越え、日本でも15万円の値段が付いたヴァランドロー も 今や、サン・テミリオンを代表する老舗の風格も感じる程のワインになりました。  年に一部の畑に排水用のビニールシートを敷き、物議を醸しだしていますが、シャトーの評価は安定しており、嬉しいことに価格もあの驚異的な価格からようやく右岸地区のトップシャトーの平均的価格にまで落ちついてきた感があります。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  執念深く生真面目、非常に才能ある所有者のジャン=リュック・テュヌヴァンは、彼の清澄・濾過処理をしない、際立ってリッチなヴァランドローが獲得している評判と価格に、今ではチェシャー猫のようなにやにや笑いを浮かべている。テュヌヴァンは夫人のミュリエルと共に、サン=テミリオンの厳選した区画に、ちっぽけなシャトーを設立した。サン=ミリオンでワイン・ショップとレストラン経営の経験を持ち、ワインの取引に関わってきたことは、テュヌヴァンの偉大なワインづくりのための哲学をいささかも損なうことはなかった。  ヴァランドローがどのくらいよく熟成するか、一般の評価はもちろんまだだが、ワインの途方もなくリッチで、凝縮感があり、すばらしくくっきりした輪郭がある。1994年、1993年、1992年といったコレクターが、サン=テミリオンのどのシャトーのワインよりも探し回る小さな宝物となった。テュヌヴァンをを批判する声は耐えないが(多くはボルドーの貴族的なシャトーの嫉妬である)、彼の影響力は広大し続けている。彼は最も引っ張りだこのコンサルタントの1人であり、秀逸さへの執心とこだわりは、彼の途方もない味覚(同じぐらい才能のある彼の妻の助けが大きい)と共に、サン=テミリオンとその衛星地区の多くの凡庸なワインをよみがえらせていた。品質にこだわる消費者の意識に、これらのワインを最も人気のあるものとして植えつけたのである。  テュヌヴァンは、ミシェル・ロランと並んで、新しい世代のヴィニュロンたちに対し、もっともっと高い品質のワインをつくるよう刺激を与えてきた人物である。そのおかげで、ボルドー全体が多大な恩恵にあずかっている。 一般的な評価  ヴァランドローは、サン・テミリオンのガレージ・ワイン運動の事実上のリーダー格であるジャン・リュック・テュヌヴァンがつくったシャトーであり、現在まで、ボルドー最高のサクセスストーリーであることに間違いない。ボルドーで、いやそういう意味ではどこの地方であれ、シャトーができてからこんなに短期間でこれだけ商業的な成功を収め、目が回るような高い価格をつけたワインはない。ヴァランドローへの熱狂はすさまじく、価格は一級シャトーと同じくらい高いか、ひょっとすると上回るほどである。 畑 面積:4.5ha 平均樹齢:30年強 植樹密度:6000本/ha 平均収量:35hl/ha 育て方:マロラクティックと18~20ヶ月の熟成はオーク新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー70%、カベルネ・フラン30% 所有者:Ets テュヌヴァン ヴィルジニードヴァランドロー 1998 AOCサンテミリオングランクリュ Virginie De Valandraud 1998 AOC Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン 品質保証,安い

シャトーラトリュッフ 2009 ドメーヌデュグランオルモー Chateau La Truffe 2009 Domaine du Grand Ormeau 赤 ワイン フランス 2016,爆買い

Domaine du Grand Ormeau ドメーヌ・デュ・グラン・オルモー ここには樹齢80年になる樹も少しあります。表土は、こまかい砂利を含む乾いた粘土砂利質、下層土は酸化鉄を豊富に含む土壌です。収穫された葡萄は除梗・破砕して、5度で5日間低温マセラシオンをします。その際、1日に2~3回ルモンタージュします。醗酵は28度にコントロールしながら、15~30日間(収穫に応じて)、熟成は樽で11~12ヶ月間行ないます。  ルビーがかった美しいチェリーレッド。レッドカラントやブルーベリーのアロマにバニラの香りが混ざります。ヴェルヴェットのようにしなやかなタンニンのある心地よいアタック。口に含むとしっかりとしたボディが感じられます。繊細な木のニュアンスが漂う長い余韻があります。生産量は、15,000本です。 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / ポムロール A.O.C.ラランド・ド・ポムロル●ブドウ品種メルロー(90%)、カベルネ・フラン(5%)、カベルネ・ソーヴィニヨン(5%) ●タイプ赤・フルボディ・辛口 葡萄園面積:2.39ha、熟成:樽11~12ヶ月間●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元株式会社稲葉 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2~4営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス】【Domaine du Grand Ormeau】【ドメーヌ・デュ・グラン・オルモー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Domaine du Grand Ormeau ドメーヌ・デュ・グラン・オルモー Domaine du Grand Ormeau ドメーヌ・デュ・グラン・オルモー インパクト重視ではなく、飲んだ翌日、「良いワインだったな」と思い返すようなワインです! オーナーのジャン・ポールは、ワインメーカーもしています。姪のフレデリクもボルドーとパリでワインを学び、ここでワインメーカーとしての仕事もしています。ジャン ポールの息子フレデリクは、ここのスタッフとして働く他、‘96年からすぐ隣のシャトー・ド・マルシュソーの責任者も務めています。  土は十分栄養があるので、肥料としてはオーガニックなものを撒くだけです。通常の仕事は常勤の4名で行います。収穫時は45名。若い樹齢の葡萄はネゴシアンに売ってしまいます。醸造用セラーを2001年にリニューアル。温度コントロール機能付のステンレスタンクが並んでいます。  収穫した葡萄は、除梗・破砕して、5日間、5度の低温で前発酵します。その際に、1日に2~3度ルモンタージュします。発酵は28度にコントロールしながら、収穫に応じて15~30日間で行います。樽熟成は通常11~12ヶ月間行います。使用する樽は、セガンモローのミディアム・トーストの樽と、甥の会社のヴァンサン・ダナジューの樽です。フレンチオークとの違いを把握するために、アメリカンオークも2%使用しています。ここで造られるワインは、どれも共通して、洗練されたエレガントなキャラクターを持ちます。 《葡萄栽培》  リュット・レゾネ 除草剤使用せず、肥料はオーガニックなものを使用(葡萄の搾りかす、果皮) シャトーラトリュッフ 2009 ドメーヌデュグランオルモー Chateau La Truffe 2009 Domaine du Grand Ormeau 赤 ワイン フランス 2016,爆買い

シャトースデュイロー 1989 AOCソーテルヌ プルミエグランクリュクラッセ 格付第1級 Chateau Suduiraut 1989 AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe 白 ワイン 貴腐ワイン 全国無料,得価

ソーテルヌ地区で最も知名度の高いシャトー【ディケム】に次ぎ、高い評価なのが【シャトー・スデュイロー】です。1992年、アクサ・グループに買収され、さらに、潜在能力が引き出され品質が向上しました。 その畑は【ディケム】と隣接しており、広大で美しいシャトーには、ベルサイユ宮殿の庭園と同じ設計者の手によるフランス庭園もあり、全てが一級に相応しい作りです。 厳しい収穫制限と選果、妥協を許さないブレンドから産まれるワインは、まさに世界最高峰の貴腐ワインの一つと言えます。輝く黄金色、花を思わせる華やかなブーケ、蜂蜜に漬けたような果実の風味。一口含むと、豊かさと優雅さを兼ね備えた甘美な味わいに、心奪われることに間違いはありません。 最良年のワインでは、『40年を超える熟成を経ても輝きを増し続け、素晴らしい味わいに変化する』と評されています。甘い夢が見れそうなとびきり贅沢なワインを、是非味わってみてください。  *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。        【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。   ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、ソーテルヌ地区プレイニャック●ブドウ品種セミヨン90%、ソーヴィニョン・ブラン10%●タイプ白・フルボディ・甘口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【白 甘口】【ボルドー 白ワイン】 【AOC ボルドー ブラン 】 【アペリティフ 】 【フランス 甘口 白 】 【ボルドー 極甘口 白 】 【シャトー シュー デュイロー 】 【シャトー シュデュイロー 】 【デザートワイン 】 【ソーテルヌ 極甘口 】 【ソーテルヌ格付第2級 】 【ソーテルヌ】 【ボルドー 白 極甘口】 【貴腐ワイン】【ディジェフティフ】 【ソーテルヌ AOC】 【AOC ソーテルヌ】 【デザート ワイン】 【ソーテルヌ 格付】 【格付 ソーテルヌ】 【フランス】【ボルドー】【ソーテルヌ】【格付2級 】【食後酒】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Suduiraut シャトー・スデュイロー 『貴腐ワインの王』と呼ばれる存在の【ディケム】の隣人にふさわしい!「最良の場合には、スデュイローは、ブラインドテイスティングでディケムと間違うほどのリッチで甘美なワインをつくり出すことができる。」と賞される!! フランス産貴腐ワインの最高級原産地「ソーテルヌ地区」において、第1級格付けを有するプレミアム貴腐ワイン。ポイヤックのシャトー・ランシュ・バージュの所有者であるJ.M.カーズ氏が支配人となって以来、めざましい品質向上をはたしています。蜜のような甘味の中に複雑な深みを秘めた逸品です! シャトーの歴史 16世紀まで、この土地はアラール家が所有していたため、【ドメーヌ・ダラール】と呼ばれていました。 1580年、ニコラ・アラールが、1年後にボルドー議会の議員となるレオナール・ド・スデュイローと結婚しました。現在あるシャトーは、彼の孫にあたり、当時の国王の顧問をしていたブレーゼ・ド・スデュイローによって1670年頃に建てられたとされています。 その後、シャトーは彼の娘マリー・アンヌが引き継ぎ、1747年には彼女の甥のジョセフ・デュロワ、彼の死後はボルドー議会の議員であったジャン・デュロワ、1788年にルイ・ギヨーム・デュロワ、彼の死後は妻のマリー・ローズ・ルイーズ・ル・テイラーと、所有者は移り変わりました。 彼女の死後の1814年、その遺産はシャトーの管理人であったニコラ・エダム・ギヨに引き継がれ、1833年、彼の4人の娘に移ります。 アクサ・ミレジムの所有に! 1875年、スデュイローはロアンヌ近くにあるヴィルレという町で髪職人であったアンリ・フェルディナンド・ラブルディンが購入、1879年、彼の娘であるルーシーに与えられ、技師であった彼女の夫が1899年に亡くなると、彼女の義理の息子に当たるアルフレッドへと相続され、1940年になるとレオポルド・フランソワ・フォンケルニーに売却されました。 1992年、スデュイローは、フォンケルニー家からアクサ保険の子会社であるアクサ・ミレジムが購入し、現在に至っています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 ディケムからの道路を下ると、畑の北側がディケムに隣接しているのがシュデュイローの広大で美しいシャトーがあります。シュデュイローはソーテルヌの偉大なワインの一つ。例えば1990年、1989年、1988年、1982年、1976年、1959年はシュデュイローの潜在能力をつぶさに示す例である。最良の場合には、シュデュイローは、ブラインド・テイスティングでディケムと間違うほどのリッチで甘美なワインをつくり出すことができる。しかし、私はいつも、このシャトーのワインの品質がひどく一貫性のないことに困惑してきた。1970年代前半、シャトー・スデュイローは、受け入れられる標準的な水準をかなり下回るワインをいくつか生産していた。しかし、AXA(アクサミレジム)の管理のもとで、このシャトーはその甚大な潜在能力をおいしく引き出すようになった。 シャトー・スデュイローが良いときはそれは良い。偉大なヴィンテージでは、このワインの最良の状態になるのに10年は必要ですが、その後軽く30年間はその状態を維持できるであろう。最高の年には、豊かな色をして、まさに香水のようで、退廃的なまでにリッチで、巨大でさえあるシュデュイローは、クリマンやリューセックのようなシャトーほど一貫していないが、いまやまた軌道に乗ってきたようだ。  1989年と1982年には、このシャトーは、豪華で極めて高品質な、希少で高価なクレーム・ド・テート(キュヴェ・マダムをつくり出した。) このワイン(キュヴェ)は、シャトー・クーテのキュヴェ・マダムの限定版に非常によく似ており、ディケムに対抗できる。生産量はとてもわずかで1.000ケースに満たない。 一般的な評価  シュデュイローは、間違いなくソーテルヌの偉大なシャトーの一つである。AXAによって買収されてからいっそう輝きを増し、一貫性も増した。 平均年間生産量:不定 畑 面積:90ha 平均樹齢:25年 密植度:7000本 平均産出量:17hl/ha 育て方:2~3週間の発酵と18ヶ月間の熟成はの新樽で行う。清澄はするが濾過はしない。 ブレンド比率:セミヨン90%、ソーヴィニョン・ブラン10% シャトースデュイロー 1989 AOCソーテルヌ プルミエグランクリュクラッセ 格付第1級 Chateau Suduiraut 1989 AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe 白 ワイン 貴腐ワイン 全国無料,得価

シャトーグランピュイラコスト 1996 メドック格付第5級AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste 1996 AOC Pauillac 赤 ワイン 格安,豊富な

Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤックロバート・パーカー氏の評価も高い、格付け5級シャトー。「ワイン通たちの長年のお気に入り」 「三級に格上げしてもよいかもしれない。」と絶賛するメドック格付第5級! 3B&Dマーク付で「ポイヤックで最良のテロワールの一つで、最も安定した格付クリュの一つ。関係者の間では「GPL」として通っている。樹齢の高いカベルネ・ソーヴィニヨン(70%)がこのクリュに注目に値するワインらしさと気品のあるスパイシーなアロマを与えている。  偉大なヴィンテージでは瓶内で15年以上熟成させると大きく花開く。近年のヴィンテージはアロマの定義やタンニンの洗練さにおいてまだ進化を続けています。  このシャトーは【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト・サン・ギュイロン] とも呼ばれていました。その起源は16世紀初めまで遡れます。ポーイヤック村の南、【グラン・ピュイ】の丘に位置している事と、それに昔の所有者の名【ラコスト】をつけ、現在のシャトー名となっています。先オーナーの故レイモン・デュパン氏は、ボルドー史上最高のグルメとして評判をとっていました。そのデュパン氏は、1980年に亡くなる前の1978年にシャトーグランピュイラコストを人望の厚い現オーナー家の故ジャン・ウジェーヌ・ボリーに売りました。その後息子の【フランソワ・グザヴィエ・ボリー氏】が、現在後を継いでいます。  ポイヤックらしいタンニンのしっかりした味わいは、堂々たる風格があります。甘く熟した厚いタンニンが印象的。プラムのアロマにシガ―のニュアンス。エレガントなタンニン。アタックは強いものの、タンニンは熟していおりシルキーな印象。豊潤でピュアな果実味と重なり合い、心地よく、長い余韻をもたらしてくれます。  ポイヤックらしい、力強くコクのある味わいです。大柄で耐久力のあるフルボディのスタイルで、長期の熟成して、その真価が発揮されます。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区・ポイヤック村・第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ20%、カベルネ・フラン5% 平均樹齢 40年●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック格付 赤 辛口 】【ポイヤック 赤 辛口 】【シャトー グラン ピュイ ラコステ 】【クラスマン】 【ヒュージョンソン】 【スペクテーター】 【ラコスト ボリー 】【メドック格付 第5級 】【フランス 赤】 【ボルドー 赤】 【メドック 赤】 【パーカー】【ポイヤック AOC】【メドック 格付】【格付 ポイヤック】【ラコスト ボリ】【ボリー家】【シャトー・グラン・ピュイ・ラコステ 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤック ロバート・パーカー氏は4ッ星★★★★生産者!!「第3級に格上げしても。」「ワイン通たちの長年のお気に入り」 と絶賛!力強くコクがあって優良な、典型的なポイヤックのワイン! グラン・ピュイ・ラコストは、ボルドーのワイン通たちにとって、長年お気に入りの銘柄。ワインのスタイルはクラシックな正統派ポイヤックで、がっしりした骨格と厚みのあるタンニン、カシスリキュールを思わせるような濃く深い味わいが特徴。 しかも、価格は極めてリーズナブルです。ポイヤックのみならず、ボルドー全体で最もお値打ちなワインの1つでもあります。  メドック格付けの5級で、畑はポイヤックの最も高所の地域の一つにあります。【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト・サン・ギラン】とも呼ばれ【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト】の記録に残された歴史は、15世紀に遡ります。  その頃ここはドゥ・ギロー氏に属しており、彼の娘の一人はボルドー議会の議員であるドゥ・ジャン氏と結婚しました。サン=ギル氏と結婚したのはジャンのひ孫娘であり、サン・ギル氏の名前はいまだにラベル上に書かれています。彼はサノヴレス・ドゥ・ローヴのメンバーであり、彼の娘の一人はラコスト氏と結婚する際にグラン・ピュイの敷地の一部を受け取り、故に【グラン・ピュイ・ラコスト】であります。  このドメーヌはシングルユニットをカバーし、これはポイヤックの南、グラン・ピュイ(大きな塚)の名の由来である高台の上にあります。【グラン・ピュイ】と呼ばれる場所の由来は、クロード・マスによって作られた地図上で1709年に発見されました。この高台は、素晴らしく水はけがよく、敷地の真ん中に全ての余分な水を集める池があるのでなおさらです。  メドック全ての格付けされたクリュのなかで、1855年の格付け時に持っていたのと同じ畑を所有している、稀なクリュの一つです。このシャトーは1850年に建てられ、ちょうど1737年に遡る古い住居の増築部分になっています。この日付がフロントポーチに彫り刻まれているのを、現在でも見ることができる。  ボリー家は現在のオーナーであり、1980年のヴィンテージ以来古いキュヴィエールをステンレスタンクに取り換えた。1978年の購入時には幾分荒廃していたこのシャトーは、現在趣のあるように改装された。畑の大部分はバージの高台上にあるシャトー前の一区画である。  ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  先もオーナーである故【レイモン・デュバン】には一度もお会いできなかったのだが、氏はボルドー史上最高のグルメとして記念碑的な評判をとっていた(故の知人によれば、食道楽でもあったいう)。彼は、1980年に亡くなる前の1978年にグラン=ピュイ=ラコストを才能豊かで人望の厚い【故ジャン=ウジェーヌ・ボリー】に売り渡すが、ボリーはその後息子のグザヴィエをこのシャトーの責任者に据えた。荒れ果てたセラーの大改修が済んだのが1982年で、なんとか間に合ったグザヴィエ・ボリーは、最上と言える出来のワインの1つを生み出した。ボリーは妻子とも近代化したシャトー内に住み続け、ボルドーの目利きたちが期待した通り、グラン=ピュイ=ラコストは、ポイヤックの一流どころの中でも最先端を行くシャトーへと急成長。  ジロンド川からは深く内陸に入ったバージュの丘にある【グラン=ピュイ=ラコスト】は、1〓ほど離れた隣のランシュ=バージュと似ていなくもない。大柄で耐久力のある、フルボディのポイヤックを生産することで確固たる定評がある。しかしながら、1960年代、1970年代につくられたワインは、ランシュ=バージュ同様、品質にムラがあった。今から思えば、オーナーの健康状態が悪化していたせいだったのかもしれない。例えば、1975年や1966年のような年にもその評判から期待されるほどの成功作はつくれなかった。この時期のほかのヴィンテージ、特に1976年、1971年、1969年、1967年は、どうしたわけか、完全な失敗作に近かったが、細かいことにまで注意を払わなかったせいであろう。  ただし、1978年以降のグラン=ピュイ=ラコストは秀逸なワインを造り続けている。2000年、1996年、1995年、1990年、1982年は、このシャトーの長い歴史の上でも最上のものとして記憶に残るような、偉大なワインである。デュパンのスタイルに比べて、ボリーのスタイルは、収穫を遅らせ、強烈なカシスの果実味と相当なグリセリン、力強さ、ボディを備えたワインをつくるというものである。1990年代半ばまでは価格が品質に追いつけなかったため、いまだに控えめな、いささか過小評価されている。 一般的な評価  グラン=ピュイ=ラコストは、ボルドーのワイン通たちの長年のお気に入りワインである。第二次世界大戦後は特筆に値するほど安定しており、通常その血統をはるかに超えるワイン。【三級に格上げしてもよいのかもしれない。】一般的に、豊かで、フルーティで強烈、ひと言で言えば期待通りで、期待を超えることも多く、しかも価格は極めてリーズナブルだ。ポイヤックのみならず、ボルドー全体でも最もお値打ちなワインの1つ。 平均年間生産量:19万5000本 畑 面積:52ha 平均樹齢:35年 植樹密度:1万本/ha 平均収量:50hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで17~20日間。熟成は新樽45~55%で18~20ヶ月。 清澄と、瓶詰め時には軽い濾過を行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、カベルネ・フラン5% 所有者:ボリー家 シャトーグランピュイラコスト 1996 メドック格付第5級AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste 1996 AOC Pauillac 赤 ワイン 格安,豊富な

