シャトーラフィットロートシルト 2009 限定セール,100%新品

格付第一級パーカーポイント98~100点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 2009 限定セール,100%新品

シャトーラトゥール 1987 お買い得,定番

1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1987 お買い得,定番

シャトームートンロートシルト 2004 格安,送料無料

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 2004 格安,送料無料

シャトーラフィットロートシルト 1986 超激得,2016

格付第一級パーカーポイント100点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1986 超激得,2016

シャトーラトゥール 2000 SALE,正規品

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン77% メルロ16% カベルネ・フラン4% プティ・ヴェルド3%パーカーポイント98+点縁いっぱいまでの濃いルビー/紫色をしており、ジャムにでもしたかのような黒系果実に混ざり合った土、ヴァニラ、グリルしたナッツ、ミネラルの豪華なアロマがある。 グラスに注いでおくと、酸と成長していない強いタンニンが衝撃を与え始める。 とろりとしたスタイルをしているので、フィニッシュまでタンニンを判別出来ないかもしれない。 予想される飲み頃・・・2012~2050年 《ボルドー第4版より抜粋》 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 2000 SALE,正規品

シャトーラフィットロートシルト 1987 新品,低価

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1987 新品,低価

シャトームートンロートシルト 1998 SALE,得価

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン86% メルロー12% カベルネ・フラン2%パーカーポイント96点極めて力強い、超絶的な凝縮感のあるワインで、ローストしたエスプレッソ、クレーム・ド・カシス、燻煙、新品の鞍革、黒鉛、甘草の趣が感じられる。 口に含むと重々しく、凝縮感は畏敬の念を抱くほどだ。 口の中がカラカラになるほどのタンニンがあり、口の中がいっぱいになるような風味の特徴は相当に強く離れない。 予想される飲み頃・・・2012~2050年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1998 SALE,得価

シャトーラトゥール 1948 1992年シャトーリコルク リラベル記載有 豊富な,100%新品

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1948 1992年シャトーリコルク リラベル記載有 豊富な,100%新品

シャトーラフィットロートシルト 1994 超激得,低価

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント90+?点ほとんどカベルネ・ソーヴィニヨン100%でつくられた、この暗いルビー/紫色をしたワインは、味わってみると強情なまでに内向的で、訴求力がなく、厳しく、渋い。 重みはたっぷりだし、称賛に値する純粋さがあって、草っぽさや未熟な果実味はないのだが、性格に難があってグラスでなだめすかされるのを拒否しているのだ。 1994年のラフィットは、風味の点では生硬でがっかりさせられるものと判明するかもしれないが、香りは素晴らしい要素が揃っている。 私も諦めるつもりはないのだが、購入した方はコルクを抜くまでにあと7~8年待つつもりでいただきたい。 予想される飲み頃:2010~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1994 超激得,低価

シャトームートンロートシルト 1962 SALE,品質保証

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1962 SALE,品質保証

シャトーラフィットロートシルト 1945 低価,大人気

格付第一級こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1945 低価,大人気

シャトーラトゥール 1964 2016,100%新品

格付第一級パーカーポイント91点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 1964 2016,100%新品

シャトーラフィットロートシルト 2009 カリュアドドラフィット 2009 2本セット 本物保証,大得価

☆セット内容 合計2本☆ シャトー・ラフィット・ロートシルト  2009年 カリュアド・ド・ラフィット 2009年 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 2009 カリュアドドラフィット 2009 2本セット 本物保証,大得価

シャトーラトゥール 1986 人気定番,大得価

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント90+点1986年は崇高とまでは言えないものの、一貫して傑出したワインとなってきた。 スパイシーな故障のようなブーケに見られる香りは乾燥ハーブやレッドカラントの果実を思わせる。 ミディアムボディで生硬だが、若々しく精力的で凝縮感がある。 予想される飲み頃・・・2005~2020年 《ボルドー第4版より抜粋》 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 1986 人気定番,大得価

シャトームートンロートシルト 1995 人気SALE,得価

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン72% メルロー19% カベルネ・フラン9%パーカーポイント95+点光を通さない程濃い紫色をしており、ためらいがちなアロマはカシス、トリュフ、コーヒー、甘草、スパイスを思わせる。 口に含むと卓越した濃厚さ、フルボディの性格、リッチな中間部、40秒強持ちこたえる層状の深遠なフィニッシュを伴う「偉大な代物」だ。 純粋さは傑出しておりタンニンも強いが、私の直感によるとより筋骨隆々で、より大柄な1996年よりは酸が弱く心持ち肉づきがよい。 予想される飲み頃・・・2010~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1995 人気SALE,得価