シャトーロッシェイロン 2010 AOCサンテミリオングランクリュクラッセ Chateau Rocheyron 2010 AOC Saint Emilion 赤 ワイン 2016,SALE

Chateau Rocheyron シャトー・ロッシェイロン(サンテミリオン) スペインのペトリュスと形容されるピングスを手掛ける鬼才、ピーター・シセックが遂にボルドーでジョイントベンチャー!! 遂に本場でワインを造り始めた!! 【ドミニオ・デ・ピングス】を率いる【ピーター・シセック氏】 と、サン・テミリオン・グラン・クリュ・クラッセ 【シャトー・フォジェール】オーナーのシルヴィオ・デンツ氏 がタッグを組み、サン・テミリオン最上のテロワールと言われる7.4haの畑からリリースしているワインが 【シャトー・ロッシェイロン】 です。 畑には、サン・テミリオン特有の素晴らしいカベルネ・フラン(樹齢60年)と メルロー(樹齢40年)が栽培されており、有機栽培で管理されています。 シャトー・ロシェイロンのコンセプトは、 『歴史ある素晴らしい土壌のポテンシャルを最高の状態まで引き出し、最高の形でワインに反映させること。』 代々引き継がれた畑の潜在能力を尊重し、人間の手を加えるのはごく最小限。デンマークで生まれ、スペインにてヴィニュロンの才能を大きく開花させた【ピーター・シセック氏】が、ボルドーの銘醸地サン・テミリオンで造り上げたワインを是非この機会にお確かめください! 光を通さないほどの濃い紫色。黒スグリやプルーンのジャム、ドライプラム、カカオ、クローヴ、カラメル、インクなどがふくよかに香る。 ベルベットのような舌触りが心地良く、口当たりは滑らかで力強さが十分に感じられます。タンニンはしっかりしていますが丸みがあり、凝縮されたボリューム感のある果実の旨みを感じられる。酸とアルコール度も高めで、ピーター・シセック氏の個性を強烈に感じさせてくれる一本。 所有者:Peter SISSECKピーター・シセック、 Silvio DENZシルヴィオ・デンズ アペラシオン サンテミリオン・グラン・クリュ 土壌 漸新世世代に遡る石灰質台地 (星彩結晶が混じった石灰質土壌、表土はカルシソル) 栽培面積:7.3875 ヘクタール 平均樹齢:約45年 植樹比率:1ヘクタール当たり6,000 本 選定方法:ダブル・ギヨ式 栽培方法:有機栽培 耕耘、手作業による芽かき、除葉、間引き、小さな籠による手摘み収穫、選果台の使用 (一台は光学式)、有機栽培による環境配慮の取り組み。 収量:1ヘクタール当たり20hl 醸造:低温(24度)によるソフトな発酵。 3週間のキュヴェゾン、適度なポンピング・オーバー。 ファーストヴィンテージ:2010年 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方、サンテミリオン地区●ブドウ品種メルロー70%、カベルネ・フラン30% ●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【シャトー・ロッシェイロン】 【シャトー ロッシェイロン】【シャトー ロシェイロン】【シャトー・ロシェイロン】【ボルドー サンテミリオン】 【サンテミリオン 特別級】 【AOCサンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【Saint Emilion】【Saint-Emilion】【ピーター・シセック】 【シャトー・フォジェール】【シルヴィオ・デンズ】【ピングス】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Rocheyron シャトー・ロッシェイロン(サンテミリオン) Chateau Rocheyron シャトー・ロッシェイロン(サンテミリオン) 【スペインのペトリュス】と形容されるピングスを手掛ける鬼才、ピーター・シセックが、ボルドーにシャトーを購入。サンテミリオンのサン・クリストフ・デ・バルド台地にある7.4Haの【シャトー・ロッシェイロン】。近隣にある【シャトー・フォジェール】のオーナーである【シルヴィオ・デンズ】と半々のジョイント・ベンチャー!!「スペインのペトリュス」と形容されるピングスを手掛けるピーター・シセックが、ボルドーにシャトーを購入しました。サンテミリオンのサン・クリストフ・デ・バルド台地にある7.4ヘクタールのシャトー・ロッシェイロン! シャトーロッシェイロン 2010 AOCサンテミリオングランクリュクラッセ Chateau Rocheyron 2010 AOC Saint Emilion 赤 ワイン 2016,SALE

シャトーブラーヌカントナック 1985 Chateau Brane Cantenac 1985 超希少 古酒 赤 ワイン 格安,安い

格付け2級シャトーの中で最もお買い得なワインが“ブラーヌ・カントナック”です。現在の所有者は、ボルドーで最も有名な一族であるリュルトン・ファミリーの一人で、彼の妥協する事のない真摯なワイン造りの姿勢が、60年代後半から80年代前半にかけての品質の低下時期から完全に復興させました。今ではその高い格付けに相応しい品質のワインが造られており、常に安定したレベルを保っています。 マルゴーのシャトーは、同じメドックの他の地区と比べメルロの比率が高いシャトーが多く見受けられますが、このシャトーの畑はカベルネ・ソービニョンに向いたテロワールを持っているためカベルネの使用比率が高めですが、それでもしっかりとマルゴーらしい繊細さやフィネスを持っています。外交的で比較的早く飲み頃を迎える事の多いこのシャトーのワインとしては長命です。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方メドック地区マルゴー:カントナック村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィ二ヨン65%、メルロー30%、カベルネフラン5% ●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・ブラーヌ・カントナック AOCマルゴー・メドック格付け2級 Chateau Brane Cantenac Chateau Brane Cantenac シャトー・ブラーヌ・カントナックリュルトン家のアンリ・リュルトン(Henri Lurton)の指揮の下【シャトー・ブラーヌ・カントナック】は人気も品質も急上昇!、ロバート・パーカー氏は五大シャトーに次ぐ★★★★4つ星生産者に挙げる。かぐわしく濃厚な格付マルゴーとして定評!のメドック格付第2級! ボルドーで最も有名なワインの造り手一族であるリュルトン家が所有する実力派です。シャトー名は、1855年の格付け前からの所有者だったブラーヌ男爵の名にちなんでいます。カントナック台地の最良の部分にある90haの畑は、メドックでも最大級。特徴的な5つの土壌の区画を持ち、それぞれの地質の特性を活かされています。1993年にオーナーとなったアンリ・リュルトン氏は、妥協を一切許さないワイン造りにその情熱を傾け。醸造学の勉強に打ち込み、新しい技術を取り入れ、また畑の改良を進め、このシャトーの評価を一段と高めました。  ワインは、マルゴー地区の中でもエレガントで柔らかなスタイル。果実味に富み、タンニンが果実味に溶け込んでいます。他の2級シャトーと比べ知名度は低いですが、品質が急上昇中で“マルゴーの期待の新星”として大注目です。また、格付けシャトーの中でも“最もお値打ち品の一つ”とも言われ、有名だが味は今ひとつのワインも多い中、リーズナブルな美味しいワインを探す方にはオススメ!! 有名なリュルトン家が所有する実力派!  リュシアン・リュルトン氏が住んでいるのがこのシャトー。マルゴー地区にある“プラトー・ド・カントナック(カントナックの台地、の意)”。その南端に、隣の【カントナック・ブラウン】の派手なシャトーとは対象的に、こじんまりとした印象の2級シャトー・ブラーヌ・カントナックがあります。ボルドーでも卓越した品質を誇ります。シャトー内には、現在のオーナーであるアンリ・リュルトン氏の父の、“クリマンス”や“デュルフォール・ヴィヴァン”など、数々のシャトーを手に入れたことで有名なリュシアン・リュルトン氏が今でも住んでいます。 それぞれ特徴的な5つの区画  ブラーヌ・カントナックの「90ha」の畑は、5つの区画に大別されます。最も品質的に良いワインが出来るのが、プラトー上にある区画です。最高で「海抜22m」という高さを誇るこの区画は砂利質で、最も深いところでは約12m下にまで粘土に混じりながら砂利あります。カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが植えられています。ブラーヌ・カントナックのワインに使用されるブドウは、主にこの区画からのものです。  シャトー裏側は砂を含んだ粘土質で、10年前にカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローに植え替えたばかりの新しい区画です。“ノット”という区画は、15年前に排水工事を行い新しく植え替えたところで、砂利が多くて非常に良い土壌。マルゴー村とアルサック村にまたがる“ヴェルドット”と呼ばれる区画は、砂利と砂が混じっていて、カベルネ・ソーヴィ二ヨンです。そして最後に、スーサッン村にある“マラン”という区画で栽培されたブドウは、主にセカンドワインに使用されます。 間引きは行わない 現オーナーのアンリ・リュルトン氏がこのシャトーを購入した1993年、ブドウ畑に関して真っ先に行ったのが、ブドウの樹の嵩上げだったそうです。全体的に約20cm、そして多いところでは30cmの嵩上げを行いました。また間引きは行っておらず、芽かきの時点で多めに芽を取り除き、収穫制限を行います。「間引きをしてしまうと、どうしても次の年にその反動がきて多くの房をつけるため、1回始めてしまうとずっと続けないといけない」  ということです。  そして、間引きには多くの人出が必要で、当然コストがかかります。ブドウの品質とコストの両面から考えて、リスクはありますが、あえてこの方法を採用しています。また、“収穫は区画ごとではなく、地質ごとに行っている”というのも大きな特徴。ブラーヌ・カントナックのブドウ畑は様々な地質を含み、多いところでは1つの区画の中に4種類もの地質が存在します。 同じ区画とはいっても、どうしても収穫時期が異なるということ。 素晴らしいワインへの試み  ブラーヌ・カントナックでは、収穫の速さを重視する為、他のシャトーのような容量の小さいカジェットは使用せず、比較的大きな収穫カゴでブドウを運んでいます。ブドウの実が完全に熟している場合は、果皮が厚くなっているため、このぐらいの容量であれば潰れることはないのだそうです。ブドウ畑では選果まで行い、この方法で醸造所まで運びます。その後、除梗前の選果と破砕をしてタンクに運び入れます。「現在の除梗機には適正な量を守ってブドウを入れれば、果梗が残るということはほぼない」 とのこと。逆に、容量の小さいカジェットなどを使用して収穫し、少量ずつ除梗機にかけた時の方が果梗が残とのこと。  木製とステンレス製のタンクにブドウが入れられた後、“ターボ・ピジャー”という特別な機器をしながら、低温マセレーションを行います。その後、アルコール発酵中は、ワインを循環させる「ルモンタージュ」、ワインをタンクから一度抜き取り、粕帽を空気に触れさせることにより、まろやかなタンニンを抽出するための「デレスタージュ」、そしてターボ・ピジャーを使用した「ピジャージュ」などの作業を行います。 ターボ・ピジャージュを使用してのピジャージュは、2000年から新システムを取り入れました。実は、それ以前の1986年には、ブルゴーニュで使用されていた特殊なピジャージュ機能付のステンレスタンクを導入しましたが、あまり良い効果が得られませんでした。システムを変更してから、以前よりもさらに色素、タンニンの抽出が効率よく行えたということです。  アルコール発酵が終了後、果皮浸漬を行います。1993年からは、フリーランワインの中でも優れたものに関しては新樽でマロラクティック発酵を行い(残りはタンク)、プレスワインに関しては1度使用した樽の中で行います。樽内マロラクティック発酵を始めた初期は、メルローのみを樽内で行っていたそうですが、実験を重ねた結果、樽の種類や焼付けを調整することにより、カベルネ・ソーヴィニヨンでもより効果的だという結果が得られたため、現在ではこちらにも採用しているそうです。樽は合計7社から購入し、焼付けはミディアム。新樽比率は約50~60%。  マロラクティック発酵が終了しても、すぐに澱引きは行わず、2ヶ月間シュール・リーを行います。ただしバトナージュ、ミクロビュラージュは行いません。合計18ヶ月間の樽熟成の間に澱引きは行いますが、不定期で行うとのこと。コラージュは伝統的な卵白を使用します。“無名だけど美味しいワイン”が好まれるのは当然のこと ですから、このままのスタイルを保って欲しいとも思います。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  ブラーヌ=カントナックは、ボルドーでも最も名の知られたワインのつくり手の一族が所有している。リュルトン家が住む地味なシャトーは、ブドウ栽培の歴史上18世紀初めにまでさかのぼることができる。19世紀に、ワインの名前(バロン・ド・ブラーヌ)にもなったブラーヌ男爵が所有者であった頃のこのシャトーは、傑出した評判を得ていた。現在ムートン・ロートシルトと呼ばれるポイヤックの有名シャトーを所有していたこともあるブラーヌ男爵は、非常に尊敬されたワインのつくり手であり、強固な政治的人脈を持ち、1855年の格付けの際は、それほどの水準のワインを生産していないとの異論があったにもかかわらず、ブラーヌ=カントナックは二級に格付けされた。現在、グラーヴとアントル=ドゥー=メールにかなりのシャトーを持つリュルトン家は、ワインづくりにたずさわる一族としてはこの地区最大である。  メドック最大のシャトーの1つであるブラーヌ=カントナックの広大なブドウ畑は、カントナック村の西、ジロンド河からはかなり内陸に入ったところにある。生産量が多いため、ブラーヌ=カントナックのワインは世界中で商業的な成功を収めている。しかしながらここのワインは凡庸で、特に1967年から1981年にはそれが顕著だった。不思議なことに、この時期のブラーヌ=カントナックの仕上がりには明らかに難があるのに、大半のワイン評論家はそれを指摘せずに目をつぶった。  このスランプ期にいちばん目立っていた問題は、ワインが軽すぎることと、農家の裏庭のようないやなにおいがしばしば感じられたことだ。推測でしかないが、こうした問題が起きたのは、ブドウの選別が不十分だったり、また、セラーの管理がずさんで非衛生的だったために違いない。 もっとも、出来のばらつきは、劇的に改善され、品質のレベルは回復した。ブラーヌ=カントナックのワインは、外向的で果実味に富み、やわらかなスタイルにつくられており、15~20年は持ちこたえるが、若いうちから気軽に楽しめる。 【一般的な評価】 かつては繰り返し期待はずれのシャトーだったが、復興期を迎えている。1990年代後半以降、ブラーヌ=カントナックは二級という格付にふさわしい品質を取り戻し、1995年ヴィンテージからずっと、そのワインはますます強さを増している。幸い、若きアンリ・リュルトンは妥協を全く許さないワインづくりに全力を傾けている。こうした傾向は比較的最近のものだが、ブラーヌ=カントナックは、ボルドー全体とは言わないまでも、マルゴーの新星の1つである。 急上昇する品質に価格はまだ追いついていないので、消費者は覚えておくべきだ!2003年時点で、ここのワインは、ボルドーの格付シャトーのワインの中で最もお値打ち品の1つである。 平均年間生産量:14万本 畑・面積:90ha 平均樹齢:25年 植樹密度:6600~8800本/ha 平均収量:42hl/ha 育て方:発酵は31℃、マセレーションは28℃に温度調節された木製槽で3~4週間。 マロラクティックは、メルロは樽内、カベルネは木製槽で行う。 熟成は新樽60%で18ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。卵白で清澄し、必要なら濾過も行う。 所有者:アンリ・リュルトン シャトーブラーヌカントナック 1985 Chateau Brane Cantenac 1985 超希少 古酒 赤 ワイン 格安,安い