シャトームートンロートシルト 1982 送料無料,正規品

格付第一級パーカーポイント100点 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1982 送料無料,正規品

シャトーラトゥール 1996 定番,低価

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント99点 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1996 定番,低価

シャトーラフィットロートシルト 1983 2016夏季

格付第一級パーカーポイント93点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1983 2016夏季

シャトーラフィットロートシルト 1980 格安,お得

格付第一級パーカーポイント83点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1980 格安,お得

シャトーラトゥール 1991 全国無料,お買い得

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント89点 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1991 全国無料,お買い得

シャトームートンロートシルト 1973 液面低 新作登場,低価

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1973 液面低 新作登場,低価

シャトームートンロートシルト 1991 豊富な,100%新品

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1991 豊富な,100%新品

シャトーラフィットロートシルト 1995 全国無料,人気

格付第一級パーカーポイント95点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1995 全国無料,人気

シャトーラトゥール 1988 超激得,品質保証

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン75% メルロ20% カベルネ・フラン4% プティ・ヴェルド1%パーカーポイント91点この過小評価されているヴィンテージのワインとしては今のところ最良のものとなっている、暗いガーネット色をした1988年ラトゥールは縁には心持ち琥珀色も見られる。 溶けたタール、プラム、ブラックカラント、西洋杉、森の下生えを思わせるブーケにミディアムからフルボディ、秀逸なブドウの完熟感、熟したタンニンを伴う導入部が続く。 古典的なエレガントなラトゥールだが、1990や1989のようにもっとブドウが熟した年より肉のような、野菜のような風味がある。 予想される飲み頃・・・現在~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 1988 超激得,品質保証

シャトームートンロートシルト 2003 人気SALE,お得

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン76% メルロー14% カベルネ・フラン8% プティ・ヴェルド2%パーカーポイント95~98点 縁まで黒/紫色をしており、ゴージャスなノーズはエスプレッソのローストと混ざり合った、古典的なムートンらしいクレーム・ド・カシスのような趣を思わせる。 この力強い、とろりとした風味は滝のように口蓋を流れていき、途方もない強烈さや強いタンニンを感じさせる。 まぎれもなくこヴィンテージで最も偉大な作品の1つである。 予想される飲み頃:2012~2035年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 2003 人気SALE,お得

シャトーラフィットロートシルト 1996 得価,最新作

格付第一級パーカーポイント100点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1996 得価,最新作

シャトーラトゥール 1948 人気,得価

格付第一級パーカーポイント94点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1948 人気,得価

シャトームートンロートシルト 1999 超激得,超激得,HOT

ワイン名(原語)Mouton-Rothschild 1999原産地呼称AOCポイヤック格付1級ヴィンテージ1999年タイプ赤ワインぶどう品種カベルネ・ソーヴィニヨン78%、メルロー18%、カベルネ・フラン4%PP(WAポイント)93 [Wine Advocate #140]産地フランス/ボルドー/ポイヤック生産者名Mouton-Rothschild ムートン=ロートシルト内容量750ml飲み頃2005-2030 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1999 超激得,超激得,HOT

シャトーラフィットロートシルト 1990 格安,大得価

ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1990 格安,大得価

シャトーラトゥール 1927 新品,セール

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1927 新品,セール

シャトームートンロートシルト 1988 定番,最新作

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン80% カベルネ・フラン10% メルロー8% プティ・ヴェルド2%パーカーポイント92点アジアのスパイス、ミネラル、コーヒー、ブラックカラント、甘いオークの魅力的なアロマを持つ。89年によく似ていて、ブーケには陶然とさせられるが味わいの深遠さははっきりと劣る。 口に含むと89年よりしっかりして硬く、より頑強な、より明白にタニックなワインだがフルボディで称賛に値するブドウの完熟度もある。 予想される飲み頃・・・2008~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1988 定番,最新作

シャトーラトゥール 2002 新作登場,正規品

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン74% メルロ25% カベルネ・フラン 少量 プティ・ヴェルド 少量パーカーポイント95~98点縁まで光を通さない程濃い紫色をしており、著しく強烈な液化したミネラルの感じや、クレーム・ド・カシス、甘草の香りのするノーズを誇っている。 このワインの想像を絶する純粋さや、うっとりとさせられる舌触り、フルボディの力強さ、おびただしい果実味やエキス分、調和感からは記念碑的なラトゥールである事がうかがえるが、飲めるようになるまでには相当な時間が必要となるはずである。 輝かしい2002年のラトゥールはバラつきのあるヴィンテージに驚くほど深遠なワインをフル回転で生産しているこの偉大なシャトーの金字塔である。 予想される飲み頃・・・2015~2050年 《ボルドー第4版より抜粋》 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 2002 新作登場,正規品