シャトードフューザルルージュ 2002 Chateau de Fieuzal Rouge 2002 赤 ワイン 高品質,人気

ここはグラーブの格付けにも入っており(赤ワインのみ)、比較的歴史の長いシャトーで、以前から質の高いワインを造り続けていて、さらに1980年代後半からより一層向上しているにも関わらず、何故かさほど目立たない存在です。とは言え、最近は特に白ワインの評価が高くなっており、以前に比べると若干価格は上昇しています。それでも値段と品質のバランスから考えると、ボルドーの中でもかなりコストパフォーマンスの高いシャトーである事は間違いありません。 中程度の濃さで、輝きのあるガーネット色。トーストしたオークのニュアンスが前面に出ておりますが、奥にはほのかなベリー系の果実香が感じられます。リッチで旨味が凝縮した果実味は滑らかで、柔らかく熟したタンニンと優しい酸のおかげもあって、程よい飲み口に仕上がっています。比較的長い後口が感じられます。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。        【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー、ペサック・レオニャン地区 グラン・クリュ●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー30%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フルボディ】【AOC ぺサック レオニャン】 【ぺサック レオニャン AOC 】 【シャトー ド フューザル】 【グラーヴ 辛口 赤】 【ボルドー 赤 辛口】 【フィュザル】 【フューザル】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・ド・フューザル Chateau de Fieuzal Chateau de Fieuzal シャトー・ド・フューザルロバート・パーカー氏に「最良のヴィンテージでは赤も白もこのアペラシオンの最高級のワインに匹敵する」と絶賛させた大人気コストパフォーマンスの高いグラーヴの格付けシャトー!! “ボルドーワインの発祥の地”  優れたワインの一大産地となったグラーブの中でも、レオニャン地区のシャトー・ド・フューザルは300年にわたる長い歴史を持ち、“ボルドーワインの発祥の地”とも言われています。かつて「ガルデール」と呼ばれていたこの土地は、1851年までシャトーの所有者だったフューザル家の名をとって、シャトー・ド・フューザルと名付けられました。その後、【オー・ガルデール】を併合。フューザル家の後を継いだグリフォン兄弟が領地を購入し、土地を分け合いました。  兄弟の一人は、ボルドーで教皇の領事を務めており、グラーブのワインの良さをバチカンで評価されるように仕向けると、教皇レオン13世はグラーブのワインに魅せられるようになります。最高の出来と賞賛されたシャトー・ド・フューザルの<1893年>を、バチカンのワイン貯蔵庫に入れさせることに成功します。  20世紀の後半以降、数回にわたってシャトー所有者が移り変わっていきます。中にはボルドーの著名人たちも多く、1974年まで所有者だったリカー家や、ジョージ・ネグルベーニュとジェラード・グリブランが含まれてます。1994年と1995年には、バンク・ポピュラー・グループがシャトー・ド・フューザルと【オー・ガルデール】の両シャトーを相次いで買収し、ブドウ畑の再生を行いました。2001年からはロシュラン夫妻が新たな所有者となっています。  1959年のグラーブ地区の格付けでは、シャトー・ド・フューザルの赤ワインの素晴らしい評価が維持されました。シャトー・ド・フューザルは、赤ワインも白ワインも生産していますが、グラーヴの格付けに入っているのは赤ワインのみ。樹齢の古いブドウの木も多いことから、とても優雅な肉付きの良い味わいでありながら、同時に値ごろ感もあるワインとして知られています。  一方の白ワインは、格付けこそされていませんが、ボルドーの白の中ではトップクラスとの評価も。これからが期待されるシャトーです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  シャトー・ド・フューザルは、以前から目立たないシャトーの1つである。比較的古くからあり、この地域の住民からはきちんと認められていることを思うと意外なことだ。セラーは、レオニャンの町はずれ、ソカに向かう県道651号線に近い田園のなだらかな起伏の中にある。だが、このひっそりとたたずむド・フューザルは1980年代半ば頃に、著しくリッチで複雑なワインを生産するようになってから、一躍脚光を浴びるようになった。だからといって、古いヴィンテージの出来が悪かったというわけではない。古いものにもよくできたワインが多いのだが、最近のヴィンテージにあるような、まばゆい個性には欠けるのである。  シャトー・ド・フューザルの品質向上におおいに貢献したのは、1974年にこのシャトーの経営を引き継ぎ、生産管理を熱心に行っているジェラール・グリブランである。1977年には温度調節機能付きのステンレス製の発酵槽が設置され、1980年代からはマセレーションの期間を長めにし、オークの新樽を増やすようになった。ド・フューザルの白ワインに画期的な進展があったのは1985年。一連のすばらしいグラーブの白の最初のワインがこの年、このシャトーで生まれた。グリブランも認める通り、ド・フューザルの名声の復活は、すでに引退した技術顧問兼醸造責任者、デュプイ氏の貢献によるとこらが大きい。誰の目から見ても完全主義者であるデュプイは、ド・フューザルでのワインづくりを指揮し、その並はずれた才能と柔軟性を遺憾なく発揮した。驚くべきことに、高品質にもかかわらず、なぜかその値段が高騰しないド・フューザルは、グラーブ全体を見渡しても、最もコストパフォーマンスがよいワインの1つである。 一般的な評価  ここのワインは常に良好であったが、1980年代半ばから相当よくなってきた。最良のヴィンテージでは、赤も白も、このアペラシオンの最高級のワインに匹敵する。しかし、一貫した高品質にもかかわらず、ド・フューザルのワインは同列のシャトーのもの(例えばパブ・クレマンなど)と比べて、とてもお値打ち品である。  フューザルの白は、かねてから愛好家が「金の砂」と名付けて、ひそかに愛飲し続けてきたワインで、年間生産量が3,000ケースという少なさも手伝い、なかなかお目にかかることの少ないワインの1つです。 <赤> 平均年間生産量:10万本 畑 面積:38ha 平均樹齢:30年 植樹密度:9091本/ha 平均収量:40hl/ha 育成:コールド・マセレーション。発酵(27℃)は温度管理された槽で行う。 マロラクティックと18~24ヶ月の熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で行う。 清澄はするが、濾過はしない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー30%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2% 所有者:ロクラン・キン シャトードフューザルルージュ 2002 Chateau de Fieuzal Rouge 2002 赤 ワイン 高品質,人気

シャトーパヴィマカン 1993 Chateau Pavie Macquin 1993 赤 ワイン SALE,限定セール

サン・テミリオンの中でも「コート・パヴィ」と呼ばれる小高い丘の上にある畑の、樹齢の高い古木から造られるここのワインは、非常に果実味とタンニンが豊かな凝縮感のあるスタイル。 一時期低迷していた事もありますが、1980年代後半に畑の管理を“ル・パン”で有名なニコラ・ティアンポンにまかせ、醸造をミシェル・ロランとステファン・デュルノンクールに託した事で完全に一変しました。 今では世界中で争奪戦が繰りひろげられるほどの人気シャトーとなっています。        *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー・サンテミリオン地区●ブドウ品種メルロー70%、カベルネ・フラン25%、カベルネ・ソーヴィニョン5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【サンテミリオン AOC】 【AOC サン・テミリオン】 【AOC サンテミリオン】 【ニコラ ティエンポン】 【ニコラ ティアンポン】 【ステファン ドルノンクール】 【ステファヌ ドゥルノンクール】 【ミシェル ロラン】 【パヴィ マカン】 【サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【サンミリオン 特別級】【マッカン】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【サンテミリオン プルミエ・クリュ・クラッセ 】【サンテミリオン 赤 辛口 】【サンテミリオン第一特別級 】【ティエポン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Pavie Macquin シャトー・パヴィ・マカン  ロバート・パーカー氏に「有機栽培を行うこのシャトーは現在サンテミリオンのスターのひとつとなっている」と言わしめた大人気スーパーサンテミリオン特別級、限定数量ワイン!! 偉大な再興を成し遂げた人物!! シャトー・パヴィ・マカンの歴史は、【アルベール・マカン(1852年~1911年)】を抜きには語れません。彼は、19世紀末にボルドーをフィロキセラ被害が襲った際に、サンテミリオンのブドウ畑に接木する方法を考案したことで知られています。シャトー名にその名前を残しています。 【ヘンリ・アンジャルベール】は、 「30年以上にもわたりサンテミリオンの畑を甦らせた、復興の偉大な指導者であるアルベール・マカンを目に浮かべてみるべきだ。」 と記しています。 現在の所有者は、彼の孫のべノワ・コレ、ブルーノ・コレとマリー・ジャック・シャーパンィエとその子供たちです。彼らはこの高名な先代の遺志を継ぎ、素晴らしい畑に心から愛着を示しています。自然の摂理を尊重した「実験研究所」「サンテミリオンの丘」の頂上に位置しています。 畑の素晴らしい資質が認識され、高級ワインを生み出そうという気概が強まったのは、1986年、マリーズ・バレーがやってきてからのとなります。マリーズ・バレーは、その熱意と固い信念をもってブドウ畑の復興に大きな貢献をしました。 続いて1994年には、ニコラ・ティアンポンに管理が任され、ステファン・ドルノン・クールがその補佐を行うようになる。ステファン・ドルノン・クールは、自然の摂理を尊重し、力強い伝統に基づいた栽培醸造の研究と考察を行い、まさにシャトー・パヴィ・マカンは実験研究所となります。“新しいワインを作り出すこと”よりも、“畑を再生し、過去数十年の間に隠れていた本質を見出すこと”という点に主眼を置き、運営が行われています。 2006年に見直しが行われたサンテミリオンの格付けで「プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ(第1特別級B)」へと昇格し、近年、評価が急上昇!! ちなみに、すぐ近くに似たような名前の【パヴィ】がありますが、こちらとは関係ありません。 「サンテミリオンの丘」の頂上に位置しており、畑の素晴らしさには疑いの余地も無かったのですが、ここ数年、急激に評価を高めてきているのには理由があります。 それは、1994年からニコラ・ティアンポンが管理を行い、ステファン・ドルノン・クールがその補佐を行うようになったため。 彼らはボルドーでも注目のコンビであり、自然の摂理を最大限に活かす「ビオディナミ農法(無農薬有機栽培)」を取り入れることで、シャトー・パヴィ・マカンのワインを一変させたのでした。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 パヴィ・マカンの名前はアルベール・マカンに由来する。アルベール・マカンは、ヨーロッパのブドウの木をアメリカ産の台木に接え木する当時一流の専門家だった。19世紀後半、フィロキセラがボルドーのブドウ畑の大半に多大な被害を与えた後、接え木は必要不可欠なものになっていた。ここの畑はよく「コート・パヴィ」という名で呼ばれる一帯にあり、より知名度の高いトロロン・モンドとパヴィの畑に隣接している。フォンガバン渓谷を見下ろすこの畑は、日照は非常に良好で、晴天が多く温暖な独特の微気候を持つ。1970年代及び1980年代のパヴィ・マカンのワインには失望させられることが多かったが、1990年、1989年、1988年のヴィンテージから品質は著しい飛躍を遂げた。その大きな理由は、コール家が(ヴィユー・シャトー・セルタンの)才気煥発のニコラ・ティアンポンを雇い入れ、シャトーの管理とブドウの栽培にあたらせたからだ。さらに、ワイン醸造とエルヴァージュのために新たにリブヌルのエノロジスト、ミシェル・ローランとステファヌ・ドルノンクールを起用したことで、この地の利に恵まれたサン=テミリオンの将来は、完全に一変した。有機栽培を行うこのシャトーは、現在サン=テミリオンのスターの1つとなっている。 一般的な評価 バイオダイナミック農法(ビオデナミ)によるパヴィ・マカンは過去10年間の大半にわたって、輝かしいワインを生み出してきた。このワインをサン=テミリオンのラフルールだと思う方もいるかもしれない。パヴィ・マカンは、古木の強烈さと、大柄で超絶的な濃縮感の備え、高いエキス分が感じられるスタイルであり、果実味とタンニンが豊かで、たっぷりとしたボディが一体化しており、長期間セラーで熟成させる特筆に値すべきワインの候補になっている。このワインは、享楽主義者がすぐに充足感を得るために探すものではないのは明らかで。しかしながら、たとえ、このワインを購入する人は賭けをする必要はないとはいえ、ヴィンテージによっては、危機的状況となる前兆を示す、攻撃的なレベルのタンニンが表れることがある点を指摘しておかなければならないだろう。 平均年間生産量:5万5,000本 畑 面積:15.2ha 平均樹齢:35年 植樹密度:6,000本/ha、平均収量:35~40hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは4~5週間。熟成は新樽60~80%で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー70%、カベルネ・フラン25%、カベルネ・ソーヴィニョン5% 所有者:コール=マカン シャトーパヴィマカン 1993 Chateau Pavie Macquin 1993 赤 ワイン SALE,限定セール

シャトーデュクリュボーカイユ 1982 Chateau Ducru Beaucaillou 1982 赤 ワイン 人気,お得

Chateau Ducru Beaucaillou シャトー・デュクリュ・ボーカイユレオヴィル・ラスカーズの力強さより風味の美しさと、洗練さに秀でていると言われるサンジュリアン格付第2級!これぞ元祖スーパーセカンド!! 山吹色のエチケットがトレードマークの【デュクリュ・ボーカイユ】 。誰でも一度目にしたら忘れられない印象的なこのボトルは、今昔問わずワイン通に愛されてきた有名シャトー!特筆すべきはテロワールで古ガロンヌ河により運ばれた直径5センチにもなる大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質になっています。ブドウ栽培に向いた最高のテロワールであり、そのサン・ジュリアンらしい複雑なテロワールの味わいはボトルにも確かに反映されています。  デュクリュ・ボーカイユはもともとは【ボーカイユ】として、定評があったシャトーですが1795年にベルトラン・デュクリュ氏が買い取り、品質の向上に務めました。その際シャトーの名前は現在の【デュクリュ・ボーカイユ】へ変更となり、1855年のメドック格付けの際には2級とになりました。  その後、相続や買収でのオーナー変更が数度ありましたが、名声は落ちず1941年に現在のオーナーのボリー家の手に渡ります。このボリー家というのが、家族揃ってワイン造りの達人で、現在ではポイヤックの【シャトー・オー・バタイエ】【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト】【シャトー・ラグランジュ】の一部を買い取り醸造を開始しました。また、サン・ジュリアンの【シャトー・ラランド・ボリー】、リストラック・メドックの【シャトー・デュクリュゾー】など数多くのワイナリーを経営しています。 ロバート・パーカー氏は 「投資の対象というよりは、ワイン通が好んで買うワインなのである。品質に対するコストパフォーマンスの点では、ボルドーのスーパーセカンドで最も興味深いワインの1つだ。」 (『ボルドー第四版』より)と評価しています。  また、このシャトーにつき特筆すべきはテロワールです。レオヴィル・ラス・カーズやラトゥールなどに近い畑 は、古ガロンヌ河によって運ばれた、5cm程の大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質。その名前の元になった「ボーカイユー(美しい砂利・小石、の意味)」という言葉のとおり、多くの砂利が体積した、ワイン栽培には最適な土壌となっているのです。  味わいは、サン・ジュリアンでも最高級のテロワールが表現されています。「エレガントでバランスが良く、気品漂う」 と評され、しっかりとしたタンニンはありますが、優雅で繊細な香りとしっかりしたボディ。ブドウの収穫は全て手摘みで行い、ブドウ畑の中で選果を行います。畑で選果を行うのは、醸造所まで移動させているごく短い時間であっても、状態の悪いブドウと健全なブドウを触れ合わすことが無いように、という配慮からだそう。  熟成が進み飲み頃を迎えると、上品さ、味わいのバランスの良さは群を抜くワインながら、飲み頃が来るまで非常に長い時間を要する、正に飲み手に忍耐を強いるワインです。       十分に黒味を帯びた紫色で、クレーム・ド・カシス、ブラックベリーのジャムのような濃厚な黒系果実やスミレの花、リコリス、ガナッシュ、スモーキーなアロマ。ブラックベリーやカシスの黒系果実の柔らかな香り。ミネラルやコーヒーのニュアンスもあります。デュクリュ・ボーカイユの畑の特徴である砂利のニュアンスも感じられます。カベルネ・ソーヴィニヨン由来のリッチで力強い味わいが特徴的で、力強さだけではなく、きめの細かいタンニンと酸があり、造りの良さを感じさせます。 また、非常に調和の取れた素晴らしくエレガントな味わいで、重過ぎません。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 シャトーデュクリュボーカイユ 1982 Chateau Ducru Beaucaillou 1982 赤 ワイン 人気,お得

クロデュマルキ 1997 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Clos du Marquis 1997 AOC Saint Julien 赤 ワイン 大人気,送料無料

Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキサン・ジュリアンの王!レオヴィル・ラス・カーズのセカンドワイン! 【シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・バロン】、【シャトー・コス・デス・トゥルネル】らと肩を並べスーパーセカンドの代表格、メドック格付け第二級の【レオヴィル・ラス・カーズ】は時には5大シャトーをも上回ります。  40ヘクタールを超えるメインの畑は、5大シャトーの一つである【シャトー・ラトゥール】と面しており、非常に恵まれたテロワールなんです。 また、その名声や恵まれたテロワールに甘えずブドウ栽培、ワイン造り、細部に至るまで、情熱を持って丁寧に何よりも努力を忘れず造られていることもワインファンの心を捉える秘訣かもしれません。 2006年ヴィンテージまではメドック格付け2級の【レオヴィル・ラス・カーズ】のセカンドワインとされていましたが、現在ラス・カーズに使われている区画の外側にある独立した区画のブドウと、ラス・カーズには使用出来ないと判断されたラス・カーズ区画のブドウから造られていました。  しかしながら2007年よりラス・カーズ区画のブドウから【ル・プティ・リヨン・ド・マルキ・ド・ラス・カーズ(Le Petit Lion du Marquis de Las Cases)】 という名前の真のセカンドが造られる事になり、こちらは独立したワインとなりました。侯爵(=マルキ)の畑という名前の由来である専用の畑で、ラス・カーズとは全く別の性格を持し、 セカンドでなくなった今でもドゥロン家の所有のシャトーとしてリリースされています。 「周囲のレオヴィル・バルトン、ポワフェレ、タルボらと同じまたはそれ以上のワインでありサン・ジュリアンのテロワールの典型を表現する別のワインなのです」 と現在のオーナーであるユベール・ドゥロン氏は公言しています。 また、ロバート・パーカー氏からも優良の年にはメドック格付け4級あるいは3級並み だと評価されていることから、その実力は間違いなしです!! 【限りなく1級に近い】と賞されている【レオヴィル・ラスカーズ】は、『特別なことをしなくてもテロワールが良ければいいワインが出来る』というお手本のようなシャトーなのです。  本家のラス・カーズにとって1986年は20世紀に造られた中で間違いなくトップ3に入る素晴らしいワインを生み出した年でしたが、もちろん当時セカンドだったこのワインも特筆すべき資質を備えています。ラス・カーズゆずりのエレガントな舌触り、完熟した果実から生み出された深みと奥行き、味わいの各要素は完璧な調和を見せており、偉大なボルドーというに相応しいワインです。既に飲み頃を迎えており、この先10年は楽しめるポテンシャルを秘めています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・第2級 / セカンドワイン●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【メドック サンジュリアン】 【カベルネ ソーヴィニヨン】 【ソーヴィニョン】 【デュロン家】【格付 サンジュリアン】【サンジュリアン 赤 辛口 】 【クロ デュ マルキ 】【ラスカーズ セカンド 】【フランス 】【ボルドー 】【サンジュリアン】【サン ジュリアン 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキ クロ・デュ・マルキ メドック格付第2級 AOCサン・ジュリアン シャトー・レオヴィル・ラスカーズ・セカンド・ラベル Clos du Marquis Second wine AOC Saint Julien サンジュリアンの極上シャトー!!人気・実力共にナンバーワンのスーパーセカンドです。 メドック地区・サンジュリアン村にある、人気の「レオヴィル3兄弟」の一つです。かつて同じ畑だったレオヴィルが3分割されたのですが、当時の所有者の名前にちなんでこのラスカーズの名が付けられました。 ラスカーズは、常に“メドック1級並みの品質をもつ2級”という意味の「スーパーセカンド」の筆頭として挙げられ、サン・ジュリアン村で最も高い評価を受けています。  主要な畑は有名な1級シャトー【ラトゥール】に隣接し、ラベルにも描かれているトレードマークのライオンが座った門と、石垣に囲まれています。ジロンド川によって運ばれた砂利が堆積した、水はけの良い土壌を生かして、主にカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されています。  ワインは、サンジュリアンの中では最も色が濃く、飲み頃になるまでに10~15年の年月が必要と言われる晩熟タイプ。サンジュリアンは“ポイヤックの力強さとマルゴーの繊細さを併せ持つ”と評されますが、このワインはややポイヤック寄りの、個性の強い味わいです。タンニンがたっぷりあり、ボリュームがあり、凝縮感もあり、1級のものに引けをとらないほど深遠なものに仕上がっているのです。  前オーナーのミシェル・ドゥロン氏は、80年代、90年代と、メドックで最も偉大と言われるワインを造り続けました。彼は、ボルドーでも有名な完璧主義者で、86年のようなグレート・ヴィンテージの年でさえ、収穫量の50%以上を格下げしてしまったほど品質にこだわり続けました。近年は、彼の息子が跡を継ぎ、こだわりのワイン造りを行っています。たとえば、ブドウの樹の植替えには全て「マサル・セレクション」 という方法をとっています。 これは、畑の中から優れたブドウの樹を選別し、その枝から苗を育て台木に接ぎ木する方法で、非常に手間の掛かる作業です。  また、石壁に囲まれたラスカーズの中心の畑から採れたブドウで作ったワインであっても、ラスカーズの品質に満たないと判断された時には、決してブレンドには加えることはありません。平均すると、生産量のわずか「30%」しかラスカーズにならないという、非常に厳しい基準があります。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり、偉大なボルドー・ワインの1つである。40haを超える主要な畑はラトゥールに隣接しており、絵のように美しい。石垣に囲まれており、ワインのラベルにも描かれている。ボルドーでも最大級のシャトーで、ワインの品質にかける入念さや熱心さの点では、並ぶものこそいくつかあるにせよ、どこにも負けていない。責任者は故ミシェル・ドゥロンだったが、近年は、彼の息子であるジャン=ユベールが務めている。ミシェル・ドゥロンは気位の高い男で、尊敬を集めていたが、同じくらい軽蔑もされていた。  完璧主義者であったが、彼を批判する人々は、そしてその数は多いのだが、彼が策略をもってワインを売ると主張する。その主張によれば、偉大なヴィンテージには出し惜しみをしてささやかな量しかつくらず、人為的に価格をつり上げていたと言うのである。もっとも、その華麗な品質にけちをつけることは誰にもできまい。彼のワインは、サン=ジュリアンのみならず、メドック全体で最上のワインを造ろうというマニアックな執念の産物ばのである!   1986年のような豊作のヴィンテージに収穫高の50%以上を、あるいは1990年のように67%という驚愕すべき量を格下げしてしまう人物がほかにいるだろうか? セカンド・ワインだけでなくサード・ワイン(ビニャルノン)をも導入する人物は? 空調のきいたシェ(ワイン蔵)に気前よく大理石の床を敷く人物は? 彼が好きか嫌いかはともかく、ミシェル・ドゥロンは補佐役に有能なミシェル・ロラン(リブヌルのエノロジストではない)やジャック・ドポワジエを従えて、1980年代、1990年代のメドックで最も偉大なワインの1つをつくり続けた。その息子も父親の方針を踏襲するにとどまらない能力を持っているようだ。  第二次世界大戦後のワインにはムラがあったが、1975年以後は連続して成功を収め、2000年、1996年、1995年、1994年、1990年、1986年、1985年、1982年、1978年、1975年のようなヴィンテージには完璧に近いワインが生まれている。事実、これらのヴィンテージでは、メドックの第一級シャトーのほとんどと同じくらい深遠なワインとなっているのだ。  サン=ジュリアンにおける主要なライバルであるデュクリュ=ボーカイユーと比較すると、レオヴィル=ラス・カーズのワインは、色合いがわずかに暗く、よりタニックで、よりスケールが大きく、より凝縮味がより強く、言うまでもなく長期の貯蔵を念頭に置いてつくられている。伝統的なワインであり、適度な飲み頃になるまで10~15年待てるだけの忍耐力を持ち合わせた事情通向けのワインである。ボルドーの1855年の格付けが見直されるようなことがあったら、レオヴィル・ラス・カーズは、デュクリュ=ボーカイユーのように、今ひょっとするとレオヴィル・バルトンやグリュオー・ラローズも一級への昇格が熱心に支持されることだろう。 一般的な評価  レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン=ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。一貫して一級並みの品質となっており、1980年代、1990年代の成績は注目すべきものだった。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。サン=ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内にとどまっている。投機家好みのワインではないのでオークションで見かけることはめったにないが、消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。セカンド・ワインのクロ・デュ・マルキも優良であり、最良のヴィンテージには三級や四級のワインに引けをとらない。 平均年間生産量:21万6000本 畑 面積:97.2ha 平均樹齢:30年、植樹密度:8000本/ha、平均収量:42~50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製、コンクリート、ステンレスの槽で12~20日間。熟成はヴィンテージによって新樽50~100%で12~24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド3% 所有者:SCデュ・シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(ドゥロン家) クロデュマルキ 1997 メドック格付第2級 AOCサンジュリアン Clos du Marquis 1997 AOC Saint Julien 赤 ワイン 大人気,送料無料

シャトーレオヴィルラスカーズ 1985 Chateau Leoville Las Cases 1985 赤 ワイン HOT,SALE

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ Chateau Leoville Las Casesシャトー・レオヴィル・ラス・カーズは、サン・ジュリアン村に位置する3つの「レオヴィル」のひとつ。 ボルドーの『スーパーセカンド』と呼ばれる、限りなく格付け1級に近いシャトーの中でも筆頭格! ラス・カーズ、バルトン、ポワフェレの兄弟は、元々1つのシャトーでしたが分割され、それぞれ別々のオーナーの元で歴史を刻んできました。   もし格付けの見直しが行われるとしたら、間違いなく1級にあがるでしょうが、そうなると値段も恐らく…既に十分他の2級より高いんだから、いつまでも『スーパーセカンド』でいて欲しいと切に願います。  中でもレオヴィル・ラス・カーズは、「サン・ジュリアンの王」 と言われ、その質の高さと安定した造りで、一級シャトーにも引けを取らない実力を持つ、スーパーセカンドの筆頭。  理由は構造、豊かさ、奥深さ、フィネスが、これほどまでに完璧に近い形でバランスがとれている銘柄は稀有だからなのです。複雑で優美なサン・ジュリアン的スタイルというよりは、隣のポイヤック村のような厚みとたくましさを備えています。  それも、そのはず。畑の主要な部分はポイヤックの【シャトー・ラトゥール】に隣接しています。その恵まれた最高のテロワールはもちろんですが、情熱をもって品質向上に取り組んできたオーナーのドゥロン家の姿勢が高い評価の要因です。その高いクオリティから、一級シャトーほどではないにしても、決して安価とはいえない価格にもかかわらず、「毎年必ずプリムールで買う」という方も多く、ワインラヴァーを虜にする銘柄のひとつです。  熟したカシスやサクランボのような赤・黒系果実の香りに、スミレの花やキャラメル、バニラのような甘やかなニュアンス。口に含むとジューシーな果実味が広がります。酸は控えめで、若干の苦みがアクセントとなり、果実味との見事なバランスを魅せてくれます。艶のある滑らかな味わいで、綺麗な果実味が香る余韻は長く奥行きがあり、ほろ苦さを伴う洗練された旨味がじわりと沁み渡っていきます。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【メドック 格付 第2級】 【AOC サンジュリアン】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【メドック サンジュリアン】 【カベルネ ソーヴィニヨン】 【ソーヴィニョン】 【デュロン家】【格付 サンジュリアン】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【サンジュリアン 赤 辛口 】 【サンジュリアン 】【サン=ジュリアン 】【レオヴィル ラスカーズ 】【ラス・カーズ 】【レオヴィルラスカーズ 】【格付第二級 】【格付2級 】【格付第2級 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ Chateau Leoville Las Cases Chteau Leoville Las Cases シャトー・レオヴィル・ラスカーズ 人気・実力共にナンバーワンのスーパーセカンド!ロバート・パーカー氏も『レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことの出来る格付けシャトーの1つだ。…1855年の格付が見直されるようなことがあれば一級への昇格が熱心に支持されることだろう!』と賞賛し5ッ星★★★★★評価!「ラトゥール」の畑のすぐ隣にある、世界のグランクリュと肩を並べる!! メドック地区・サンジュリアン村にある、人気の「レオヴィル3兄弟」の一つです。かつて同じ畑だったレオヴィルが3分割されたのですが、当時の所有者の名前にちなんでこのラスカーズの名が付けられました。 ラスカーズは、常に『メドック1級並みの品質をもつ2級』という意味の【スーパーセカンド】の筆頭として挙げられ、サン・ジュリアン村で最も高い評価 を受けています。  主要な畑は有名な1級シャトー【ラトゥール】に隣接し、ラベルにも描かれているトレードマークのライオンが座った門と、石垣に囲まれています。ジロンド川によって運ばれた砂利が堆積した、水はけの良い土壌を生かして、主にカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されています。  ワインは、サンジュリアンの中では最も色が濃く、飲み頃になるまでに10~15年の年月が必要と言われる晩熟タイプ。サンジュリアンは“ポイヤックの力強さとマルゴーの繊細さを併せ持つ”と評されますが、このワインはややポイヤック寄りの、個性の強い味わいです。タンニンがたっぷりあり、ボリュームがあり、凝縮感もあり、1級のものに引けをとらないほど深遠なものに仕上がっているのです。  前オーナーのミシェル・ドゥロン氏は、80年代、90年代と、メドックで最も偉大と言われるワインを造り続けました。彼は、ボルドーでも有名な完璧主義者で、86年のようなグレート・ヴィンテージの年でさえ、収穫量の50%以上を格下げしてしまったほど品質にこだわり続けました。  近年は、彼の息子が跡を継ぎ、こだわりのワイン造りを行っています。たとえば、ブドウの樹の植替えには全て「マサル・セレクション」という方法をとっています。これは、畑の中から優れたブドウの樹を選別し、その枝から苗を育て台木に接ぎ木する方法で、非常に手間の掛かる作業です。また、石壁に囲まれたラスカーズの中心の畑から採れたブドウで作ったワインであっても、ラスカーズの品質に満たないと判断された時には、決してブレンドには加えることはありません。平均すると、生産量のわずか「30%」しかラスカーズにならないという、非常に厳しい基準があります。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり、偉大なボルドー・ワインの1つである。40haを超える主要な畑はラトゥールに隣接しており、絵のように美しい。石垣に囲まれており、ワインのラベルにも描かれている。  ボルドーでも最大級のシャトーで、ワインの品質にかける入念さや熱心さの点では、並ぶものこそいくつかあるにせよ、どこにも負けていない。責任者は故ミシェル・ドゥロンだったが、近年は、彼の息子であるジャン=ユベールが務めている。ミシェル・ドゥロンは気位の高い男で、尊敬を集めていたが、同じくらい軽蔑もされていた。完璧主義者であったが、彼を批判する人々は、そしてその数は多いのだが、彼が策略をもってワインを売ると主張する。その主張によれば、偉大なヴィンテージには出し惜しみをしてささやかな量しかつくらず、人為的に価格をつり上げていたと言うのである。もっとも、その華麗な品質にけちをつけることは誰にもできまい。彼のワインは、サン=ジュリアンのみならず、メドック全体で最上のワインをつくろうというマニアックな執念の産物なのである!   1986年のような豊作のヴィンテージに収穫高の50%以上を、あるいは1990年のように67%という驚愕すべき量を格下げしてしまう人物がほかにいるだろうか? セカンド・ワインだけでなくサード・ワイン(ビニャルノン)をも導入する人物は? 空調のきいたシェ(ワイン蔵)に気前よく大理石の床を敷く人物は? 彼が好きか嫌いかはともかく、ミシェル・ドゥロンは補佐役に有能なミシェル・ロラン(リブヌルのエノロジストではない)やジャック・ドポワジエを従えて、1980年代、1990年代のメドックで最も偉大なワインの1つを造り続けた。その息子も父親の方針を踏襲するにとどまらない能力を持っているようだ。  第二次世界大戦後のワインにはムラがあったが、1975年以後は連続して成功を収め、2000年、1996年、1995年、1994年、1990年、1986年、1985年、1982年、1978年、1975年のようなヴィンテージには完璧に近いワインが生まれている。事実、これらのヴィンテージでは、メドックの第一級シャトーのほとんどと同じくらい深遠なワインとなっているのだ。  サン=ジュリアンにおける主要なライバルであるデュクリュ=ボーカイユーと比較すると、レオヴィル=ラス・カーズのワインは、色合いがわずかに暗く、よりタニックで、よりスケールが大きく、より凝縮味がより強く、言うまでもなく長期の貯蔵を念頭に置いて造られている。伝統的なワインであり、適度な飲み頃になるまで10~15年待てるだけの忍耐力を持ち合わせた事情通向けのワインである。ボルドーの1855年の格付けが見直されるようなことがあったら、レオヴィル・ラス・カーズは、デュクリュ=ボーカイユーのように、今ひょっとするとレオヴィル・バルトンやグリュオー・ラローズも一級への昇格が熱心に支持されることだろう。 一般的な評価  レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン=ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。一貫して一級並みの品質となっており、1980年代、1990年代の成績は注目すべきものだった。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。サン=ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内にとどまっている。投機家好みのワインではないのでオークションで見かけることはめったにないが、消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。セカンド・ワインのクロ・デュ・マルキも優良であり、最良のヴィンテージには三級や四級のワインに引けをとらない。 平均年間生産量:21万6000本 畑 面積:97.2ha 平均樹齢:30年 植樹密度:8000本/ha 平均収量:42~50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製、コンクリート、ステンレスの槽で12~20日間。 熟成はヴィンテージによって新樽50~100%で12~24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド3% 所有者:SCデュ・シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(ドゥロン家) シャトーレオヴィルラスカーズ 1985 Chateau Leoville Las Cases 1985 赤 ワイン HOT,SALE

シャトーグランピュイラコスト 1995 メドック格付第5級AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste 1995 AOC Pauillac 赤 ワイン 新品,セール

Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤックロバート・パーカー氏の評価も高い、格付け5級シャトー。「ワイン通たちの長年のお気に入り」 「三級に格上げしてもよいかもしれない。」と絶賛するメドック格付第5級! 3B&Dマーク付で「ポイヤックで最良のテロワールの一つで、最も安定した格付クリュの一つ。関係者の間では「GPL」として通っている。樹齢の高いカベルネ・ソーヴィニヨン(70%)がこのクリュに注目に値するワインらしさと気品のあるスパイシーなアロマを与えている。  偉大なヴィンテージでは瓶内で15年以上熟成させると大きく花開く。近年のヴィンテージはアロマの定義やタンニンの洗練さにおいてまだ進化を続けています。  このシャトーは【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト・サン・ギュイロン] とも呼ばれていました。その起源は16世紀初めまで遡れます。ポーイヤック村の南、【グラン・ピュイ】の丘に位置している事と、それに昔の所有者の名【ラコスト】をつけ、現在のシャトー名となっています。先オーナーの故レイモン・デュパン氏は、ボルドー史上最高のグルメとして評判をとっていました。そのデュパン氏は、1980年に亡くなる前の1978年にシャトーグランピュイラコストを人望の厚い現オーナー家の故ジャン・ウジェーヌ・ボリーに売りました。その後息子の【フランソワ・グザヴィエ・ボリー氏】が、現在後を継いでいます。  ポイヤックらしいタンニンのしっかりした味わいは、堂々たる風格があります。甘く熟した厚いタンニンが印象的。プラムのアロマにシガ―のニュアンス。エレガントなタンニン。アタックは強いものの、タンニンは熟していおりシルキーな印象。豊潤でピュアな果実味と重なり合い、心地よく、長い余韻をもたらしてくれます。  ポイヤックらしい、力強くコクのある味わいです。大柄で耐久力のあるフルボディのスタイルで、長期の熟成して、その真価が発揮されます。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区・ポイヤック村・第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ20%、カベルネ・フラン5% 平均樹齢 40年●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック格付 赤 辛口 】【ポイヤック 赤 辛口 】【シャトー グラン ピュイ ラコステ 】【クラスマン】 【ヒュージョンソン】 【スペクテーター】 【ラコスト ボリー 】【メドック格付 第5級 】【フランス 赤】 【ボルドー 赤】 【メドック 赤】 【パーカー】【ポイヤック AOC】【メドック 格付】【格付 ポイヤック】【ラコスト ボリ】【ボリー家】【シャトー・グラン・ピュイ・ラコステ 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste AOC Pauillac シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト メドック格付第5級・AOCポイヤック ロバート・パーカー氏は4ッ星★★★★生産者!!「第3級に格上げしても。」「ワイン通たちの長年のお気に入り」 と絶賛!力強くコクがあって優良な、典型的なポイヤックのワイン! グラン・ピュイ・ラコストは、ボルドーのワイン通たちにとって、長年お気に入りの銘柄。ワインのスタイルはクラシックな正統派ポイヤックで、がっしりした骨格と厚みのあるタンニン、カシスリキュールを思わせるような濃く深い味わいが特徴。 しかも、価格は極めてリーズナブルです。ポイヤックのみならず、ボルドー全体で最もお値打ちなワインの1つでもあります。  メドック格付けの5級で、畑はポイヤックの最も高所の地域の一つにあります。【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト・サン・ギラン】とも呼ばれ【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト】の記録に残された歴史は、15世紀に遡ります。  その頃ここはドゥ・ギロー氏に属しており、彼の娘の一人はボルドー議会の議員であるドゥ・ジャン氏と結婚しました。サン=ギル氏と結婚したのはジャンのひ孫娘であり、サン・ギル氏の名前はいまだにラベル上に書かれています。彼はサノヴレス・ドゥ・ローヴのメンバーであり、彼の娘の一人はラコスト氏と結婚する際にグラン・ピュイの敷地の一部を受け取り、故に【グラン・ピュイ・ラコスト】であります。  このドメーヌはシングルユニットをカバーし、これはポイヤックの南、グラン・ピュイ(大きな塚)の名の由来である高台の上にあります。【グラン・ピュイ】と呼ばれる場所の由来は、クロード・マスによって作られた地図上で1709年に発見されました。この高台は、素晴らしく水はけがよく、敷地の真ん中に全ての余分な水を集める池があるのでなおさらです。  メドック全ての格付けされたクリュのなかで、1855年の格付け時に持っていたのと同じ畑を所有している、稀なクリュの一つです。このシャトーは1850年に建てられ、ちょうど1737年に遡る古い住居の増築部分になっています。この日付がフロントポーチに彫り刻まれているのを、現在でも見ることができる。  ボリー家は現在のオーナーであり、1980年のヴィンテージ以来古いキュヴィエールをステンレスタンクに取り換えた。1978年の購入時には幾分荒廃していたこのシャトーは、現在趣のあるように改装された。畑の大部分はバージの高台上にあるシャトー前の一区画である。  ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  先もオーナーである故【レイモン・デュバン】には一度もお会いできなかったのだが、氏はボルドー史上最高のグルメとして記念碑的な評判をとっていた(故の知人によれば、食道楽でもあったいう)。彼は、1980年に亡くなる前の1978年にグラン=ピュイ=ラコストを才能豊かで人望の厚い【故ジャン=ウジェーヌ・ボリー】に売り渡すが、ボリーはその後息子のグザヴィエをこのシャトーの責任者に据えた。荒れ果てたセラーの大改修が済んだのが1982年で、なんとか間に合ったグザヴィエ・ボリーは、最上と言える出来のワインの1つを生み出した。ボリーは妻子とも近代化したシャトー内に住み続け、ボルドーの目利きたちが期待した通り、グラン=ピュイ=ラコストは、ポイヤックの一流どころの中でも最先端を行くシャトーへと急成長。  ジロンド川からは深く内陸に入ったバージュの丘にある【グラン=ピュイ=ラコスト】は、1〓ほど離れた隣のランシュ=バージュと似ていなくもない。大柄で耐久力のある、フルボディのポイヤックを生産することで確固たる定評がある。しかしながら、1960年代、1970年代につくられたワインは、ランシュ=バージュ同様、品質にムラがあった。今から思えば、オーナーの健康状態が悪化していたせいだったのかもしれない。例えば、1975年や1966年のような年にもその評判から期待されるほどの成功作はつくれなかった。この時期のほかのヴィンテージ、特に1976年、1971年、1969年、1967年は、どうしたわけか、完全な失敗作に近かったが、細かいことにまで注意を払わなかったせいであろう。  ただし、1978年以降のグラン=ピュイ=ラコストは秀逸なワインを造り続けている。2000年、1996年、1995年、1990年、1982年は、このシャトーの長い歴史の上でも最上のものとして記憶に残るような、偉大なワインである。デュパンのスタイルに比べて、ボリーのスタイルは、収穫を遅らせ、強烈なカシスの果実味と相当なグリセリン、力強さ、ボディを備えたワインをつくるというものである。1990年代半ばまでは価格が品質に追いつけなかったため、いまだに控えめな、いささか過小評価されている。 一般的な評価  グラン=ピュイ=ラコストは、ボルドーのワイン通たちの長年のお気に入りワインである。第二次世界大戦後は特筆に値するほど安定しており、通常その血統をはるかに超えるワイン。【三級に格上げしてもよいのかもしれない。】一般的に、豊かで、フルーティで強烈、ひと言で言えば期待通りで、期待を超えることも多く、しかも価格は極めてリーズナブルだ。ポイヤックのみならず、ボルドー全体でも最もお値打ちなワインの1つ。 平均年間生産量:19万5000本 畑 面積:52ha 平均樹齢:35年 植樹密度:1万本/ha 平均収量:50hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで17~20日間。熟成は新樽45~55%で18~20ヶ月。 清澄と、瓶詰め時には軽い濾過を行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、カベルネ・フラン5% 所有者:ボリー家 シャトーグランピュイラコスト 1995 メドック格付第5級AOCポイヤック Chateau Grand Puy Lacoste 1995 AOC Pauillac 赤 ワイン 新品,セール

シャトージスクール 2003 AOCマルゴーメドック格付第3級 Chateau Giscours 2003 AOC Margaux 赤 ワイン お買い得,低価

Chateau Giscours シャトー・ジスクール格付け三級の人気シャトー。太陽王【ルイ14世】も愛飲した秀逸でメドックのなかでも美しいシャトー(城)を持つことで有名なシャトー・ジスクール。 最上のテロワールから生まれるワインは「1970年代においては、『はずれ年』でも、ジスクールは品質の点でボルドーの大半の著名なシャトーのものを上回っていた。」 とワインアドヴォケイト誌で賞賛されるほど。あまり良くないヴィンテージであっても卓越したワインを造っているのは、ジスクールの畑がバラエティーに富んだ砂利が堆積した小高い丘の上に位置している ことが大きく関わっています。  メドックのなかでも美しいシャトー(城)を持つことで有名なシャトー・ジスクール。450haという広大な敷地のなかには広い森と湿度と風を調整する人口湖を持っています。  また、歴史は非常に古く、1330年代へと遡ることのできる由緒あるシャトーで、17世紀には、当時の国王ルイ14世へワインを献上していたことが記録に残っているほど です。品質の向上に伴い、日本でもすっかり人気シャトーとして定着しました。  特徴としては、深みのある、場合によっては光を通さないほど濃い色合い、有り余るほどの凝縮感、たっぷりのタンニンによる筋肉質でリッチな造り。 若い時にはその真価が完全に表現されているとは言いがたい状態ですが、十分に熟成された本当の飲み頃のワインはまさに秀逸です。  淵はレンガ色で熟成が感じられながらもながらも、中心はしっかりと濃い紫色。 カシスやブルーベリーなどの黒系果実を干したような香り、インクや紅茶、腐葉土のようなニュアンスも感じられます。酸味や落ち着いた渋みを感じる味わい。余韻には果実味と共に、心地よい苦みが長く続きます。     *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 / メドック格付け第3級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン55%、メルロー40%、カベルネ・フラン5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】【シャトー ジスクール 】【メドック 格付第3級 】【フランス ボルドー 赤 辛口 】【ラ シレーヌ ド ジスクール 】【イェルヘルスマ 】【AOC マルゴー 】【マルゴー メドック ボルドー 】【スーパーグレイトヴィンテージ 】【フランス 赤 】【 ボルドー フルボディ 赤  】【メドック格付 赤  】【マルゴー格付 赤 】【フランス 】【ボルドー  】【メドック  】【マルゴー  】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【マルゴー 赤 辛口 】【AOCマルゴー格付 】【メドック 格付第3級 】【メドック 格付第三級 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Giscours シャトー・ジスクール Chateau Giscours AOC Margaux シャトー・ジスクール AOCマルゴー・メドック格付第3級 『太陽王』ルイ14世も愛飲した【シャトー・ジスクール】!メドック格付第三級の大人気マルゴー! 1330年の文献にも、すでにその記録が残っている【シャトー・ジスクール】。この歴史あるシャトーはマルゴー地区で最南端に位置し、「300ha」という広大な敷地を有しています。  素晴らしいテロワールに恵まれたジスクールのワインは、【太陽王】と呼ばれたルイ14世の王宮で飲まれていた ことが分かっており、王からも高く評価されていたのだそうです。  ジスクールのワインは、あまり良くないビンテージであっても、卓越した出来栄えになることが多い ことで知られています。それは決して偶然ではなく、その畑がバラエティーに富んだ、砂利が堆積した小高い丘の上に位置していることが大きく関わっているのです。  ほとんど黒に近い深い色、ブラックベリーや甘草などの芳醇な香り、きめの細かいまろやかなタンニンを持つワインは、若い時にはその真価が完全に表現されているとは言いがたい状態です。十分に熟成された、本当の飲み頃のワインを選んでみてください。  ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  240haを超すジスクールの広大なシャトー(ブドウ畑はその3分の1以下)は、ラバルドと呼ばれ、マルゴーのコミューンの最南部に位置している。一時期荒れていたこのシャトーは、1952年、タリ一族によって息を吹き返し、品質・名声ともによみがえった。ピエール・タリは1970年に経営権を強め、また、ボルドーの代表的なスポークスマンともなった。1980年台後半まで、彼は、ボルドー・ワインの価値の向上という1つの目標のもとにボルドーのシャトーをまとめる団体、【ユニオン・デ・グラン・クリュ Union des Grands Crus】の会長を務めた。  豪壮なジスクールのシャトーは、メドックでも最大級で、足を運ぶだけの価値はある。シャトーは、古い木々に覆われた美しい公園の中にある。1980年台前半にかけて多くのワインの質が低下したことを除けば(この時期のワインは商業主義があからさまで、たるんだ、やわらかいものだった)、ジスクールのワインは、深みのある、場合によっては光を通さないくらい濃い色や、あり余るほどの凝縮感、たっぷりのタンニンによる筋肉質でリッチなつくりが特徴になっている。また1970年台におおいては、「はずれ年」でも、ジスクールは品質の点でボルドーの大半の著名なシャトーのものを上回っていた。  1995年にタリ家はジスクールをオランダ人実業家の【エリック・アルバダ・イェルヘルスマ】に売却した。彼の投資とジスクールへの情熱の結果、このミレニアムの最後になって、印象的なヴィンテージの三部作が生まれた。 ~一般的な評価~  潜在的には最上のつくり手である(1975年と1978年がその例である)ジスクールだが、過去20~30年間の出来にはばらつきがあった。しかし近年、エリック・アルバダ・イェルヘルスマが監督するようになってから状況はよくなってきている。2001年、2000年、1999年は、ジスクールの史上最上の三部作である。こうした改良はあるものの、ジスクールの現在の出来栄えは4級レベルであり、価格政策は現実的である。 平均年間生産量:30~35万本 畑 面積:80ha 平均樹齢:30年 植樹密度:8300本/ha 平均収量:45hl/ha 育て方:6~8日間の発酵と、15~18日間のアセレーションは温度管理されたステンレスタンクで。 熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で18ヶ月。卵白で清澄するが、濾過はしない。 所有者:エリック・アルバダ・イェルヘルスマ シャトージスクール 2003 AOCマルゴーメドック格付第3級 Chateau Giscours 2003 AOC Margaux 赤 ワイン お買い得,低価

シャトーブラネールデュクリュ 1991 AOCサンジュリアン メドック格付4級 シャトー蔵出し 1500ml マグナムサイズ Chateau Branaire Ducru 1991 AOC Saint Julien 1500ml 赤 ワイン 人気定番,定番

Chateau Branaire Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュパーカー氏に「最もスタイリッシュで複雑な、特筆に値するほどおいしいワインの1つだ」と絶賛させた。 格付け4級シャトー。サン・ジュリアンのワインとしては個性的な、スパイシーな風味を持ち、一部に熱狂的に支持されているワインです。元々高い品質のワインを造るシャトーでしたが、特に1990年代半ば以降は一貫して高品質なワインを造り続けています。  サン・ジュリアンのライジングスター、ブラネール・デュクリュ。 格付けは第4級ですが、常にそれ以上という評価を受けている実力のあるシャトーです。 それも、ここ10年のボトルを見れば明らか。高いレベルで安定しているシャトーの一つで優れたバランス感覚がひしひしと伝わってきます。  ブラネール・デュクリュはベイシュヴェルの向かいに位置していますが、畑はベイシュヴェルやデュクリュ・ボーカイユより内陸にあるのです。 このため、それらよりもボディーの力強さが勝り、ややスパイシーな魅力を備えています。 この濃厚な果実とエキゾチックなアロマ、チョコレートなどの風味がブラネール・デュクリュの持ち味。 若いうちはやや暴れ気味なタンニンが、熟成すると魅惑的な柔らかくシルキーな存在になります。 ドングリアーノ ワイン オススメの1本! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・メドック格付け第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量1500ml マグナムサイズ●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【シャトー ブラネール】 【メドック 格付】 【シャトー ブラネール デュクリュ】 【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口  】【サンジュリアン 赤 辛口】【サンジュリアン格付 】【サンジュリアン 格付】 【メドック 格付 第4級】 【格付四級 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Branaire Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュ Chateau Branaire Ducru AOC Saint-Julien Grand Cru Classe シャトー・ブラネール・デュクリュ AOCサン・ジュリアン メドック格付第四級 エレガントで繊細な味わいに定評があるシャトー。メドック格付け『第4級」格付ですが、評価は『第2級』並み!! 第3級のラグランジュとお買得グランヴァン王の地位を争うブラネール・デュク リュ。オーナーのパトリック・マロトー氏は、ユニオン・デ・グランクリユ・ ド・ボルドー(132シャトー加盟の協会)の会長をここ数年務めていた、ボルドー ・グランクリュの大重鎮でもあります。  サン・ジュリアン村のワインは、繊細なタンニンと果実味のバランスが特徴的で すが、このシャトーの畑は内陸に位置するため、隣接するベイシュヴェルやデュ クリュ・ボーカイユと比べても、よりボディの力強いワインに仕上がっています。 フランスのクラスマン誌では、第2級クラスと並ぶ★★を獲得!2006年はロバート・パーカー氏も強く評価しており、この年左岸メドック地区で 同率第8位の92-94得点を与えているシャトーです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  私は常々、ブラネールはなぜか低く評価され、ボルドーの熱狂的な支持者たちが自分のお気に入りのワインを論議する際にも、その存在は忘れられてきた、と感じている。サン=ジュリアンを旅行で通る人々ならおそらく、メドックのワイン街道をはさんでベイシュヴェルのすぐ反対にある、くすんだベージュ色の建物に気づいたであろう。最近いくつかのヴィンテージ、とりわけ1975年、1976年、1982年1989年のものは、すばらしい香りと深み、豊かな味わいのあるワインであり、サン=ジュリアンの最高級ワインと同様によいものであった。しかしながら、このブドウ園の成果にはばらつきがある。1980年代と1990年代には個性の曖昧な平凡な一連のワインが生産されている。それは、極端に豊富な収穫量と、厳しさを欠く選別の結果を反映しているのだろうか? 新しいセラーの建設と、新しいワインづくりのチーム、またセカンド・ラベルの登場はブラネールを再び正しい路線に戻すために必要な措置であったようだ。それは1994年と1995年の目覚しい成果となって現れている。  ブラネールのブドウ畑は、多くのボルドーのシャトーのように、分割されてサン=ジュリアンの村に散らばっている。そして、ブラネールのワインにははっきりとした個性がある。サン=ジュリアンにしては格別にスパイシーであり、エキゾチックなほどのオークとヴァニリンのアロマがある。味わってみると、このワインにはしばしば、ブラインド・テイスティングでも比較的簡単に識別できるような、際立ったチョコレートの成分が感じられる。この独自の特色はことに1975年、1976年、1982年、1989年の優れたヴィンテージで顕著である。 平均年間生産量:15.000ケース 畑 面積:50ha 平均樹齢:30年 密植度:10000本/ha 平均産出量(過去5年間):47hl/ha 育て方:ブドウは手摘みで、除梗。発酵は3週間。 産出量の3分の1は新しいオーク樽の中でマロラクティック発酵させ、残りはタンクに入れられる。 マロラクティック発酵の後、すべてオーク樽の中で18~24ヶ月熟成。新樽の比率は50%。 瓶詰めの前に卵白で清澄処理されるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3% シャトーブラネールデュクリュ 1991 AOCサンジュリアン メドック格付4級 シャトー蔵出し 1500ml マグナムサイズ Chateau Branaire Ducru 1991 AOC Saint Julien 1500ml 赤 ワイン 人気定番,定番

シャトーラフィットロートシルト 1989 Chateau Lafite Rothschild 1989 赤 ワイン 品質保証,豊富な

1855年の格付けが決定した際、1級シャトーのなかで筆頭格に選ばれたのがこの“ラフィット”!以来、No.1の地位は一度として揺らいだことはありません。 格付け制定から150年が経過した現在でも“ラフィット”は、ボルドーの真髄ともいえる偉大なワインを造り続けています。 ルイ15世、イギリス首相サー・ロバート・ウォルポール、アメリカ合衆国大統領トーマス・ジェファーソンなどを虜にした、まさに『王のワイン』です! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区ポイヤック村・第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【メドック 格付第1級 一級】 【AOC ポイヤック】 【シャトー ラフィット ロートシルト】【メドック グラン クリュ クラッセ】 【ロスチャイルド】 Chateau Lafite Rothschild シャトー・ラフィット・ロートシルト 1982年のロバート・パーカー氏の最終評価はなんと満点の100 点! いま最も手に入らないシャトー!!“葡萄の王子”が発展の礎を築く!世界最高峰、エレガンスを極めた“比類ない”ワイン!! 『ラフィット』という名が聞かれるようになるのは、1234年、ポーイヤック北部のヴェルトゥイユ修道院長、ゴンボード・ド・ラフィットの登場から。中世になって領土の名前として登場するのは14世紀に入ってからのこととなる。 素晴らしいワインを造るシャトーとしての評判が高まったのは、17世紀、セギュール家が葡萄畑を作ってからのことだ。1716年、ニコラ・アレキサンドル・ド・セギュール侯爵は、ラフィットの成功を確実なものにするため、ワイン造りの技術の改善に取り組む。 その成功により“葡萄の王子”と呼ばれるようになった。 この頃のラフィットの名声は、特に海外とヴェルサイユ宮廷で顕著で、ルイ15世が嗜む“王のワイン”として、誰もが欲するステータスシンボルのような存在となる。 ルイ15世の寵妃ポンパドール夫人の晩餐会にも供され、後の寵姫バリー夫人も“王のワイン”以外は飲まないとしたほどだった。 また、その当時、ヴェルサイユ宮廷にアメリカ共和国大使として駐在していた、後のアメリカ合衆国大統領トーマス・ジェファーソンもラフィットを愛した一人だ。ボルドーワインの愛好家だったジェファーソンは、祖国でのワイン造りを思い立ち、ワインの研究を重ねた。 情報を集め、後に主要ワインとして4つのワインが選ばれたが、その一つがシャトー・ラフィットだったという。 常に高い評価は変わらず 革命などによって所有者は幾多の変遷があったが、常にラフィットの高い評価は変わらなかった。1815年、仲買業者のギョーム・ロートンが、メドック地区のワインの私的格付けを発表したのだが、当時からすでにリストの上位に位置し、「ラフィットを、3つの(一流ワイン)の中で、最も上質の葡萄を使った、最も優美で、繊細なワインと評価した」「メドック地区で一番優れたワイン」という評価をされている。 また、1868年のヴィンテージは、あらゆる意味で記録に残るものとなった。 そのヴィンテージイヤーのワインの中で最高値がつき、1トノー(900リットル、225リットルの樽4個分)の値段が、当時の金額で「6,250フラン(現在の4,700ユーロ)」という高値をつけたのだ。 この記録は、20世紀の終わりに破られたが、19世紀の最高値として今でも記録に残っている。 苦難の時代を見事に乗り切って しかし、19世紀末~20世紀前半には、ラフィットは様々な苦難に襲われた。葡萄畑が「フィロキセラ(葡萄の根の寄生虫)」とカビが原因の「ウドン粉病」「ベド病」の被害に遭いました。 さらに、産地を偽った組織的詐欺が急増し、主要ヴィンテージに被害を与えました。 第一次世界大戦の勃発や世界大恐慌の発生も重なり、市場は底値が続き、ラフィットも前代未聞の経営危機を招いて葡萄畑の縮小に踏み切らざるを得ませんでした。 後の第二次世界大戦には、メドック地区はドイツ軍に占領されるなど、苦難の時代が続きます。 戦後になって、エリー男爵の指揮の元でようやくシャトーの再生が手がけられ、荒廃した葡萄畑と施設を再生し、シャトーの管理体制の全面的な見直しも始まった。 その後、運営を引き継いだエリック・ド・ロートシルト男爵によって、新たな名声が確かなものとなる。 エリック男爵は、素晴らしいワイン造りのための研究を行い、新しいテクニカルチームの人材を徐々に増やし、シャトーの運営に新しい空気を取り入れた。 葡萄畑では、肥料の与え方の見直しや除草剤の限定使用によって、植え替えや再建作業が進められた。 醸造所では、オーク樽の横にステンレスタンクが設置され、2,200樽の収容能力を持つ熟成用の円形貯蔵庫が、カタロニア人建築家のリカルド・ボフィル監督のもとで建築された。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーで最も有名なシャトーでありワインのラフィット・ロートシルトは、エレガントで小ぶりでシンプルなラベルとともに、その名は富や格式、歴史、敬意、そして特筆に値する長寿の代名詞となっている。 しかし、1975年以降は毎年最高級のラフィットを生み出しているものの、1961年から1974年までの成績は、一級シャトーとしては驚くほど凡庸。あの頃のラフィットをテイスティングしたワイン評論家たちがなぜもっと異を唱えなかったのか、謎である。シャトーの公式発表は決まって「当時は軽くてエレガントなスタイルだったため、ブラインド・テイスティングでは、もっと大柄で逞しいワインに負けたのだ」なのだが、その事情があったのは認めるにしてもである。ラフィットの凡庸さは1971年、1970年、1966年、1961年、1949年、1945年といった優良なヴィンテージにおいて際立っていた。驚くほど色がなく、適度にドライで、オークの樽香が過剰で、異常に酸が強かったのである。それどころか、1974年、1971年、1969年などは、まったくの失敗作であるのに、ラフィットの名をつけて高値で出荷された。  こうした事態が生じた理由をロートシルト家が明かすことはあるまいが、1975年以降は成功するようになったのだから、1960年代から1970年代前半にかけての問題は次のようなものだろう。第一は、オーナーの不在。当時オーナーはパリに住んでいたのでたまにしか監督にやって来なかったのだが、1975年以降は熱心でこだわりのあるエリック・ド・ロートシルトのおかげで確かにラフィットの運営陣は勤勉になった。第二に、ラフィットのワインは樽熟成が長すぎた。昔は往々にして最低でも32~36ヶ月は熟成させていたのだが、現在では最長でも20~30ヶ月である。この変更のおかげでフルーティさや新鮮さが増したのは間違いない。第三に、現在の醸造スタッフのほうが、意識的にブドウの収穫を遅らせ、より熟したブドウから、より酸の弱いワインをつくろうとしている。選別プロセスが以前よりも厳しくなったのは間違いない。1980年代後半の豊作年では毎回収穫の半分を除去していたし、1990年以降はなんと収穫の60%以上を除外することも珍しいことだはなくなった。除去したワインはバルク売りしたり、セカンド用に格下げしている。最後に、ラフィット・ロートシルトは、瓶詰めにかける期間が短くなってきている。根拠のない報告ではあったものの、以前から言われてきたように「ラフィットは瓶詰めにだらだらと8~12ヶ月もかけることが多い」というのが本当なら、許容範囲を超えるほどのボトル・バリエーションが生じていたことだろう。今日では、すでてのワインが2~3週間で瓶詰めされている。  一昔前までの経緯はさておき、ラフィット・ロートシルトはいまや心動かされるワインを生み出している。品質の変化が明確になったのは1975年だが、シャルル・シュヴァリエが招集された1990年代半ばにはその変化がさらに顕著なものとなった。1981年以降のラフィット・ロートシルトは、2001年、2000年、1999年、1998年、1997年、1996年、1995年、1990年、1988年、1987年、1986年、1983年、1982年、1981年のような年に、メドックで最良のワインを産してきたと言ってもよいかもしれない。 一般的な評価 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーの最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしていることだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格でけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 平均年間生産量:21万本 畑 面積:100ha 平均樹齢:45年 密植度:7500本 平均収量:48hl/ha 育て方:発酵とマセレーションはステンレスと木製のタンクで18~24日間。 熟成はオークの新樽で16~20ヶ月。清澄は行うが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2% 所有者:バロン・ド・ロートシルト(ラフィット) シャトーラフィットロートシルト 1989 Chateau Lafite Rothschild 1989 赤 ワイン 品質保証,豊富な

シャトータルボ 1999 AOCサンジュリアンメドック格付第4級 Chateau Talbot 1999 AOC Saint Julien 赤 ワイン 大人気,定番人気

Chateau Talbot シャトー・タルボシャトー・タルボの名前は、1453年のカスティヨンの戦いに破れたイギリス軍指揮官、シュースベリー伯ジョン・トールボットにちなんだものです。 タルボはヴィンテージに左右されない安定感とひかえめな価格で、長年のボルドーファンからの高い支持を得ています。特に、クラシックなボルドースタイルがお好みの方におすすめしたいシャトーです。 「このシャトーはコルディエ家の管理のもと、一貫して上質な、たくましい、それでいてフルーティーな、フルボディのワインを生産しており、メドックのワインの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していいだろう。」 (『ボルドー第4版』より)と評価されている実力派。 華やかなベリーとカベルネ特有のハーブの香りが特徴的で、熟した果実の味わいとしなやかなタンニンのある、しっかりとした骨格のワインが造られています。ブルーベリーやジャムやスミレ、ハーブやプラムなどのアロマで、バランスが非常に良く、タンニンは豊富なためパワフルな印象ながらも味わいの要素は繊細でエレガント。 フレッシュな果実味とハーブのニュアンスがあり、エレガントなミディアムボディの仕上がりです。  *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区サンジュリアン村・第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン66%、メルロー26%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス ボルドー メドック 】 【サンジュリアン AOC 】 【シャトー タルボー 】 【タルボー】 【メドック格付第4級 】 【グラン クリュ クラッセ 】 【ボルドー 赤 辛口 】【サン ジュリアン 赤 辛口 】【タルボ 】【タルボー 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】  Chateau Talbot シャトー・タルボ Chateau Talbot AOC Saint-Julien シャトー・タルボ AOCサンジュリアン・メドック格付第4級 ロバート・パーカー氏に【タルボは一貫して高品質でメドック最良のお買い得品である】と評価させたほど、メドック・グラン・クリュ第4級! ボルドーファンが愛する、クラシックなボルドースタイル!サン・ジュリアン第四級ですが「第三級に格上げされるべきである」との高い評価を受けています。凝縮しつつもなめらかなスタイルはまさにボルドーワインの優雅さと偉大さの典型。 シャトー・タルボは、サンジュリアンに位置する4級シャトーで、所有するブドウ畑の面積は「100ha強」と、メドックでも2番目の大きさを誇っています。  15世紀のイギリス統治時代、サンジュリアン村のこの一帯は『タルボ将軍』が治めていました。彼は、シェイクスピアの『ヘンリー4世』にも登場する(邦訳ではトールボット将軍)、イギリス人にとって英雄とも言える人物です。しかし、100年戦争の末期にタルボ将軍は、ここから程近いカスティヨンの地で戦死、この地のイギリスによる支配の時代が終了したのです。 実際のところ、このシャトーはタルボ将軍の持ち物ではなく、軍隊が本拠地と定めただけだということらしいのですが、今でも「戦いに敗れたタルボ将軍が、この畑のどこかに財宝を埋めた」という言い伝えを信じる人も少なくないのだとか。  シャトーの名声は19世紀から高まり、現在でも高い品質を維持し続けているシャトーです。同地区の2級シャトー【グリュオー・ラローズ】よりも低い評価を受けることが多いのですが、ビンテージによっては評価が逆転する時もあります。 サンジュリアンのワインらしい、濃い色調の、柔らかく厚みがあり味わい深いワインをお楽しみください。 D.ペッパーコーン氏はシャトー・タルボについて タルボのワインは安定していることで昔から有名である。 グリュオー ラローズより全体にタンニンと濃度が低いから、早く飲めるようになるが、反面、よく長持ちするワインでもある。 タルボの魅力は調和にある。 これ以上に魅力的なサンジュリアンはどこにもない。かぐわしい香りをもち、果実味には偉大なサンジュリアン独特の品のよさが漂っている。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  広大な単一の畑を持つ【シャトー・タルボ】は、ジロンド河から内陸部に入った、小さなサン=ジュリアン=ペイシュヴェルの村のずっと裏手、グリオ・ラローズのすぐ北にある。 タルボの名は、1453年のカスティヨンの戦いに破れたイギリス軍指揮官、シュースベリー伯ジョン・トールボットにちなんだものだ。このシャトーはコルディエ家の管理のもと、一貫して上質な、たくましい、それでいてフルーティーな、フルボディのワインを生産しており、メドックの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していただろう。新しい管理者のもとではよりやわらかい、よりエレガントなスタイルへと移行しつつあるようで、ヴィンテージごとの一貫性も増している。  タルボでは、ささやかだが、おいしい辛口白ワインもつくられている。カイユ・ブラン・デュ・シャトー・タルボと呼ばれており、新鮮で華やかな香りのする白である(メドックで最上の白の1つだ)。ただし、収穫後2~4年で飲むのがベストだ。 ●一般的な評価 タルボは一貫して高品質な¥で、メドックで最良のお買い得品の1つである。1986年や1982年といったヴィンテージは、いまだにこのワインがいかに偉大なものになり得るかという評価の指標となっている。 <赤> 平均年間生産量:30万本 セカンドワイン:30万本 畑 面積:102ha 平均樹齢:35年、植樹密度:7.700本 平均収量:52hl/ha育成:醗酵とマセレーションは温度管理されたステンレスと木製の槽で3週間。 熟成は新樽40%で15ヶ月。 清澄と、軽い濾過を行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン66%、メルロー26%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3% 所有者:ロレーヌ・リュストマン・コルディエとナンシー・ビニョン・コルディエ <白> :Caillou Blanc du Chateau Talbot カイユー・ブラン・デュ・シャトー・タルボ アペラシオン:ボルドー Bordeaux 平均年間生産量:3.000ケース 畑 面積:6ha 平均樹齢:25年 平均産出量(過去5年間):55hl/ha 育て方:発酵と育成は全部で9ヶ月。収穫の半分は新しいオーク樽に、残りは1年使った樽に入れられる。 その間ずっと澱の上に置かれ、頻繁にかき混ぜられる(バトナージュ)。 瓶詰めの前に清澄処理はされないが、軽く濾過処理される。 ブレンド比率:ソーヴィニョン・ブラン84%、セミヨン16% シャトータルボ 1999 AOCサンジュリアンメドック格付第4級 Chateau Talbot 1999 AOC Saint Julien 赤 ワイン 大人気,定番人気

シャトーカマンサック 1988 Chateau Camensac 1988 赤 ワイン 赤字超特価,大得価

シャトー・カマンサックは、オー・メドック地区サン・ローラン村の第5級格付けシャトーです。1855年に第5級に格付けされたものの、注目されず忘れ去られた存在になっていたシャトーでした。 1965年、スペインのリオハ地方にあるモダンなスタイルの上質なワインで知られるワイナリー、マルケス・デ・カセレスを所有しているフォルネル家が買収した後、エミール・ペイノー教授の指導の下、ぶどうの植え替えを行い、醸造所と貯蔵庫は最新のものを導入しました。これらの設備投資により、カマンサックの品質は格段に向上しました。それに伴い、評価・人気も急上昇しているシャトーです。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区オー・メドックAC/サンローラン・ド・メドック村 第五級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】 【フランス 辛口 赤 】【ボルドー 辛口 赤 】【メドック 辛口 赤 】【オー メドック 辛口 赤 】【シャトー カマンサック 】 【chateau Camensac 】 【メドック グラン クリュ クラッセ 】 【フォルネール兄弟 】 【格付第5級 】 【シャトー カマンサック 】【フォルネル家 】【メドック格付第5級 】【エミール ペイノー博士 】【ミシェル ローラン 】【ロバートパーカー3つ星 】【クラスマン 】【D.ペッパーコーン 】【ヒュージョンソン氏 】【ゴーミヨ誌 】 【AOC オーメドック 】 【オーメドック格付 】 【メドック 格付 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Camensac シャトー・カマンサック エミール・ペイノー教授の指導の下、さらに品質が向上している。【シャトー・カマンサック】 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  カマンサックは、1855年の格付けシャトーの中では最も知名度が低いものの1つである。サン=ジュリアンの西にあるサン=ローランという、かなり奥まったところに位置していることも理由の1つだろう。 さらに言えば、1970年代までずっと変わらず凡庸なワインをつくってきたことが、総じて人々の関心を遠ざけてしまった。しかし、カマンサックの事態はよいほうへ変化してきた。  カマンサックの復興を担ったのはフォルネール兄弟である。彼らは1965年にこのシャトーを買収すると、ブドウ畑の植え替え、シェ(ワイン蔵)と醸造設備の刷新という費用のかかる仕事に取り組んだ。 フォルネール兄弟はスペインのリオハ地方にもマルケス・デ・カセレスというワイナリーを所有しており、そこでつくられるモダンなスタイルのワインによってよく知られている。  カマンサックのワインはスタイルか軽くなり、しなやかさと果実味を強調したものになった。カマンサックはより良質のワインをつくるようになったが、五級シャトーを代表するほどのものではない。 確かに良質の果実味、ミディアムのボディ、よいヴィンテージなら10年間はセラーで寝かせるに十分なタンニンといった、ある種のサン=ジュリアン的な特徴を持っている。1980年代終わりに私が行ったテイスティングでは、湿った段ボールのようなにおいがするワインが多かったが、この問題は1990年代になって改善された。凝縮感と、率直で四角四面なスタイルを持つワインになっている。 平均年間生産量:28万本 畑 面積:75ha 平均樹齢:35年 密植度:1万本 平均収量:45hl/ha 育成:発酵と18~21日間のマセレーション。熟成は新樽35%で18ヶ月。清澄も濾過も行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40% 所有者:GFAデュ・シャトー・カマンサック シャトーカマンサック 1988 Chateau Camensac 1988 赤 ワイン 赤字超特価,大得価

シャトーリューセック 2000 AOCソーテルヌ プルミエグランクリュクラッセ 格付第1級 Chateau Rieussec 2000 AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe 極甘口 白 ワイン 全国無料,本物保証

Chateau Rieussec シャトー・リューセックヒュー・ジョンソン氏に「ディケムの隣人であるにふさわしい」と評価させた最高級のソーテルヌ!!  「ラフィット・ロートシルトが買収して以来、リューセックはソーテルヌの正当なスーパースターになった。」 とロバート・パーカー氏は高い評価で、2001年に99ポイントを与えたことは、あまりにも有名です。 『貴腐ワインの王』 と呼ばれる存在の【ディケム】の東隣に位置するのが、ソーテルヌ地区の1級格付けのシャトー・リューセックです。 【ディケム】とは畑も隣接しているため、土壌の構成もよく似ていて、肩を並べるシャトーなのです。所有者が度々変わりながらも常に高い評価を得てきましたが、1971年、アルベール・ヴェイエール氏がオーナーになってから、品質が大幅に改善されてきました。さらに、1984年に【ラフィット】を所有するドメーヌ・ド・バロン・ロートシルトがオーナーとなってからは、一切の妥協を許さない最高のワイン作りへ、より厳格な取組まれています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ソーテルヌ地区 プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ格付第1級●ブドウ品種セミヨン90%、ソーヴィニョン・ブラン7%、ミュスカデル3%●タイプ白・フルボディ・甘口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【白 甘口】【ボルドー 白ワイン】 【AOC ボルドー ブラン 】 【アペリティフ 】 【フランス 甘口 白 】 【ボルドー 極甘口 白 】 【シャトー リューセック 】 【デザートワイン 】 【ソーテルヌ 極甘口 】 【ソーテルヌ格付第2級 】 【ソーテルヌ】 【ボルドー 白 極甘口】 【貴腐ワイン】【ディジェフティフ】 【ソーテルヌ AOC】 【AOC ソーテルヌ】 【デザート ワイン】 【ソーテルヌ 格付】 【格付 ソーテルヌ】 【フランス】【ボルドー 】【ソーテルヌ】【格付2級 】【食後酒】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】【】 Chateau Rieussec シャトー・リューセック Chateau Rieussec AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe シャトー・リューセック AOCソーテルヌ プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ格付第1級『貴腐ワインの王』と呼ばれる存在の【ディケム】の隣人にふさわしい!シャトー・ラフィット・ロートシルトが所有する貴腐ワインのスーパースター!! フランス産貴腐ワインの最高級原産地「ソーテルヌ地区」において、第1級格付けを有するプレミアム貴腐ワイン。 多くの所有者の変更  18世紀、リューセックはランゴン市のカルメル会修道士が所有していましたた。しかし、フランス革命中に没収、1790年頃に「国の財産」として競売にかけられ、購入者となったのが、当時、レオニャン村のシャトー【ラ・ルヴィエール】を所有するマレイヤックでした。1855年の格付け時、リューセックの所有者はM.メイヌでした。格付けでは、ソーテルヌとバルザック地区の第1級格付けとされる。その後、リューセックの所有者は何度も変り、シャルル・クレパン(1870年頃)、ポール・デフォリ(1892年)、バニル氏(1907年)、そしてガスクトン家(サンテステフ村の【カロン・セギュール】の所有者)。戦時中はP.F.ベリー(ヴィコント・ブーゼの兄弟でアメリカ籍)、バラルスク氏(1957年)、そして最後にソーテルヌの「甘口ワイン」に情熱を注いだ、【アルベール・ヴュイエール(1971年)】でした。 ラフィットによる改革  1984年、当時のリューセック面積は、ブドウ畑が68haで、計110haを【ラフィット・ロートシルト】が購入しました。シャトーをより強化するため、選果や樽での発酵に細心の注意を払って行なうなど、上質のワインを生み出すために厳しい管理を行い、また、樽熟成期間を長くするため、1989年には新しい貯蔵庫が建設しました。2000年には、熟成用樽貯蔵庫の改修と醸造所の新設が進められ、ブドウの除梗・破砕や圧搾機に技術的な改良など、品質向上への取り組が実行されています。  リューセックでは、徹底した収量制限のため剪定は短く行い、一枝に2芽しか残しません。10~12月にかけて、100人もの摘み手が何度も畑を往復して、ブドウの房の中で貴腐化している部分だけを収穫します。ブレンドの際のワインの選別基準も厳しく、基準に満たないワインは一切使用しません。その結果、1990年代の生産量は非常に少なくなり、1993年にはリューセックの名のワインは1本も作られないほど厳しいものです。  こうして生み出されたワインは【世界最高峰の甘口ワイン】と言われるソーテルヌの魅力が、たっぷりでその存在感は大きいものです。深みのある金色、蜂蜜のような濃密さ、芳醇な風味、豊かなアルコールとねっとり感。そして格別の深みが感じられるのです。この深みこそがリューセックの最大の魅力です。 熟成させるほどにその深みに複雑さが加わり、さらに魅力を増す、ソーテルヌらしい力強い貴腐ワインを飲みたい方には、是非ともオススメしたいワインになっています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ソーテルヌ・アペラシオンの中心部に近づくと、シャトー・リューセックとその見晴らしい台が最も高い丘の斜面に見えてくる。ガロンヌ河の左岸を見下ろすファルグとソーテルヌの丘の斜面に広がるリューセックの畑は、ディケムに次ぐ標高にある。ボルドーのシャトーとしてはまったく驚きですが、単一区画の畑となっており、そのかなりの部分が神聖なるディケムの畑に隣接している。  リューセックは常に傑出した評価を得ていますが、1971年にアルベール・ヴュイエールに買い取られてからは、新樽が増えたことと、ボトリティス菌が多いブドウだけを収穫するためにより頻繁に畑に出るようになったことによって、品質がさらに大幅に改善された。実際には、リューセックの批評家の中には、ヴュイエールのワインは、熟成すると色があまりにも濃くなりすぎる(例えば1976年のように)と主張する者もいた。ヴュイエールは、リューセックをドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトに売却した。ロートシルトは、リューセックのワイン造りの為なら金を惜しまず、妥協を許さない。その結果、常にこのアペラシオンの最高の3つか4つに数えられる。真に深みのあるワインができ上がった。おそらく、裕福なコレクターたちは、2001年、1990年、1989年、1988年のどのヴィンテージが最も深みのあるリューセックであるか、何十年にもわたって論議し続けることだろう。  リューセックは、蜂蜜をかけたような力強さとローストされたと言ってもいい芳醇さのあるスタイルで、途方もない息の長さと偉大な明確さを見せる。このワインは、深みのある色調で総じてアルコール度数が高く、秀逸なねっとり感がある。リューセックはまた「R」と呼ばれる辛口の白ワインを造っている。このようなワインはキャッシュフローの問題を大幅に解決してくれ、「R」は辛口のソーテルヌの中で最も人気のある最良のワインの1つである。 一般的な評価  ラフィット・ロートシルトが買収して以来、リューセックは、ソーテルヌの正当なスーパースターになった。 平均年間生産量:6万本 畑 面積:75ha 平均樹齢:25年 植樹密度:7500本 平均収量:15hl/ha 育て方:発酵と18~30ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過も行う。 ブレンド比率:セミヨン92%、ソーヴィニョン・ブラン5%、ミュスカデル3% 所有者:バロン・ド・ロートシルト(ラフィット) シャトーリューセック 2000 AOCソーテルヌ プルミエグランクリュクラッセ 格付第1級 Chateau Rieussec 2000 AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe 極甘口 白 ワイン 全国無料,本物保証

シャトーモンローズ 2004 メドック格付第2級 AOCサンテステフ Chateau Montrose 2004 赤 ワイン HOT,お得

Chateau Montrose シャトー・モンローズ「サンテステフのラトゥール」通好みの力強さを秘めたワイン。ボルドー格付け2級の由緒あるシャトー。格付け二級シャトーの中でも特に素晴らしい品質を持つワイン【スーパーセカンド】。同じ村のコス・デストゥルネルと常にライバルの関係にいるのが、この【シャトー・モンローズ】。 モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつ。セラーに関してはこのコミューンで最も欠点がなく、清潔で素晴らしい管理がなされています。  モンローズと言えば、凝縮感たっぷりで濃密、非常にタンニックなワインです。鉄のようなハードなカバーの中に様々な要素が閉じ込められ、一見して近づき難く、難解さがあります。しかし、ゆっくりゆっくりと開かせていくと、驚くほどエレガントで奥ゆかしさのある圧倒的な魅力を持っています。この辺りが「通好みのワイン」 と呼ばれる由縁ではないでしょうか。  そんなモンローズですが、1970年代後半から1980年代前半の間に関してはそのスタイルを明らかに軽くした時期がありました。しかし、モンローズのファンはこの新しいスタイルを良く思っていませんでした。そこで1986年以降、モンローズは、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りしたのです。モンローズのワインが特に力強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在までです。この期間に造られたものは、メドックの中でも最上のワインの中に数えられます。  最近モンローズではオーナーの交代がありました。ペトリュスの【クリスチャン・ムエックス氏】も一部シェアを保有している模様です。そしてワインメイキングはオー・ブリオンを引退したあの【ジャン・ベルナール・デルマス氏】が行う、という衝撃的な展開です。メドック格付1級への昇格をも視野に入れた最強のメンバー。今も尚、どんどん成長し続けているスーパーセカンド!今後値上がりが最も心配されるワインの一つです。  濃いルビー色の色合いで、シャトー・モンローズらしい芳ばしい西洋杉とプラムリキュールのアロマ。ブラックベリーやブルーベリーのような黒系果実の甘いニュアンスと、花、スギ、ココア、甘草、トリュフ、皮革、紅茶や樽のアロマ。何層にも重なった甘い果実味があり、酸は弱めですが、熟成によって丸くなった中程度のタンニンがバランスを保っています。余韻まで素晴らしいバランスを保っています。時間の経過と共に厚みや複雑さが増しており、魅惑的な味わい深いフルボディ辛口赤ワインは、サン・テステフファンを納得させてくれます。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック / メドック格付第2級 / ●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10%  ●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC サンテステフ 格付】 【フランス ボルドー メドック 格付】 【シャトー モンローズ】 【ジャン ルイ シャルモリュ】 【フランス 】 【ボルドー  】 【メドック 】【メドック 格付  】 【サンテステフ 格付 】 【マルタン ブイグ家 】 【サンテステフ 】【シャトー モンローズ 】【フランス 赤 辛口 】【メドック グラン クリュ クラッセ 】【メドック格付】【ジャン ルイ シャルモリュ 】 【サンテステフ格付 】【】 Chateau Montrose シャトー・モンローズ Chateau Montrose メドック格付第2級 AOCサンテステフ シャトー・モンローズ AOC Saint-Estephe Grand Cru Classe 「サンテステフのラトゥール」とも呼ばれる力強さを秘めたワイン!ボルドーの格付け2級サン・テステフ村の由緒あるシャトー『シャトー.モンローズ』。 同じ村で同格付けの『シャトー・コス・デストゥールネル』の良きライバル。ロバート・パーカー氏は満点★★★★★5ッ星生産者「モンローズはサンテステフで最も信頼できる格付シャトーであろう。最近のヴィンテージはいちばんのライバルであるコス・デス・トゥルネルとカロン・セギュールをしのいでいる。カロン・セギュールの品質が向上しているにもかかわらずだ。」と高評価! メドックの主要地区で最北部にあるサンテステフの中で、常に最上のワインを造ってきているのがシャトー・モンローズです。かつて、その土地がヒースに覆われた荒野だった頃、開花すると一面が薔薇色に染まったことから、モン(山)ローズ(薔薇)と名付けられました。  畑は、眼下にジロンド川が見渡せる高台にあり、寒い時期にも川の反射熱により暖かく保たれるため、春先の霜の害も受けにくくなっています。また、砂利の下に石灰を多く含む粘土層があるという特殊な土壌も、上質のメルローを生み出すことに一役買っているのです。このため、メドック地区よりも右岸のワインが高く評価されるような年であっても、シャトー・モンローズは高く評価されることが多いのです。   ワイン造りに関しては、いたって伝統的な手法を守っています。流行の手法など「試したこともない」といいます。立地条件と土壌の良さを信頼している証拠だと言えます。 【シャトー・ラトゥール】と並んで、“最も晩熟なワインの一つ”とされていましたが、1970年代後半から、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を減らして、メルローを増やし、従来よりも軽いスタイルへと変えていきました。しかし、1986年以降は、再びモンローズらしい力強いスタイルに戻し、まさに“超大作”とも言われるワインを生み出してきています。  年によっては、1級シャトーと同格、もしくはそれを超える評価をされ、50年の熟成にも耐えるモンローズのワイン。是非、オールド・ヴィンテージのワインでその実力を確かめてみてください。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。モンローズといえば、長年、安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。たとえば1982年に、かつてのボルドーのCIVBの会長ジャン・ポール・ジョフレが、私にブラインド・テイスティングで年代を当てろと言って1908年もののモンローズを注いでくれたことがある。そのワインは十分に生き続けていて、少なくとも30年は若く感じられたものだ。  シャトーの所有者、物腰の柔らかなジャン=ルイ・シャルモリュは、濃密で耐えがたいほどタンニンの強いワインはもはや消費者に好まれないと見て、モンローズのスタイルを明らかに軽くしたことがあった。スタイルの変化は1970年代後半と1980年代前半に特に顕著で、カベルネ・ソーヴィニョンやプティ・ヴェルドの代わりにメルローが多くブレンドされるようになったのである。しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しなかった。そこで1986年以降、モンローズは、1975年以前のヴィンテージを思わせる、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りした。  モンローズの1989年と1990年のヴィンテージからは、確かに、1961年以降見られなかった本当に飛び上がるようなワインが生み出された。モンローズの最も偉大なヴィンテージ、1953年、1955年、1959年、1961年、1964年、1970年を味わう喜びを知ったら、誰でも、モンローズが「サンテステフのラトゥール」の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認めることだろう。モンローズのワインが特に強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在まで。この期間につくられたワインは、普通メドック北部で生産される最上のワインの中に数えられる。  サン・テステフを訪れると、ジロンド河を望む壮大な景観に恵まれた高台に、モンローズの質素なシャトーがある。1986年以降シャルモリュ家の所有となったこのシャトーは、ぜひ訪れてみるべき場所である。古い巨大な開放型のオークの発酵槽と人目をひく新樽セラーを備えたすばらしい発酵所(キュヴェリー)がある。また、隣人の多くと同様、シャトー・モンローズには新しい、最先端の試飲室とレセプション・エリアもある。 平均年間生産量:34万本 畑 面積:68ha 平均樹齢:33年 密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):45hl/ha 育て方:ブドウは手摘み。醸造法は伝統的なもの。発酵は21~25日間。木の発酵槽とステンレス鋼の発酵槽を生み合わせて使用。最高温度は30~32℃。 できる限りの色とタンニンを抽出するため、もろみの循環作業(ルモンタージュ)は頻繁に行われている。 熟成はオーク樽で19ヵ月間。新樽は35%。卵白で清澄処理され、澱引きは6回。瓶詰め前の濾過処理はない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10% シャトーモンローズ 2004 メドック格付第2級 AOCサンテステフ Chateau Montrose 2004 赤 ワイン HOT,お得

ドメーヌドシュヴァリエ ルージュ 1990 Domaine de Chevalier Rouge 1990 赤 ワイン HOT,人気

グラーヴ地区で赤・白共に格付けされている優良シャトー。 ラベルが地味で、ボルドーワインなのにシャトーとつかないせいか、日本での人気は今ひとつですが、ペサック・レオニャンでオー・ブリオン、ラ・ミッション・オー・ブリオンに次ぐ2番手グループの一つにあげられるシャトーです。 同じグラーブのワインながら他のシャトーとは全く違った個性を持っており(赤・白共に)、毎年安定した高い品質のワインを産み出しています。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。        【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、ペッサック・レオニャン地区レオニャン村 ※赤・白:Crus Classe des Graves●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン2.5%、プティ・ヴェルド2.5%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グラーヴ 格付】 【ドメーヌ ド シュヴァリエ】 【グラン クリュ クラッセ グラーヴ】 【フランス グラーヴ】【グレイト ヴィンテージ】【ボルドー グラーヴ 格付】 【パーカー4つ星 】【クラスマン 2つ星 】【ゴーミヨ誌 4.5星 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Domaine de Chevalier ドメーヌ・ド・シュヴァリエ レオニャン郊外の森に囲まれた畑で、丹精こめて育てられたブドウから作られているシャトー・ドメーヌ・ド・シュヴァリエのワインは、非常に品質が高く、“玄人好み”と言われています。 シャトーの名前は、その地がスペインの世界遺産「サンジャック・ド・コンポステーラ」へと続く巡礼の道沿いにあり、“シュヴァリエ(騎士)”とされたことに由来しています。 「良いワインは良いブドウから、良いブドウは良いテロワールと人間の努力から」 この言葉をモットーにワイン作りに取り組んでいるそうです。 その言葉どおり、霜害を受けやすい時には畑に暖房設備を設置したり、ヘリコブターを飛ばして空気を循環させてみたりと、その努力は並々ならぬものです。 収穫された葡萄の選果だけでも3回も行うという念の入れようです。 こうして作られるワインは、赤白ともに格付けされ、高い品質を誇っています。 良年の赤は、深い色、並外れたフィネス、アロマの複雑さ、バランスを持ち、【オー・ブリオン】にさえ比肩しうるほど、グラーヴ地区の個性をよく表したワインとして高く評価されています。 また、白は稀少なため高価ですが、“ボルドーの白ワインの完全なスタイルを持つ”とまで言われている逸品だけに見逃せません。 ここの白は赤ワインより長命として知られていて、多くの場合、瓶詰めしてしまうと10年以上開くことがなく、30年近くは保つとされています。 熟成すると複雑なアロマを放ち、エレガントを極めたワインへと変貌するのです。 赤・白ともに極めて晩熟で、若いうちは硬く閉じているだけに、飲み頃を迎えたオールド・ヴィンテージのワインがオススメです。 タバコを思わせるようなスモーキーな香り、そして土壌に由来する豊富なミネラル感が感じられ、上品で複雑な味わいの要素を持っていることが特徴です。 元々長熟タイプのワインですが、この2006年に関してはゆうに20年以上の熟成ポテンシャルが感じられます。 パーカーポイント92ポイント。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  レオニャン南西の郊外にある森の中にひっそりとたたずむドメーヌ・ド・シュヴァリエの小さなシャトーは、まさに通向きのワインを生産している。生産量はほんのわずかで、ペサック=レオニャンでも垂涎の的です! 何よりすばらしいのは、その完全無欠な品質です。  ドメーヌ・ド・シュヴァリエの名声が貴族的なクロード・リカールによるものであることは間違いはありません。 彼はここを1942年に相続したが、一族のつまらない争いから、1983年に大手の蒸留酒の会社、ベルナールに売り渡す羽目になってしまいました。クロード・リカールはその後も運営権を持ち続けたが、結局それも、オリヴィエ・ベルナールに譲渡してしまいました。  ドメーヌ・シュヴァリエの赤ワインは、オー=ブリオンやラ・ミッション・オー=ブリオンに代表されるような、グラーヴの強烈でリッチな、土の香りのするスタイルとは異なります。1990年代以前は、微妙な、ミネラル分を感じさせる、土っぽい特徴を持ち合わせていたが、ボディはずっと軽く、ペサックやタランスのグラーヴ・ワインというよりも、スタイルの点ではメドックに近いものでありました。 新しいオーナーがこのシャトーを所有するようになってからは、より大柄で構造のしっかりした、力強いワインづくりを意図的に目指しています。 それはそれで問題はないのだが、1990年代初めのヴィンテージは樽香が強すぎて、このワインの魅力やフィネス、隠そうとしても隠しきれないドメーヌ・ド・シュヴェリエの個性を覆い隠してしまっています。  ドメーヌ・ド・シュヴァリエの白は、私の知る限りではボルドーで唯一、オークの新樽で1年以上寝かせられるワインです。生産量は微々たるものだが、樽から飲むとすばらしい逸品である。しかしたいていの場合、瓶詰めすると閉じ、10年以上花開くことがない。 それでも、優れた赤ワインよりも熟成に時間がかかり、しかもより優雅になる特徴を備えている。 赤ワインの多くのヴィンテージよりも明らかに長命で、25年~35年は楽に持ちます。  ペサック=レオニャンの南部(グラーヴの北部)を訪れた人は、誰もがドメーヌ・ド・シュヴァリエへの道を探して迷うものだ。1970年代末に初めてここを訪問しようとして、私も途方に暮れてしまったことがあります。 三方を松林に囲まれたクリーム色のこのシャトーは、レオニャンの東にある県道109号線をたどってセスタに向かえば見つかるはずです。 入り口を示す標示が現れるので、それに従えばシャトーにたどりつけます。  この比較的小さな畑の土壌は基本的に砂礫質だが、粘土質と鉄分、そして相当量の黒砂も含んでいます。 ここでは、春の遅霜と、頻繁に来襲する雹がブドウにかなりのダメージを与えることがある。 不思議なことに、ボルドーのほかのメジャーなシャトーで、ドメーヌ・ド・シュヴァリエほどこの2つの天災を被るところはない。  ドメーヌ・ド・シュヴァリエは、メドックの二級シャトーにも匹敵する、高価なワインです。 <赤> 平均年間生産量 ドメーヌ・ド・シュヴァリエ:8万本 レスプリ・ド・シュヴァリエ:9万本 ペサック=レオニャン:2万5000本 畑 面積:30ha 平均樹齢:30年 植樹密度:1万本/ha 平均収量:45~48hl/ha 育て方:30℃以下での発酵と3週間のマセレーションは温度管理された100hl、 150hl入りのステンレスとエポキシ張りの槽で行う。 熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で18~22ヶ月。 清澄も濾過も行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン2.5%、プティ・ヴェルド2.5% <白> 平均年間生産量 ドメーヌ・ド・シュヴァリエ:1万2000本 畑 面積:4.5ha 平均樹齢:30年 植樹密度:1万本/ha 平均収量:40hl/ha 育て方:発酵と18ヶ月の澱熟成は新樽30%で、清澄も濾過も行う。 ブドウ品種:ソーヴィニョン・ブラン70%、セミヨン30% ドメーヌドシュヴァリエ ルージュ 1990 Domaine de Chevalier Rouge 1990 赤 ワイン HOT,人気

シャトートロタノワ 1996 AOCポムロール Chateau Trotanoy 1996 AOC Pomerol 赤 ワイン 正規品,大得価

Chateau Trotanoy シャトー・トロタノワ 格調高いポムロルを代表する優良シャトー。甘美なアロマ溢れる優雅なスタイル。年産わずか2,500ケース。ボルドー最高峰ワインの誉れ高いあのペトリュスと同経営で、ペトリュスに次ぐと言われる大人気ワイン!  【シャトー・トロタノワ】は、ポムロール地区で別格のトップシャトー、シャトー・ペトリュスと同様ムエックス社の所有で、ほぼペトリュスと同様に造られています。 ポムロール中央台地の西斜面に位置し、わずか7.2haの小さな敷地に畑があります。砂利と厚い粘土の混じった土壌 で、乾燥した夏には非常に固くなりぎっしりと目が詰まることから、「固すぎて耕せない」の意、フランス語で【tropennuyeux】がシャトー名の由来 となっています。 ブドウの平均樹齢は35年と比較的古く、収量はメドックの第一級格付けシャトー以上の39hl/haに抑えられワインが造られます。 ほとんどペトリュスと同様に造られますが、違う点としてペトリュスがメルロの比率が95%に対し、トロタノワが90%。また、トロタノワが毎年新樽を33~50%使用している ことだけなのです。トロタノワがいかに高品質であるか理解できます! 1970年代後半まで、トロタノワは華やかな豊かさのある、強烈なフルボディのワインを生産。熟成の頂点に至るまで、大抵10年はセラーで寝かせる必要ありました。その力、強さ、凝縮味の点で、見事にペトリュスに対抗するところまであと一歩まで近づいたヴィンテージもあったほどです。ボルドー全体のヴィンテージが貧弱なときでも、良好な、時には絢爛たるワインを産するという素晴らしい実績を持っています。 素晴らしい深いガーネットの色合い。ジャムやコンポートのプラム、ブラックベリーの濃厚な香りに、モカ、シガーのニュアンスのあるチェリーのアロマ。腐葉土、芍薬、西洋杉、甘草などのニュアンスが感じられます。円熟した滑らかな口当たりに、豊潤かつエレガントな口当たりに凝縮感に満ちた甘い果実の上品さをともなう余韻が長く続きます。甘美で、見事なバランスを備えており、その品格を飲み手に訴えかけてくるような優雅なワインです。 ムエックス社が造りだす、美しく熟成を重ねた1本。貴重なバックヴィンテージを是非ご堪能ください。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / ポムロール地区●ブドウ品種メルロ90%、カベルネ・フラン10%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOCポムロル】 【AOCポムロール】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Trotanoy シャトー・トロタノワ Chateau Trotanoy AOC Pomerol シャトー・トロタノワ AOCポムロール『近年見事な復活を遂げ、連続して上質なワインを生み出し続け、畑の立地は格別で、大成功を収めたトロタノワは、同廐のペトリュスと楽に肩を並べる出来である。品質の面でも、このアペラシオンのスター級のシャトーと同等のレベルになった。』とロバート・パーカー氏も高評価!シャトー・ペトリュスと同じ造り手!(J.P.ムエックス)であり、しかもペトリュスの近くロバート・パーカー氏は満点5ッ星★★★★★生産者に挙げる! ヒュー ジョンソン氏も 「潜在的に同じ運営になるペトリュス Petrus に次ぐものとなるポムロルのワイン。面積はわずか11haだが最良の状態のワインは芳香にみち、肉づきがよく、壮麗なもの。ムエックス社の支配下に復活をとげている。」★★★★4つ星評価と高評価!! ヴィンテージによってはペトリュスの好敵手になり得る、ポムロールの偉大なるワイン!!  シャトー・トロタノワは、ペトリュスの部分的オーナーであるムエックスファミリーによって1953年に獲得された、ポムロール西斜面の頂上に存在する由緒あるシャトー です。両ワインとも、共通のチームによって全く同じ製法で醸造されており、新樽使用率以外はペトリュスとほぼ同一と言って良いほど、品質はお墨付きです!! 年間生産量はわずか2500ケースながら、世界中のワイン通が所望してやまない偉大なるワインです!! ロバート・パーカーJr 『BORDEAUX ボルドー 第3版』  歴史的に、トロタノワはポムロルだけでなく、ボルドー全域でも最も偉大なワインのひとつである。1976年以降、トロタノワのワインはメドックの格付け第二級に匹敵する品質である。1976年以前のヴィンテージでも、第一級に優るとも劣らない深遠なワインも多々あった。 トロタノワは1953年以降、ジャン・ピエール・ムエックス社の所有となっているが、このシャトーは人目にはつきにくい(ジャン・ジャック・ムエックスの住まいである)。   このささやかなシャトーのブドウ畑は、粘土と砂礫(されき)の土壌で、ポムロルの教会とカテュソー村の間、ペトリュスの西1km に位置している。このワインは毎年、66%の新樽が使われることを除いてはペトリュスとまったく同じ方法で醸造され、取り扱われている。 1970年代後半まで、トロタノワは華やかな豊かさのある、強烈なフルボディのワインで、熟成の頂点に至るまでたいていたっぷり10年はセラーで寝かせる必要があった。いくつかのヴィンテージでは、その力、強さ、凝縮味の点で、見事にペトリュスに対抗するところまであと一歩と近づいた。  ボルドー全体のヴィンテージが貧弱なときでも、良好な、時には絢爛(けんらん)たるワインを産するというすばらしい実績を持っている。1967年、1972年、1974年のヴィンテージでは、トロタノワはボルドー全域でベスト2、ベスト3に食い込む成果をあげた。1970年代後半は、スタイルが一時軽めになった。その後、並外れてふくよかで芳醇で、退廃的な1982年をつくり出して、また重々しい形に戻ろうとしているようにも見えたのだが、その後、1995年まではスリリングというよりもむしろ良好なワインの連続であった。トロタノワの微小な畑にとっては大がかりな植え替えが行われ、若い木からとれたブドウがブレンドされるようになっていることは間違いない。理由は何にしろ、トロタノワはもはやポムロルで上位3~4番までに入るワインのひとつであるとは思えない。  1980年代では(1982年のヴィンテージを除いて)クリネ、レグリーズ・クリネ、ヴィユー・シャトー・セルタン、ル・パン、ラフルール、ラ・フルール・ドゥ・ゲ、レヴァンジル、ラ・コンセイヤントの各シャトーに追い越され、特定のヴィンテージではボン・パストゥールにも凌駕(りようが)された。だが、クリスティアン・ムエックスとそのスタッフの能力と才能をもってすれば、この状況は今にも変わっていくだろう。  最近のヴィンテージはどれも非常によくなっており、1995年などはセンセーショナルな出来栄えだ。 トロタノワは、世界中のワイン通に高い評価を得ており、高価ではある。しかし、ペトリュスの半額以上の値段で売られることはほとんどない。これは覚えておいて損のない事実だ。(ヴィンテージによっては)偉大なペトリュスに偶然似ているというだけではないワインなのだから。 セカンドラベル:なし 畑の面積:7.5ha 平均樹齢:28年 植樹密度:5,500本 平均収量: 35~45hl 平均生産量:3,500ケース 土壌:砂利と粘土 酵母の添加:野性酵母 育成:マセラシオンの期間:21~25日、発酵の温度は27~30度で行う。 発酵のコントロールは自動温度調節機能付きタンク。 発酵槽のタイプはオーク樽を使用。 毎年新樽を33%~50%使用し、樽熟の長さは20~24ケ月行います。 フィルターの使用は壜詰めの前に軽くかけるます。 ブドウ品種:メルロー90%、カベルネ・フラン10% シャトートロタノワ 1996 AOCポムロール Chateau Trotanoy 1996 AOC Pomerol 赤 ワイン 正規品,大得価

シャトーマルゴー 1995 Chateau Margaux 1995 赤 ワイン 超激得,大人気

シャトー・マルゴー Chateau Margauxワイン界の頂点に君臨するボルドー1級シャトー。 五大シャトーの中でもエレガントで女性的と評される、シャトー・マルゴー! 1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワインです。支配人のポール・ポンタリエ氏はシャトー・マルゴーを「ベルベットの手袋の中の鋼鉄の拳」という表現をしています。女性らしいと形容される理由は、並外れたタンニンのしなやかさによります。  柔和で優しく香り高いのが特徴です。そのマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出すため、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトしています。その優美な味わいは、ルイ15世の寵妃マダム・デュ・パリや、文豪ヘミングウェイなど多くの著名人を シャトーマルゴー 1995 Chateau Margaux 1995 赤 ワイン 超激得,大人気

シャトーラロゼ 1994 AOCサンテミリオングランクリュクラッセChateau L'Arrosee 1994 St Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 新作入荷,新作登場

Chateau L'Arrosee シャトー・ラロゼパーカー氏、ペッパーコーン氏が、「アンリ・ジャイエのブルゴーニュワインを思わせる」と表現する、メドック的な味わいとブルゴーニュ的なアロマが調和する、他にはない味わい!! サン・テミリオンの街に面したコート地区の斜面。【シャトー・ベレール】、【シャト・.マグドレーヌ】といった有名シャトーと並んで最高の場所 に位置しています。  ナポレオン三世の下の大臣であった【ポエール・マーニュ】によって始められたシャトーです。1868年には、早くも第1特別級になる程です。(1955年までの格付け制度では、特別1級は現在の特別級と同等。)1956年以後、2002年までは【フランソワ・ロダン】が管理し、以降は【ジャン=フィリップ・カイユ】が所有、サン・テミリオン特別級の再生に向け、努力を始めており、今後の更なる活躍と変貌が期待されています。  このシャトー、ロバート・パーカー氏も「コート(サン・テミリオンの丘)と呼ばれる斜面に位置するラロゼが、サン・テミリオンでは最も知名度が低く、宣伝されたこともないワインの1つである。」 と言わせるほど、その名前が知られていない地味なシャトー。しかしながら、同様に、「そのワインの質の高さが知られるようになるにつれ、必然的に有名になってきた」 とも評価しています。  ワインが造られる西側の傾斜地に広がる畑は、約9.3ha。 日差しが最大限に当たる中腹の畑と、少し暖かい下方の畑の二種類を所有。二つの畑から収穫したブドウ比較し、最も良い比率でブレンド することで、最高のワインが生み出せるよう工夫しています。  また、サン・テミリオンのワインとしては、かなりカベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高い(約20%)のもこのシャトーの特徴です。少しメドック的なニュアンスも感じられる、他にはないサン・テミリオンワインです。  『最上の時のラロゼは、隠そうとしても隠しきれない絹のようなきめを持つ非常にブルゴーニュ的なワインであり、広がりのあるブラックチェリーとラズベリーの芳香と品質の高い、スモーキーな新樽のふんだんな香りが絡み合っている。いつも感じることであるが、ブルゴーニュの偉大な天才である、アンリ・ジャイエがつくったワインと言っても簡単に通ってしまうに違いない。」 (デイビット・ペッパーコーン、『ボルドーワイン』)  「ラロゼのワインのスタイルはユニークである。肉づきがよく、しっかりしていて、力強く、かぐわしく、リッチで充実している。多様な特性を持ち、時として、ラ・ラギューンといった南部メドックのシャトーを思わせるようなスタイルとなることがある。 またある時は-例えば1990年、1989年、1986年、1985年-は、リッチで元気いっぱいのブルゴーニュ・ワインに似ている。ラロゼは名高いオランダ人作家のヒューブレヒト・ダウケルが『このアペラシオンで最高のワイン』と称した、偉大なワインである。」 (ロバート・パーカーJr. 『ボルドー第四版』)  シルキーで滑らかな口当たり。黒スグリ、甘いチェリーの凝縮した果実味。フランボワーズ、スミレ、チェリー、シガーやドライハーブ、スパイス、スモーク等の素晴らしく花のようなアロマ。芯の通ったタンニンを感じられます。構造の感じられる。ゴージャスなワイン。飲むほどに深い味わいに魅せられます。  *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2〜3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / サン・テミリオン 特別級●ブドウ品種メルロ 60%、カベルネフラン 20%、カベルネ・ソーヴィニヨン 20%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス】【ボルドー 】【サンテミリオン 】【シャトー ラロゼ】【赤 フルボディ】【サンテミリオン グラン クリュ クラッセ AOC】【AOC サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】【AOC サンテミリオン 特別級】【サンテミリオン 特別級】【シャトー ラ ロゼ】【フランス 辛口 赤 】【ボルドー 辛口 赤 】【サンテミリオン 辛口 赤 】【サンテミリオン グラン クリュ クラッセ 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau L'Arrosee シャトー・ラロゼ Chateau L'Arrosee St-Emilion Grand Cru Classe シャトー・ラロゼ AOC・サンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセロバート・パーカー4つ星★★★★生産者で、「ブルゴーニュの偉大な天才であるアンリ・ジャイエがつくったワインと言っても簡単に通ってしまう」とパーカー氏が絶賛するワイン!手に入れるのは容易でないかもしれないが、探す努力をする価値は充分にある」と言われるラロゼ。今、これを読んでこのシャトーに初めて興味を持ったあなた。真のワインラヴァーになるには、知っておくべきシャトーです!!ロバート・パーカーJr.ボルドー第3版より  グリュオー・ラローズは何十年もの間サン=ジュリアンで最も重々しく、内向的なワインを生産してきたが、新しい所有者であるジャック・メルローのもとでは、より品のよい、それほど朴訥でなくタニックでもないスタイルのワインをつくる傾向にあるのは明らかだ。メルローはこのシャトーに多額の資金を投入し、66ある畑の区画それぞれについてのすべてのデータをコンピューター化した。また、高価な排水システムも導入した。私は最近の醸造方針が続くことを期待している。生産量は多く、品質は一貫して高い。2000年、1990年、1986年、1985年、1983年、1982年、1961年のようなヴィンテージでは、グリュオー・ラローズは一級相当の品質のワインを生み出している。美しいシャトーだが、河寄りではなくサン=ジュリアンの高台にあり、メドックを訪れてもサン=ジュリアン=ベイシュヴェルの町の幹線であるワイン街道(県道2号線)から県道101号線に入って西進しないと見えないだろう。  グリュオー・ラローズを批判する人はあまりにずんぐり、がっしりしすぎていて、重々しすぎると思ったのだろうが、あらためて飲み直してみるとよい。前よりもフィネスとエレガンスの増したワインになっているはずだ。 一般的な評価  ここはサン=ジュリアンで最も重々しく、内向的なワインをつくるシャトーかもしれない。1990年代半ば以降、よりしなやかでエレガントなスタイルになってきているのだが、残念ながら、ヴィンテージによってはいまだに果実味や中身に比べてタンニンが多すぎるようだ。事実、最近のグリュオーにはムラがある。出来のよい時はこのシャトーの血統に恥じない、しばしばそれ以上のワインをつくるのだが、そうした偉大なワインの翌年に、過度のタンニンと硬い構造の感じられるワインを生産してしまうことがあるのだ(例えば1998年と1997年、1994年と1993年など)。長期熟成できる(すなわちタンニンが完全に溶け込む前に、果実味が失われてしまわない)グリュオー・ラローズを探している人は、ヴィンテージを選ぶ時に気をつけたほうがよい。価格は、たいていの二級シャトーと同等である。 平均年間生産量:22万本 畑 面積:82ha、平均樹齢:40年、密植度:8500~1万本/ha、平均収量:50~60hl/ha 育て方:発酵は土着酵母を使って31~33℃で行い、とマセレーションは温度管理されたコンクリートと木製の槽で21~35日間で、ポンピングオーバーは1日2回。 収量の半分は樽内マロラクティック。。熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で16~18ヶ月。清澄と濾過は公表されていない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン57%、メルロー31%、カベルネ・フラン7.5%、プティ・ヴェルド3%、マルベック1.5% 所有者:ベルナール・タイヤン・ヴァン(メルロー家) シャトーラロゼ 1994 AOCサンテミリオングランクリュクラッセChateau L'Arrosee 1994 St Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 新作入荷,新作登場

シャトーラトゥールドモン 1989 マルゴークリュブルジョワ Chateau La Tour de Mons 1989 赤 ワイン 爆買い,人気SALE

非常に珍しいマルゴーのクリュ・ブルジョワ級!超お買い得マルゴー! 1615年からの歴史を誇るシャトーで、クリュ・ブルジョワの中で最も有名なものの一つです。樽のニュアンスと果実味のバランスがすばらしく、きめ細やかなやわらかさのあるワインです。熟したカシスや西洋杉・微妙なハーブ、新樽のアロマがあります。 マルゴーというより古典的なポイヤックの雰囲気があります。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を 致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{font-size:12px;} ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区マルゴー・クリュ・ブルジョワ級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 65%/メルロー 30%/カベルネ・フラン 5%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC マルゴー】【赤 フルボディ】【ボルドー 赤 辛口】【フランス  赤 辛口】【マルゴー 赤 辛口】【シャトー トゥール ド モン】【マルゴー クリュ ブルジョワ】【マルゴー 】【ツール ド モンス】【トゥール ド モンス】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口】【メドック 赤 辛口 】【マルゴー 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau La Tour de Mons シャトー・ラ・トゥール・ド・モン シャトーラトゥールドモン 1989 マルゴークリュブルジョワ Chateau La Tour de Mons 1989 赤 ワイン 爆買い,人気SALE